投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

オールカマー 2017 出走予定馬:モンドインテロ、札幌日経オープン連覇で力証明も重賞では壁が厚く…ワンパンチ足りないのが

2017 9/24(日)
第63回 オールカマー(GII) 中山芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
オールカマー2017の予想用・出走予定馬一覧

 ステイヤー路線のThe器用貧乏…重賞でも安定して上位に食い込んでくるがワンパンチ足りないモンドインテロがオールカマーに出走予定だ。前走は札幌日経オープンを制して連覇、オープン特別は3勝と実力に疑いはないのだが重賞では3着まで。その殻を破ることができるかが焦点、新コンビの田辺と共にこの舞台で弾けたい。


 さっきのカフジプリンスとは逆にこの馬は何でもできるけど、決定的な武器がないタイプ。強い相手にはちょっと厳しいが、相手が楽だと台頭するので今回のオールカマーのメンツだと勝ち負けまでは簡単ではないかなと思っている。


札幌日経オープン(OP) 1着 10頭7枠8番
札幌芝2600m良 2:40.6 63.6-58.7 S^5
13.3 - 12.3 - 12.7 - 12.8 - 12.5 - 12.6 - 13.0 - 12.7 - 11.9 - 11.3 - 11.6 - 11.6 - 12.3

 まずは前走、極端なドスローからの5F戦だった札幌日経オープンでは後方からしっかり足を引き出してL1で捕えきった。


 8番枠からやや出負けして後方に下げてという形になった。道中もドスローで団子状態の中、後方集団を見ながら余裕をもって入って行って特に動きもなく向う正面。向こう正面で外から各馬が仕掛けて行ってペースが一気に上がる中で後方の外目を追走しながら3角。3~4角では促しつつもまだ勢いをつけきらずに中目でやり過ごしてロスを少なくしながら直線。序盤で馬群を捌いて伸びてくると、L1で4馬身差ぐらいあったのをきっちりと捕えての完勝だった。


 3~4角で外から動く選択ではなく馬群の中で我慢する選択を取ったのはL3の3角地点が最速ということを考えればフィットしていたと思う。そこで我慢してコースロスなく回して、直線でのバテ差しに繋げてきた。トップスピードの持続力もポテンシャルもそれなりにあるし、比較的軽かった当時の札幌の馬場で相手もシルクドリーマーやラブラドライト。ラブラドにとっては仕掛けが早かったと思うし、出し切る流れとしては相手関係は割と楽だったと言える。


目黒記念(GII) 8着 18頭1枠1番
東京芝2500m良 2:31.7(+0.8) 60.7-59.7 S^1
7.2 - 11.0 - 11.2 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.3 - 12.0 - 11.8

 2走前の目黒記念では好位の内目で包まれる形になったがそれでも3~4角で前を捕えに動いている流れの中で我慢できていたのだからもうちょっと頑張ってほしかったのが本音。ただ、鞍上内田も直線での進路どりが下手くそだったのである程度仕方ない面もある。


 1番枠から好発を切ってそこからじわっと促しつつ様子を見ながら好位の内内で我慢する形になる。道中も離れた位置で進め、前のスペースを取っていたがシルクドリーマーに前に入られてしまって一列下げて4列目の内内。3~4角で単騎逃げ馬を捕えに2列目以降が勝負に行ってそのペースアップの中で内内を通しながら悪くない感じで3列目、直線に入ってくる。序盤でそこから進路確保で少し窮屈になったがそれでも伸び自体もいまいち。L2でもまだ進路確保でまごついていて内田も下手くそな中で脚を引き出せない競馬だった。


 パトロールで見ても正直内田の進路どりは何がしたかったのかよくわからない。L2で左のスペースがあったのだが左鞭で進路のない右の方にもっていったしちょっとひどいなという競馬にはなっている。ただ、本来要所での反応が結構良い馬なので内から多少スムーズさを欠いてもある程度動けると思ったんだが、その辺りは馬の方もちょっと物足りなかったかな。それでも内田の進路確保の拙さがメインにある。それと、この馬は詰まっていたが展開としては基本的にはスローからのTS持続のはずで出し切りやすい展開となったのもある。そうなるとこれまでもアルバートやシュヴァルグランといったステイヤー路線のトップレベルには少し見劣っていたのもある。フェイムゲームはこういう展開では強いので、その辺り素材の差というのも少し考えないといけないと。


ステイヤーズS(GII) 3着 13頭6枠8番
中山芝内3600m良 3:47.7 64.0-104.1(FA13.0)-59.3
13.0 - 11.6 - 13.7 - 13.1 - 12.6 - 13.2 - 13.5 - 13.5 - 12.8 - 12.8 - 13.4 - 12.9 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 12.2 - 11.4 - 12.1

 ポテンシャル戦、特に2段階加速となった昨年のステイヤーズSを見てきたい。正直このレースと昨年のアル共でアルバートとはちょっと差があるなと感じた。というよりファタモルガーナにも完敗だから、少なくともステイヤーとしては第2グループでも少し足りないかもという感じはしている。前中盤を見てもわかるように終始緩い流れ、そこから向こう正面でペースアップからの4角でもう一段。2段階加速の典型的な競馬。


 8番枠から出負けして後方からのスタート。1周目も特に動かず後方の外でジッと我慢して2度目のスタンド前。プレストウィックを見るような位置で途中までのドスローをやり過ごし向こう正面のロンスパを迎える。向こう正面で前のプレストが動くのに合わせてじわっと進出。3~4角では大外を押し上げながら追走して正攻法で直線。序盤で一気に出し抜いたファタモルガーナ、それを目標に動くアルバートに対して伸び負け。L1でもジリッとは来ていたが及ばずの3着だった。


 ロスという観点では大外から押し上げて行ったので多少の影響はある。ただコーナー地点ではむしろ11.9-12.2と減速しているしL2の直線前半にかけては上手く入って行った。それでもそこで切れなかったし、L1も決定的と言えるほど伸びることができなかった。アルバートは上手く立ち回ったのもあるが、アル共でトップスピード戦でのL1の甘さで完敗、今回も2段階加速で見劣った。現状少し足りないという認識だ。


2017オールカマーに向けての展望

 昨年のアルゼンチン共和国杯の様に3F戦でスッと内から動くギアチェンジもある程度持っているし、質的には悪くないがトップスピード戦だとL1が甘くなる。前走の札幌日経オープンは強かったが少し相手に恵まれた面もあるし3~4角の立ち回りも上手かった。外枠から勝ちに行く形ではステイヤーズSでもそうだがなかなか詰めきれない。少なくともアルバートには素材としては見劣っている。トップスピード・ポテンシャル両面で苦しいが、それでも大きくは見劣っていないからある程度戦えている。ファタモルガーナほど前に行けないというのも悩ましい。後、いいスタートを切ることもあるが出負けすることもあるのでその辺りの安定度も低いのが難点。決定的な弱点はないんだけど、決定的な武器と言えるものは今の段階ではない。大阪杯でも内で包まれて動けなかったしギアチェンジもそこそこ持っているがハイレベルでは通用していない。日経新春杯でも2番手グループのミッキーロケット、シャケトラに完敗ではあるので。現時点では3着ヒモで拾うか切るかというところ。田辺が腹を括って先行策を取って前受する形だと結構怖いかなと思うが、それもゲート次第というところはある。色々と注文がつく馬で、噛み合い切って内で我慢、特にアルバートらが外から動いて3~4角でペースが上がってという中で好位内内で上手く立ち回ってくれば…逆転もあり得るかというところ。内枠が欲しいのと枠の並び的に多少出負けしてもリカバー可能な感じであれば面白いが、それでも連下での押さえの域は出ないかな。連下~3着ヒモまで。


PR【今週のうまい情報】神戸新聞杯(G2)

大荒れの16日17日にでかい結果を残したサイトが、神戸新聞杯(G2)予想を無料提供する!?


重賞だけではなく毎週末多くのレースを無料で提供してくれ、幅広い的中実績を積み重ねてきている。
レース考察などメールの内容も為になると多くのユーザーから支持を受けている競馬サイト。それが、

「Site」

他の競馬サイトと大きく違う特徴は、
1、週末の無料提供レースが5レース以上ある。
2、各買い目やレースごとに複勝・馬連・三連複・三連単の予想担当が存在し、無料で提供してくれる。
3、的中実績として無料提供は数万円以上、有料提供は数十万円以上をコンスタントに積み上げている。

今週【神戸新聞杯(G2)】の予想が無料公開予定となったので、お得情報拾ってみてください!
↓↓
siteの神戸新聞杯(G2)



さっそく【先日のローズS(G2)週の無料予想実績です。】
※サイト内ですべてを公開。的中が多いため、ここでは一部記載です。


ちなみに、このサイトの無料予想では【複勝担当】の予想が一番人気となってます!
的確にはまるので、参考にしてみてください。

【複勝担当】時計・適正データ派(無料)
■09月17日阪神6R 3歳上500万下 的中!
提供点数 1点 獲得:144,000円

先日100万配当越えした重賞結果
【3連単担当】重賞請負人(無料)
■09月03日 新潟11R 新潟記念(G3) 的中!
提供点数 42点 獲得:1,326,500円


昨年の無料予想での最高額結果
【三連単担当】ダートの帝王
10月15日 京都1R 2歳未勝利 
提供点数15点で「5,685,500円」の超高額的中!


よくある数万円も情報料がする有料予想会社と、とことん比較してください。
siteの無料予想の方がレベルが高い!】

【無料の充実度抜群!会員急増中!】
「無料で勝てる」siteの実力はコチラ
↓↓
siteの無料予想

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ファンタジーステークス 2017 出走予定馬:コーディエライト、未勝利勝ちは圧巻、新潟2歳Sは決め手でも見劣らず…素材は確かで楽しみな一頭
京都新聞杯 2017 出走予定馬:メルヴィンカズマ、アドミラブル相手に一瞬優位に立つ…素材は一級品も二の足が遅いのがネック
中京記念 2017 出走予定馬:ウインガニオン、連勝の勢いは本物か?オーバーペースにならずに逃げられるかどうか
中京記念 2017 出走予定馬:グァンチャーレ、スローペースでの安定感は魅力…掛かり癖不安も内で我慢が利けば
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:カデナ、春のクラシックは不満…ダービーもラストがいまいち、阪神外回りの2400で逆襲できるか?
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:カレンシリエージョ、前走は圧勝も楽な相手…今回は強敵が多く
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、マイルへの短縮はカギも、芝スタートの方がスタート良くハイペースも得意で要警戒だ
エルムステークス 2017 出走予定馬:モンドクラッセ、夏の北海道は庭…強気の仕掛けでコーナーで勝負を決めたいが
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、動き出しは鈍いが…下り坂の阪神外回りで末脚を出し切りたい
鳴尾記念 2017 出走予定馬:ラストインパクト、古豪復活の舞台となるか?ロングスパートになりやすいこの条件は良さそうで
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:クリアザトラック、古馬相手に前走完勝…前目から長く脚を使えるのが強み
オールカマー 2017 出走予定馬:ステファノス、高速馬場でのトップスピード持続力が高く…月曜のような馬場で出し切る形なら
平安ステークス 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、厳しい流れに持ち込み良さが…基礎スピードを活かして引き上げたいところ
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:レジーナフォルテ、前走の勝ちっぷりよりも新潟1000を勝った未勝利のインパクトが強い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP