投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

セントウルステークス 2017 レース回顧・結果:ファインニードル、上手く立ち回って直線で抜け出し嬉しい重賞初制覇!

毎週日曜の22:00からツイキャスでのセントウルS等重賞回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net
 

2017 セントウルステークス(GII) 阪神芝内1200m良
レース回顧・結果

1:07.5 33.8-33.7 M
12.2 - 10.8 - 10.8 - 11.1 - 11.1 - 11.5

 個人的には夏のリズムの悪さを引きずっているなあという感じ。展開読みに関しては正直ドンピシャで、外から行き切ってペースをコントロールしてくるだろうフィドゥーシア、それなら番手につけられるだろうラヴァーズポイント、ミルコだしある程度前目から目標を作ってというのもあるしこの辺の隊列は多分ほぼ完璧に読みが当たって、ペースもドンピシャだった。けどそれで結構予想が当たっていないというのが痛い。ラヴァーズポイントに関しては正直悔いはないんだけどね…浮上のきっかけを作れないとマズイね。後半はTS持続面も問われたし、後ろの馬にとってはここで差し込むだけの質も必要だった。


1着ファインニードル


 7番枠から五分には出たが二の足の速さでハナを取り切る意識、最終的にはそれを制したフィドゥーシアに行かせてその後ろで2列目ポケットを確保し良い位置で進めていく。3~4角でも速いラップを踏む中でコーナリングの上手さも活かしつつ最短距離でジッと我慢して直線。序盤で少し待たされるがラヴァーズがしんどくなった外のスペースを突いてスッと伸びてくる。L1で抜け出して後続を寄せ付けずの完勝だった。


 水無月Sでもそうだったけど、この馬は阪神内回りでも楽々最内でついていけているというのはあると思う。結構コーナリングの上手さを問われやすいコースで、外から見ている分にはここで内を通すと置かれる馬が多い、だから阪神内回りは外から上がっていく方がロスがあってもいい、というケースが多いと思っている。ただこの馬に関して言えばそれがまったくなくてコーナリングの上手さとポジショニングの上手さでレースの流れに乗り、かつ脚を残すことができると。平均ペースの流れの中でしっかりと脚を残して抜け出してきたし、コース適性が非常に高いんじゃないかな。スプリンターズSもコーナーでの勝負になりやすいが、3角が緩やかで4角がそこそこ急になる。昨年のソルヴェイグのような立ち回りの競馬ができれば面白いし、今はハイペースへの対応力も見せてきているので楽しみが増えた。


2着ラインミーティア


 6番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理に下げずに中団の内内で立ち回る選択。阪神内回り1200でありがちな3角での内のポジションダウンもなかったので中団の内内で前にスペースを置きながら絶好の形で3角に入る。3~4角でも中団の内内で進めていくが4角で鞭が入って少し置かれて直線。それでも序盤で一気に伸びて逆にスペースを潰して進路確保で苦労する。L1で抜け出したファインニードルの後ろから追い詰めたいところだが詰まらず、外のダンスディレクターに逆に迫られたが2着を確保した。


 まあ一言で言って驚いたというか、1200に対応してくるイメージではなかったのでこれが一つと、思ったよりいい位置で運べるじゃねーかと。前走でも出負けしたがスペースが空いていたので押し上げられて結果恵まれた。これが今回は最序盤の段階で下げながら中団という形になったので。後は内の先行勢の隊列がすぐに決まったことで3角で渋滞が起こらずに内のスペースを確保したまま勝負所に入れたことが大きかったと思う。色々いい点が噛み合っていたけど、4角でちょっと置かれたことを除けば普通に1200で強い競馬をしてきている。人馬ともに1000直専用とちょっと舐めてたかなあ…。状態面の良さ、サマースプリント制覇が掛かっているというメイチ感もあったし。参りました。逆転でのサマースプリント制覇もおめでとうございます。


3着ダンスディレクター


 13番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。そこから序盤にある程度中団に取り付く。3~4角でもスノードラゴンの後ろから中団やや後方で直線。序盤でそこからジリジリとした伸びだが、L1の坂の上りでグンと来ると最後は一番いい脚を使って2着争い際どいところまで詰めての3着だった。


 外から前を向いて脚を出し切る形になったのが良かったとは思うし、ペースも前半がそこまで速くなかったので追走でそこまで苦労しなかったかなと。ただ昨年と比べても明確にラストの伸びが良かったし昨年は正直心配したレベルだったが、今年は初戦からこんな競馬ができたし出来が良いんだろうと思う。これなら本番も結構楽しみ。ただ本質は平均~ややスローで自身が明確に後傾の方が良いタイプで、前走のシルクロードSでもセイウンコウセイ相手に自身で34.7-33.1とトップスピードの持続力で差し切っていて、本質はやっぱり1400ぐらいの方が良いとは思う。スプリンターズSでも1秒以上のハイまで行くと不安があるのでその辺かな。ただ前走も含めてかなり強い競馬をしているので、条件が噛み合えばトップレベルにあると思う。TS持続力はこの路線ではレッドファルクス辺りと比較してもやれると思うけど、前半要素がカギかな。


4着メラグラーナ


 2番枠から五分のスタート、そこから前半の段階で促していくがなかなか前には進まず、諦めて後方内目で進めていく。道中早い段階で前の隊列が決まり切ったことで内の渋滞が起こらず、後方にいたこの馬は前にスペースを保った状態で3角に入っていく悪くない形。3~4角で外目に誘導しつつダンスディレクターの後ろを狙って直線では中目に持っていく。序盤でそこから追いだされるが好位列が壁。それでもL1で上手く捌いて最後は悪くない伸びを見せるが首の上げ下げで最後はダンスディレクターに差されての4着だった。


 まあ、この舞台では精一杯の4着かなと思う。今回内を立ち回った馬には結果的に展開が向いたとは思っていて、通常起こりやすい3角で好位列最内のポジションダウンが2列目のミルコの運び方が上手くて無かったし、前にスペースを置いて最短距離を通しながら外に誘導していけた。純粋に末脚比べでダンスディレクターに見劣った感じかな。ラインミーティアは最短距離を通せたのも大きいと思うし。ただ本来こういう後傾型の競馬の方が合っているし、今回も同タイプのダンスらが手ごわかったことと基本は先行有利の阪神1200というのはあるからね。スプリンターズS争いでは少し後退したかなと感じる。坂の上りのグンってのが凄いから、距離に拘らず府中や中京といったL2に上り坂があるコースの方が合っていると思うなあ。宮記念でも渋って厳しい流れになったのも大きいし、高速馬場でL2で加速する余力があれば多分中京1200はベストコースになると思うし。スプリンターズSだと最低限流れるし、坂の上りを迎えるまでに恐らく減速に入ってくると思うのでその辺をどう考えるか。今回も上がり最速ではあるけど立ち回りの差があるし、ダンスの方を上に取りたいかな。


5着アドマイヤゴッド


 1番枠からまずまずのスタート、そこから押して先行策を取っていたが、外のファインニードルが入ってきたので少し下げて3列目のポケットに下げる形。そこからは上手くコントロールして前にスペースを残しながら3角。3~4角でもファインニードルとの間に1馬身ほどの差を作って内も意識しながら4角出口でスムーズに外に出す。序盤でそこから追いだされて一瞬は良い脚を使って3番手まで上がってくる。しかしL1の坂の上りでTS持続タイプに内外から呑み込まれて最後は5着も健闘。


 今の状態面の良さと、総合力の高さを上手く使ってきたという感じ。ただほぼ完璧に立ち回って一瞬の脚で勝負はできたけど、このレベルまで来るとL1で最後まで伸び続けてくるTS持続タイプは手強いし、その辺で見劣ったかな。せめて2列目のポケットを確保しきれていたらワンチャンスあったかもしれないが、その辺りが今後の課題になると思う。ただ2走前の函館戦でも厳しい流れの中でやれて来ているし、ここにきてパフォーマンスを上げてきているので次走も警戒したい。


6着アルティマブラッド

 3番枠から五分のスタート、そこから押して先行策を取ろうとするがスッとファインに前に入られてしまって好位で落ち着かざるを得なくなる。3~4角でも好位の外で立ち回って直線。序盤でそこから2列目に並びかけようとするがアドマイヤにも並ばれて苦しい展開。L1でもそこから抵抗はしていて離されずに食らいついたが2着争い大接戦の中では若干見劣った6着だった。


 ファインニードルの位置が欲しかったと思うんだが、それができなかったのがまず一つかな。まあゲートも甘かったし、ミルコの主張が早かったから控えざるを得なくなった。出来が良さそうだったから期待したんだけど、今回はゲートも良くはなかったしその中でああいう競馬になってしまったのは仕方ないかなあ。もうちょっと力をつけてこないとダメやね。1200だと主導権を取れない感じ、使える脚もそこそこ長い方だと思うから、少し壁を感じているところでもあるし1400を試してもいいかもしれんね。もちろん自分で主導権を取る形をキープしての話だけど。


9着フィドゥーシア


 14番枠から五分のスタートだったが二の足が速く楽に内に切り込んで早い段階でレースを支配、3角以降もペースをそこまで落とさずに、それでも平均で進めていいリズムで入っていく。終始ラヴァーズポイントが番手で突いてくる中で先頭をキープして直線。ただそこからの伸びが無くすぐにファインニードルに呑み込まれると最後は失速気味に下がってしまった。


 う~ん…完璧なぐらい良いバランスで入っているんだけどね。最序盤でハナを取り切って、そこで落とし過ぎず上手くコントロールして33.8で入れたのは個人的にはベストのバランスだと思う。この馬自身もこの時計で平均ペースでまとめるだけの力は持っていたと思うので、ちょっと展開面や競馬から敗因を求めるのは難しい。中間で息を入れられなかったのはあるので勝ち負けという点ではともかく、少なくとも崩れる理由がちょっと見当たらない。実際2着に来たのがラインミーティアなわけでレベル的にもやれたはず。う~ん…。アイビスがメイチだったのか、ちょっとわからない負け方やね。ここまで崩れるはずはない相手関係とレースメイクだったと思う。石橋脩は上手く乗ってくれたと思うんだけど。



【PR】
-------------------------
<公開決定!>ローズSでG1馬たちをねじ伏せる危険馬を無料公開!

こんにちは!
馬を愛し、競馬を愛し、競馬予想で収支右肩上がりのJ.boyです!
さて、今週は重賞が3鞍ありますが、最も注目しているのはローズS!

僕が毎週使っている指数サイトのうまコラボでは、
先週の紫苑ステークス三連単を上位指数5頭でとることができました!

ローズSでも三連単をとるために注意してほしいのが、
G1馬にも勝ってしまう危険馬の存在です。

ファンディーナ
アドマイヤミヤビ
モズカッチャン
リスグラシュー

この馬たちに勝つ馬をどう見抜きますか?

そこで参考にしてほしいのが、
【コース適性・血統適性・他競走馬との優位性など】
たくさんの過去データから、そのレースで純粋に強いを馬を割り出す事ができるうまコラボの指数という訳です。

無料会員登録で、ローズSの指数が無料で見れる特典が付いてきます!
無料会員登録はコチラ

うまコラボの実績は、
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

三連単の平均的中率は、わずか10%と言われています。
うまコラボでは30~40%もあり、精度の高さがわかると思います!

今年の重賞での高配当実績は、
2017年04月08日(土) 中山11R ニュージーランドT(G2)
着順6-4-16(12人気-8人気-5人気)の三連単を当てて【99万円の配当です!】

荒れるレースにも対応している指数だってことがわかると思います!

無料会員登録で、ローズSの指数が無料で見れる特典が付いてきますので、
今週ローズSで的中を狙っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

<うまコラボの利用方法>
すべての方、登録無料
■無料会員:前半戦6Rまで指数見放題+重賞予想
■有料会員:12Rまでの指数見放題(有料へ申込の方のみ)
無料会員登録はコチラ
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!
ユニコーンステークス 2017 レース回顧・結果:サンライズノヴァ、中弛みで上手く取り付いて強烈な末脚、ラスト11秒台で完勝!
noimage
noimage
阪神カップ 2017 レース回顧・結果:イスラボニータ、ラストランには惜しいラストの末脚…高速馬場のハイペースで真価を発揮しレコード!
noimage
函館2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:カシアス、しぶとく最後まで伸び切って重賞初制覇!
カペラステークス 2017 レース回顧・結果:ディオスコリダーが3歳馬ながら外からしぶとく伸びて重賞初制覇!
noimage
エプソムカップ 2017 レース回顧・結果:ダッシングブレイズ、因縁の地、東京の舞台で浜中とともに全てを払拭する悲願の重賞初制覇!
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
noimage
CBC賞 2017 レース回顧・結果:シャイニングレイ、追込みでも真価を発揮…大外からまとめてのなで斬りで久々の重賞制覇!
noimage
京成杯オータムハンデ 2017 レース回顧・結果:グランシルク、田辺復活の重賞V…淡々とした流れの中で鋭さを引き出し完勝!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP