投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

セントライト記念 2017 出走予定馬:アルアイン、皐月賞馬の実力を新コンビのルメールが引き出しダービーの雪辱なるか?

2017 9/18(祝)
第71回 セントライト記念(GII) 中山芝外2200m良
予想用・出走予定馬一覧
セントライト記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 ローズステークスの豪華さには見劣るが、今年大混戦だった皐月賞を制したアルアインが菊花賞トライアルのセントライト記念に出走予定だ。ダービーでは好位での競馬もドスローの流れにやや消極的な競馬となって5着と悔いが残る形。鞍上にクリストフ・ルメールを擁してまずはダービーの雪辱を果たしたい。


 ダービーは正直勿体ない競馬になった。あれだけで松山が降ろされたのは流石にどうかと思うが、個人的にはアルアインの良さを引き出せなかったとは思っている。なのでルメールに替わってルメールがどう乗ってくるのか?というのは一つ楽しみ。このメンバー構成で実績馬で手ごわい馬と言えるのはセダブリランテスとクリンチャーぐらいかなと思っているので、自分の競馬に徹して欲しい。


皐月賞(GI) 1着 18頭6枠11番
中山芝内2000m良 1:57.8 58.8-59.0 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 まずは皐月賞勝利の内容から振り返っておこう。超高速馬場状態となった中山で、ペースバランスは平均だが中間、向こう正面で12.2-12.4とそこそこの淀みがある。そして3~4角でのペースアップも早く、L3の4角地点では最速タイのラップを踏んでいると。早めの仕掛けで出し切りやすい流れ、4角の立ち回りが重要な一戦だったし、もちろん軽い馬場で基礎スピード面も問われた。


 11番枠から五分のスタート、そこから二の足で楽に先行しながら2列目の中目で入っていって、最終的にはトラストの後ろの好位列の真ん中で進めていく。道中中弛みもあったがそこでジッと我慢しながら3角に入っていく。3角では内目を立ち回ってファンディーナの後ろ、内目を狙いながら上手く捌いて直線。序盤で2列目から上手くファンディーナの内を突いて伸びてくる。L1ではしぶとく伸びてペルシアンナイトを捕えての勝利だった。


 3~4角の立ち回りが非常に上手かったし、ペースも中弛みはあったにせよ平均では流れていたので前半の基礎スピードの面で優位に立てたというのもあると思う。全体でバランスのいい入り方ができたし、3~4角の勝負所でワンテンポ待ったことが結果的に上手く噛み合った。ファンディーナが動いた段階でペースが上がるという流れになっていたし、そこを上手く使えたことが勝因としては大きい。比較としてみると強い競馬をしていたダンビュライトは手強いと思うが、ペルシアンナイトには内容的に完勝だったかな。


日本ダービー(GI) 5着 18頭4枠7番
東京芝2400m良 2:27.2(+0.3) 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 ただ、続く日本ダービーは酷い競馬になってしまったその責任の一端を背負う消極的な競馬になってしまった。ポジション自体は悪くなかったが、レースメイクできる立場で突けずに4秒前後の超々スローとなってしまった結果、L2最速10.9とトップスピードの質を高いレベルで要求された。またコーナーの地点でも12秒半ばと遅く、ギアチェンジも高いレベルで問われてしまい、後半の器用さメインのレースになった。


 7番枠からまずまずのスタート、楽に先行してそこから控えて2列目で、という競馬にはなる。道中で2列目外と唯一先行勢で前をリスクなく主体的に突ける立場にいたのだが、そこで折り合いを意識しすぎて我慢。ドスローの流れに持ち込まれ、しかも途中でレイデオロの捲りを許してポジションダウン、ペルシアンナイトも押し上げてきて好位の外目、それでもまだまだ我慢してペースも前にさらにコントロールされてしまう。3~4角では12秒半ばと相当遅いラップを踏んでいるがまだまだ我慢していてそのまま直線だけの競馬。序盤でも少し接触を受けたりと少し置かれてしまう。L2の地点で中団に近いところにいたがL1でしぶとく伸びてきて3着争いとは結構差のない5着と掲示板は確保したが完敗だった。


 まあ松山に関しては皐月賞は95点ぐらいに近いし、ダービーが酷い騎乗だったからと言ってこの1戦だけで降ろされるのはちょっと可哀想なのは確か。ただ、このダービーに関しては正直30点ぐらいの酷い騎乗だった。ペースをドスローに誘発、しかも自身がスローで結果を出してきたわけではない中でのものでまず大問題。更に捲られてから3~4角でも更に前に息を入れられるぐらいに仕掛けの意識が薄くて直線でも進路の確保で接触を受けてギアチェンジの時点で置かれている始末。これで3着と差のない競馬なら、まず普通に乗ってくれていたら勝負に絡める競馬にはなっているはず。酷い競馬だったのは間違いないが、馬に関してはこれでもL1の伸びを見せたという点ではTS持続力が通用したというのは一つ大きなポイントにはなる。流石にあの位置でアドミラブルと直線勝負では分が悪かったが、今年の世代の中では総合的に見れば最上位の1頭とみていいはず。ある程度距離も大丈夫とは思っていたけど、後半特化も特化の流れでこの内容。意外と距離が延びてもやれるなというのは感じさせた。


毎日杯(GIII) 1着 8頭3枠3番
阪神芝外1800m良 1:46.5 47.4-46.4 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

 この毎日杯ではサトノアーサーの追撃も喰らったがそれでも早めの仕掛けで押し切る競馬。もちろんかなり噛み合っているのはあるが3,4着のキセキやプラチナムバレットといったところが結果を出していることを考えるとレースレベル的にもこの世代としては高かったと思う。ダービーで完敗を喫したサトノアーサーも展開に泣いた口だし。


 3番枠から出負けしながらも二の足の速さでにリカバーしながら上手く番手の位置まで押し上げる。そこから逃げ馬から離れた位置でペースをコントロールし、この馬の位置では48秒半ばぐらいのペースでかなりのスローで3角。中盤の12.7の淀みで一気に取り付いてそこからは先頭列3頭の真ん中で進めて速めに仕掛けて直線。序盤で堂々と抜け出し、L1で外から差し込んでくるサトノアーサーの追撃も決定的なところまで持ち込ませず振り切った。


 もちろん実質はかなりのスローの流れで12.7のところで自身は緩めずフラットに取り付いてきていると思うが、仕掛けそのものは結構早かったしTS持続戦で押し切ってL1も踏ん張っていたというのはダービーのラストの伸びでも見せているように、高いレベルのものだったといえるのかなと。世代レベルがまだちょっと掴めないところはあるが、少なくとも同世代でもトップスピード戦に適性の高い馬が揃った中で、きっちりとラストまで隙を見せなかったのは立派。


2017セントライト記念に向けての展望

 ここはルメールに替わったことでしっかりとレースメイクをしてくれればな、と思う。松山自身本来そこが武器の一つだと思っていたんだが、あのダービーは確かに酷かったのでルメールがこの馬でしっかりとペースを遅すぎない流れに持ち込んでくれればと。意外とエンジンがかかってからの良いタイプだし、阪神の毎日杯の場合でも中弛みで一気に取り付いてそこから3~4角で下っていく過程で勢いに乗せてそのままL3最速の流れを踏ん張っている。皐月賞もL3最速だったからこそ内で立ち回っても対応できたし、突き抜けたのはL1の減速地点。本質的にはそういう競馬が合っていると思うし、ペースはもちろんある程度平均に近い形、そのうえで外から前に対してプレッシャーをかけて行ってほしい。ペースも仕掛けも主導権を握ることができれば、このメンバー構成なら最後までしぶとく踏ん張れるのは武器だと思う。ラジニケ賞のセダブリランテスも強敵かなとは思うが、前走の感じだと基礎スピードが問われた中で良さが出てきた感じはある。2200への対応力ならこちらの方が上だと思うので、評価という点ではこちらを上位の扱いとしたいかな。



<PR>
―――――――――――――――――――――――

この週末は少額で大金獲得のBIGチャンス!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1000円から始める【諭吉大量獲得】大作戦

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪今週の3日間開催で大きく勝ちたい方は必見!≫

セントライト記念の買い目も無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――


◆秋競馬も開幕週から
必然の的中ラッシュ!

日曜阪神9R新涼特別
◎ディーズプラネット
2万9820円【的中】

日曜中山12R
◎チュラカーギー
1万9780円【的中】

日曜中山9R木更津特別
◎ダイワドレッサー
1万4230円【的中】

土曜中山6R
◎ラストプライドワン
1万2010円【的中】

土曜中山11R紫苑S
◎ディアドラ
1万1870円【的中】

土曜中山8R
◎シャインヴィットゥ
1万0920円【的中】

日曜阪神7R
◎ヤサシサ
1万0280円【的中】

その他的中多数!

今週末は少額から大金獲得の大チャンス!
pngワールド:セントライト記念300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

毎日王冠 2017 出走予定馬:サトノアラジン、マイルの頂点に立った実力馬、再度の1800mへ参戦がどう出るか
クイーンステークス 2017 出走予定馬:ヤマカツグレース、瞬間的なギアチェンジは非凡も使える脚が短く使いどころがポイント
富士ステークス 2017 出走予定馬:サトノアレス、2歳マイル王者が府中のマイルで古馬相手に力試しの一戦…適性は合いそうだが
毎日王冠 2017 出走予定馬:ヤングマンパワー、昨年の富士Sの感じなら1800への延長は歓迎…積極策でも強気の仕掛けを期待
札幌記念 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、ドバイで完敗も馬場の影響あり…天気はカギだが後半総合力は屈指で
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ブラックスピネル
エルムステークス 2017 出走予定馬:ロンドンタウン、佐賀記念はスローの流れで長く脚を…1700mの舞台は微妙か
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、瞬間的な切れ味はトップクラスだが、ゲートが不安定で色々噛み合えば
エプソムカップ 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、緩い地点から鋭く加速する力は本物も…早めの仕掛けになって戦えるかがポイント
レパードステークス 2017 出走予定馬:アディラートと武豊、なかなか勝ち切れないが…レースを支配して勝機を掴め
シリウスステークス 2017 出走予定馬:マスクゾロ、連覇を狙う立場…ロンスパでどうかと57.5kgのハンデは気になるところ
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ロードヴァンドール、前走は厳しい流れに乗って案外しぶとく…
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤリード、スローでトップスピードを引きだせればトップレベル…力試しの一戦
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:プレイズエターナル、前走は出負けして難しい位置も、基本後ろからの馬で…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP