投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

オールカマー 2017 出走予定馬:ルージュバック、月曜開催の馬場なら最右翼…外から勢いに乗せて鋭く坂を駆け上がれれば

2017 9/24(日)
第63回 オールカマー(GII) 中山芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
オールカマー2017の予想用・出走予定馬一覧

 牝馬クラシックを嘱望されながらも無冠、古馬になっての大成を期待されながらいまだGIを獲れない才女ルージュバックがオールカマーに出走予定だ。昨年は牡馬の一線級を相手に毎日王冠で圧倒するパフォーマンスを見せながらもGIでは良さが出ず。今年は上手く噛み合わずもどかしいまま5歳秋となってしまった。コンビを組んできた戸崎とおさらばし、北村宏司で新たな一面を引き出せるか。


 月曜の馬場だけ考えればこの上なく狙いたくなるのだが、厄介なのはこれでも多分上位人気になってしまうだろうというところ。条件はベストに近いと思っているが…。


毎日王冠(GII) 1着 12頭7枠10番
東京芝1800m稍 1:46.6 48.3-46.3 S^2
12.5 - 11.3 - 12.0 - 12.5 - 12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.5 - 11.6

 まずは5走前、アンビシャスを撃破した毎日王冠を振り返る。あそこまで鮮やかに勝ち切れたのは単純に内で詰まった実力馬が多かったというのはあるが、それでもアンビシャスを差しているように十分高いパフォーマンスだった。ペースは2秒でかなりのスロー、そこからのL3最速戦ではある。L4から11秒台に入っているし、詰まらなければある程度脚を出し切りやすい展開ではあったと。


 10番枠から出負けして後方からの競馬。道中も後方外目でアンビシャスを前において見るような形で3角に入っていく。3~4角で前のマイネルミラノがじわっと引き上げていく中で後方外でじわっと促す程度、後方で直線。序盤でそこから余裕をもってL2で楽に中団から先頭列に並びかける。L1でアンビシャスを捻じ伏せてと最後まで良い脚を維持しての完勝だった。


 単純にトップスピードの質、持続力でアンビシャスを上回ってきたと言っていい。通したところはほぼ同じ、ペースもスローの流れの中で後方から目標にしてL3以降は終始優位な脚色でフィニッシュしてきた。スローからトップスピードに乗せる形にしっかりと持って行き、きっちりと捻じ伏せる競馬ができているのは高く評価できる。ギアチェンジがあまり問われなかったというのが一つポイントになる。


天皇賞秋(GI) 7着 15頭5枠9番
東京芝2000m良 1:59.9(+0.6) 60.8-58.5 S^2
13.3 - 12.0 - 11.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.7

 ただし、天皇賞秋では不発となった。単純に上がり3Fという観点で見ても稍重だった毎日王冠から落としているわけで、この馬自身のパフォーマンスを落としているというのをどう考えるか。ペースは2.3でかなりのスローだがこれは毎日王冠とバランス的にはそう変わっていない。違うのはラップ推移で3F勝負になっているし最速11.0に向けてしっかりと動く必要があった。極端ではないが毎日王冠よりもギアチェンジ面を要求されている。


 9番枠からここでは五分に出てそこから無理せずに中団馬群の後ろぐらいで進めていく。道中も縦の位置自体は悪くないのだが中団の中目で前に壁を置くことを意識していてポジションを少し落としながら3角に入っていく。3~4角でもペースがそう変わらない中で終始アドマイヤデウスの後ろを狙いすぎてスペースがない状況で直線と最悪の形。序盤でそこから外に誘導しようとするができず、かなり置かれてL2の坂の上りでようやく確保。そこからの伸びは流石というところだったが4着争いに加わる程度の7着完敗だった。


 この馬が戸崎と合ってないと思うのはここで、結局馬の後ろにつけたがってスペースを確保しないで直線に入ってくるから動きたいときに動けず一気に加速するという作業を要求されがちになる。向こう正面の段階で外に出すリスクを取れずに、内で包まれて急激に動かなくてはいけない、というパターンになってしまったと。こうなるとこの馬としては末脚を削がれてしまうし、上がりは遅いがL1は来ていたので単純に不発だったともいえる。ただ、オークスにしてもそうだしエプソムC、毎日王冠にしてもそうだが、早めに外から動く意識を持った方が高いパフォーマンスを見せているし、あまりギアチェンジが得意な印象がない。


ヴィクトリアマイル(GI) 10着 17頭4枠7番
東京芝1600m稍 1:34.6(+0.7) 47.9-46.0 S^2
12.6 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.1 - 10.8 - 11.9

 このヴィクトリアマイルで戸崎に対して堪忍袋の緒が切れたのかな、陣営はという感じの負け方だった。まあルージュに1600はちょっと短いとは思っていたが、それでも確かにもうちょっと何とかできたと思う。ペースは1.9でかなりのスロー、マイルにしては緩いので追走は比較的楽だったはず。ただ中盤が緩い中でL4-3で1秒以上のギアチェンジが要求された。L1も落ち込んでいるのでスムーズなら差し込むチャンスはあったが。


 7番枠から五分に出てそこからじわっと促す程度だがそれでも後方からとなる。道中はスローで割と団子状態の中後方馬群の中で進路を意識できないまま3角に入っていく。3~4角でも進路がない状況で最後方列で進めながら直線。序盤での伸び始めも遅くギアチェンジ面で少し置かれていたがL2辺りでジリジリと伸びだした。L1もそれなりには来ていたが位置取りも悪く10着完敗だった。


 このレースでも思ったが基本的にこの馬はしっかりと勢いをつけてやらないといけない馬だと思う。鋭く脚を使える馬なので見落としがちだが、外からエンジンをかけていく形での好走例の方が多い。また同じヴィクトリアマイルでもスローから動き出しを問われた今年よりも、完全に流れた昨年のストレイトガールの時の方がパフォーマンスは高かった。この辺からもエンジンがかかってからが良いタイプ、と考える方が良いのと高速馬場巧者である、ということの2つは重要だろうと思う。


2017オールカマーに向けての展望

 もともとオークスでは2段階加速戦の中で外から正攻法で勝負に行っての2着は立派だし、毎日王冠でもL4から11秒台に入る中で外から勢いづけてL1まで伸びてきた。そういった競馬をしている時がパフォーマンス的にもベストで、恐らく緩い流れから一気にギアチェンジをというのが苦手なんだろうと思う。ペースに関しては案外こなせる馬で、昨年ヴィクトリアマイルでも45.7-45.8の流れでL1は伸びてきていたことを考えれば決してスロー専用とは思わない。ただし、高いパフォーマンスの条件はもう一つあって基本的に超高速馬場の方が良いということ。トップスピードの質も高い馬でそこを高めつつ、高速馬場ならL1までしぶとくそれを維持できるというイメージなので、道悪でそれが削がれるのは好ましくないだろう。月曜開催ぐらい軽ければ恐らくこの馬としてはベストの馬場状態だと思うし、あの馬場だとなかなか平均まで上げ切るには意識を相当補正しないといけないと思う。仮にある程度流れても高速馬場なら対応できるだろうと見ているし、そう不安はない。なので良馬場で月曜の馬場のとおりならば条件は揃ったかなと。後はL1の坂に向けてしっかりと外から勢いをつけて入ってやれればというところかな。ただ人気しちゃうんだろうなあ、難しいなあ。夏以降がすこぶる予想の調子が悪いので色々考えてしまいそうな自分が嫌。ファンディーナなんかは割と仕方ないと思いつつも結果だけ見れば怪しい人気馬に飛びついた形になるからね。結果が欲しいと思いすぎるのも良くないかな。府中の坂の上りでグンと来ている傾向からも坂の上りでの加速そのものは得意なはずだからね。素直に今回はルージュのための馬場になっていると思う。もちろんJRAがその後で弄ったりしてなければ、の話だが。今週からCコースに替わるのもあるしこれで土曜どういう馬場になるかは注視しないといけない。本命も視野に入れているが、その辺。戸崎が下りるのは良いけど、正直この馬に関しては我慢したがる北村も同様の危険はあると思うし、田辺とかノリとかなら更に自信あるんだがなあ…。


<PR>
【土日結果】と【2連勝中の神戸新聞杯】

どーも!
馬を愛し、競馬を愛し、収支が伸びてるJ.boyです!

土曜は阪神が荒れ、日曜は中山が荒れ、大雨を考慮した競馬予想は難しかったですね。
それでも僕が使っているコラボ指数は結果を残してくれて、さらに信頼度が上がりました!

【土日結果】
・コラボ指数の上位6位までの馬で馬券を購入しました。
※他にも万馬券をたくさん的中させました。
16日(土)

無料で公開された阪神1~6レースまで、6レース連続三連単的中☆
回収率202,8% 収支+74,000円
17日(日)

中山7~10レースまで、4レース連続三連単的中☆
回収率333,6% 収支+112,110円

土日全48レース中、この10レースだけで、合計+186,110円

これだけ収支出したんだから辞めとけばいいものの、人間って欲がでるんですね。
他のレースで大穴狙いまくって、土日はたんまり稼いで、たんまり競馬を楽しめました笑


さて今週末は神戸新聞杯G2が見ものです!コラボ指数では無料公開レースになってます!

コラボ指数では2年連続、3連単をとってます!
しかも魅力的なのが、年々精度が上がってきています。

【2連勝中の神戸新聞杯】
・コラボ指数の上位6位までの馬で馬券を組み立てました。
・こんな感じで、コラボ指数がレース前日の夕方に公開されます。
2015年

着順:指数順位6位→1位→5位(オッズ3人気→1人気→7人気)
2016年

着順:指数順位1位→5位→3位(オッズ1人気→6人気→4人気)

公開される指数の上位6頭で馬券を組むだけ!
18頭立てだろうがなんだろうが、6頭に注目すればいいだけ!
2015年は6頭で的中。2016年は5頭で的中!

今年は?

24日(日)に開催される神戸新聞杯G2は、
23日(土)のレース終了後、サイト内にてコラボ指数無料公開!

重賞だけじゃなくて、
23日(土)24日(日)の前半戦1~6レースも無料公開!
コラボ指数を1回使ってみたいという人も手軽に始められますね☆

コラボ指数を見るには、
こちらからアドレス送信後、返信メールのURLからサイトに入ってすぐ見れます!
では!今週もよい競馬を\(^o^)/
↓↓
こちら(無料)

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

新潟大賞典 2017 出走予定馬:サンデーウィザード、コーナーで動いていくところで良さ…新潟外回りの適性がカギに
スワンステークス 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、復活を果たせるか?1400は噛み合いそうで、上手くレースを作りたい
セントライト記念 2017 出走予定馬:セダブリランテス、前走厳しい流れを先行して抜け出す横綱競馬…距離延長でも強気の競馬ができるか
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、素材は面白いが要所の反応が鈍く4角で置かれないかがポイント
京都金杯2018 出走予定馬:クルーガー、骨折明け以降もバテ差しに存在感…ある程度流れてほしい
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、王者として迎える今年初戦…焦点はきっちりと勝ち切れるか?
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、菊花賞はド不良で参考外も人気先行型で…要所で置かれる面をカバー出来そうならチャンス
京成杯2018 出走予定馬:エイムアンドエンド、未勝利でしぶとく競り落とした内容は評価…中山で不気味さはあり
京王杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:タワーオブロンドン、馬場・ペース不問、ゲートに難も完成度自体は高い一頭
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ワンスインナムーン、テレビユー福島賞は好時計も高速馬場…ポジショニングが上手く粘り込み警戒の一頭
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ルーカス、追い切りでの放馬でも回避せず…状態面の不安もあるが力で捻じ伏せられるか?
目黒記念 2017 出走予定馬:モンドインテロ、最後は甘いが加速地点でスッと動ける…内枠で前目なら
毎日王冠 2017 出走予定馬:リアルスティール、勢いに乗ったミルコとの再コンビ、いい位置を楽に取って鋭さを引き出したい
京成杯2018 出走予定馬:コズミックフォース、エンジンの掛かりが遅め…中山2000は良さそうだが人気先行の面もあるか
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ステファノス、スローで末脚を出し切れれば現役でも屈指の実力馬
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP