投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ローズステークス 2017 出走予定馬:ファンディーナ、秋初戦で再度怪物であることを証明できるか?高速馬場適性が微妙な感があり

2017 9/17(日)
第35回 ローズステークス(GII) 阪神芝外1800m
予想用・出走予定馬一覧
ローズステークス2017の予想・出走予定馬一覧

 今年の3歳春はフラワーカップまで圧倒的なパフォーマンスで無敗街道、皐月賞でも1番人気に支持されたファンディーナがローズステークスに出走予定だ。皐月賞では果敢の先行策もラストは少し甘くなった。期待先行を差し引けば高速決着の中目標になっての0.5差7着そのものは悪くない。牝馬限定で阪神1800mの舞台。この条件で再スタートとなるが再度軌道に乗れるか。


 皐月賞の負けは結果的に見て2つほどポイントがあったと思う。ひとつはやはりこれまでにない基礎スピード面を問われたということ。そしてもう一つは超高速馬場が合わなかった可能性。そもそもつばき賞もそこそこ時計が掛かる中で強烈な上がり、底を見せずという内容。フラワーCも含めて時計が少し掛かる中での圧倒的なパフォーマンスだった。今回は良馬場ならかなりの高速状態となり、そこは一つ大きな焦点になるだろう。

<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第35回 ローズS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  ローズSを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:ローズS300_250
━━━━━━━━━━━━━━━
<PR>

フラワーC(GIII) 1着 13頭8枠12番
中山芝内1800m良 1:48.7 48.8-47.6 S^1
12.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.3 - 12.4 - 11.2 - 11.7

 まずは圧巻だったフラワーカップから振り返る。ペースは1.2でスロー、時計も少し掛かっていた中での最速11.2は非凡なレベル。しかもL3-2で1.2のギアチェンジと最速の速さというよりは強烈な加速の方に目が行った。しかもバランス的にではあるが、ある程度の基礎スピード面を見せている。この時点で牡馬相手でも戦えるとなるのは同週のスプリングSとの比較でみても当然と言えば当然だったと思う。


 12番枠から坂スタートでゲートはやや出負けしたかなという感じ、それでも二の足が速く楽にリカバーして番手まで押し上げそこからはコントロール。向こう正面でも手綱を抑えるような感じで追走し、3角でもまだ引っ張っていたが4角でアクションがあってからは一気に動いて先頭に立ち独走。後は後ろをちらっと見てL1は流してと完勝だった。


 L1はほとんど追われていないし、加速のタイミングで促すのに終われたのを除けば競馬をしていない、という感じ。しかもドスローでというわけでもなく、タフな馬場のなかである程度のペースを刻みながら動きたいタイミングで瞬時に動けた。正直に言って申し訳ないが化物だなと思っていたし、今でもまだ可能性はあると思っている。ただし、敢えて言うならタフな馬場だったことで絶対的にはペースが速かったわけではない。あくまでバランス的にはややスローという程度。タフな馬場の中で一定のペースから一気に加速ができたというところが評価の本質だと思うし、L1も底を見せなかったという面も含めて基本は後半要素の性能になる。距離に関しては折り合い面は微妙だが、コントロール自体はできているのとギアを上げるのが非常に上手いので、延びても問題ないと思っていた。


皐月賞(GI) 7着 18頭4枠8番
中山芝内2000m良 1:58.3(+0.5) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 皐月賞では1番人気に支持されたが結果7着と掲示板も外した。ただもちろん怪物候補、牡馬が低調と言われていた当時の期待値で見るのと、今春のクラシックが終わった中で冷静に俯瞰してみて評価する、となると幾らかこの馬に対する評価も変わってくる可能性がある。ペースは平均、中盤少し息が入っているのだが、超高速馬場でそこそこ流れた割に各馬の仕掛けの意識が強くL3で実質的に最速ラップを踏んでいる。ここではファンディーナが動く選択を取った場所で、ファンディーナと岩田がこの流れを作った結果目標となって差し込まれたという展開でもあったといえる。同時に意外と各馬がファンディーナを意識していたとも。


 8番枠からまずまずのスタートを切り、二の足良く楽に先行策、ただ外の各馬が内に切り込んでくる形になったのでそれを行かせての2列目ポケットを選択する。道中そこそこ流れているのだが各馬前を意識して団子状態、更に中盤の緩みで団子気味に凝縮する中で2列目内目、3角での選択を問われる形になる。3角では内から外に誘導して動く選択、4角の最速地点で2頭分外から出口で膨らみ気味に勝負に行って直線。しかし結果的にそこで脚色鈍ってきてL1では甘くなっての7着完敗だった。


 このレースを展開面で言えば上位2頭がファンディーナが動いたタイミングで各馬が動く、そのスペースを上手く利用してロスなく立ち回って1,2着ということになる。逆に言えばレースの流れの中で難しい選択を取ったのがファンディーナ、とも。個人的にはそれでも勝負になるという見立てで岩田が動いたというのは意外だったしこれ自体は評価してもいいと思うんだが、結果的に馬がこれに応えきれなかった。ただし、弱い7着ではなくペースも平均の中で流れに乗って中弛みで取り付かれた面。さらに中弛みでかつ仕掛けのポイントも早かった、最速地点で外を回す選択を取った、色々含めても厳しい競馬になった。適性面で見た時にやはり前半の基礎スピード面で少し難しかったのか、それとも高速馬場が合わなかったか。この2点のどちらか或いは両方だとは思っているんだが、もう一点言えば仕掛けそのものが早かった可能性もある。低レベルの段階では良かったが、フラワーCでも結局は2F戦で究極まで仕掛けを待って4角で一気にギアチェンジで出し抜いた。このレースの場合は前述の2つの不安に加えてワンテンポ仕掛けが早かった可能性もある。これらに関してはもうちょっと長いスパンで見ないと確定はできないが。正直厳しい展開だったと思うが、それでも内容的に見てダンビュライトには完敗だった。もうちょっとやれるとも思っていたので。


つばき賞(5下) 1着 9頭7枠7番
京都芝外1800m良 1:50.6 51.2-46.5 S^5
13.1 - 12.1 - 12.9 - 13.1 - 12.9 - 12.6 - 12.2 - 10.7 - 11.0

 もう一戦、つばき賞を見ておきたい。このレースはここ2走とは違った意味でのインパクトがあった。確かにドスローなんだが、この時の淀は時計が掛かっていて、ドスローだったことを考慮に入れても上がり33.0は出色(同日の1000万下が1800mで1:48.8、そして上がり最速で34.9というような馬場と言えばわかりやすい。同日芝のレースで33秒台の上がりを使った馬そのものがいない。キングハートが勝った斑鳩Sですら37.0-34.6と超スローでも上がり33秒台は不在というぐらい。)。まずとんでもない競馬だったのは間違いない。


 7番枠からまずまずのスタートから無理なくじわっと番手につけていくが、最終的には控えて2列目の外。前にいたタガノアスワドを泳がせるような感じで進めていくが道中でタガノが急に単騎気味に、しかもペースを大きく上げずに進めていく。そうなったので3角以降はどうしても早めの進出、4角で3馬身差ぐらいで直線。序盤で追い出されてタガノが踏ん張り一瞬あわや?がよぎったがL1で問答無用の末脚炸裂、終わってみれば完勝だった。


 大体L3で3馬身半差、L2で2馬身半差ぐらい。L2の10.7の地点でも詰めてはいるんだが、これに関しては前のタガノを褒める必要がある。ただし、L1で11.0の地点で2馬身半を詰めてきたなら10.5ぐらいは使っている、つまり維持はしているということになる。この時の淀の馬場で10秒台を2F続けてくるというのはちょっと考えられないレベルで、ドスローだとしても限界まで余裕を残せば強烈なトップスピードの持続力を引き出せている。ただし、やはりはっきりとタフな馬場だったのはある。個人的にはこのパフォーマンスはかなり強烈だと思っているが、皐月賞での感じを見てももしかすると力の要る馬場の方が相対的に末脚の破壊力を増してくるのかもしれない。パワー型でタフな馬場でも楽にすいすい行けてしまう感じで、高速馬場だと前半軽いスピードを求められてしまうし、本来の末脚が相対的に削がれてしまう。そんな感覚をこの3走で感じた。


2017ローズステークスに向けての展望

 個人的にはどんな馬に対しても悲観的、ネガティブな材料を見つけて冷静に分析したいんだが、この馬に関しては正直皐月賞の完敗があったうえでも、やっぱり並の馬ではないと思っている。ディープインパクト産駒の中では適性面で凱旋門賞に最も近かった、というイメージすらある。それはやはりディープ産駒らしからぬ、タフな馬場でのトップスピードの持続力の非凡さ。まあサトノダイヤモンドですら本場の道悪では苦戦している感じなのでそれでも見通しは甘いかもしれないが、素材自体はまさに超一流だと言っていいはず。ただし、やはり高速馬場が合っていない可能性は高いと思う。テンのダッシュ力が良いので基礎スピードで押したくなるんだが、前向きな気性を抑え込んで後半に爆発させる形の方がパフォーマンスは高く、それを一気に放出してギアチェンジに繋げたのが恐らくフラワーカップだろうと。ああいう競馬ができる馬は基本的には前目でペースをスローにコントロールしたい。それと、タフな馬場であり得ないほどトップスピードを持続できているので、今の高速阪神の1800mで前半の厳しい流れに巻き込まれて良さを削がずに戦えるかどうか?が一つポイントにはなる。皐月賞では仕掛けてからが甘かったが、つばき賞を見る限りはトップスピードの持続力そのものは本来高いはず。であるならやはり前半に課題があったと考える方が無難だと思うし、単純に基礎スピードというだけでなく馬場が軽すぎてこの馬の良さが削がれた可能性は結構高いだろうと。今回はその辺りを考慮に入れたい。高速馬場なら不安もないわけじゃないし、距離自体は本来もうちょっとあった方が良いだろうと思っている。それでも素質を買っている人間としてはここは狙い目だし、逆に皐月賞の敗因が自分の想像通りであれば秋華賞は傾向的にあまり良い条件ではない。馬券的にはここで全力で狙うべきかなと思っている。素材だけなら牡馬を巻き込んでも世代屈指のはずで後はペースを上手く噛み合わせることができれば。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第35回 ローズS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  ローズSを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋華賞トライアル・本番に直結する前哨戦!
ファンディーナは買える?買えない?

秋華賞の前哨戦、トライアルレースのローズS。3着まで入れば秋華賞の優先出走権が与えられる。以前は阪神芝2000Mで行われていたが、07年から1800Mに変更されている。

過去の優勝馬にはファインモーション、アドマイヤグルーヴ、エアメサイア、ダイワスカーレット、ホエールキャプチャ、ジェンティルドンナなどのGI馬が名を連ねている。

過去10年の人気馬の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.2.1.6]、3人気[0.0.2.8]と、1人気が好成績を残しており信頼できる軸馬。またローズS好走馬の秋華賞の成績を見てもローズS上位馬が本番でも結果を残している。

16年 カイザーバル   (3着)→秋華賞(3着)
15年 ミッキークイーン (2着)→秋華賞(1着)
14年 ヌーヴォレコルト (1着)→秋華賞(2着)
14年 タガノエトワール (2着)→秋華賞(3着)
12年 ジェントルドンナ (1着)→秋華賞(1着)
12年 ヴィルシーナ   (2着)→秋華賞(2着)
11年 ホエールキャプシャ(1着)→秋華賞(3着)
11年 キョウワジャンヌ (3着)→秋華賞(2着)
10年 アニメイトバイオ (1着)→秋華賞(2着)
09年 ブロードストリート(1着)→秋華賞(2着)
09年 レッドディザイア (2着)→秋華賞(1着)
08年 ムードインディゴ (2着)→秋華賞(2着)
07年 ダイワスカーレット(1着)→秋華賞(1着)
07年 レインダンス   (3着)→秋華賞(2着)

秋華賞トライアルレースのローズSが本番に直結しているのが分かる。また、中山で行われるトライアルレース紫苑S組み好走馬では昨年の優勝馬ヴィブロス(秋華賞1着)、2着馬パールコード(秋華賞2着)、14年の2着馬ションナンパンドラ(秋華賞1着)の3頭のみが連対している。いかにローズS組みが秋華賞で活躍しているのが分かる。


今年は牝馬ながら牡馬クラシック(皐月賞)に挑んだファンディーナ、オークス上位馬モズカッチャン、アドマイヤミヤビ、リスグラシューなどが参戦予定。注目は皐月賞以来の出走となるファンディーナ。デビューから3戦無敗で牝馬ながら皐月賞に出走し1人気に推されたほどの馬。皐月賞後はオークスには向かわず休養して秋華賞を目標にされていた。成長度からもどんな競馬をするか注目だ。

競馬セブンではローズSに出走する、とある陣営の勝負情報を入手!公にならない関係者情報であり、馬券に直結するヤリ話!競馬セブンの情報班から「不動の軸馬から相手も3頭で獲る」と自信の1鞍を少点数で獲ると宣言。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ローズS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第35回 ローズS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  ローズSを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:ローズS300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

セントライト記念 2017 出走予定馬:サンシロウ、新潟内回りで捌くのに苦労もラストは成長の証…相手強力も不気味さはある
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:モンドキャンノ、京王杯2歳Sのように前半無理せずゆったり入ってこそ良さが出そう
京都大賞典 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、デムーロに替わってどんな競馬をしてくるか?…京都の2400mで前半のペースと位置がカギとなりそう
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:メイソンジュニア、マイルはカギ…瞬時の脚は不気味で流れてほしい
毎日王冠 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、総合力高く隙が無い…相手が超豪華メンバーで力関係が焦点
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:クリアザトラック、古馬相手に前走完勝…前目から長く脚を使えるのが強み
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:アドミラブル、強烈な末脚は間違いなし…ここを勝ってダービーへとなるか、試金石の一戦だ
日経新春杯2018 出走予定馬:パフォーマプロミス、ポテンシャルが高い馬で前を取れるのも強み…ペースが上がると未知数だが
日経新春杯2018 出走予定馬:ソールインパクト、トップスピード戦では甘く…54kgを活かし前目からしぶとさで勝負したい
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアスワド、ここ2走極端なスローだが、前目から引き出す一瞬のキレは非凡
シリウスステークス 2017 出走予定馬:モルトベーネ、内で器用に立ち回れる魅力…前半ペースが上がらなければ力は最上位
新潟記念 2017 出走予定馬:トーセンバジル、ゲートが甘いのが不安も…多少ペースが速くてもやれそうで外枠からリカバーができれば
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、兄も通ったダービーへの路…完成度を高め、ここで一気に台頭に要警戒だ
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ラインミーティア、夏のスプリント王者が秋の大一番でも末脚発揮となるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP