投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

藤田伸二 元JRA騎手 地方騎手免許試験、1次の筆記で落ちる

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/25(月) 17:04:02.22 ID:iGL2GIIQ0
 元JRA騎手の藤田伸二氏(45)が、地方騎手免許1次試験を通過できなかったことが25日、分かった。同氏は15年9月に引退し、ホッカイドウ競馬での騎手復帰を目指し、15日に筆記による1次試験に臨んでいた。

 電撃引退から2年。「“藤田伸二を乗せたい”という理由で馬主免許を取得した馬主さんもいる。生まれ故郷の北海道で、お世話になったオーナーの馬に乗れたら…と思ったのが理由」
と再デビューを目指した経緯を熱っぽく語っていたが、夢はかなわなかった。「今年だけの一発勝負」と今回限りの受験であることも明かしている。

 藤田伸二氏「電話で不合格という連絡があった。競馬に乗ることには自信があっても、こうやって筆記試験を受けるのは約30年ぶり。
実際、難しかったから。応援してくれた人たちには“ありがとう”と言いたい。試験は今回の1回だけで、もう受けるつもりはない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000093-dal-horse
no title

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ルメールも武豊に続き仏オークス騎乗へ
【競馬】ルーカス、アメリカでTDNライジングスターに認定される
【競馬】 冠名フサイチでお馴染みの関口房朗さん、亡くなっていた?
【競馬】 マカヒキ骨折3カ月以上の休養の見込み
【競馬】 社台スタリオンステーション繁養種牡馬の種付け頭が発表される ドゥラメンテは284頭
オグリキャップの子孫 絶滅の危機
アーモンドアイ、ドバイターフ参戦決定!ルメール「大坂なおみに似ている」
noimage
ニシノデイジー西山オーナー「弥生賞は勝浦騎手に任せました」
ビートたけし命名2頭目は「キタノインパクト」
【ドバイターフ】ヴィブロス佐々木オーナー「神様は見ている」
【競馬】 8月に佐々木厩舎に転厩したブレスジャーニー、菊花賞で復帰へ 鞍上は引き続き柴田善臣騎手
モレイラ「日本は馬の質や血統、それに設備等は世界トップレベル」
【悲報】ドバイ国際競争、武豊、川田らの日本人騎手入国できず
アーモンドアイ JC回避で「香港カップ」参戦へ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP