投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

紫苑ステークス 2017 レース回顧・結果:ディアドラ、薄氷の勝利が馬の強さを逆に際立てた…ラストの伸びは非凡!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの重賞・紫苑ステークス回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


 

2017 紫苑ステークス(GIII) 中山芝内2000m良
レース回顧・結果

1:59.8 61.3-58.5 S^3
12.3 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.8 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.4

 馬場が想定よりもかなり速く超高速状態だった。ペースも2.8で超スロー、ラップ推移的にもL2実質最速だがL1でも坂の上りで落としていない様に上位は各馬余力があった中でのトップスピード面もとわわれているとみるべきだろう。ポテンシャル戦ではなくスローからのトップスピード戦とみた方が良いと思う。


1着ディアドラ


 16番枠から何とか五分に出たかなという感じ。そこから無理せず最序盤は後方外目で進めていく。道中もドスローなので向う正面では掛かりながら進めていくが、流石に途中でシンボリジュネスが捲ってくれてレースが動いた中でじわっと仕掛けていく。3角では中団の外目で進め、4角で流石に大外ぶん回しつつも押し上げて直線。序盤で外からしぶとく伸びて2列目に並びかける。L1で粘り込むカリビアンゴールドを交わしたところがゴールだった。


 まあ、正直下手に乗ったなという感じだけど、馬の力で何とか勝てた。イメージ的にはジェンティルドンナの時の秋華賞で、小牧が捲ってくれたから間に合ったけどって感じ。今回も前に完全に支配されていたのに動く気配が無くて他人任せ。まあそれでも勝てたのは馬の力なのはラップ推移からも明らかで、L1でも前が落ちていない中で何とか馬の力が高かったので勝ち切れたという競馬。トップスピード面も高いレベルにあるがこの展開であの位置で差し切るところまではなかなか難しかったと思うし、その中で馬は一枚上の競馬だったと思う。L1の地点で3馬身あったのだから、当然だが坂の上りで10秒台後半を出している計算になる。映像的にはジリジリだけどこれは前が落ちていなかったからで、ここまでキレたか、というぐらいのパフォーマンス。もちろんトップスピード戦でも一枚抜けていると思っていたがそれでも正直流れ的に見ても結果的に見てもL1の地点では厳しいと思っていた。これを差し切ったのは大したもん。トップスピードの質を高めてきている感じはあるし、何より坂の地点での伸びだからね。ハービンジャーの仔だけど、良いところまで行けると思うんだけど。今回は鞍上に足を引っ張られた中で良く勝ち切ってくれたというところ。岩田は高速馬場を補正して乗ることは多分できないんだろうなと。本番はペースも流れると思うのでその辺りでどういう競馬ができるかに期待したい。岩田は流れた方が上手いからね。


2着カリビアンゴールド


 11番枠からまずまずのスタート、そこからコントロールしながら楽に好位の内目に入っていく。道中もドスローの流れの中で終始手綱を引っ張る形で我慢の競馬。3角以降徐々にペースが上がっていく中でも2列目の中目で我慢を強いられる。途中で少し下げて外に誘導して4角で上手く出し切ってから3列目で直線。序盤でそこから追いだされてグンと伸びて先頭に立つが、その外からディアドラに猛追を受け、僅差で2着惜敗となった。


 上手く内に入ったんだが結果的にペースも仕掛けどころも遅く待たされてしまった。3~4角ではしっかりと外に誘導してそこからは良い競馬だったが、L1ではあれで差されてしまったならディアドラを褒めるしかないかなという感じ。L1の段階ではまだリードが結構あったが、この馬自身もう一段の脚を引き出せなかったのは確か。この馬もL1では1馬身弱あったのでレースラップよりは速いと思うが、ディアドラは自身よりも2馬身は後ろにいた。この展開で差されてしまったならトップスピードの質的に見劣ったと考えるしかないかな。2000や掛かっていたのが影響した可能性はもちろんあるけど、ここまでドスローならそんなに関係なかったと思うし。


3着ポールヴァンドル


 7番枠から五分に出てそこからじわっと促しつつ外目に誘導しようとしていたができず、結局は中団馬群の中で進めていく形。道中もドスローの中で前にスペースは置けていたがやや掛かり気味、向こう正面で捲りがあってそこでペースが上がっていく中でも中団馬群の中で我慢。3~4角でもカリビアンゴールドの後ろで何とかうまく進路を確保して直線。序盤で外から追いだされるがジリジリとした伸び、l1ではディアドラに交わされ、カリビアンには届かないというもどかしい3着に終わった。


 まあ権利は獲れたけど、結果的にはカリビアンに逆転されてしまった。ただ三浦としてはこれがベストだったかなと思う。前半のスタートがあまり良くなかった、外も持ち出せないので中団中目になるし、目標にカリビアンゴールドを作ってからの進路どりの上手さは抜群だった。4角の段階でカリビアンが動いてその後ろから既に動けていたし馬も最後まで伸びてきたからね。ただやっぱりポジション差が最後まで響いてしまったかなと。トップスピード戦になったのは良かったと思うし、相手関係的にもディアドラがかなり苦しい競馬をしてこれだし、カリビアンゴールドが相手だったという点でも少し恵まれた面はある。本番でどうこうとなるとかなり恵まれないと、かも。質的にはディアドラに、総合的に見てもカリビアンに前を取られてしまうと難しかった。ペースが上がってどこまでやれるか次第だけど、ダイワメジャーの仔は2000でペースが上がるとしんどい馬も多いからね…。


4着ブラックオニキス


 2番枠から好発を切って先行、しかし外の各馬が内に切り込んでくるので控えて3列目からさらに下げて中団とちょっと後ろ過ぎるかなという競馬。道中更にドスローの流れになってしまって中団の内で我慢を強いられながら3角。3~4角では3列目の内内で我慢、カリビアンを目標に外に誘導しながら上手く進路は確保して直線。序盤で追い出されるがキレ負け、ラストまでジリジリと伸びずに上位3頭からは少し離された4着だった。


 あのスタートであそこまで下げちゃう辺りがダメダメ。トップスピードの質で戦える馬ではないんだから、まず控えるにしたってある程度外の逃げ先行馬に対してペースを引き上げさせる意識が必要なんだけど、大野ってその辺が皆無なんだよなあ。後ろからスペースを拾ってっていう競馬が好きなのか知らないけど、ブラックオニキスでこれではちょっと厳しい。まあ流れたところでやれたかどうかは別問題だけど、この面子ならチャンスはあったと思うんだよね。正直この馬を買っていた人はこういう競馬は求めていなかったと思う。最序盤の段階で下げるのは早すぎだわ。馬自体はトップスピード戦でのキレ負けは致し方ないし、3~4角以降の進路どり自体は上手かったと思うけど、このラップ推移で差すのは無理でしょう。それでもよく頑張っていると思う。


5着ライジングリーズン


 3番枠からまずまずのスタートを切ったが今回は意識的に下げて入っていって最終的には後方馬群の内内で進めていく。道中がドスローという流れで後方内目で我慢と再安喰の展開になってしまう中で内外どちらでも狙えるところから3角に入っていく。3~4角では仕掛けを待ちつつ内目を立ち回り、4角で前が壁、進路がないまま直線を迎える。序盤で中団馬群の中に突っ込んで何とか進路は確保するが切れない。L1で前にいたブラックオニキスに対して差を詰めてきたところは流石だが5着と完敗だった。


 上半期が噛み合ってきたのでこの辺噛み合ってこないのもある程度仕方ない面もある。最序盤からドスローで動き出しの意識を持てない位置だと難しいし、包まれてあの状況で3角を迎えて差せというのは難しいだろうと。基礎スピード面をもうちょっと問われた方が良かったし、前走の競馬を今回の展開でやっていたらもしかしたら?というのはあるんだが、一度噛み合わなくなるとなかなか噛み合わなくなる。今回もドスローであの位置でとなってしまったからね。馬場が軽くて仕掛けの意識より馬場の軽さが上回ってL1でも落ちない、というような流れではね。それでもよく頑張った方。


6着ルヴォワール


 15番枠から出負けして後方からの競馬になってしまう。道中も後方馬群の中目で我慢しながら上手くポールヴァンドルを目標にしつつ3角に入っていく。3角ではその外から仕掛けて追走していくが勢いに乗った4角で前が壁のところに突っ込んでしまってブレーキ、そこで置かれて最後方列で直線。序盤でそこから追いだされるがどうしても伸び負けしてしまう。L1ではライジングの外からそれなりに伸びてきたが6着と完敗した。


 ポジションはともかく、3角で動かしたのに4角で前が壁に突っ込んでブレーキして直線とか一番最悪の流れ。トップスピードに上手く乗せてL1の上り坂に持っていかないとここまでドスローでは厳しかったが、その過程で躓いたので見た目的にはちょっとだったけど4角出口で置かれたのはこれが原因でしょう。3角で焦ってしまった感じがする。あの位置になってしまった以上勝ち負けは度外視していい脚を引き出すことに専念するしかないし、進路確保ができていない状況でがちゃがちゃしすぎた。後ろだわ、加速に躓くわではちょっと。まあ馬自体は重賞レベルでとなるとスタートでここまで遅れてしまうと難しいね。最後は良い脚だったからトップスピード戦ではやれると思うけど、次はきっちりゲートを決めてほしい。


9着ホウオウパフューム


 8番枠から五分には出たが行き脚が微妙で後方からの競馬になる。道中も後方外目で我慢する競馬で意外と動かないな、という感じで3角。手前で捲りがあってから3角で後方外目を追走もなかなか押し上げられないまま直線。序盤でジリジリと伸びてきてL1でもう一段、という脚が欲しかったがここでは見劣っての完敗だった。


 少なくともL1で伸びていたライジングリーズンやルヴォワールと比較しても見劣るのは間違いない。ラストは本来伸びてこないといけない展開だったと思うし、勝ち負けはともかく寒竹賞でも11秒を切るレベルの脚を使えていたのがそれも怪しいかなという感じ。正直暫く馬券的に手を出さない方が良いレベルで悪いと思う。そんなにレベル的に高い一戦でもなかったし、使える脚がかなり短い説は結構あるかもしれない。一応L3からそれなりの速さだからね。それでもディアドラなんかはそこからL1で加速しているわけで。ちょっと勝負になってない。ただ個人的には田辺はここまで遅かったんなら向こう正面でもう少しアイデアが欲しかったかなと思ったけどね。まあ寒竹賞のイメージがあったかもしれないし難しいが。



【PR】
-------------------------
<公開決定!>ローズSでG1馬たちをねじ伏せる危険馬を無料公開!

こんにちは!
馬を愛し、競馬を愛し、競馬予想で収支右肩上がりのJ.boyです!
さて、今週は重賞が3鞍ありますが、最も注目しているのはローズS!

僕が毎週使っている指数サイトのうまコラボでは、
先週の紫苑ステークス三連単を上位指数5頭でとることができました!

ローズSでも三連単をとるために注意してほしいのが、
G1馬にも勝ってしまう危険馬の存在です。

ファンディーナ
アドマイヤミヤビ
モズカッチャン
リスグラシュー

この馬たちに勝つ馬をどう見抜きますか?

そこで参考にしてほしいのが、
【コース適性・血統適性・他競走馬との優位性など】
たくさんの過去データから、そのレースで純粋に強いを馬を割り出す事ができるうまコラボの指数という訳です。

無料会員登録で、ローズSの指数が無料で見れる特典が付いてきます!
無料会員登録はコチラ

うまコラボの実績は、
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

三連単の平均的中率は、わずか10%と言われています。
うまコラボでは30~40%もあり、精度の高さがわかると思います!

今年の重賞での高配当実績は、
2017年04月08日(土) 中山11R ニュージーランドT(G2)
着順6-4-16(12人気-8人気-5人気)の三連単を当てて【99万円の配当です!】

荒れるレースにも対応している指数だってことがわかると思います!

無料会員登録で、ローズSの指数が無料で見れる特典が付いてきますので、
今週ローズSで的中を狙っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

<うまコラボの利用方法>
すべての方、登録無料
■無料会員:前半戦6Rまで指数見放題+重賞予想
■有料会員:12Rまでの指数見放題(有料へ申込の方のみ)
無料会員登録はコチラ
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京王杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:タワーオブロンドン、エンジンがかかってからが凄い…大外からL1で突き抜け完勝!
noimage
noimage
函館スプリントステークス 2017 レース回顧・結果:ジューヌエコール、軽量とハイペースでGI馬をまとめてなで斬り6秒台のレコード勝ち!
函館2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:カシアス、しぶとく最後まで伸び切って重賞初制覇!
スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!
ファンタジーステークス 2017 レース回顧・結果:ベルーガ、強烈な末脚を披露し大外一気…本番に向け視界良し!
スプリンターズステークス 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、ゆったり入って坂の上りで推定10秒台の強烈な切れ味を引き出しての勝利
noimage
エルムステークス 2017 レース回顧・結果:ロンドンタウン、ぴったり内を立ち回って鮮やかに差し切り!
青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
noimage
noimage
京阪杯 2017 レース回顧・結果:ネロが力の要る馬場を利して久々に逃げられて波乱の主役!
愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP