投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ホウオウパフューム、寒竹賞で見せた切れ味は非凡だが…ここ2走の内容が悪すぎて…

2017 9/9(土)
第2回 紫苑ステークス(GIII) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
紫苑ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 3歳春には牡馬相手に寒竹賞で完勝を収めるなどクラシックを意識させたホウオウパフュームが紫苑ステークスに出走予定だ。ただ、そこからはフローラステークス、オークスと結果を残せず春のクラシックは存在感のないまま終戦。秋初戦は寒竹賞と同じ中山2000mの舞台、立て直して何とか秋の大一番に駒を進めたい。


 正直春の2戦はトップスピード的にも通用していなかった。ドスローの中での上がり勝負で良さが出なかったのはあるのか、中山で変われる可能性もあるとは思うが、それでもオークスが負けすぎで流石にちょっと狙いにくい。


寒竹賞(5下) 1着 9頭5枠5番
中山芝内2000m良 2:01.5 61.4-60.1 S^1
12.5 - 10.8 - 12.7 - 12.2 - 13.1 - 12.6 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5

 寒竹賞は強く感じたが…ウインガナドルを撃破しているというのもあるが、ただウインの場合はペースを引き上げて良さが出たというのはあるので何とも。ペースは1.3でスローだが現実的。ただL1最速11.5でこの馬だけ余力を持っていたということになる。馬場もそこそこ時計はかかっていたので、正直この一戦自体は強かったはずなんだが、いずれにせよ長距離的な競馬だとは思っている。


 5番枠から出負けして後方、無理せずその位置で進めていく。向こう正面では前が好位列辺りまで集団で進めていて、少し離れた後方2番手。13.1の地点で馬群が凝縮してくる中で最後方外から3角に入っていく。3~4角でも余裕を持ったまま中目を追走してロスを小さくしつつ、4角出口で大外に持ち出して直線。序盤でスッと伸びてきて中団、L1で一気に突き抜けての完勝だった。


 L1の地点のレースラップの11.5なわけで、これを3馬身は合ったところから差し込んでいることを考えれば11秒前後、10秒台も視野に入ってくるという強烈なインパクトを見せた。これは事実だし、こういう競馬をしてきたのだからこの時点でクラシック候補と言われること自体はさほど違和感はなかった。自分もオークスは楽しみだなと感じていた一頭。坂の上りで加速してグンと来ていたし、府中の場合はL2に坂があるのでここが噛み合ってくれば面白いなと。ただペース自体は緩かったし、中弛みで取り付いてきた形。本質的には2000よりももっと長い距離の方が良いだろうとも。


フローラS(GII) 8着 18頭3枠5番
東京芝2000m良 2:01.9 61.5-59.8 S^2
13.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 12.6 - 12.8 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.0

 ただ府中のフローラSでは驚くほどの完敗だった。まあ、結果的に相手が強かった面もあるんだが、それでも2番手グループにいたフローレスマジック相手に完全に完敗だったというのは個人的には結構ショックが大きかったかな。ペースも明確にスローだし、中盤も緩んでの3F勝負でL1も落ちている。言い訳できない展開だった。


 5番枠からここではまずまずのスタートを切って控えて中団に下げていく形をとる。道中もスローペースの中で中団やや後方で前にスペースを保ちながら3角に入っていく。3~4角でも外目を回しながら直線。序盤で進路確保でやや後手を踏んだものの、L2では進路ができていたところでいまいち伸び切れず。L1もなだれ込むのがやっとの完敗だった。


 あの当時の中山は時計が掛かっていたのはあるが、それでもこの時の府中もそこまで速いラップを前が踏んでいるというわけではない。その中でL2の地点で明確に伸びてこなかったというのはかなり物足りない。前にいた馬相手に対しても末脚で優位性を作るポイントが無かったし、完敗というしかない内容だった。正直不満。


オークス(GI) 16着 18頭4枠8番
東京芝2400m良 2:26.7(+2.6) 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスは確かに後ろの馬には厳しい展開ではあったが、この馬にしては結構良い位置を取れていた方。それで惨敗も惨敗。ペースもドスローだが仕掛けのタイミングはその分少し早かったし前が止まらなかったにせよ少なくとも末脚は出し切りやすい展開だった。


 8番枠からやや出負け、そこから外に誘導しつつ無理のない範囲で中団につけていく理想的な入り方。道中あまりにも遅いので少し掛かるところはあるが、それでもここまで遅ければこの馬だけでなく大体掛かり気味。3~4角でペースが上がっていく中で中団外外からついていって直線。ただ序盤の段階で一気に下がってしまう。そのままラストまで良いところなくの惨敗だった。


 ここまで崩れる道理が考えにくいんだが、敢えて言えばパワー型の馬で、かつ使える脚が凄く一瞬しかない、というぐらいしか。適性的な面を除けば状態面が落ちていた可能性が一番高いとは思う。寒竹賞の場合はペースも遅め、3~4角まで上がり切ってない中で直線だけの競馬ができたという感じ。オークスにせよフローラSにせよ、L1の伸びは全然足りない。究極的な脚を一瞬しか引き出せない可能性が高いかな。


2017紫苑ステークスに向けての展望

 紫苑Sの傾向の場合、やはり全体のペースも上がりがちだし、仕掛けのタイミングも早くなりやすい。オークスみたいにコーナーでペースが上がっていく中で外から動いて一瞬で脚を無くしたり、フローラSでも中団外から伸びあぐねたり、レベルを考えれば基本的には狙いづらい。中山2000なら、という見方もあるだろうが、寒竹賞の場合は冬場で時計が掛かる中、全体のペースはゆったり、仕掛けのタイミングも遅れていた。その中で直線勝負で鋭さを引き出せたのは力の要る馬場が合っていた可能性も高い。実際高速府中では良さが出ていなかった。秋の中山2000で全体のペースが上がり、また仕掛けのタイミングも早くなりやすい、となると個人的には信頼してはいけないレベルだと思っている。可能性があるとすれば中弛み、3角辺りで緩んでそこで外から取り付きながら直線で鋭さを引き出すパターンだが、入りの3Fで見てもここ4走すべて38秒台でしか入れていない様に、前半にネックを抱えている馬。それに単純にここ2走の内容が悪すぎて状態面の懸念もある。立て直してきているだろうが、それでも基本的には切る方向で考えている。



PR.
【こんな的中が無料予想の醍醐味じゃないですか!?】

いろんな競馬サイトの無料予想を試しているけど、まぁ当たらない。
馬券代がかさむ!

そんな僕に【無料予想で8万円以上のプラス収支】をもたらしてくれた救世主を紹介します!
その後も、コンスタントに無料予想は的中していて、毎週重宝しています。

少しでもみんながプラス収支で競馬を楽しく遊べたらいいなと思ってます!
コチラ(無料)

2017年7月16日(日)

====================
【予想】8→11.10.03 
馬連 軸1頭流し 3点予想

着順:3-8
人気順:4番人気-3番人気
払戻:馬連2,060円
投資:1点5,000円 払戻合計:103,000円獲得!
====================
利益は88,000円!回収率は686.6倍!

今週限定の無料予想でガッツリ回収してください!
僕もココの無料予想を使って、競馬場で楽しんできます!

コチラ(無料)
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

毎日王冠 2017 出走予定馬:マカヒキ、今年は国内で鋭さを蘇えらせたい…ライバルに向けて完全復活でエールを送れるか
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:モリトシラユリ、パワー型で中山1800は追い風か…しぶとく差し込み賞金加算までいけるか?
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、トップスピード戦では世代屈指も…転厩後の菊花賞が参考外としても色々不安が多い
京成杯2018 出走予定馬:デルタバローズ、1戦1勝もセンスある突き抜け方は魅力、中山2000克服なるか?
エプソムカップ 2017 出走予定馬:マイネルハニー、前走は2秒とかなりのハイで崩れるも…それでも前半のペースを上手く引き上げたい馬
中山金杯2018 出走予定馬:セダブリランテス、1周コースの2000は適性的に噛み合いそう…適性を活かして粘り込みとなるか
京都新聞杯 2017 出走予定馬:メルヴィンカズマ、アドミラブル相手に一瞬優位に立つ…素材は一級品も二の足が遅いのがネック
小倉記念 2017 出走予定馬:ヴォージュ、七夕賞は58秒ペースで失速も…ある程度の流れには対応できるはずで、ここが正念場だ
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:サンライズソア、前走東京マイルで基礎スピードの高さを証明…要所でも動け、総合力の高さは魅力
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:ビッシュ、スローで溜めても良い脚は一瞬…ポテンシャルを活かして早仕掛けで分散したい
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノノブレス、得意の中京2000、流れれば要警戒だが…
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:クリアザトラック、古馬相手に前走完勝…前目から長く脚を使えるのが強み
京成杯2018 出走予定馬:ダブルシャープ、最後方大外ぶん回しの札幌2歳Sは圧巻…距離を延ばしてポテンシャル発揮を狙う
阪神カップ 2017 出走予定馬:モズアスコット、4連勝の勢い…厳しい流れでもスッと反応できる魅力でここも面白い
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、NHKマイルC2着の実績評価も…前走が物足りず
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP