投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【ききょうS】ルメール「タワーオブロンドンは次のロードカナロア」

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/23(土) 17:05:55.15 ID:KZe4p5vk0
167

9月23日の阪神9R・ききょうS(2歳オープン、芝1400メートル、11頭立て)は、
レイヴンズパス産駒のタワーオブロンドン(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)が単勝1・8倍の支持に応えて、
2着のバーニングペスカに3馬身半差をつける圧勝で2勝目を挙げた。勝ち時計は1分21秒7。

レースは最初の600メートルが33秒5の速いペース。タワーオブロンドンは道中は後方から追走し、
直線では外から一頭だけ違う脚で豪快に突き抜けた。

騎乗したクリストフ・ルメール騎手は「いいペースで流れ、リラックスして進めることができました。
直線での反応が良かったです。阪神の坂も問題ありませんでした。たくさんスピードがあります。
お尻がすごく大きくて、スプリンターっぽいですね。次のロードカナロアです」と、
種牡馬として好発進を決めている、かつての短距離王者の名を挙げて、その高い可能性を表した。

同馬は7月29日の札幌の新馬戦(芝1500メートル)でデビュー勝ち。
8月20日に行われたクローバー賞(札幌・芝1500メートル)では2着だった。
いとこに2016年の皐月賞V、日本ダービー3着のディーマジェスティがいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000106-sph-horse

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【ジャパンカップ】シュヴァルグラン 友道師「3、4番手で競馬を運びたい」
noimage
【2歳新馬】超高額馬アルアイン全弟「ダノンマジェスティ」が日曜阪神でデビュー
ナックビーナス、スプリンターズS目標も騎手未定
【枠順確定】第85回日本ダービー /ダノンプレミアムは1枠1番、エポカドーロは6枠12番
【競馬】 豪州移籍のアドマイヤデウス、調教中に故障 緊急手術
モレイラ「来年のJRA騎手試験受験は未定です」
【東京新聞杯】牝馬プリモシーンが差し切ってV!重賞3勝目
noimage
noimage
【競馬】 ファンディーナは春休養 オークスにも参戦せず
【競馬】 有馬記念専用 ビギナー向けマークカード「Victory Card」登場
フサイチでお馴染みの関口房朗さん死亡か!?
【フィリーズレビュー】ヒメノカリス熱発で回避 投薬で治療
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP