投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

神戸新聞杯 2017 出走予定馬:キセキ、春から一変の気配…ここ2走は圧巻で勢いそのままダービー馬喰いを狙う

2017 9/24(日)
第65回 神戸新聞杯(GII) 阪神芝外2400m
予想用・出走予定馬一覧
神戸新聞杯2017の予想用・出走予定馬一覧


 春クラシックは残念ながら賞金を積めず終戦、しかし夏の新潟外回りの長い直線で鋭く末脚を引き出してきたキセキが神戸新聞杯に出走予定だ。1000万下を出色の時計で勝ちあがって春の遅れを取り戻し堂々と舞い戻ってきた実力馬。鞍上ミルコ・デムーロとともに目指すは秋の淀、菊花賞の舞台。春悔しかった軌跡を秋の奇跡へと飛躍させたい。


 強烈にトップスピードの質、持続力を高めてきている。今年の3歳世代だと1000万下をきっちり勝ち上がってきたというのは結構大きい。特に前走の信濃川特別ではコーナー2つではあると言っても1:56.9という時計は破格と言っていい。後半長く脚を使えないとこの馬自身の入りが遅い中でここまでの時計を出すというのは難しい。そのうえでの上がり32.9というのが非凡。500万下勝ちも特筆すべきレベルで、正直春とは馬そのものが変わってきたのかな、というのが率直な感想。


信濃川特別(10下) 1着 14頭4枠5番
新潟芝外2000m良 1:56.9 58.2-58.7 M
12.6 - 10.9 - 11.4 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 11.9 - 10.6 - 11.9

 まず前走圧巻だった信濃川特別から振り返る。ペースは平均だが1000通過で見れば58.2なので相当速い、淀みもほとんどなかったと言って良いが、強いて言えば偏差で見ると中盤やはり若干緩んでいる(FAが11.69、12.1-12.2辺りはそこから考えると平均から少し緩い)。ただもちろん相当基礎スピードを問われたし、離れた位置で後半特化の競馬をしたならトップスピードの質だけでなく中間的な脚、2段階加速的に使ってこないと恐らく難しかっただろう。


 5番枠から出負けして最高峰近くからのスタートとなってしまう。そこからも前目の馬がかなり飛ばしていって、後ろの方で我慢しながら進めていく。3角で前が少し落としてきたがそれでもまだまだ後方集団、内目で我慢して直線勝負。流石に前もこのペースではしんどいが、その中で後方から外に出して早い段階で中団に取り付いてくる。L2の段階ではもう先頭列まで並びかけて抜け出そうかというレベル、L1で喰らいつくブラックプラチナムを問題とせずの完勝だった。


 前後がかなり離れているのでこの馬自身の1000通過が何秒か?ってのはちょっとわかりにくいんだが恐らく60秒を切っているかどうかぐらいかなというところ。恐らく後半は57秒前後ぐらいは出せていると思う。上がり3Fが速いのもこのレベルだとすごいが、5Fで見ても相当長く脚を使ってきているはずで、これはびっくりというところ。正直春の段階ではここまでのレベルに無いと思っていた馬なんだけど、トップスピード面だけでなく、そこまでにある程度長く脚を使いながらこのバランスを叩きだしてきたというのは恐れ入った。それと、ここにきて馬体増を大幅に増やしながらパフォーマンスを上げてきているという点でも今が成長期、という可能性は高いかもしれない。ルーラーシップ自体完成したのが遅かったのもあるし。


500万下 1着 13頭4枠4番
中京芝2000m良 1:59.1 60.7-58.4 S^2
12.7 - 11.0 - 12.4 - 12.7 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 11.7

 2走前の500万下戦も正直圧巻のパフォーマンスだったと思っている。かなりのスローからの6Fのロンスパ戦。超高速に近い馬場だったが、それでもポテンシャルを高いレベルで要求され、ステイヤー色が強い競馬の中で圧巻のパフォーマンスを見せてきたと言っていいだろう。


 4番枠から坂スタートでもやや出負け、無理せずに後方からの競馬となる。道中も後方馬群の外で進めて3角。3~4角でも4~5頭分ぐらい外からぶん回す形で中団に押し上げながら直線に入ってくる。序盤の段階で鋭く伸びて2列目に並びかけ、L1でもさらに伸びて突き抜けた。


 500万下戦だったと言っても正直圧巻のパフォーマンスだと言っていい。このレースの方が自身の1000通過が推定しやすく、恐らく62秒台に入っていただろう。仮に62とすれば後半は57でまとめているということになる。しかも3~4角で大外を回して。2,3、4着馬は2列目~3列目でコーナーで外過ぎないところを回していた馬たちということを考えてもこれはちょっと抜けていたかなと。恐らくL2では11秒前後の脚をまず使ってきている、ラストも11.7の地点で1馬身ぐらいはあった所を差し込んでいるので11.5ぐらいでまとめているはず。ちょっと考えられないぐらいのパフォーマンス。同日のマレーシアカップも同じ様な感じでスローロンスパからレコードを出しているんだが、こと後半5Fのラップ推移に関して言えば互角以上と言っていい。ラストはこちらの方が落としていないし、何よりロスが大きかった。この時点で準OPレベルにはあったかなと思う。


毎日杯(GIII) 3着 8頭6枠6番
阪神芝外1800m良 1:46.7(+0.2) 47.4-46.4 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

 春の段階では正直まだちょっと足りなかったと思う。少なくともここではサトノアーサーに見劣っていると。ペースは1秒のスローだが離れた2列目で実質的に見ればかなりのスローだと思う。そこからのTS持続戦になるしL1は結構落ち込んでいるので少なくとも差し込むチャンスはあったし、立ち回りはこちらの方がサトノより良かった。


 6番枠から五分に出てそこから無理せず下げる形。道中もサトノアーサーよりは前にいるがそれでも後方2番手で最内を我慢して通していく。3角でアルアインらが仕掛けたことで3~4角ではペースアップ、そこで最短距離を通しかつ、最内のスペースを完璧に拾う。直線序盤で鋭く伸びてL1でもう一段、と行きたかったが詰めきれず、サトノアーサーには差し込まれて3着と賞金を詰めなかった。


 スローからのTS持続戦になるので、ここ2走のパフォーマンスから考えればもっとやれていいはず。もちろん、ここがアルアインやサトノアーサー、プラチナムバレット含めてハイレベルだったともいえるんだが、後方で3~4角を完璧に立ち回ってのこれなので、そういう点では外から勝ちに行ったサトノアーサーの方がペースが上がったコーナーでのロスを考えれば上とみるべきだと思う。ただ、もちろんだがこの時点ではの話。


2017神戸新聞杯に向けての展望

 多分本命を打つことになると思う。理由は1つしかない。距離を延ばし2000m、そこからゆったりと運んだことによって後半強烈に5~6Fを伸ばしてきた点。トップスピードの質、持続力はこれまでもある程度高いレベルにあったと思うのだが、高速馬場の中でポテンシャルも要求された中で更にもう一段足を使ってくるというステイヤー的な競馬を見せてきた。正直かなり高いレベルに引き上げてきたとみていいと思う。個人的にはすみれSがちょっと不甲斐なさ過ぎたので評価を控えていたのだが、高速馬場でバランス的に後傾で入れれば速い時計を叩きだせる、後半5Fをとてつもなく速く走れるというのは神戸新聞杯では間違いなく大きな武器になる。トップスピードの質に関しては毎日杯でも見せているし、前走の信濃川特別でもL2の最速地点で一気に来ていたようにこの面子なら最上位になると思っている。そのうえでこれだけ長く脚を使えるのはもう馬が覚醒したとみるよりほかにない。雨が降ると微妙だが、パンパンの良馬場という前提なら余程のことがない限りはこの馬から入りたいなと思う。ミルコとの相性も早め仕掛けから出し切ってしまった方が良いタイプ、という点でいいはず。期待の方が大きい。



<PR>

今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト



過去3年の平均は
【3万5520円】決着


神戸新聞杯(G2)

今年は……ダービー馬レイデオロを脅かす
アノ人気薄関西馬が高配当を演出!?

この秋も
9月17日(日)阪神7R
【17万6530円的中】
最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

神戸新聞杯・3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】




2015年も23万馬券(桜花賞)をブチ当てただけでなく、

15週連続重賞的中を達成するなど圧倒的な実績!!

2016年も予告の桜花賞【2万0330円的中】
天皇賞(春)【2万0160円的中】を筆頭に、

オーシャンS【14万6540円的中】
フラワーC【8万2600円的中】
ジャパンC【3万6260円的中】
阪急杯【1万8050円的中】
アンタレスS【1万0620円的中】
中山金杯【1万1190円的中】
など特大万馬券的中を連発!!

そして2017年も!

イキナリ京都金杯【1万1040円的中】を筆頭に

毎週のように重賞競走で的中馬券を連発!!

今春も11週連続重賞的中をお届けしたほか、重賞以外でも
【17万6530円】的中
など、関西馬情報で万馬券的中を連発しています!!

※以下、一部の的中を抜粋
・09月18日(月)阪神10R 吹田特別【1万0620円的中!】
・09月17日(日)阪神7R 3歳以上500万下【17万6530円的中!】
・09月17日(日)阪神7R 3歳以上500万下【2万7200円的中!】
・09月16日(土)阪神12R 3歳以上500万下【1万7510円的中!】
・09月16日(土)阪神7R 3歳以上500万下【2万3870円的中!】
・09月03日(日)札幌4R 3歳未勝利【2万0880円的中!】
・09月03日(日)小倉3R 3歳未勝利【1万2130円的中!】
・09月02日(土)新潟11R 長岡S【1万1030円的中!】
・08月27日(日)札幌11R キーンランドC【1万5390円的中!】
・08月27日(日)小倉3R 3歳未勝利【1万7650円的中!】
・08月20日(日)新潟10R 阿賀野川特別【3万4260円的中!】
・08月12日(土)小倉6R 3歳未勝利【1万2290円的中!】
・08月05日(日)小倉10R 指宿特別【2万3710円的中!】
・08月05日(土)札幌4R 3歳未勝利【1万4830円的中!】
・07月30日(日)札幌12R 道新スポーツ賞【2万1330円的中!】
・07月29日(土)小倉10R 由布院特別【2万1220円的中!】
・07月22日(土)中京12R 桶狭間S【1万5320円的中!】
・07月22日(土)函館9R 3歳以上500万下【1万6720円的中!】
・07月15日(土)中京12R 3歳以上500万下【1万5970円的中!】
・07月02日(日)函館12R 道新スポーツ杯【1万3190円的中!】
・07月02日(日)中京10R 香嵐渓特別【1万6130円的中!】】
・07月01日(土)中京11R 白川郷S【5万1400円的中!】】

的中馬券に直結する関西馬情報を専門に扱う【チェックメイト】だからこそ入手できる大ヤリ関西情報さえあれば、神戸新聞杯でも特大万馬券が狙える!!

一般の競馬ファンでは入手不可能な、オフレコ級の衝撃情報を入手しているチェックメイトに、2017年の神戸新聞杯もお任せください!

神戸新聞杯(G2)3連単勝負買い目!!
無料入手方法はコチラ!!
※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。
pngチェックメイト:神戸新聞杯300_250


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

新潟記念 2017 出走予定馬:マイネルフロスト、ここ3走は色々な展開で善戦…総合力を活かす積極的なレースメイクに期待
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:アルバート、3連覇の偉業にムーアと挑む…動ける位置にいるかとフェイムゲームとの力関係がポイントか
日経新春杯2018 出走予定馬:ベルーフ、距離延長で甘さを補えるか?福島記念が物足りない
フェアリーステークス2018 出走予定馬:プリモシーン、明確に弱点は無く前走トップスピードの質・持続力ともに高く…ここは中心か
セントライト記念 2017 出走予定馬:サンシロウ、新潟内回りで捌くのに苦労もラストは成長の証…相手強力も不気味さはある
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クインズミラーグロ…武豊久々の福島参戦で勝利という最善の結果に導けるか
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:プレイズエターナル、前走は出負けして難しい位置も、基本後ろからの馬で…
毎日王冠 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、総合力高く隙が無い…相手が超豪華メンバーで力関係が焦点
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デニムアンドルビー、屈腱炎後もトップスピード持続力は非凡さ…強い馬だが穴も多い馬で
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ステファノス、スローで末脚を出し切れれば現役でも屈指の実力馬
AJCC2018 出走予定馬:ブラックバゴ、位置取りがどうしても悪くポテンシャル非凡も中山2200は合わなそう
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ラインミーティア、夏のスプリント女王が秋の大一番でも末脚発揮となるか
京都金杯2018 出走予定馬:クルーガー、骨折明け以降もバテ差しに存在感…ある程度流れてほしい
鳴尾記念 2017 出走予定馬:デニムアンドルビー、エンジンがかかってしまえば破壊力は抜群…福永の腕が問われる一戦だ
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、愛知杯は圧巻も…エンジンの掛かりが遅く早めに動く意識を持てるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP