投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ポールヴァンドル、器用に立ち回って一瞬の脚を上手く引き出したい

2017 9/9(土)
第2回 紫苑ステークス(GIII) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
紫苑ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 春はスイートピーステークスに参戦も5着と権利を取れず、函館のかこめ島特別で1000万下を勝ち上がったポールヴァンドルが紫苑ステークスに出走予定だ。前走は器用に番手から抜け出す競馬で完勝してきたが、血統的にもやはり2000mへの延長がカギとなる。厳しい流れになった時にどこまで対応できるか、権利を確保し秋華賞に向かえるかに注目だ。


 ダイワメジャーの仔でも特に牝馬は明確に距離不安を感じる馬が多い。1800は良くても2000はダメというのは結構多いし、中山の2000でそこそこ流れた時には母父ファスリエフという点でも不安が多い。ただ個体で見ると距離自体は問題なさそうな感じがしているので悩ましいところ。


かもめ島特別(10下) 1着 8頭5枠5番
函館芝1800m良 1:48.3 49.6-46.3 S^3
12.9 - 12.0 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 11.5 - 11.4 - 11.4

 まずは前走のかもめ島特別から見ていこう。この当時の函館は流石に開催序盤ほどではないにせよかなり時計が出ていて例年よりは確実に速かった。ペースも3.3で超スローから3F戦となっているし、上がり勝負でL1も落としていない。


 5番枠から五分に出てそこから無理なくじわっと先行策、小頭数でもあり楽に番手を確保した。そこからはドスローの流れに乗っていき、団子状態だったが向こう正面でアンドリエッテが上がってきたのでこの辺りで仕掛ける。3~4角で逃げ馬に並びかけて楽な手ごたえで4角も進めて先頭列で直線。序盤で抜け出したところに外からカリビアンゴールドが並びかけてくるが、これを最後までしぶとく粘って寄せ付けず、きっちりと勝利をものにした。


 前半が緩かったし仕掛けのタイミングとしても3F戦となる。軽い馬場だったのもあるし、全馬上がりがある程度速いように後半勝負に特化した中で良い位置を取ってコーナーでのロスも小さくできた、というのはあるだろう。L1を落としていないのは立派ではあるし1周コースの1800に対応できたのは評価。ただやはりペースが非常に遅かったので前半はあまり当てにしにくい、という面も考える必要がある。それでも2着のカリビアンゴールドを相手に寄せ付けなかったのは評価したい。


スイートピーS(OP) 5着 18頭8枠17番
東京芝1800m良 1:47.5(+0.1) 48.4-46.5 S^2
13.0 - 11.5 - 11.6 - 12.3 - 12.5 - 12.4 - 11.6 - 11.0 - 11.5

 ただ、同じスローのスイートピーSでは完敗を喫した。ペースは2秒近いかなりのスローでラップ推移からもわかるように3F戦、L2最速でもあり仕掛けも少し遅いぐらい。


 17番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと楽な感じで先行策、番手を確保していく。そこからは少し掛かる面も見せたがかなりスローだし許容範囲の程度。3~4角でも楽な手ごたえで先頭に並びかけるような感じで直線。序盤でまだ仕掛けずL2の段階で仕掛けてここでスッと抜け出しを狙う。ただ、L1で甘くなったところに内外から来られてしまって、最後は甘くなって接戦の中体勢不利の5着だった。


 ここでは同じように前目からしっかり自分の競馬に持ち込めているのだが、結局仕掛けを待てても団子気味でとなるとL1での甘さに繋がってしまったのかなという感じはある。結果的にだがここではカリビアンゴールドのTS持続力で見劣っているので、函館1800の舞台では小回りでコーナーワークの差を上手く使った感じでの逆転ではあると。


500万下 1着 13頭6枠8番
中山芝外1600m良 1:36.1 47.5-48.6 H^1
12.6 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 12.4 - 12.4 - 11.8 - 12.0

 マイルでは500万下戦で強い勝ち方。これは着差以上の内容だったと思う。ペースは1.1でハイペース、ラップ推移的には中間結構緩んでのL2再加速戦でL1はあまり落としていない。前半の基礎スピードもだがコントロールしてそこからの加速という競馬になっているし、単調でないというのがポイントかな。


 8番枠から好発、コントロールしながら番手につけていくという感じ。少し掛かり気味だがそれでも上手く抑えて逃げ馬からは少し離れた位置で進めていく。3~4角では前が息を入れてきたので無理をせずとも勝手に差が詰まってくる。4角では馬なりで並びかけて仕掛けを待ちながらも先頭で直線。序盤で仕掛けてスッと出し抜く、L1で外差しダイシンクイントも来ていたが決定的には詰めさせずの完勝だった。


 このペースでも基礎スピードをコントロールしながら追走して、要所でスッと動いて良さが出た。スイートピーSでもそうだが加速段階は非常に良い馬で、余力があって勝負所での動きということに関しては光るものを持っている。一方でL1はちょっと甘くなる傾向ではあるが、それでもどちらかというとあまり速いラップを踏まない方がL1での踏ん張りはマシなのかもしれない。相手関係も違うと思うが、函館かもめ島特別とスイートピーSでカリビアン相手に比較してもそんな感じ。なので血統ほどにはマイラー色というほどでもないかもしれない。


2017紫苑ステークスに向けての展望

 母の産駒を見ても2000以上での実績がない、父はダイワメジャーで牡馬でも割と2000が壁になることが多い馬だが牝馬は特にその傾向が強くスプリント~マイルがベストの馬が多い。普通に考えると2000は不安が多いし、特に紫苑Sの傾向的にはペースがある程度上がってかつ仕掛けどころも早くなりがち。どちらかというと前受して器用さで立ち回るのが身上だが、2000で平均ペースからのポテンシャル戦となると流石に素材的にどうか?というのはある。ただ一方でマイルでの勝ち方は気性面はともかく距離自体は持つなという感じの内容だったし、前走のかもめ島特別も3F勝負でも府中と違ってコーナーで分散して進める形でカリビアンゴールドとは逆転できた。レベルの問題はあるが、この馬自身2000をこなす可能性はあると思う。後は枠かな。いずれにせよ勝ちに行って粘り込むような形は恐らく難しい。この面子なら最低でも番手外、できれば2~3列目のポケットに潜り込んで仕掛けを待って瞬時の反応で内からスッとというのが理想。外枠だと個人的には狙いを下げたいかな。まあ不安がハッキリとある馬なので、重い印は打ちたくないが連下ぐらいでは候補に入れておきたい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
セントウルS(G2)・鉄板3点勝負

30倍も狙える3点勝負を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

8/27 新潟11R 4万9030円的中
8/26 札幌11R 6万6840円的中
8/19 小倉9R 4万7420円的中
8/13 小倉9R 2万2490円的中

セントウルSの鉄板3点勝負を見る
pngホースメン会議:セントウルS300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

紫苑ステークス 2017 出走予定馬:サロニカ、前走は恵まれたが…内容的に距離延長は噛み合いそうで穴目で狙いたい一頭
エルムステークス 2017 出走予定馬:ロンドンタウン、佐賀記念はスローの流れで長く脚を…1700mの舞台は微妙か
毎日王冠 2017 出走予定馬:ヤングマンパワー、昨年の富士Sの感じなら1800への延長は歓迎…積極策でも強気の仕掛けを期待
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインファビラス、パワー型で1800への延長…楽に先行から早めの仕掛けなら不気味さアリり
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、芝でもダートでも頂点を争ってきた実力…伏兵陣をまとめて返り討ちにできるかが焦点だ
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アエロリット、府中マイルGI馬同士の対決…3歳牝馬の強さをここで見せつけたい
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、菊花賞回避で状態面がカギ…勝負所でスッと動けるのは魅力
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:キセキ、春から一変の気配…ここ2走は圧巻で勢いそのままダービー馬喰いを狙う
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:レッドファルクス、1400mへの延長もむしろ好材料か?ゆったり入って末脚を出し切りたい
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:カラクレナイ、デムーロだと出負け癖が目立つが…流れても脚を使えるのは魅力
東海ステークス2018 出走予定馬:クインズサターン、師走Sは大外ぶん回しが響く…前半のポジションが良ければ警戒も
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:アリア、初戦は何とか直線で捕えるも、コーナーでの動きに少し不満があり
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:エトルディーニュ、総合力は魅力だが今回は相手が手ごわくなる点がポイント
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ペイシャフェリス、六甲Sはこれまでにない早仕掛けでの押し切り…1800不安も器用で侮れない1頭
関屋記念 2017 出走予定馬:ブラックムーン、トップスピードの持続力は非凡…も、やはりゲートが拙く後方一手なのが
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP