投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

神戸新聞杯 2017 出走予定馬:サトノアーサー、ゲートが甘く動き出しも遅い…下りで勢いづく阪神で人馬とも正念場の一戦

2017 9/24(日)
第65回 神戸新聞杯(GII) 阪神芝外2400m
予想用・出走予定馬一覧
神戸新聞杯2017の予想用・出走予定馬一覧


 素材の高さは早くから見せていながらもいまだ重賞に手が届いていないサトノアーサーが神戸新聞杯に出走予定だ。前走のダービーは皐月賞をパスして満を持してのGIチャレンジだったが末脚不発、展開に泣いた。秋も神戸新聞杯から始動するが、何としても重賞タイトルを手中に収めたい。混戦模様の世代の中で頭一つ抜け出せるか。


 ダービーは枠もあれでスタートが拙い馬だといかんともしがたかった。毎日杯のパフォーマンスは高く、少なくともあの時点ではキセキよりも上のTS持続力を見せていた。トップスピード戦がベストだが、質的なものよりも持続力が要求された方が良いのでその点では阪神外回りに変わるのは良いと思う。ただ、ディープ産駒は結構苦戦しがちのレースで、昨年のサトノダイヤモンドぐらい抜けていても少し危うかった。勝ち切れるかどうかとなると結構早めの仕掛けになって極端なトップスピードを問われにくい舞台でその辺りはポイントになると思う。


毎日杯(GIII) 2着 8頭1枠1番
阪神芝外1800m良 1:46.6(+0.1) 47.4-46.4 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

 重賞では2着までしか無いのでひとまず強かった毎日杯から振り返る。ペースは1.0でややスローというところだが、これは単騎逃げ馬が刻んでいたもの。離れた位置にいたアルアインの位置で大体2秒ぐらいのかなりのスローなので実質的にはかなり遅い。アルアインらが速めに仕掛けたことでこちらも出し切る形にはなっているが、如何せん後ろ過ぎ。


 1番枠からやや出負けという程度、無理はせずに下げて最後方で進めていく。道中逃げ馬が単騎気味に進めていく中でこちらは最後方で外に出して3角。ただ3角手前の緩みでアルアインらが先に仕掛けて差が縮まらない中で最後方からちんたら走って直線。序盤でそこから追いだされるがスパッとは切れずにジリジリと伸びてきて2番手に上がるもまだ3馬身はある。ラストでようやく差を詰めてきたが決定的なところまで詰めきれず半馬身差の2着だった。


 勝ち負けという観点で言えば明らかに中盤で前に出し抜かれる形になったのが響いた。前が緩んだ段階でアルアインらは脚を使わず取り付いていて、こちらはその差を詰めるタイミングを逸して、L3最速と前がペースを引き上げてからの競馬となったし、L3の4角地点の段階で致命的なポジション差があったのは間違いない。ただ、L3最速の流れで完璧に最内を立ち回ったキセキとの比較で考えれば、外から動く形になりながらも最後まで脚を使えていたしTS持続力は高いというところを証明できた。またアルアインにはやられたけど、それでも半馬身差なら結果的に悪くないともいえる。ただ、一方で早い段階で前を向いて追いかける立場にはなっていたのだが、L2の段階では決定的な伸びとは言えなかったし、質的には究極的にキレるというほどではないかなというのはあった。


日本ダービー(GI) 10着 18頭3枠6番
東京芝2400m良 2:27.6(+0.7) 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 ただ、日本ダービーでは末脚が完全に不発となった。この馬自身で見てもスムーズさを欠いたうえに前が止まらないのでこういう結果になってしまったという感じ。ペースは4.1で超超スロー、ラップ推移も3~4角で12秒半ばを刻んでからのL2最速10.9が示す通り、ギアチェンジで置かれてしまったり進路が無かったりという競馬ではちょっと厳しかったのは間違いない。


 6番枠からやや出負けして枠がまずまず良かったので中団馬群の中目からの競馬になる。ただ、ここからが難しい競馬になり、中団馬群の真ん中で動くに動けず、そうこうしている間に外から一気にレイデオロに捲られてポジションダウン。3~4角でも進路確保できないまま後方外外を回すしかない状況、アドミラブルの後ろを取ってほぼ最後方列で直線。序盤での伸び始めも遅く、先に動いたアドミラブルの方が速く伸びてくる。L1での伸びも地味で最後はなだれ込むだけに終わった。


 最後まで延びてこなかったので何とも言い難いが、少なくともアドミラブルには完敗の内容ではあった。それでも、ポジションを道中で落とす形になったし3~4角でも前がペースを上げずになかなかスペースを確保できないまま、アドミラブルが動いてからその直後を進めて行ってこのギアチェンジを要求されると苦しかった。阪神の外回りでL1ズドンと来るイメージで、府中でもここまで極端にギアチェンジを問われたことで末脚を上手く引き出せなかったかも、というのもある。いずれにせよそういった器用さはないのだろう。


きさらぎ賞(GIII) 2着 8頭1枠1番
京都芝外1800m重 1:50.4(+0.3) 49.0-48.5 M
12.9 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 12.2

 重馬場のきさらぎ賞ではいまいち良さが出なかった。といってもアメリカズカップが重馬場巧者と考えれば、ダンビュライトとの比較でこれを撃破しているのでそこまで悪くはないかもしれないが。ペースは平均、重い馬場の中で息は入っているが遅くはない流れからのL2での一足という形。前半のパワー型基礎スピードが問われて馬場だけでなくペースも後半のキレを削がれる形にはなっている。


 1番枠からやや出負け、無理せず後方で進めていく。道中は重馬場ということもあったが追走自体は楽だが少し掛かり気味ではある。3角の下り坂でも後方の外目から仕掛けを待ちつつ。4角で促していくが反応が悪く直線。序盤で一応2列目の一角にはいたが、プラチナヴォイス、アメリカズカップには反応で見劣り苦しい。しかしL1で何とか最後まで伸びてきてダンビュライトとの接戦を制して2着は確保した。


 このレースに限らないけど、加速していく段階でスムーズさを欠くと直線での伸び始めが遅いな、という感じは受ける。何なら上がり32.7で勘違いしやすいがシクラメン賞でもL2のキレという観点で見ればちょっと物足りなかった。L1まで長く脚を使ってくるのはポテンシャル戦でもやれた、という点では良い材料で、阪神外回りが安定するのは多分下り坂が仕掛けどころに近いからだと思うし、そこで勢いに乗せやすい。京都でも反応が鈍かったのは下りの段階ではまだレース全体が上がってこず直線で前に出し抜かれる2F戦になったからかなと。いずれにせよ加速性能が低いのがネックになっていると思う。


●2017神戸新聞杯に向けての展望


 まあ素材的に突き抜けているわけでもないので外から勝ちに行って勝ち切れるかは別だが、それでもこれまでの競馬を考えると仕掛けを待って良いタイプではないと思う。ダービーなんかでもレース全体がドスローで質の高いトップスピードを持っているわけではないこの馬があの位置で仕掛けも遅いとなると終戦なわけで、やはり基本的には出し切る意識を持った方が良いだろう。その点では川田とのコンビは相性が悪いんだと思う。川田は後ろから行くときも仕掛けを同じように待ってしまうタイプなので、そうなると鋭さで優位に立てない以上後ろからでは届かない。きさらぎ賞で3~4角でも外から動いていったときにどこまでやれたかというのが見たかったが、ここに及んでも底が見えていないというのは悪い意味で言えば川田が馬の全能力を発揮しきれていない、という面もある。今回は基本的には脚を出し切る展開になりやすい神戸新聞杯の舞台なのでこれは良いはずだし、馬券的には外すのは難しいが強く狙うとなるとその辺りをどう判断するかとなる。


<PR>
【土日結果】と【2連勝中の神戸新聞杯】

どーも!
馬を愛し、競馬を愛し、収支が伸びてるJ.boyです!

土曜は阪神が荒れ、日曜は中山が荒れ、大雨を考慮した競馬予想は難しかったですね。
それでも僕が使っているコラボ指数は結果を残してくれて、さらに信頼度が上がりました!

【土日結果】
・コラボ指数の上位6位までの馬で馬券を購入しました。
※他にも万馬券をたくさん的中させました。
16日(土)

無料で公開された阪神1~6レースまで、6レース連続三連単的中☆
回収率202,8% 収支+74,000円
17日(日)

中山7~10レースまで、4レース連続三連単的中☆
回収率333,6% 収支+112,110円

土日全48レース中、この10レースだけで、合計+186,110円

これだけ収支出したんだから辞めとけばいいものの、人間って欲がでるんですね。
他のレースで大穴狙いまくって、土日はたんまり稼いで、たんまり競馬を楽しめました笑


さて今週末は神戸新聞杯G2が見ものです!コラボ指数では無料公開レースになってます!

コラボ指数では2年連続、3連単をとってます!
しかも魅力的なのが、年々精度が上がってきています。

【2連勝中の神戸新聞杯】
・コラボ指数の上位6位までの馬で馬券を組み立てました。
・こんな感じで、コラボ指数がレース前日の夕方に公開されます。
2015年

着順:指数順位6位→1位→5位(オッズ3人気→1人気→7人気)
2016年

着順:指数順位1位→5位→3位(オッズ1人気→6人気→4人気)

公開される指数の上位6頭で馬券を組むだけ!
18頭立てだろうがなんだろうが、6頭に注目すればいいだけ!
2015年は6頭で的中。2016年は5頭で的中!

今年は?

24日(日)に開催される神戸新聞杯G2は、
23日(土)のレース終了後、サイト内にてコラボ指数無料公開!

重賞だけじゃなくて、
23日(土)24日(日)の前半戦1~6レースも無料公開!
コラボ指数を1回使ってみたいという人も手軽に始められますね☆

コラボ指数を見るには、
こちらからアドレス送信後、返信メールのURLからサイトに入ってすぐ見れます!
では!今週もよい競馬を\(^o^)/
↓↓
こちら(無料)

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
京阪杯 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、実力馬が復調の軌道に…一足は鋭いが荒れた馬場でラストの外差しを防ぎ切れるか
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、強烈な切れ味は現役でも屈指…コーナー4つのコースで引き出せるか
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ジュールポレール、ゲートが上手く…スローで良い位置からスッと出し抜くのが持ち味
関屋記念 2017 出走予定馬:マイネルハニー、前走はスローに落としすぎてキレ負けも、マイルへの短縮がカギ…
鳴尾記念 2017 出走予定馬:デニムアンドルビー、エンジンがかかってしまえば破壊力は抜群…福永の腕が問われる一戦だ
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:トーセンビクトリーと武豊、56kgはかなり見込まれたが、スローなら鋭く動ける魅力もある
愛知杯2018 出走予定馬:ワンブレスアウェイ、前目から要所でもう一段上のギアを入れてくる強敵…ゲートを上手く出られるか
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:アリア、初戦は何とか直線で捕えるも、コーナーでの動きに少し不満があり
札幌記念 2017 出走予定馬:ディサイファ、一昨年の覇者で洋芝巧者は確かも…ここ数走をどう判断するか?
阪神カップ 2017 出走予定馬:レーヌミノル、1400mへの短縮は歓迎…前半強気にレースを作って基礎スピードで勝負したい
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ファンディーナ、世代最後の大物候補…最強牝馬世代の真打登場となるか
京都金杯2018 出走予定馬:キョウヘイ、力の要る馬場でのバテ差しはインパクトあり、高速馬場でなければ注意
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:モンドクラッセ、展開のカギを握る逃げ馬…コーナーでの立ち回りに注目したい
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:フィエロ、もうそろそろ重賞初制覇を成し遂げたいが…やはり末脚を出し切れるかが焦点…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP