投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ボンセルヴィーソ、マルターズアポジーとの再序盤の勝負は見もの…支配して息を入れたい

2017 9/10(日)
第62回 京成杯オータムハンデ(GIII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
京成杯オータムハンデ2017の予想用・出走予定馬一覧

 2~3歳春まででは1400~マイル路線で抜群の安定感、NHKマイルカップ3着の実力馬ボンセルヴィーソが京成杯オータムハンデに出走予定だ。前走は3着と言えどもアエロリットに完敗、とはいえそのアエロリットが古馬相手にクイーンステークスで圧勝とレベルの高さを見せた。安定感はあるがワンパンチ足りない器用貧乏からの脱却はあるか?


 この馬はタイプ的にはマルターズアポジーとは少し違うタイプの逃げ番手馬。今回はどういう戦法で来るかだが、最序盤マルターズはゲートが上手い、二の足も速いので勝ち負けにこだわるならこれに対してしっかりと主張してハナを奪い取る気持ちが欲しい。前半無理が利くのはこちらだと思っているので。ちょっと余談だがこのレースにメイソンジュニアは出てほしかった。


ファルコンS(GIII) 2着 16頭5枠10番
中京ダ1400m良 1:21.1(+クビ差) 34.0-35.3 H^2
12.0 - 10.8 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 11.4 - 11.8

 この馬を強いなと再認識させられたのがこのファルコンS。このレースは3着のメイソンジュニアともども前の馬には難しい競馬になったと思っていて、その中で器用に息を入れてしっかりと再加速してきた。中弛みで取り付いてきたコウソクストレートには差し込まれたがパフォーマンスはこの2頭が上だろうと。


 10番枠から五分のスタート、そこからじわっと促す程度で最序盤は好位ぐらいから入っていく。ただ前とはそう差のない位置でハイペースの流れに乗っていく形で3角に入る。3角の下り坂でレースラップは減速していてここで2列目の外まで上げるが我慢を強いられる。4角でも12.1とラップを落として団子状態になって直線。序盤で減速から加速という地点で坂の上りでもスッと反応して伸びる。L1では前のメイソンジュニアがしぶとく抵抗、これを競り落としたところに外からコウソクストレートに来られての2着惜敗だった。


 メイソンもこの馬もかなり強い競馬をしている。前半34秒台のペースに入って行って、3~4角ではかなり緩んだ。その結果直線序盤の地点ではハイペースで先行したのに団子状態と厳しい競馬でかつ減速から加速の流れとなった。後ろの馬は3~4角で前が減速したところを減速せずにフラットに取り付いて直線での加速に入ってこれた。その分も含めて2つほどデメリットがあったはずだが、しっかりと息を入れてスッと動けた。この馬の武器は総合力の高さにあると思うし、それを引き出す基礎スピードの幅が広い。だからこれぐらいハイでも息を入れればすぐに動けた。


NZT(GII) 3着 16頭8枠16番
中山芝外1600m稍 1:36.2(+0.2) 48.4-47.6 S^1
12.9 - 11.6 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 11.7 - 11.6

 ただNZTではメイソンジュニアに逆転を許しての3着。ペースが0.8とゆったり目の競馬になり、ラップ推移的にも2F戦と仕掛けが遅かったが後半各馬に比較的余力があった状況だったと言えそう。とはいえ、雨の影響もあって馬場が読みにくかったので騎乗自体はこれでよかったと思う。あくまで結果的に見てペースを上げ切れなかったというところ。


 16番枠から五分のスタートから大外枠でもしっかりと二の足を利かせて先行策、楽に先頭列まで取り付いていってそこからコントロールしてメイソンジュニアとレースを支配する。そこからもペースを少し落とす流れに乗って3角。3~4角でもメイソンジュニアを目標にしながら4角で促して並びかけて直線。序盤でそこからの末脚勝負で頑張って並びかけるがメイソンもしぶといし内からジョーストリクトリに抜け出されてしまう。L1まで食らいつくがメイソンの前には出られず3着完敗だった。


 まあ、結果論としてやはり前半要素の基礎スピードをもう少し活かすべきだった、というところ。メイソンがこの距離で楽にハナを切って前受したときに想像以上にしぶとかったというのはあるけどこの馬としてはファルコンSのレベルの基礎スピードとそこからコントロールして息を入れても一足を使える、という武器を活かすならメイソンのハナを奪ってもう少しペースを引き上げて仕掛けを待つ形の方が良かったかなと。そして、メイソンにも言えることだが、こういうタイプは1400や1600だからこそ基礎スピードを活かせるし緩めることもできる。メイソンが1200路線で失敗だったのはそもそも前半の基礎スピードで優位に立てないから息を入れることもできないし忙しい、ということに尽きると思う。この距離なら古馬相手でも結構面白かったと思うんだけどね。


NHKマイルC(GI) 3着 18頭3枠6番
東京芝1600m良 1:32.9(+0.6) 46.1-46.2 M
12.4 - 10.9 - 11.2 - 11.6 - 11.8 - 11.3 - 11.3 - 11.8

 NHKマイルCでは甘くなったがその要因はペースというより展開にあったと思う。ペースは平均でコントロール、良い形で入れたが結果的にかなり強敵だったアエロリットが3~4角でこのペースでも怯まず勝負に来てしまったことでL3でも11.3と速いラップ。ペースを引き上げて仕掛けを待ちたかったこの馬が引き上げたのに仕掛けが早い展開に巻き込まれてしまった。使える脚が一瞬しかない馬だとこのパターンは苦しかったと思う。


 6番枠から五分のスタート、そこからここでは押して押しての先行策、内のモンドキャンノを制してハナを取り切る。そこからもしっかりと松山がレースメイクを意識、平均ペースで後続に付け入るスキを与えずに3角。流石に3~4角では少し息を入れるがそれでもまだまだ11秒台と速いラップでキープしているのだが、ここで勝気のアエロリットが馬なりで無理なく取り付いてきてしまって並ばれてしまう。直線では仕掛けざるを得ないので仕掛けて一瞬は抵抗するがやはり徐々に甘くなる。ラストは3着争い僅差、というところでレッドアンシェルに差し込まれるがこれは踏ん張った。


 この馬にとっては素材的に高いレベルにあるわけではないので、ペースを引き上げたとしてもここまで仕掛けで強気に来られてしまうとどうしようもない。アエロリットが早めに動いたことで後続も仕掛けのスイッチが入るわけだし、頑張って踏ん張って3着というだけでも意外と立派だったと思っている。ペースをしっかりと引き上げれば後続に出し切られる形になってもここまで踏ん張れた。アエロリットはかなり強いと思っているしね。ただ使える脚が短いのでペースを引き上げる、前受けして仕掛けを待てるパターンでないとL3がほぼ直線の府中では難しい。その点でL3地点は丸々4角という中山マイルの方がコーナーワークの差が生まれるだけまだマシだろうとも。


2017京成杯オータムハンデに向けての展望

 マルターズアポジーのアンチ的な立ち回りができるか。リスクはあるんだが前半飛ばしていくのが理想で、マルターズを巻き込みながら中間で息を入れることができるかがポイントになる。マルターズは前半ゆったり、中盤以降でペースを引き上げたいのに対してこちらは前半は速くても良いがどこかで息を入れて仕掛けを遅らせたい。最序盤で主導権を取ってしまってマルターズを番手にする形で3角辺りでスッと息を入れてというパターンに持ち込めれば勝機まであると思う。ただし、逆に言えばそのパターン以外は結構難しい。テンの速さは見ている限りではマルターズの方が上だろうし、ゲートも速い。こちらも二の足は良いがゲートが速くないので主導権をマルターズに取られてしまった場合は簡単ではなくなる。番手になった時のBプランとしてもマルターズを突く意識は絶対に必要で、馬場にもよるが意識的には45秒台も視野に入れるぐらいの勢いで勝負に行ってほしい。ハイペースでも息を入れれば結構な加速ができる馬なのはファルコンSで証明できているし、前半の基礎スピードを活かす競馬の方が相手関係を見ても強い競馬ができている。不気味さは大いにあるが、噛み合い切るかどうかは松山の手腕に依るところが大きい。それでも個人的には松山という騎手に期待しているので、もしかしたら勝負の本命もあるかも。まあいずれにせよこの条件で噛み合えば怖い馬なので印を回す可能性は高い。


<PR>
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第62回 京成杯AH(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
 【一撃1000倍も狙えます!】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】最近もオイシイ万券を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

▼単勝336倍の馬に厳選印!▼
━━━━━━━━━━━━
8月12日 新潟2R
◎クイーンズテソーロ
○セイウンリリシイ
△ハガキノハナ
(12人気・単勝336.8倍)
3連単 12万7170円
3連複  5万1650円
馬 単    1350円
━━━━━━━━━━━━


▼ダで[12][13]着→芝で[1]着!▼
━━━━━━━━━━━━
8月12日 新潟7R
◎ヤマニンベルベーヌ
(7人気・単勝24.5倍)
△ウインプラージュ
◯マッタナシ
3連単 10万4650円
馬 単  2万7030円
3連複  1万1020円
━━━━━━━━━━━━

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『京成杯AH(G3)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【一撃1000倍も狙えます!】
完全無料・京成杯AH
png暴露王:京成杯AH300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

阪神カップ 2017 出走予定馬:イスラボニータ、総合力の高さは屈指、ポジションを取って鋭いギアチェンジで出し抜きたい
中山金杯2018 出走予定馬:デニムアンドルビー、ポテンシャルはまだまだ健在も…明け8歳馬で緩やかに下降線でもあり
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、前走は物足りず…距離不安はあるがスローで末脚を出し切れれば…
セントウルステークス 2017 出走予定馬:アルティマブラッド、北九州記念はハイペースの中でも一定の目途、良い位置につけて粘りこめれば
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:コーディエライト、2走目で距離延長、激変の圧勝…新潟マイルはカギも侮れず
富士ステークス 2017 出走予定馬:ペルシアンナイト、ゲートと折り合い難という2重苦をマイルで克服できるか…
中京記念 2017 出走予定馬:ブラックムーン、一度エンジンが掛かればトップスピードの持続力は非凡だが…色々難しい馬
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ビービーガウディ、前半ペースが上がってどうかも、2走前モズカッチャンに際どく食らいついた実力は評価
ローズステークス 2017 出走予定馬:ファンディーナ、秋初戦で再度怪物であることを証明できるか?高速馬場適性が微妙な感があり
皐月賞 2017 出走予定馬・プレ予想:キングズラッシュ、中山2000m実績あるが…休み明けやペースなど不安が多すぎる
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、唯一の重賞馬、競馬センスの良さ無傷の3連勝を狙う
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ダッシングブレイズ、ここ2走はギアチェンジで置かれ…距離延長でも早めの意識で活路を拓け
セントウルステークス 2017 出走予定馬:スノードラゴン、唯一のGI馬も近走なかなか決定的には差し込めず…開幕週の良馬場では?
シンザン記念2018 出走予定馬:アーモンドアイ、母は長い距離で適性…底知れぬ素材は魅力も完成度はまだ低い
セントウルステークス 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、母ビリーヴも勝ったこのレースで重賞初制覇を狙う
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP