投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:グランシルク、マイルでも安定感は抜群だが…噛み合えば勝ち切れてもいいはず

2017 9/10(日)
第62回 京成杯オータムハンデ(GIII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
京成杯オータムハンデ2017の予想用・出走予定馬一覧

 抜群の安定感でここ5走は複勝圏を外さずも、重賞での後一歩が上手く届かないグランシルクが京成杯オータムハンデに出走予定だ。前走の中京記念でも流石の末脚を見せるが前のウインガニオンとの差は遠かった。中山マイルでも安定感は示せているが同時に後一歩の物足りなさも露呈している。今度こそ重賞初制覇となるか?


 マイルは気持ち長い感じはする。ベストは東京1400でゆったり入って強烈な鋭い末脚を長く維持してきているイメージで、実際ダービー卿でもニューイヤーSでも悪くはないが勝ち馬とは内容的に差があった。安定感はあるが、後一歩をどう埋めてくるか。中山マイルなら噛み合う可能性が高いと思うので、後は運が向けば。


パラダイスS(OP) 2着 9頭5枠5番
東京芝1400m稍 1:21.0(+0.1) 35.7-33.7 S^2
12.6 - 11.4 - 11.7 - 11.5 - 10.9 - 11.0 - 11.8

 まずは2走前、ウインガニオン比較ではこちらの方が強い競馬だったパラダイスSから振り返る。ペースは2.0で超スローに肉薄するレベル。ラップ推移的には最序盤は遅いが中盤以降はペースが上がってL3最速と後半TS持続特化で比較的出し切りやすい展開。


 5番枠から五分のスタート、そこから無理せずに中団での競馬となる。前の集団から離れた位置で進めて3角で中団外から取り付きながらだが前もペースを引き上げる形でなかなか押し上げられず後方の位置で直線。序盤で外からジリジリと伸びてくるがウインガニオンが手ごわく2列目まで。L1で2馬身半ぐらいあった差を半馬身ぐらいまで詰めて来ての2着だった。


 基本的にはTS持続型だが、このレースの場合はウインガニオンが早い段階でドスローに持ち込みしかも3~4角で早めにペースを引き上げる形になったし、ウインは前目からコーナーで勝負して長くTS持続力を引き出してくる。前目からこれをやられると外から差すのは難しいのだが、結構頑張ったように東京1400適性は高いと思う。


中京記念(GIII) 2着 16頭3枠6番
中京芝1600m良 1:33.6(+0.4) 46.3-46.9 M
12.4 - 11.1 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 11.3 - 11.3 - 12.2

 ただ、前走の中京記念は完敗を喫した。このレースは平均ペースっぽく映るが、実際5馬身ぐらいは離れた番手の位置で見れば1秒前後ぐらいは補正すべきで遅く見ても47-46ぐらいのバランスになっていると思う。ウインガニオンなんかは前が下げた12.1のところで取り付いているので2列目以降は仕掛けが早くコーナー地点でかなり速いラップを踏んでいるとみている。その中でこの馬は中団外から正攻法の形となった。


 6番枠からやや出負け、ある程度促していきながら中団のスペースを拾って上手く中団まで押し上げていく。道中は前がかなり飛ばす中で自分は無理せず中団馬群の中。3~4角でウインガニオンが内から押し上げて行って各馬もペースを引き上げていく中外目を通して中団で直線。序盤で外から追いだされるがジリジリとした伸びでまだ3列目の一角。L1で前がばてたところでようやく伸びだしてくるが最後は2着争いを制するところまでの2着完敗だった。


 ウインガニオンや内から立ち回ったブラックムーン辺りが来ている中で外からペースが上がったところでロスを作りつつもL1までしぶとく伸びてきたというのは高く評価したいところ。基礎スピードをある程度は問われたがそれでも後半要素の方が若干強く問われているし、しかもウインが動いた段階でコーナーで分散される形になっている。思った以上にやれたと思うが、それでもこういう競馬に持ち込まれると総合的に見て前半の基礎スピード面も高いウインが上位になってしまう。この競馬だけ見れば距離自体は恐らくもうちょっと長くても良くて、どちらかというと1400というより東京1400が得意な可能性が高い。


ニューイヤーS(OP) 2着 16頭2枠3番
中山芝外1600m良 1:33.7(+0.2) 46.8-46.7 M
12.7 - 11.0 - 11.4 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 5走前のニューイヤーSではペースを上手く支配されての一足で抜け出すまでに少し時間がかかってしまった。こういうパターンでも戦えるのは魅力だが。ペースは平均、L4-3-2で加速していく流れを作られたし、L2最速11.3は中山としてはなかなか速い。平均まで行っていて基礎スピード面はもちろんだが3~4角での器用さも問われた。


 3番枠から好発を切ってそこから控える形で好位までで我慢したかったが最終的に中団の中目で下げながらになる。秀氏馬群の中で包まれて3~4角で3列目の内内で狭いスペースを突きながらだが直線で2列目が壁。L2の段階で出し抜かれてしまい、L1の坂の上りでようやく伸び始めるがジリジリ、完敗だった。


 3~4角では加速していく流れになっていたが、前のウインがそういうラップを踏んでいく中でこちらは4角以降2列目が邪魔だったし、直線入りで進路確保がスムーズでなかった分だけ余力を持っていたマイネルアウラートに勝負を決められてしまった。まあこのペースで上手く支配されてしまうとこういう競馬では難しいのだが、それでも好位の内内から待たされても最低限動けたようにコーナーでの立ち回りは十分上手い方だろうと。


2017京成杯オータムハンデに向けての展望

 敢えて嫌う材料はないが、勝ち切れるかどうかというのは焦点となってくる。一応ニューイヤーS、中京記念とそれなりに流れても十分脚を引き出せるし、スローのTS持続戦でも出し切れればL1は伸びる。一応ベストではないにせよニューイヤーSではL4-3-2と加速の流れで内で包まれてもやれた。内で立ち回るなら3~4角で流れてほしいと思うし、そうなれば突き抜ける可能性もある。この辺はチャレンジカップを勝つまで苦労していたフルーキに近いかもしれない。1400が得意というよりは恐らく府中の1400でスローになってそこからトップスピードに乗っての持続戦が得意、という感じ。マイルでもペースが上がってそれなりにやれるし問題ないとは思うが、どうしても要所でスッとは動けないし、その辺りの立ち回りの差が勝敗という意味では直結しやすい印象。流れに乗ってスペースを作らず乗りがちな戸崎・福永からポジションを犠牲にしてもスペースを意識して動き出してくる田辺に乗り替わったことでどういう競馬になるかは注目。3~4角で後手を踏むことが多い印象なので、ここが上手く噛み合えば勝利も見えてくるはず。相手関係混戦だが、信頼度は高いと思うので対抗も視野に入れつつかな。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第62回 京成杯AH(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 京成杯AHを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋競馬の開幕週。中山競馬場で行われるハンデ重賞。2012年から「サマーマイルシリーズ」の最終戦に指定され、秋のGI・マイルCSを目標に始動する馬も多い。

過去10年の傾向、人気馬の成績は、1人気[1.0.1.8]、2人気[5.1.2.2]、3人気[2.0.2.6]と1人気で勝利したのは昨年の覇者ロードクエストのみで、人気を裏切るケースが多い。2人気は5勝2着2回の好成績を残しており、1人気よりも信頼できる成績を残している。

15年には13人気フランジェリコ(1着)、11人気エキストラエンド(2着)、7人気ヤングマンパワー(7人気)の組み合わせで3連単222万7820円の特大馬券が飛び出している。1番人気の成績が悪く、2桁人気の穴馬の好走も少なくない、荒れるハンデ戦である。

秋のマイル王決定戦のマイルCSを目標に叩き台で使われる馬、賞金加算が最大目標の馬、サマーマイルシリーズ優勝を目指す馬など、各陣営では使い方がそれぞれだが、陣営の本気度が分かれば荒れるハンデ重賞も狙って獲れる!

昨年の京成杯AHも馬連2280円、3連複3940円、3連単1万9430円のパーフェクト的中。今年の京成杯AHも、早くからココ目標の、とある陣営の勝負情報を競馬セブンは入手済!高配当馬券確実な裏情報だけに見逃せません。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『新潟記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第62回 京成杯AH(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 京成杯AHを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:京成杯AH300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

シリウスステークス 2017 出走予定馬:モルトベーネ、内で器用に立ち回れる魅力…前半ペースが上がらなければ力は最上位
関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、スプリント路線の実力者が復調?内枠から前目に潜めれば不気味
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、瞬間的な切れ味はトップクラスだが、ゲートが不安定で色々噛み合えば
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クイーンズリング、トップスピードの質は最上位…ここ2走の出負け癖が解消できるかが勝敗を分けそう…
新潟大賞典 2017 出走予定馬:メートルダール、昨年クラシック本番不参加も…今年は中距離路線で結果を出したい
鳴尾記念 2017 出走予定馬:スマートレイアー、この距離でこそ良さが出そうな感はアリ…長く脚を使える強みを活かしたい
セントライト記念 2017 出走予定馬:サンシロウ、新潟内回りで捌くのに苦労もラストは成長の証…相手強力も不気味さはある
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインブライト、前走見せたポテンシャルは牡馬最上位勢に楔を打ち込めるレベル
ローズステークス 2017 出走予定馬:ミスパンテール、チューリップ賞で見せた末脚は武器…ここ2走は噛み合わず、挽回を期待
七夕賞 2017 出走予定馬:ゼーヴィント、福島で内目でも立ち回れる器用さ、ペースへの対応力高く勝ち切れるかが焦点か
シリウスステークス 2017 出走予定馬:マスクゾロ、連覇を狙う立場…ロンスパでどうかと57.5kgのハンデは気になるところ
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:キセキ、春から一変の気配…ここ2走は圧巻で勢いそのままダービー馬喰いを狙う
クイーンステークス 2017 出走予定馬:パールコード、ゲートセンスは確かで怖さはあるが1800は少し短いかも
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:アリア、初戦は何とか直線で捕えるも、コーナーでの動きに少し不満があり
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP