投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

オールカマー 2017 出走予定馬:ステファノス、高速馬場でのトップスピード持続力が高く…月曜のような馬場で出し切る形なら

2017 9/24(日)
第63回 オールカマー(GII) 中山芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
オールカマー2017の予想用・出走予定馬一覧

 GIでは後一歩のところで手が届かないが、今年も大阪杯でキタサンブラックの2着と力を発揮したステファノスがオールカマーに出走予定だ。前走の安田記念ではマイルの舞台に戻したものの厳しい流れで持ち味を削がれたところもあった。今回は2200mへと距離を延ばす挑戦、秋の盾に向けてまずは順風満帆のスタートと行きたいところだ。


 この馬の場合はやっぱりトップスピード戦向きなんだなというのは感じる。1周コースでも大阪杯みたいに全体がスローで(マルターズだけ平均)そこからトップスピードの持続力を活かす形だと強い。逆にロンスパ気味だったり全体のペースが上がってしまうと少し削がれるところがあるのでその辺りが中山2200でどう出るか。先週月曜開催の時のような馬場の方が良いと思うが、基本は出し切っての馬なのでしっかりと仕掛けていけるかどうか。


大阪杯(GI) 2着 14頭3枠4番
阪神芝内2000m良 1:59.0(+0.1) 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

 このレースではラップ推移を字面で見ればポテンシャル戦に映るが、離れた2番手で見れば60秒半ばぐらい。実質で大体60.5-58.5ぐらいとしてみてもかなりのスローには入っている。そこからL3地点でキタサンが一気に詰めていった、L1はキタサンのラップでキタサンの上がりが34.3ということを考えればTS持続戦で2番手以降で見れば恐らくL3最速のTS持続力を高いレベルで要求されているレースとみるべきだろう。それと同時に4角地点での立ち回りも重要だった。


 4番枠から五分のスタート、そこから押して押しての先行を試みるものの二の足が遅くなかなか難しい、内枠を利して何とか好位の内を確保したという形。道中も前のマルターズアポジーが5馬身ほど話して逃げる中でこちらはキタサンを意識しながら単独の4番手で3角に入っていく。3角でキタサンが動いたところをついていく、4角で差を詰めていくキタサンの後ろから喰らいついて直線。序盤の地点ではまだ差を詰められないがL1でジリジリとキタサンとの差は詰める、それでも誤差の範囲で完敗だった。


 一応ここ最近のベストバウトはこれになるし、過去を振り返ってもラブリーデイにラストで喰い来んできた天皇賞秋のパフォーマンスになる。最速地点でも良い脚を使ってくるが、ラストに食い込んでくることが多い。また基本的にはスローペースが理想で、過去鳴尾記念2着時は悪くないと言ってもサトノノブレスに破れているし、マリアライトの時の宝塚記念5着も悪くはないがキタサンブラックとの比較でみても大阪杯より内容的には見劣る。こなせないことはないが基本的には自身では顕著にスローバランスで入っていく必要があるだろうと。


安田記念(GI) 7着 18頭8枠18番
東京芝1600m良 1:31.8(+0.3) 45.5-46.0 M
12.2 - 10.6 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.1

 前走の安田記念がそのパターンで、マイルでは特に前半の基礎スピードが問われるとなかなか簡単ではない。加えて言えば大外枠ということもあったのでその辺も難しかったと思う。綺麗な平均ペース、淀みも小さくL3最速戦で仕掛けそのものは早かったが、前半の基礎スピードを非常に高いレベルで問われたうえでの話である。


 18番枠からやや出負けしてそこから押して追走するもペースが速くなかなか押し上げられずに中団につけていくという程度。道中も中団の外目で流れに乗って行って3角。3~4角でも中団の外から追走しつつ団子状態の3列目ぐらいで直線。序盤でそこから仕掛けを待ちつつL2の坂の上りの手前で追い出して一瞬は2番手に上がるがそこで少し甘くなる。L1では持ち味のしぶとさが影を潜めて7着と完敗を喫した。


 まあ、これも決して悪くはないんだがこの馬の末脚を削がれてしまったという感覚ではあるし、3~4角でも外を回す形、ここでラップ推移的にそこまで落ち込んでいないのでロスという点も響いたのはある。もちろんあの枠でこの展開では如何ともしがたいのは事実だし、そこまで悲観する材料ではないがこの馬としてはやはり前半急かされると苦しいというのは見せたかな。


金鯱賞(GII) 6着 16頭5枠9番
中京芝2000m良 1:59.5(+0.3) 60.4-58.8 S^2
12.6 - 11.3 - 12.6 - 12.2 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.8

 今回微妙だなと感じているのは今年の金鯱賞6着がやや微妙、というところ。後ろ過ぎたというのはあるしこれも悪くはないから評価が難しいが、相手関係を考えれば大阪杯で先着しているヤマカツエースに楽々勝たれてしまっている。ペース自体は1.6でかなりのスローに入っているのだが、向こう正面からのロンスパ、そこからのL2最速で11.4とトップスピードをあまり要求されなかった。


 9番枠から五分のスタート、そこからじわっと促しつつ中団にはつけていく。道中も中団の外目で追走、スズカデヴィアスの後ろぐらいで進めながら3角も外目から。3~4角では仕掛けを少し待ちつつスズカデヴィアスの後ろから後方で直線。序盤でそこからL2の最速地点で一瞬伸びかけるがジリジリ、L1では2着圏内接戦ラインまで食い込みかけたがそれでも6着と及ばなかった。


 悪くはない。ラストは来ているからね。だけど6Fでロンスパになると鋭さも削がれてしまっている感じで、L1は来ているけどL2最速地点でのキレが感じられなかった。休み明けという側面もあるので一概には言い切れないが、あまりロンスパとか段階的に加速しつつ分散する様な競馬は合っていないと思う。スローから3F勝負ぐらいで出し切る形の方が合っているのだろう。


2017オールカマーに向けての展望

 例年の常識的な馬場なら個人的には狙いは下げたい。休み明けとはいえ天皇賞秋が最大目標だと思うのである程度は仕上げてきているとは思う。1週前が芝での追い切りなので時計的に判断は難しいが、休み明けが不得意というほどではないので。ただ2200はちょっと長いかなと感じるのは金鯱賞の感じから。全体のペースが遅くても早めの仕掛けになってしまうとそこで鋭さを削がれている感覚はあるし、これは過去の中山記念3着時でも感じたところ。あまり全体で淡々とした流れだったり、分散されてしまうと悪くはないけど勝負に絡めない程度に削がれてしまうし難しいなと。ただし、先週のような馬場だと後半で11秒を切ることもあり得るレベルだし、騎手の意識が補正しきれなければスローに振れる可能性がかなり高くなる。スローからトップスピードを要求される競馬が合っている馬なので、そうであれば浮上しても良い。そのパターンの場合は天皇賞秋の2,3着時、大阪杯でもそうだが基本はL1の差し込、TS持続が売り。早めに3~4角から動く意識が欲しいタイプだと思う。大阪杯のようにキタサンのような馬が勝負所で早めに動いてくれればいいが、そうでなければ仕掛けが遅れる傾向が強い月曜の中山、という点でも差し損ねるリスクは高くなるので注意が必要。ベストは府中の1800~2000、中山と外回りでコーナー地点が多い2200mというコースは微妙だと思うので、馬場と自身の動きが噛み合えばというところかな。現時点ではヒモで押さえるかどうかで考えている。


第63回 オールカマー(G2)

ステファノスを脅かす超穴馬を今すぐ教えます!!

先週のセントライト記念は予告通り

ミッキースワローから完全的中!!


今週も人気の盲点になっているオイシイ穴馬がいる!

★★★★★★★★★★★★★★★★★

人気馬と決まっても馬連想定30倍以上!
【オールカマーの超穴馬】を特別無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆この秋も情報通り◆
必然の的中ラッシュ!

阪神2日目9R新涼特別
◎ディーズプラネット
2万9820円的中

中山3日目3R
◎セイウンクールガイ
2万1290円的中

中山2日目12R
◎チュラカーギー
1万9780円的中

中山2日目9R木更津特別
◎ダイワドレッサー
1万4230円的中

中山1日目6R
◎ラストプライドワン
1万2010円的中

中山1日目11R紫苑S
◎ディアドラ
1万1870円的中

中山3日目6R
◎ミコジェンヌ
1万1440円的中

中山1日目8R
◎シャインヴィットゥ
1万0920円的中

その他的中多数!

オールカマーの超穴馬はコチラ!
pngワールド:オールカマー300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

北九州記念 2017 出走予定馬:ダイアナヘイローと武豊、4連勝を賭けてタフな小倉1200を乗り切れるか?
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、先行策も打て幅は広がる…ゲートが拙いのでリカバーできる枠が欲しい
クイーンステークス 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、今年は好調も…開幕週で1800mのスピード勝負に対応できるか?
エルムステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、内での立ち回り器用、ハイペース適性も高く…ゲート課題も内枠が欲しい
京阪杯 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、高松宮記念馬も…ここ2走の内容が酷く復調は遠い気も
中山金杯2018 出走予定馬:デニムアンドルビー、ポテンシャルはまだまだ健在も…明け8歳馬で緩やかに下降線でもあり
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:グレンツェント、馬場・展開不問の安定感、58kg課題と休み明けで勝ち切れるか
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、駆け上がったGI馬、そのタイトルの名に恥じぬ走りができるか
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアシュラ、前走は59.1とハイペースで甘く…距離延長でマイペースの粘り込に要警戒
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、マイルへの短縮はカギも、芝スタートの方がスタート良くハイペースも得意で要警戒だ
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、格上挑戦もペースを支配できれば不気味…アエロリットの出方がカギか
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:アスカノロマン、前走はかなりのハイでラスト甘く…適度なペースで支配できるか
新潟大賞典 2017 出走予定馬:メートルダール、昨年クラシック本番不参加も…今年は中距離路線で結果を出したい
日経新春杯2018 出走予定馬:ミッキーロケット、厳しい流れだった昨年が強く…突いて全体の競馬に持ち込みたい
小倉記念 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島2走、タフな流れでジリジリと差し込んでくる…器用さはないが嵌れば怖い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP