投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ローズステークス 2017 レース回顧・結果:ラビットラン、台風空振りの軽い馬場の中で和田竜二渾身の末脚炸裂!

2017 ローズステークス(GII) 阪神芝外1800m良
レース回顧・結果

1:45.5 46.4-46.9 M
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 まあ、予想的には馬場が真逆だったのでどうしようもないしこれはもう仕方ない。むしろ真逆なんだから予想が的外れになり切って良いぐらい。月曜の馬場もそうだけど、台風を意識した調整なのか中山も阪神も夜に結構降っているはずなのに異常に軽いよね。日曜の中山なんか普通に時計掛かってたのにそこからそれなりに降った中山で月曜がL1最速連発。騎手の意識が馬場の回復に追いついていない典型的な現象。ハナズレジェンドなんかL1で11.0だぜ、馬場弄ってないと日曜から雨中の開催、その後も雨の影響があってV字回復以上なんてあり得ん。日曜は常識的には時計も掛かっていた。正直ちょっとおかしいんだよな、そこまで影響ないとかならともかく、日曜の雨での開催があって時計も少し掛かり気味だった中山がここまで高速化なんて普通じゃない。タフな馬場想定だったセントライト記念も正直逆なレベルで馬場が軽くなっているし。本当に馬場を中間弄ってないのか気になる(一応公式では何の作業もしていないけど)。普通じゃないんだよラップが。


 まあローズステークスに関しては天気予報が大外れで日曜は開催中一滴も降ってないし仕方ねえわ。展開は軽い馬場で平均的に刻まれて、仕掛けのタイミングを待たれてという感じ。基礎スピードを高いレベルで要求されているし、軽い馬場でその流れの中で鋭く脚を引き出し持続させるというところが問われている。


1着ラビットラン


 14番枠からやや出負け、無理せず下げて後方から進めていく。道中もアロンザモナあたりの直後で後ろで進めて3角。3~4角でも後方外外から正攻法での競馬で出口でアロンザモナの外に出す。序盤からしぶとく伸びてきて中団から行為列、L1で3馬身ぐらいあった差を一気に捕えきった。


 正直展望記事で書いてない(芝が1走しかないからね…)中で、高速馬場ならヒモで押さえたいなというレベルの馬ではあった。ミヤビも回避したことでそういうタイプの実力馬が不在になったのも良かったと思うし、リスグラシューにはちょっと軽い馬場で全体のペースも速く追走に苦労した感があるし、ミスパンテールもパフォーマンスを落としていると。その中でとなると末脚勝負で最上位まで上がっても驚けないかな。ミリッサやリスグラシュー辺りとの比較なら意外と妥当だったかもしれない。それぐらい前走の中京で見せた高速馬場でのトップスピードの質・持続力を爆上げしてきたというのはあるからね。台風の影響を一番受けそうだなと思ったので結構最初に消してしまったけど。ただやっぱり軽い馬場でトップスピードに乗せてしまうパターンが合っていると思うね。L1までグンと来ているようにTS持続が最大の武器。それとこのペースで後方からとはいえ切れ味を削がずに持ってこれたというのも収穫だね。基礎スピード面も未知数ではあったから。タピットの仔で基本はダート血統のエーピー系だけど、超高速で単調な競馬というのはアメリカの正統派血統という点で見ても噛み合ったかな。


2着カワキタエンカ


 16番枠からまずまずのスタート、そこからノリらしくスッと主導権を取り切って内に切り込み逃げの一手。そこでペースをコントロールせずにしっかりと淡々と刻んで縦長に持ち込む。3~4角でもリードを作ることで仕掛けを待って直線。序盤でもまだ余裕を持っていてそこからの追い出しでファンディーナらを出し抜く一足を見せる。L1の坂の上りでも踏ん張っていたがそれでもラビットランに差し切られて2着までだった。


 流石ノリさん…。この平均ペースを意識して刻んだのであれば恐らく多少リスクはあったがファンディーナつぶしのレースメイクだったと思う。この馬自身トップスピードの質はともかく持続力がちょっと甘いのと、マイルでペースをある程度作っても差し込まれているようにマイルでは基礎スピードで優位に立ち切れなかったのが春の桜花賞・チューリップ賞だと思う。1800への延長で基礎スピードを殺さずに活かし切った結果、リードを作ってそこまで末脚の絶対量がない中でL2最速まで仕掛けを待てたというところが好走要因になると思う。恐らくスローでコントロールしてしまっていたら結構な馬に差し込まれていたんじゃないかなと。これはノリのナイス騎乗だと思う。流石ですわ。馬もこの距離で基礎スピードを活かす形になったけど、秋華賞だとどうしても3~4角で各馬が動く意識を持ってくるから仕掛けは早くなりがちになる。しっかり粘り込めるかどうかは3角の上り坂の地点で下手に緩めすぎないことかな。2000でもこなせると信じてペースを作っていった方が良いと思う。そういう競馬でも強いアエロリットは厄介だけど。


3着リスグラシュー


 6番枠から五分のスタート、じわっと促されてはいたが結局中団より後ろで進める形になる。道中は後方馬群の内内で包まれる形で3角。3~4角でも後方馬群の中目で我慢を強いられて直線。序盤で中団列が邪魔で外に誘導するがここで置かれ気味。L1でようやくそこから伸びてきたが流石に遅く3着確保がやっと。


 直線まで進路確保で後手を踏んでしまうと反応が鈍い馬だけにL2最速戦で直線序盤で置かれたのが致命傷、というのは軽い馬場では仕方ないかな。桜花賞みたいにタフな馬場だとL1での減速で差し込めちゃうんだけど、チューリップ賞にせよオークスにせよ軽い馬場で余力をある程度各馬が持っている中でのトップスピード勝負では甘い馬だからね。ミリッサ比較でみても妥当なレベルのパフォーマンスだと思うし、こういう展開では最上位相手に苦しい。流れた分だけ良かったけど、要所で置かれてしまうのを何とかしたいね。今回は内枠だしある程度促されてもあの位置だった、外に出すのも難しい展開だったから仕方ない。秋華賞の方がタイプ的には良いと思うけど、正直渋ってほしいかな。


4着ミリッサ


 5番枠からやや出負けし、そこからある程度促されて中団の後ろぐらいにはつけていく。道中も最内をキープし、3~4角でも中団の後ろで最内を立ち回って直線。序盤で中目に誘導しつつ坂の前に何とか進路を確保しきる。そこから勢いに乗って坂を上ってくるが外から来たリスグラシューに差し込まれて4着と権利を確保できなかった。


 1000万下を勝っている馬だから本番は大丈夫だと思うけど、権利は取っておきたかったかな。ただこの展開のリスグラシューに差し込まれているぐらいだし、直線の進路確保も結構上手く持って行って坂の手前までには勢いがつく状況に持って行けたからね。ゲートがいまいち、そこからの立て直しという点では上手くいったと思うし現時点では最上位相手には小さくない差はあると思う。


5着メイショウオワラ


 11番枠から五分のスタート、そこからじわっと促しながら好位の一角、最終的に下げて中団の外目で進めていく。道中はレーヌミノルを見るような形で進めながら3角に。3~4角でレーヌミノルが好位列に上がっていくのを見ながら少し待って一つ内、4角まで我慢して直線で外。序盤でレーヌミノルの外から並びかけて好位列。L1でもう一伸び欲しかったが最後はジリジリで外差しに屈して3着争いで体勢不利の5着に終わった。


 この馬もトップスピード特化戦となった1000万下を勝ちあがってきていた馬なのでこういう馬場でもやれるというのはあったが、1800mで平均ペースの流れでやれたというのは収穫になるんじゃないかなと。ただ少なくともこの展開でミリッサに差し込まれているという点で見ればこの世代では第2グループ相手でも少し見劣るとは思う。基礎スピードで一定の目途を立てたが後半の末脚勝負、トップスピードの持続力でちょっと甘かったわけだからね。ただL3の段階でそこまで上がっていないとはいえ終始外を回す形にはなっているのでその辺りがL1で響いた形にはなるかもしれない。秋華賞で内内を上手く立ち回って噛み合ってくればの怖さはあるね。この馬も1000万下は勝っているから賞金で何とか出られると思うし、枠と展開次第では馬券圏内警戒したい一頭。


6着ファンディーナ


 17番枠からまずまずのスタート、そこから最序盤はコントロールしながらで好位から入っていく。道中も前がある程度離して進めていく流れで無理はせず好位だがそれでもそこそこ早いペース。3~4角で好位外からじわっと進めて2列目に取り付いて直線。序盤で追い出されて弾けるか?というところでなかなか伸び切れず。L1では甘くなっての6着完敗だった。


 まあ、正直に言えば良馬場の時点で結構ヤバいなとは思っていたんだけど、スローならまだしも全体で流れてしまったからね。皐月賞の時に感じた弱点がそのまんま出てしまった感じ。台風の影響で道悪だと思っていたから、開催中一滴も雨が降らない状況では如何ともしがたい。それでもスローなら行けるかもと思ったがここまで流れてしまったからね。秋華賞では狙いにくい、緩い流れからギアチェンジが問われやすいエリ女で全力というイメージではあったんだが、ローズSも流れたことで良さが出なかった。本質はもっと距離があった方が良いタイプだと思うし、パワー型の馬だと思うのでそういう条件で基本的には狙いたい。エリ女でも少し雨が降ってくれた方が良いかな。余り軽い馬場だとタフな馬場で速い脚を使えるという優位性を使えない気がするし。それと、追い切りもやっぱりいいころに比べると迫力が足りなかったとは思う。その点も踏まえて考えたいけど、とりあえず秋華賞では狙いたく無い負け方やね。基本は流れるから少し緩むか雨でも降って紛れれば別だが。それとここの陣営もあんまり信用できないし、ノーザンFならともかく一度崩れると立て直せるか?というのも疑問はある。春がタフな馬場という条件化で強かったのは間違いないけど、夏の越し方が良くなかった気がするわ。陣営がコメントで良くないアピールするぐらいだから…。


7着モズカッチャン


 2番枠から珍しくやや出負けしてそこからリカバーしつつの競馬、最終的には好位の内内で進めていく。3~4角でも3列目の内内で進めていくが4角の段階でやや手ごたえ微妙な感じで3列目で直線。序盤で追い出されるが狭いところを捌きつつもジリジリとしか伸びてこない。L1で差し込みたかったが外差しに屈して7着完敗。


 ゲートは良い馬なんだけど、ミルコに替わったのもあったのか一歩目が遅かった。それとペースが全体的に流れている中で出負けからリカバーして好位につけたわけだし、この馬自身前半ここまでの流れの中で競馬をしたのは初めてだからね。基礎スピード的に少し無理をした感じはある。もちろん叩き台ではあるし他の要因もあるかなとは思うが、個人的にはそこが小さくなかったと思う。軽い馬場でのトップスピード戦自体は問題ないし、オークスの好走も結局ドスローのうちに良い位置を確保していたということで、やっぱり流れた時にどうか?ってのがポイントにはなる。この感じだと秋華賞では微妙かもしれんね。この馬もエリ女タイプかもしれない。


9着レーヌミノル


 10番枠から五分のスタート、そこからはじわっと促してある程度の位置を狙うかなと思ったが微妙に行き脚がつかない感じで好位列で落ち着く。3~4角でも好位列の外目で進めながらファンディーナの外からコントロールしつつ並びかけていって直線。序盤でそこから一瞬伸びかけるんだが一瞬ですぐに後退する。そのまま鞭があっても反応できずに踏ん張れず、L1まで下がっての9着完敗だった。


 ん~距離かなあという感じもなくはないが、そもそも論でこんなに行きっぷりが良くないレーヌミノルというのが初めてなので、オークスの調整とそこからも距離を意識ししすぎてソフトに仕上げすぎたのかもしれない。距離って言ってしまうのは簡単なんだけど、ラストも一瞬は反応していた、決め手勝負で分が悪いのは間違いない中でファンディーナより後ろ、外から勝負に行く形でどうこうって馬でもないからね。もともとマイルもちょっと長いと思っていて渋った馬場が噛み合えばという狙いだったし、これだけ軽い馬場になってしまっていつもより後ろでとなるとちょっと難しい。


<PR>
【土日結果】と【2連勝中の神戸新聞杯】

どーも!
馬を愛し、競馬を愛し、収支が伸びてるJ.boyです!

土曜は阪神が荒れ、日曜は中山が荒れ、大雨を考慮した競馬予想は難しかったですね。
それでも僕が使っているコラボ指数は結果を残してくれて、さらに信頼度が上がりました!

【土日結果】
・コラボ指数の上位6位までの馬で馬券を購入しました。
※他にも万馬券をたくさん的中させました。
16日(土)

無料で公開された阪神1~6レースまで、6レース連続三連単的中☆
回収率202,8% 収支+74,000円
17日(日)

中山7~10レースまで、4レース連続三連単的中☆
回収率333,6% 収支+112,110円

土日全48レース中、この10レースだけで、合計+186,110円

これだけ収支出したんだから辞めとけばいいものの、人間って欲がでるんですね。
他のレースで大穴狙いまくって、土日はたんまり稼いで、たんまり競馬を楽しめました笑


さて今週末は神戸新聞杯G2が見ものです!コラボ指数では無料公開レースになってます!

コラボ指数では2年連続、3連単をとってます!
しかも魅力的なのが、年々精度が上がってきています。

【2連勝中の神戸新聞杯】
・コラボ指数の上位6位までの馬で馬券を組み立てました。
・こんな感じで、コラボ指数がレース前日の夕方に公開されます。
2015年

着順:指数順位6位→1位→5位(オッズ3人気→1人気→7人気)
2016年

着順:指数順位1位→5位→3位(オッズ1人気→6人気→4人気)

公開される指数の上位6頭で馬券を組むだけ!
18頭立てだろうがなんだろうが、6頭に注目すればいいだけ!
2015年は6頭で的中。2016年は5頭で的中!

今年は?

24日(日)に開催される神戸新聞杯G2は、
23日(土)のレース終了後、サイト内にてコラボ指数無料公開!

重賞だけじゃなくて、
23日(土)24日(日)の前半戦1~6レースも無料公開!
コラボ指数を1回使ってみたいという人も手軽に始められますね☆

コラボ指数を見るには、
こちらからアドレス送信後、返信メールのURLからサイトに入ってすぐ見れます!
では!今週もよい競馬を\(^o^)/
↓↓
こちら(無料)

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中山金杯2018 レース回顧・結果:セダブリランテス、スローロンスパの流れを2列目外から正攻法で捻じ伏せた!
平安ステークス 2017 レース回顧・結果:グレイトパール、試金石の舞台で輝きを示す…ハイペース上等、押し上げ前を潰しての圧勝!
noimage
ファンタジーステークス 2017 レース回顧・結果:ベルーガ、強烈な末脚を披露し大外一気…本番に向け視界良し!
マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
noimage
CBC賞 2017 レース回顧・結果:シャイニングレイ、追込みでも真価を発揮…大外からまとめてのなで斬りで久々の重賞制覇!
中日新聞杯 2017 レース回顧・結果:メートルダール、外から最速地点の直線登り坂で鋭く伸びての完勝!
日経新春杯2018 レース回顧・結果:パフォーマプロミス、2列目ポケットからラストに鮮やかに差し切り重賞初制覇!
noimage
愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
noimage
紫苑ステークス 2017 レース回顧・結果:ディアドラ、薄氷の勝利が馬の強さを逆に際立てた…ラストの伸びは非凡!
小倉記念 2017 レース回顧・結果:タツゴウゲキ、代打秋山お見事…内から強襲し接戦を制した!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP