投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ライジングリーズン、GI馬を破った末脚を2000mで引き出せるか?前半急かさずリズムを守りたい

2017 9/9(土)
第2回 紫苑ステークス(GIII) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
紫苑ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 フェアリーステークスでは後のNHKマイルカップ覇者アエロリットを撃破と素質は間違いないライジングリーズンが紫苑ステークスに出走予定だ。前走のラジオNIKKEI賞では1800mへの距離延長で11着とブービー負け、大敗を喫してしまった。そこから更に1F伸びるこの舞台…それでも自分の競馬で逆襲まで持っていきたい。


 個人的には前走はちょっと前に行きすぎたと思う。ハイペースの中で差し込んできたアネモネS、フェアリーSだが中弛みで取り付いてきたという面も強い。なので1800~2000自体は対応できると思っているが、前走のラジニケはそこが問題だったかなと。まあそれでも負けすぎなのでそこをどう考えるか。


フェアリーS(GIII) 1着 16頭8枠15番
中山芝外1600m良 1:34.7 46.1-48.6 H^2
12.5 - 11.0 - 11.2 - 11.4 - 11.9 - 12.4 - 12.0 - 12.3

 4走前に強敵アエロリットを撃破したフェアリーSから見ていきたい。このレースは超ハイに肉薄するレベルでかなりのハイ、ラップ推移的には3~4角で一気に緩い流れになっていてL3-2で12.4-12.0と再加速の展開。ここで待たされたアエロリットには相当厳しい競馬になったといえるし、逆に言えばこの馬にとっては前半無理せずここで取り付けたので追い風だったと。なので勝つには勝ったが評価という点ではアエロリットの方が上だとみていた。


 15番枠からまずまずのスタート、そこからは無理せずに控えて後方の外外で進めていく。道中はかなりハイペースで流れているが縦長の中で後方と無理のないペースで進めて3角。3~4角では前がペースを落としたことで一気に凝縮、中団外から一気に2列目まで取り付いて直線。序盤で内からもう一足を使ってきたアエロリットの抵抗に苦しみながらもL1できっちりと抜け出して勝利をものにした。


 内容的にはハイペースでも中盤で緩んでいるので、少なくとも余力があって我慢しているうちに後続に取り付かれたアエロリットの方が強い競馬をしている。それでもこの馬自身厳しい流れの中でしっかりと脚を引き出してきたし、後方からとはいえ基礎スピードの幅をある程度見せてきたというのは収穫だと思う。そして中弛みで取り付いてきてのポテンシャル戦で結果を出してきているので、基本的には距離自体はもうちょっとあった方が良いだろうという感じ。


桜花賞(GI) 8着 17頭1枠2番
阪神芝外1600m稍 1:35.2(+0.7) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 実際桜花賞では淀みが小さい厳しい流れになった中でアエロリットには逆転を許している。ペースは1.5とかなりのハイに肉薄するレベルだが、中間も終始11秒台でL3最速11.5と切れ味もあまり要求されず、L1は失速した消耗度の高いレース。


 2番枠から出負けして後方からの競馬となる。道中も後方馬群の内内で我慢しながら3~4角、最速地点の4角でロスなく進めて直線。序盤で内目から追いだされてジリジリと伸びてはくるがL1では甘くなって外からアエロリットやディアドラといったところとの比較でも明らかに脚色で見劣っての8着完敗だった。


 このレースではフェアリーSやアネモネSと同じようにハイペースではあるが、違うのは中間緩んでいないということ。馬場差はあったとも思うが、前半~中盤で展開的なレベルで取り付くところがなく、追走に脚を使い続けてしまって末脚が削がれてしまったという感はある。アエロリットだけでなくディアドラに対しても同様にアネモネSから桜花賞で淀みなく流れた中で見劣ってしまった。


ラジオNIKKEI賞(GIII) 11着 12頭4枠5番
福島芝1800m良 1:48.0(+1.4) 47.5-47.1 M
12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.9

 前走は枠もあって積極策を取ったが結果としてそれが仇となった感はある。ペース自体は平均ペースだが大きく淀みなく進んで淡々とした流れ。後半も4F戦でL2最速11.6という程度。


 5番枠から好発を切ってそこからその流れで先行していき2列目のポケットと結構理想的に入っていく。そこから少し掛かり気味になりつつ前にスペースを置いた状況で3列目の位置だが2列目の内に誰もいない状況で3角と理想的。3角でペースが上がっていく中で前のスペースを詰めながら2列目に押し上げる。4角でも待たされる形だがそれでもスッと進路を確保して完璧に直線。しかしそこからが驚くほど伸びず、逆噴射で下がってしまった。


 4角辺りでは鞍上のアクションにはまだ余裕があった感じだったが、直線での失速は鞍上も恐らく想定外という感じの負け方。器用に立ち回れていたようで、前半に脚を要求させ過ぎたのか、失速が早かった。距離なのか状態面なのか、それとも前半無理をしすぎたのか。どの程度の割合かは何とも言えないが、これまでの好走歴はやはり前半無理をしていないとき、中盤緩んで取り付いている中山マイルに限ってのもの。この辺りからもあまり前半の基礎スピード面で無理をしない方が良いんだろうとは感じる。


2017紫苑ステークスに向けての展望

 アエロリットに勝ったと言っても展開の綾が大きいので、個人的にはまずそこまで高く評価はしていない。ただ、今年の3歳牝馬戦線は少なくとも春のクラシック路線はハイレベルだったと思っているので、そこである程度やれている以上軽視はしづらい。それに2000への延長はゆったり入ればポテンシャルは見せている、マイルでも自身で無理をしなければハイペースでも差し込んできている、という点から、感覚的には2000ぐらいが一番ペースのバランス的に合いそうな感じはしている。その辺を踏まえても現状ディアドラの方を高く評価したいし、適性は未知数でも素材としての不気味さがあるポールヴァンドルやルヴォワールがいる。他にも不気味な馬自体は多そうなので、メンツ次第。今回は扱いがちょっと難しいかな。距離自体はもうちょっとあった方が走りやすそうな感じはするし、その辺で怖さはあるが。


<PR>
―――――――――――――――――――――――

【セントウルS】ビッグアーサー回避で浮上するのはこの馬だ!

馬券的に注目できるのはこの3頭!

◎○▲で決まれば想定300倍以上!!


―――――――――――――――――――――――

今年のサマースプリントシリーズも高配当的中連発!!

【北九州記念】1万5940円的中!

【キーンランドC】4570円的中!

【アイビスサマーダッシュ】7210円的中!

★★★★★★★★★★★★★

第31回 セントウルS (G2)
絞りに絞った3連複・3連単≪1点馬券≫を無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【先週までの夏競馬でも特大万馬券的中を連発!】

《小倉8日目》◎メイショウサチシオ(6人気)
【41万0370円】的中!

《中京7日目》◎ワールドオンライン(4人気)
【24万7540円】的中!

《小倉9日目》◎メイショウキリマ(10人気)
【16万4630円】的中!

《新潟5日目》◎アポロノシンザン(4人気)
【10万2190円】的中!

《新潟5日目》◎アポロノシンザン(4人気)
【10万2190円】的中!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

秋競馬開幕週はこの情報で一獲千金を狙え!!

【セントウルS】絞りに絞った1点はコチラ
pngワールド:セントウルS300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京都大賞典 2017 出走予定馬:トーセンバジル、末脚は魅力もどうしても後ろからになり…開幕週の京都だと展開が向かないと…
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:フローレスマジック、底知れぬ末脚魅力もエンジンの掛かりが少し遅い
AJCC2018 出走予定馬:トミケンスラーヴァ、距離延長で覚醒…主導権を握ってしぶとく粘り込め
新潟記念 2017 出走予定馬:トーセンバジル、ゲートが甘いのが不安も…多少ペースが速くてもやれそうで外枠からリカバーができれば
京都大賞典 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、横山典弘と札幌記念で一つの目途、前目から一瞬のキレを引き出す競馬を期待
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、唯一の重賞馬、競馬センスの良さ無傷の3連勝を狙う
CBC賞 2017 出走予定馬:シャイニングレイ、1400への短縮で基礎スピードを活かして横綱競馬…更に200m短縮でどうなるか?
京都金杯2018 出走予定馬:レッドアンシェル、先行力に磨きをかけ上昇…適度なペースなら好勝負
小倉9R 小郡特別 予想:本命06アイファーヴリル
函館記念 2017 出走予定馬:サクラアンプルール、超スローで器用に立ち回っての怖さはあるが…流れると不安も大きく
函館記念 2017 出走予定馬:ルミナスウォリアー、このレベルまで来ると上手く嵌らないと難しい…総合的に弱点は少ないのだが
愛知杯2018 出走予定馬:クインズミラーグロ、安定感は評価も昨年秋は物足りず…下降線か?
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ミツバ、距離短縮、厳しい流れでポテンシャルを出し切って重賞初制覇となるか
函館記念 2017 出走予定馬:ダンツプリウス、厳しい流れで基礎スピードが活きれば不気味…内枠引いての先行策で妙味あり
CBC賞 2017 出走予定馬:ティーハーフ、馬場不問、前半無理せず鋭さを引き出してくるがワンパンチ足りない
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP