投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

神戸新聞杯 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、動き出しは鈍いが…下り坂の阪神外回りで末脚を出し切りたい

2017 9/24(日)
第65回 神戸新聞杯(GII) 阪神芝外2400m
予想用・出走予定馬一覧
神戸新聞杯2017の予想用・出走予定馬一覧

 青葉賞ではロンスパの厳しい流れの中でしぶとく最後まで脚を維持して2着、ベストアプローチが神戸新聞杯に出走予定だ。日本ダービーでは中団から末脚を引き出し切れず物足りない9着となったが、基本的には出し切ってしまいたいタイプで仕掛けの遅い展開も響いた。今回は舞台が阪神の外回りに変わるが、秋の菊に向けて何としても結果を出したい。


 ダービーは包まれてしまったのも響いたと思うし、緩すぎてギアチェンジや切れ味優先の競馬になってしまった。流れとしては噛み合ってなかったと思う。アドミラブルと比較して明確に見劣るので後はそれで通用するかどうかなのだが、トップスピードの持続力は良いものを持っているので阪神外回りでこの面子ならワンチャンスあっていい馬。


青葉賞(GII) 2着 12頭7枠9番
東京芝2400m良 2:24.0(+0.4) 59.7-59.2 M
12.5 - 11.2 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.0

 2走前の青葉賞から振り返る。この馬はこれまでセントポーリア賞にしてもそうだし弥生賞にしてもそうだし、上手く出し切れずに展開が嵌らなかった。その中で青葉賞は逆に全体でもかなり流れて、淀みなく進んでのL2最速11.4と速いラップをそこまで問われない競馬になった。その中でアドミラブルの後ろからの競馬で2着を楽に確保できたのは大きいなと。アドミラブルが実力的に見て世代の中では一番だと思っているので、それを相手に難しい形で一定レベル対応できた。


 9番枠からやや出負けして後方からの競馬。道中はペースが速く後方で我慢しながら進めていくが3角で先にアドミラブルに外から上がられてしまう。その仕掛けを待って4角でアドミラブルの直後から進めて中団で直線。序盤でそこから追いだされてL2では一旦並びかけるところまで行きそうだったが徐々に甘くなる。それでもL1までしぶとく踏ん張って2着は単独で確保。


 強かったと思うが、使える脚自体はアドミラブルの方が圧倒的だったわけでそことは見劣る。ただ、ペースが流れた中でこれだけのパフォーマンスができたことがまず大きいし、分散しながらポテンシャルを要求されてもしっかりと直線半ばでもう一段の脚を使えたし、ここはアドミラブルに対して見劣らず面白かった。


日本ダービー(GI) 9着 18頭5枠10番
東京芝2400m良 2:27.6(+0.7) 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 日本ダービーではこの馬のダメなパターンに嵌ってしまった感じ。弥生賞も近いのだが、少しエンジンの掛かりが遅い馬なのでこうやって3~4角で緩い流れのなかで一気に加速しろというのはちょっと難しかったと思う。


 10番枠から五分に出てそこからポジション争い、最序盤は好位の中目ぐらいで悪くなかったが徐々に下げながらの競馬になって向こう正面では中団。ドスローの流れの中で徐々にポジションを落として3角では後方。3~4角で後方馬群の中でダイワキャグニーの後ろぐらいから進路を外に取る。ただしそこでもまだ進路確保が後手で前が突き放したスペースを使って追い出す形。どうしても置かれてしまってL2辺りで徐々に勢いがつく、L1ではそこからなだれ込む程度には来ていたがアドミラブルとは差があった、という9着完敗だった。


 ここまで緩い流れ、特に3~4角でも減速で12.7まで落ちてしまってそこから400mという区間で10.9まで持っていくというのはちょっと難しい。この馬の場合はどうしてもギアチェンジ面に少し難がある馬なので、あそこで前を向けないと加速で置かれてしまうのは仕方がないし、L1も11.4と前のレイデオロがこれでまとめているので差し込むには11秒前後の脚がいる。そういう脚をL1で要求されてしまうと難しい。


弥生賞(GII) 4着 12頭1枠1番
中山芝内2000m良 2:03.5(+0.3) 63.2-60.0 S^3
12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 弥生賞もパターンとしてはギアチェンジで置かれたとみていい。ペースバランスは3.2で超スロー、ラップ推移的にも向こう正面から終始加速を続けながら直線でもう一段という競馬で多段階加速型と結構珍しい競馬で内の馬には器用さを高いレベルで要求されている。


 1番枠からここではまずまずのスタートそこから無理せずに控えて3列目まで下げる。そこから向こう正面以降はじわっと加速し続ける中で後方の内まで下がってしまう。3~4角で最短距離を通しつつもスペースのない状況で直線。序盤でブレーキを踏まされて進路を変えざるを得ず中団。L1でようやくさばいて伸びてくるが権利にわずかに届かない4着だった。


 戸崎のダメなパターンで、スペースを作らずに詰めていくからブレーキを踏まされて進路を変えてと無駄の多い競馬になった。それでもL1は来ていたように余力はあったし坂の上りでしっかりと伸びたのも好感。あのパターンでダンビュライトを際どく詰めているわけで、実力を発揮できなかった中でも素質の高さは見せていたといえる。


2017神戸新聞杯に向けての展望

 この世代は正直力関係が本当に読みにくいのだが、個人的には青葉賞は高いレベルだったと思うし、その中で外から正攻法での競馬でもアドミラブルとの比較でそう悪くなかった。ポポカテペトルも1000万下を勝ちあがっているし、ダービーが特殊過ぎたのであれだがこの馬自身も脚を出し切れれば世代でも2番手グループには入る。それと、青葉賞の場合ポジションを落としすぎたところがあるし、アドミラブルとの比較で勝負するならアドミラブルよりは前にいないといけないタイプだと思う。使える脚は短くはない…がアドミラブルはそれ以上なのも間違いないので。今回はライバルが不在なので後半型としてポテンシャルは最上位の可能性はある。ただトップスピード戦でとなるとキセキがパフォーマンスを上げてきているしサトノアーサーも強敵になってくる。キセキはもしかしたらポテンシャルでも高いレベルにあるかもと思っているので、それ以上の評価をすることができるか?となると微妙なライン。ただしギアチェンジが弱点の一つになるので、個人的にはそれが4角の下り坂で相殺できる阪神外周りは合うと思うし、少なくとも春の実績馬の括りの中で馬券的妙味×適性面という点では1番かな。なので本命を打つかどうかはともかく、重い印を回したい一頭にはなる。この面子でややスローから4F戦ぐらい…昨年のような競馬になってくれれば個人的には勝ち負けするチャンスは十分あると思っている。ダービーが力を測りにくいレースになっているので、そこでの敗戦で評価が落ちてくれれば馬券的妙味は上がってくると思う。平均で流れてもいいし勝ち切れるかまではもちろん微妙だが信頼度そのものは高い一頭。


<PR>
第63回 オールカマー(G2)

ステファノスを脅かす超穴馬を今すぐ教えます!!

先週のセントライト記念は予告通り

ミッキースワローから完全的中!!


今週も人気の盲点になっているオイシイ穴馬がいる!

★★★★★★★★★★★★★★★★★

人気馬と決まっても馬連想定30倍以上!
【オールカマーの超穴馬】を特別無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆この秋も情報通り◆
必然の的中ラッシュ!

阪神2日目9R新涼特別
◎ディーズプラネット
2万9820円的中

中山3日目3R
◎セイウンクールガイ
2万1290円的中

中山2日目12R
◎チュラカーギー
1万9780円的中

中山2日目9R木更津特別
◎ダイワドレッサー
1万4230円的中

中山1日目6R
◎ラストプライドワン
1万2010円的中

中山1日目11R紫苑S
◎ディアドラ
1万1870円的中

中山3日目6R
◎ミコジェンヌ
1万1440円的中

中山1日目8R
◎シャインヴィットゥ
1万0920円的中

その他的中多数!

オールカマーの超穴馬はコチラ!
pngワールド:オールカマー300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
ローズステークス 2017 出走予定馬:レーヌミノル、距離不安を払拭できるか?末脚勝負では分が悪い
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ブラックスピネル、ここ2走マイルで開眼?脚質に幅で積極的なレースメイクを期待
エルムステークス 2017 出走予定馬:モンドクラッセ、夏の北海道は庭…強気の仕掛けでコーナーで勝負を決めたいが
京都2歳ステークス 2017 出走予定馬:スラッシュメタル、好調ミルコ・デムーロとのコンビで父に重賞タイトルを届けたい
セントライト記念 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、4コーナーで置かれる弱点もあり…相手強化でここが正念場
七夕賞 2017 出走予定馬:スズカデヴィアス、楽に前を取れるかは重要、ロンスパだと苦しいが仕掛けが遅れれば警戒
京成杯2018 出走予定馬:エイムアンドエンド、未勝利でしぶとく競り落とした内容は評価…中山で不気味さはあり
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ダノンプレミアム、新馬戦は厳しいロンスパから最後まで差をつける強い競馬…器用さを持っているかがカギ
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、前走2着馬は中京2歳Sでも2着の実力馬…完成度高く信頼しやすいか
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:トウケイタイガー、園田の星が中央に殴り込み、主導権を取って快挙となるか
新潟記念 2017 出走予定馬:ロッカフラベイビー、前走の切れ味は非凡も小頭数団子…ペースとポジションが重要だが
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アエロリット、府中マイルGI馬同士の対決…3歳牝馬の強さをここで見せつけたい
レパードステークス 2017 出走予定馬:ハルクンノテソーロ、良い脚は本当に一瞬だが、馬群に包まれても瞬時に加速できるのは魅力
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレンツェント、前走はコーナーで動けなかった感もアリ…再度58kgも淀で挽回となるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP