投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ローズステークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、ラスト1冠に向けて、前哨戦で成長を見せられるか?

2017 9/17(日)
第35回 ローズステークス(GII) 阪神芝外1800m
予想用・出走予定馬一覧
ローズステークス2017の予想・出走予定馬一覧

 春のクラシック戦線では桜花賞で最後に食い込み2着、オークスも5着と存在感を見せていたリスグラシューと武豊がローズステークスに出走予定だ。オークスでは上位とは差のある競馬も桜花賞では最後の最後で一頭だけ伸びてきた。今回は超豪華メンバーなだけに、春の実力馬と言えどもイージーではないだろうが、成長を見せて一段上の末脚を引き出したい。


 少なくともスローからのトップスピード戦、という前提で考えればアドマイヤミヤビの方が一枚上だと思っているし、他にもミスパンテールやファンディーナといったところもかなり手ごわいので楽ではないと。ただし、桜花賞ではタフな馬場の中での基礎スピード戦でついていって置かれながらもL1で伸びてきていた。エンジンの掛かりが少し遅い、質的にも最上位では見劣るが条件が噛み合ったときの怖さはある。


桜花賞(GI) 2着 17頭3枠6番
阪神芝外1600m稍 1:34.6(+0.1) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 まずは桜花賞2着からだろう。この時は稍重で時計もしっかりと掛かっていた。ペースバランスが1.5でかなりのハイに肉薄するレベル、ラップ推移的にもL3最速だが中盤は終始11秒台をキープ、L1で12.8と相当落としているように、前半の基礎スピードの側面が強く、後半は消耗している。


 6番枠から五分のスタート、そこからじわっと追走しつつ様子を見ながら進めていく最終的には好位から中団に下げるような形で馬群の中で進めていく。3~4角でも中団馬群の中で進めて出口で追われるが置かれて直線。序盤でソウルスターリングの直後から外に出しているが伸びるという感じではなくカラクレナイにも並ばれてしまう。しかしL1のバテ差し地点では逆に伸びてきて最後は一頭だけ前のレーヌミノルに迫っての2着だった。


 正直置かれるような展開ではなかったと思うんだが、それでも直線入りの減速地点でも伸びはいまいちで、L1で顕著に落ち込んだところで差し込んできた。かなり珍しいパターンではあるが、それでも前半のパワー型基礎スピード面を高いレベルでクリアして、そこから最後までばてなかったのが他との比較で最後の伸びにつながったと言えそう。わかりにくいが本質はハイペースでのバテ差しとみていいはず。


チューリップ賞(GIII) 3着 12頭3枠3番
阪神芝外1600m良 1:33.6(+0.4) 46.4-46.8 M
12.4 - 10.7 - 11.1 - 12.2 - 12.2 - 11.4 - 11.3 - 11.9

 その前のチューリップ賞では平均ペースの流れの中でソウルスターリングに完敗を喫している。ソウルの位置では少し離れた位置なので微妙にややスローぐらいだったかなと思っているが、それでもそこからの3F勝負、ある程度後半のトップスピード面も問われた中でやや物足りない負け方だった。


 3番枠からやや出負けしたかなという感じ、そこから無理はせずに後方の内目を進めていく。道中は外に誘導しながら3角では外まで持ち出していく。3~4角では後方外から中団を意識しながら直線。序盤で追い出されて伸びたいところだが、ソウルスターリングとの比較で見れば差はつまらない。L1ではむしろ若干差が広がって、更に外からミスパンテールにも来られての3着と完敗だった。


 スローとまではいわないが、対ソウルで見れば前半そこそこの流れで後半の余力を持った中でのトップスピード持続戦で完敗。もちろんL3の4角地点でのロスがあったのは間違いないが、それでも最後まで良いところが無かったし、最速地点での伸びも優位性が無かった。実際1頭分内を回していたとはいえ、同じような縦の位置取りになったミスパンテールにL1で差し込まれているし、スローのトップスピード戦としては質量ともに少し物足りなかった。


オークス(GI) 5着 18頭7枠14番
東京芝2400m良 2:24.9(+0.8) 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスも悪くはないが、結果的に後半勝負に特化した競馬をしたことで素材的に見劣ってしまったかなと。ペースも4秒近い超スローでL4でもそこそこ速い。4角での立ち回りと最序盤のポジショニングといったところが重要だったし、後半それを埋めようと思えば質・持続力ともに高いレベルが問われた。ミヤビでも外から出し切って若干甘くなっているように、後ろからでは余程素材的に抜けていないと難しい競馬。


 14番枠から出負けして後方からの競馬となる。それでもそこからじわっと様子を見ながら中団のスペースに入り込んで何とかリカバーしていく。道中もカリビアンゴールドの後ろぐらいで中団馬群の中で我慢を強いられながら3角。3~4角で徐々に加速していくという流れの中で中団馬群の中目で追走、我慢しながら中団で直線。序盤で馬群の中を割って進めていくが少し窮屈。それでもそこを捌いてからはスペースもばっちり空いていたが外から伸びてきたミヤビにもあっさり交わされての5着完敗だった。


 単純に末脚の絶対量勝負では苦しい、というのを再確認した一戦だった。位置取り自体はスタートの悪さを考えればあれが現状ベストだったと思うし、3~4角でもミヤビよりはロスの小さい競馬。直線序盤こそ少し接触があったが横の関係での接触だし、前から下がってきたとかではなくすぐにさばけた。そこからの伸びで見劣ったわけなので、後半勝負でミヤビとは1枚見劣ると考えていいと思う。


2017ローズステークスに向けての展望

 1800なら仮にある程度流れてもレーヌミノルを上回る可能性は高いと思っているが、スローのトップスピード戦でとなると強敵が非常に多い。チャンスがあるとすれば平均~ややハイぐらいで最低限厳しい流れであることと、中盤の淀みが余りない方が良いだろう。この馬自身の末脚が多少削がれても他の馬の脚を削ぐチャンスに賭けた方が良い。もちろんゲートが安定しないので主体的にペースを作っていくことは難しいし、その点では完全に展開次第となる。ただ、トップスピード戦で浮上する馬が非常に多いし、桜花賞もタフな馬場で良さ、チューリップ賞・オークスは軽い馬場で余力を各馬が持っていた状況では見劣った。明確に時計が掛かるパターンなら重く狙えても、現状良馬場でとなるとペースが多少上がっても速いラップを問われる可能性が高いし強く狙いにくい。また賞金も足りている立場で目標は秋華賞。そこに向けての叩き台に前哨戦の武豊の競馬スタイルを考えれば、無理せず中団で脚を測って圏内届かない、というケースまで考える必要もある。現時点ではあまり狙いたくない一頭だ。


【PR】
-------------------------
<公開決定!>ローズSでG1馬たちをねじ伏せる危険馬を無料公開!

こんにちは!
馬を愛し、競馬を愛し、競馬予想で収支右肩上がりのJ.boyです!
さて、今週は重賞が3鞍ありますが、最も注目しているのはローズS!

僕が毎週使っている指数サイトのうまコラボでは、
先週の紫苑ステークス三連単を上位指数5頭でとることができました!

ローズSでも三連単をとるために注意してほしいのが、
G1馬にも勝ってしまう危険馬の存在です。

ファンディーナ
アドマイヤミヤビ
モズカッチャン
リスグラシュー

この馬たちに勝つ馬をどう見抜きますか?

そこで参考にしてほしいのが、
【コース適性・血統適性・他競走馬との優位性など】
たくさんの過去データから、そのレースで純粋に強いを馬を割り出す事ができるうまコラボの指数という訳です。

無料会員登録で、ローズSの指数が無料で見れる特典が付いてきます!
無料会員登録はコチラ

うまコラボの実績は、
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

三連単の平均的中率は、わずか10%と言われています。
うまコラボでは30~40%もあり、精度の高さがわかると思います!

今年の重賞での高配当実績は、
2017年04月08日(土) 中山11R ニュージーランドT(G2)
着順6-4-16(12人気-8人気-5人気)の三連単を当てて【99万円の配当です!】

荒れるレースにも対応している指数だってことがわかると思います!

無料会員登録で、ローズSの指数が無料で見れる特典が付いてきますので、
今週ローズSで的中を狙っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

<うまコラボの利用方法>
すべての方、登録無料
■無料会員:前半戦6Rまで指数見放題+重賞予想
■有料会員:12Rまでの指数見放題(有料へ申込の方のみ)
無料会員登録はコチラ
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:ネロ、新潟1000巧者に昨年夏は成長も…斤量58kgは重く、半年ぶりの休み明けに前走完敗が…
中日新聞杯 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、直線では手応え以上にしぶといが…コーナーで動けない面があり
富士ステークス 2017 出走予定馬:エアスピネル、武豊に戻って安田の雪辱を晴らしたい…スローでもやれるが流れた方が良さが出やすい
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:オーデットエール、前走大外一気は一定の評価も…前半の二の足の遅さはネックに
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ボンセルヴィーソ、前走で厳しい流れでの中でのギアの上げ下げの上手さを見せて…
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:アルバート、58.5kgも出し切れれば1枚上…ギアチェンジが難で上手く進路を作って行けるかがポイント
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ベストアプローチ、なかなかかみ合わないが素質は確か…今回こそしっかりと末脚を出し切りたい
レパードステークス 2017 出走予定馬:ノーブルサターン、常に過小評価だがギアの上げ下げが上手く新潟1800は面白そうな条件
京阪杯 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、実力馬が復調の軌道に…一足は鋭いが荒れた馬場でラストの外差しを防ぎ切れるか
函館記念 2017 出走予定馬:ツクバアズマオー、コーナーでの立ち回りの上手さが魅力で函館は歓迎だ
京成杯2018 出走予定馬:ダブルシャープ、最後方大外ぶん回しの札幌2歳Sは圧巻…距離を延ばしてポテンシャル発揮を狙う
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:ベルカプリ、未勝利勝ちはまさに圧巻だが…ラップ偏差の大きい競馬で良さが出た感があり
毎日王冠 2017 出走予定馬:マカヒキ、今年は国内で鋭さを蘇えらせたい…ライバルに向けて完全復活でエールを送れるか
中京記念 2017 出走予定馬:グァンチャーレ、スローペースでの安定感は魅力…掛かり癖不安も内で我慢が利けば
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ロンドンタウン、前走は厳しい流れで一定の目途…スローでポジションとれれば警戒
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP