投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

オールカマー 2017 出走予定馬:アルバート、地力最上位のステイヤー…2200mで出し切る展開になるかどうかがカギ

2017 9/24(日)
第63回 オールカマー(GII) 中山芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
オールカマー2017の予想用・出走予定馬一覧

 長距離路線で台頭し、ダイヤモンドステークス、ステイヤーズステークス連覇など重賞3勝の実力馬アルバートがオールカマーに出走予定だ。3000m超で結果を出している馬だけに、やはり2200mへの短縮というのがどう出るかがポイントだ。相手関係も中距離で手ごわいステファノスらがいて簡単ではない一戦。強敵相手だがこの距離に目途を立てたい。


 単純な後半のトップスピードの質・持続力やポテンシャル、2段階加速的な競馬への対応力も含めてトップレベルにあるとは思う。まあルージュバックが出し切ってくると手ごわいかなとは思うが。それよりもやはり前半のペースに対する対応ができるかどうかだろう。流石に準OP以降は長距離のレースが中心、2400~2500m戦でも緩い流ればかり。平均で流れて後方からとなると届かない可能性はあるし、そもそもそこでついていって脚を削がれるケースもあるかも。ただ…完全に未知数だがアドマイヤドンの仔は高速馬場巧者が多いというイメージと、アドマイヤデウスなんかもそうだが高速中山は結構強いイメージ。この馬自身も高速馬場そのものは得意なので、今の馬場でスローバランスになりやすいというのは結構良い材料かもしれない。


ダイヤモンドS(GIII) 1着 15頭7枠12番
東京芝3400m良 3:35.2 64.3-91.7(FA13.1)-59.2 S^5
12.9 - 12.4 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 13.0 - 13.8 - 13.6 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.5

 正直なところこのダイヤモンドSに関してはあまり語ることがないというか、終始ドスロー、ハロン13程度、そこからの顕著な3F戦で直線だけの競馬になっている。道中の意味合いがほとんどない、ポジションの差と直線でのギアチェンジ含めた後半勝負に特化してしまっている。なので重要なところ以外は軽く流す程度で。


 12番枠から出負けして促していくも結局後方からの競馬にはなってしまう。スタンド前で外からサムソンズプライドが動いて途中で失速していったのを除けば大きな動きはなく、その流れで後方外目。3~4角でも後方外目でじわっと促しながらムーアにしてはある程度早めに仕掛けて直線。序盤の段階でしっかりと動き出し中団、L2でそこから一気に先頭のラブラドライトを射程圏まで詰めていく。L1できっちりと突き抜けての完勝だった。


 これまでそこまでキレないイメージだったが、L2の地点でしっかりと差を詰めてきたしL1までトップスピードからあまり落とさずTS持続で突き抜けた。後半の3要素全てで上回ってきたが、ムーアにしては珍しく4角で外から動いていく意識を持っていたのでその分が映像的な反応の速さに繋がったかなとみている。いずれにせよ、カフジプリンスはもちろんラブラドライトを楽に捕えているわけでこれは格が違ったなという感じ。またトップスピードの質という点でも高めてきているかな。


天皇賞春(GI) 5着 17頭4枠7番
京都芝外3200m良 3:13.3(+0.8) 58.3-74.0(FA12.33)-60.2 H^2
12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2

 天皇賞春も成長を見せる5着とはなったが、上位勢とはやはり少し差があった。ペースは字面で見ればかなりのハイだが、離れた番手のキタサンの位置なら平均ペース~ややスローというところだとみている。ただ、中盤の緩みのところで番手以降も少し差を詰めてきているので実質はほとんど淀みのない流れだったかなと。


 7番枠から五分に出て押して押しての追走、何とか中団の中目を確保する。スタンド前ではサトノダイヤモンドの後ろで見るような形と理想的な入り方。向こう正面ではキタサンらを追いかけに動くサトノダイヤモンドの後ろを推して押して追走しながら狙っていく、4角出口でサトノの後ろを通して上手く進路確保もここで少し置かれてしまう。そこから序盤で勝負圏内からは遠ざかるがしぶとく踏ん張り好位列。L1ではジリジリと伸びていたが及ばず、単独の5着を確保するまでに終わった。


 サトノダイヤモンドとポテンシャル比べでそれより後ろから差すとなるとちょっといくらなんでも難しい。ただし、やはり前半ポジションを取れなかったというところが起因するわけなので、結局はその辺りが高いレベルでの話の上で弱点といえる。ただ、もちろん相手が強敵で、前半リスクを取って先行したことで上手く立ち回れたシュヴァルグランが一角を崩したぐらいだし、サトノと同じような位置からしっかりと最後まで脚を使えたというのは評価できる。ポテンシャルに関しては現役でも屈指の実力馬だ。


アルゼンチン共和国杯(GII) 2着 15頭3枠5番
東京芝2500m良 2:33.5(+0.1) 63.0-59.0 S^4
7.5 - 11.5 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.3 - 12.8 - 12.5 - 12.4 - 12.4 - 11.7 - 11.1 - 11.4

 アル共では結果を出したともいえるが、シュヴァルグランとの比較でみてトップスピード戦ではちょっと見劣った。また同日の2歳、アドマイヤミヤビやカデナといったところと比較しても、ラップ的にはさほど大したレベルではないのでトップスピード戦としてのレベルは微妙かなとみている。


 5番枠から五分には出たが行き脚が微妙、無理せずに中団から進めていく。道中もドスローの中で中団馬群の中、上手くシュヴァルグランの後ろを取って3角。3~4角でも中団馬群の中でシュヴァルグランを目標に直線。序盤で進路確保で少しもたついている間に外から一気にヴォルシェーブに抜かされてしまい苦戦。それでもL2辺りからじわじわと盛り返すとL1では一番良い脚、ヴォルシェーブをしっかりと捕えてシュヴァルグランとの差も少し詰めて2着を確保した。


 まあシュヴァルは少し流していたのはあるが、L1の減速地点でばてずに、ほとんど落とさずきっちり差し込んできたわけでトップスピードの持続力はやはり高い。ただし、目標を作りながらも要所での反応が少し鈍かったのはあるし、ヴォルシェーブと比べて加速していく段階で見劣ったのは多少ある。末脚の絶対量は高いレベルにあるが、ギアチェンジ面が若干不安があるので外から勝ちに行く形の方が本来は安定しやすいだろうと。ステイヤーズSのムーアの時の様に上手くスペースを確保できれば別だが。


2017オールカマーに向けての展望

 基礎スピード的に見て全くの未知数なので2200mがどうか、そしてカフジプリンスほどではないが、要所で少し鈍い部分があるのでその辺りをしっかりとポテンシャルをもって早めにフォローできるかどうかがポイントになる。特に馬場が月曜開催の時から変わらなければ相当軽いので、仕掛けが遅れてしまうと危ういかもしれない。ただ、高速馬場自体は合うと思っているし、最近はトップスピードに乗せさえすれば質もある程度高めてきているし、持続力はもちろん高い。またステイヤーズSの様に普通に2段階加速の競馬ができるので、ポテンシャルを活かしつつ、そこからもう一段の加速という競馬は歓迎。また高速馬場が顕著な方が前半のペースをバランス的に見て上げ切りにくくなるので、その点でもこの馬としては進めやすくなる。ネックなのはゲートが不安定という点。後ろからの競馬でドスローでコントロールされてしまうと3~4角でペースを引き上げられる形でも仕掛けを待たれる形でもなかなか難しくなる。外から勝ちに行っても5~6Fのロンスパで分散する形なら大丈夫だと思っているが。超高速馬場自体はアドマイヤドン産駒なので問題ないと思うし、勢いに乗せて長く脚を使って捻じ伏せたい。


PR【今週のうまい情報】神戸新聞杯(G2)

大荒れの16日17日にでかい結果を残したサイトが、神戸新聞杯(G2)予想を無料提供する!?


重賞だけではなく毎週末多くのレースを無料で提供してくれ、幅広い的中実績を積み重ねてきている。
レース考察などメールの内容も為になると多くのユーザーから支持を受けている競馬サイト。それが、

「Site」

他の競馬サイトと大きく違う特徴は、
1、週末の無料提供レースが5レース以上ある。
2、各買い目やレースごとに複勝・馬連・三連複・三連単の予想担当が存在し、無料で提供してくれる。
3、的中実績として無料提供は数万円以上、有料提供は数十万円以上をコンスタントに積み上げている。

今週【神戸新聞杯(G2)】の予想が無料公開予定となったので、お得情報拾ってみてください!
↓↓
siteの神戸新聞杯(G2)



さっそく【先日のローズS(G2)週の無料予想実績です。】
※サイト内ですべてを公開。的中が多いため、ここでは一部記載です。


ちなみに、このサイトの無料予想では【複勝担当】の予想が一番人気となってます!
的確にはまるので、参考にしてみてください。

【複勝担当】時計・適正データ派(無料)
■09月17日阪神6R 3歳上500万下 的中!
提供点数 1点 獲得:144,000円

先日100万配当越えした重賞結果
【3連単担当】重賞請負人(無料)
■09月03日 新潟11R 新潟記念(G3) 的中!
提供点数 42点 獲得:1,326,500円


昨年の無料予想での最高額結果
【三連単担当】ダートの帝王
10月15日 京都1R 2歳未勝利 
提供点数15点で「5,685,500円」の超高額的中!


よくある数万円も情報料がする有料予想会社と、とことん比較してください。
siteの無料予想の方がレベルが高い!】

【無料の充実度抜群!会員急増中!】
「無料で勝てる」siteの実力はコチラ
↓↓
siteの無料予想

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:テンクウ、前走は内が空く楽な展開も一定の反応を見せ…
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:イッテツ、積極策に徹してどこまで…ゲート、二の足とも並で主導権を取れるか?
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:トウケイタイガー、園田の星が中央に殴り込み、主導権を取って快挙となるか
中山金杯 2018 予想用ラップデータ:前半スローになりやすく、L2最速率高し…序盤のポジション取りは重要か
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:プレイズエターナル、前走は出負けして難しい位置も、基本後ろからの馬で…
関屋記念 2017 出走予定馬:ブラックムーン、トップスピードの持続力は非凡…も、やはりゲートが拙く後方一手なのが
エルムステークス 2017 出走予定馬:ロンドンタウン、佐賀記念はスローの流れで長く脚を…1700mの舞台は微妙か
シンザン記念2018 出走予定馬:アーモンドアイ、母は長い距離で適性…底知れぬ素材は魅力も完成度はまだ低い
北九州記念 2017 出走予定馬:バクシンテイオー、昨年の覇者も今年は56kgに強敵がずらり…上手く立ち回りたい
カペラステークス 2017 出走予定馬:ディオスコリダー、前走の西陣Sでは前半残して鋭く…ペースが上がり切らない方が良いかも
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、阪急杯は少しフロック視…昨年完敗の舞台で坂の上りで動き出しの甘さも懸念
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:シゲルコング、昨年末川崎マイルで見せた粘り腰をここで見せられるか?ペースを引き上げ自分の競馬に徹したい
オールカマー 2017 出走予定馬:カフジプリンス、前走上手く先行、これで何とか活路も…とにかくギアチェンジが下手
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ジョルジュサンク、前走ドスローからの上がり勝負で粘り込み…展開次第だがマイネルミラノが厄介
新潟大賞典 2017 出走予定馬:サンデーウィザード、コーナーで動いていくところで良さ…新潟外回りの適性がカギに
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP