投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので

2017 9/24(日)
第63回 オールカマー(GII) 中山芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
オールカマー2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年は中山2200mの重賞アメリカジョッキークラブカップで強い勝ち方を見せたタンタアレグリアがオールカマーに出走予定。ただ、そこからは天皇賞春を目標にしている過程で思うようにいかずに長い休養を経て上半期は終了。秋初戦に前走と同じ舞台を選択も、やはりポイントはしっかりと仕上げてきているかどうか。実力をつけてきたステイヤーがここで存在感を示したい。


 力をつけてきたという点は間違いなくて、後は状態面の問題。流石に故障とかもない中で色々と復帰が遅れてしまっているというのは全く好ましくない過程。AJCCは噛み合ったにせよ強かった、高速馬場の方が良いとも思うので条件は合いそう。後は追い切りを見て判断したい。


AJCC(GII) 1着 17頭4枠8番
中山芝外2200m良 2:11.9 59.6-60.0 M
12.6 - 10.8 - 12.4 - 11.9 - 11.9 - 12.3 - 11.8 - 11.9 - 12.2 - 11.8 - 12.3

 まずは前走のAJCCから。この時も天皇賞春からの8カ月ぶりの休み明けで、そこで強い競馬ができたのは同じ休み明けとなる今回という観点で見ても良かったと思う。ペースは平均で流れていたので基礎スピード的に結構問われていたし、後半も12秒前後を連続するポテンシャル戦。


 8番枠から何とか五分に出たかなという感じ、そこから追走しつつペースが速いなかでも中団馬群の内に入り込んでいく。道中も中団馬群の内内で進めて前にスペースを置きつつ3角。3~4角でも最内で仕掛けを待ちながら、上手くスペースを押し上げて2列目で直線。序盤でそこからジリジリと伸びて先頭列、L1で抜け出しゼーヴィントやミライヘノツバサを撃破した。


 個人的には2200でここまで流れるとなると難しいかなと思っていたんだが、勝ち切るところまで行ったときに、1角までに中団の内に入り込めたという枠、3~4角で内を通しつつかつスムーズに押し上げられたのが大きいかなと。最後までばてなくても、恐らく2200でここまで淡々と流れてしまう中で外外だとコースロスでポジションが下がってしまった可能性が高い。そういう意味では噛み合っている。ただ、2200そのものに不安がある中で、中距離色が強い平均ペースの競馬で結果を出せたのは大きい。この馬は本質的には2500以上はあった方が良いと思っているので。なので適性的に不安がある展開、休み明けの中で結果を出してきたという点を評価したい。


天皇賞春(GI) 4着 18頭6枠11番
京都芝外3200m良 3:15.6(+0.3) 61.8-74.4-59.1S^3
13.0 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9

 2走前の天皇賞春も内容的には強い競馬。シュヴァルグランに完敗を喫した阪神大賞典との比較でみてもパフォーマンスを上げてきた4着とみていいかな。ペースバランス自体は2.7で超スローだが、中盤の緩みが小さく中盤では13秒台を一度も踏むことなく、そこからの4F戦でL3最速とポテンシャル面も要求された。ただ阪神大賞典と比べると速度を要求されてはいるし、その辺りがシュヴァルグランとの比較でみてプラスの材料だったと感じた。


 11番枠から五分にスタートを切ってそこから最序盤のポジション争いで中団を確保したいところだったが、少し窮屈になって3角下りでポジションを下げながら後方と難しい競馬となってしまう。スタンド前でも後方馬群の真ん中で我慢を強いられる展開。向こう正面でも豊が落とし過ぎずに支配しているので動き出すスペースもタイミングもなく後方馬群の中でサトノノブレス辺りを目標。3~4角で各馬がじわっと外から動く中で中目でジッと我慢し何とか内のスペースを見つけつつ直線で上手く外に出し中団。序盤でそこから追いだされると伸びは地味だが徐々に前との差を詰める。L1では良い脚を使ってシュヴァルグランとの比較でも最後はジリッと詰めての4着だった。


 前走のAJCCと比べるとスローの段階でポジションを取れなかったのが響いたはずで、それでも後半余力を持って軽い馬場の中で中間的な脚を維持し続けた。そこでの後半のパフォーマンスという観点ならシュヴァルグランと比べても十分互角にやれていたと思う。阪神大賞典との比較で言えばより速い上がりを要求されている。ポテンシャル戦ではあったと思うが、その中でも軽い馬場で速度を問われたときに結果を出してきた。蛯名が腹を括って内で我慢したのと、直線までの進路確保が上手かったというのも大きいが、この4着は評価しないといけない。高速馬場で後半のポテンシャル戦となればここでは最上位の可能性が高い。もちろんまともなら…というのはある。少なくとも高速馬場下ではかなり高いパフォーマンスを見せてきていたし、ここ2走はかなり強くなったなという認識。


2017オールカマーに向けての展望

 ひとまずAJCCで最低限の基礎スピードを見せてきた、天皇賞春で長距離的な競馬…スローからエンジンをじわっとかけてラストで伸びてくる、中間的な競馬の中でもしっかりと脚を引き出してきたしシュヴァルグランに対してあれだけやれたのは立派と言える。高速馬場の方が良いと思うが、AJCCでは標準馬場の中で厳しい流れでもやれた。昨年のダイヤモンドS辺りは極悪馬場だったしそこで適性が嵌ったトゥインクルはともかくまだあの時点ではポテンシャルでフェイムゲームやファタモルガーナとの比較でもちょっと見劣っていたんだが、そこからの成長は確かだと思う。出脚はそこまで速くないので枠の助けが欲しいというのと、何といっても調整過程に疑問があるという点をどう判断するか。春天を目指していたが出られず、宝塚記念も結局回避したぐらいなのでそこから夏の間に立て直せたのかどうかが問われる。ここに入ればポテンシャルそのものは最上位とみていいと思うので、出来をしっかりと見極めて最終的に判断したい。高速馬場の方が良いと思うが多少の雨ならこなしてくる、キタサン世代で菊花賞も悪くない競馬ができていた。このメンバー構成でまともな状態なら勝負に絡んでくるべき一頭かな。


<PR>
第63回 オールカマー(G2)

ステファノスを脅かす超穴馬を今すぐ教えます!!

先週のセントライト記念は予告通り

ミッキースワローから完全的中!!


今週も人気の盲点になっているオイシイ穴馬がいる!

★★★★★★★★★★★★★★★★★

人気馬と決まっても馬連想定30倍以上!
【オールカマーの超穴馬】を特別無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆この秋も情報通り◆
必然の的中ラッシュ!

阪神2日目9R新涼特別
◎ディーズプラネット
2万9820円的中

中山3日目3R
◎セイウンクールガイ
2万1290円的中

中山2日目12R
◎チュラカーギー
1万9780円的中

中山2日目9R木更津特別
◎ダイワドレッサー
1万4230円的中

中山1日目6R
◎ラストプライドワン
1万2010円的中

中山1日目11R紫苑S
◎ディアドラ
1万1870円的中

中山3日目6R
◎ミコジェンヌ
1万1440円的中

中山1日目8R
◎シャインヴィットゥ
1万0920円的中

その他的中多数!

オールカマーの超穴馬はコチラ!
pngワールド:オールカマー300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

神戸新聞杯 2017 出走予定馬:サトノアーサー、ゲートが甘く動き出しも遅い…下りで勢いづく阪神で人馬とも正念場の一戦
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノアレス、王者の走りを中山1800mで見せられるかがポイントだ
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、昨年3連勝の勢いは不気味も…3000mでどういう競馬をしてくるか
みやこステークス 2017 出走予定馬:モルトベーネ、末脚は一級品も…ハイペース適性微妙にシリウスSが負けすぎなのも…
関屋記念 2017 出走予定馬:ウインガニオン、3連勝は立派も…出脚が微妙で包まれない位置を楽に取れるかどうか
京成杯2018 出走予定馬:ダブルシャープ、最後方大外ぶん回しの札幌2歳Sは圧巻…距離を延ばしてポテンシャル発揮を狙う
京都大賞典 2017 出走予定馬:スマートレイアーと武豊、これぐらいの距離が良さそう…京都記念を高く評価したい
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ナイトバナレット、出遅れ癖は痛いが、今の馬場でどこかで緩めばチャンスは浮上
京成杯2018 出走予定馬:エイムアンドエンド、未勝利でしぶとく競り落とした内容は評価…中山で不気味さはあり
目黒記念 2017 出走予定馬:マイネルサージュ、前走はペースが速く淀みない流れで苦戦…息を入れて要所のギアチェンジで出し抜きたい
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ペイシャフェリス、六甲Sはこれまでにない早仕掛けでの押し切り…1800不安も器用で侮れない1頭
京都大賞典 2017 出走予定馬:トーセンバジル、末脚は魅力もどうしても後ろからになり…開幕週の京都だと展開が向かないと…
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ベストアプローチ、なかなかかみ合わないが素質は確か…今回こそしっかりと末脚を出し切りたい
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:アンティノウス、前走は一気にパフォーマンスを上げ…ハイペース歓迎も包まれないかがポイント
東海ステークス2018 出走予定馬:アスカノロマン、中京で高いパフォーマンスも…今は昔、近走の内容を冷徹に判断したい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP