投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

札幌2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:ロックディスタウン、オルフェーヴル産駒初の重賞制覇は、外から正攻法での勝利!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net



2017 札幌2歳ステークス(GIII) 札幌芝1800m良
レース回顧・結果

1:51.4 49.8-49.0 S^1
12.7 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 12.4

 当日の時計はかなり掛かっていて、1000万下は2000m戦ではあるが2:03.3で勝ち馬の上がりが36.1。走破時計で単純比較は難しいが、内容的に1000万下とそんなに遜色ない競馬となっているのは驚きで、自分の想像以上にハイレベルだったと思う。ポテンシャル戦としては今後このレースに出た馬は上位何頭かまでは注目しておきたい。ペースはややスローに入っていて、そこから特にロンスパというわけでなくL2最速戦。仕掛けが探り探りになって遅くなったパターンかな。


1着ロックディスタウン


 11番枠から五分に出てそこから無理せず進めていくが序盤は少し掛かりながら進めて行って、最終的に中団外。道中も中団外でコントロールしながら3角では2列目の外まで押し上げ、4角でゴーサインから先頭のファストアプローチを目標に2番手で直線。序盤からしぶとく伸びて最後まで脚を鈍らせずきっちりと捕えての勝利だった。


 まあ、想像以上に強かったというところ。新馬戦とは全く違う競馬になったが、思ったより楽に追走していて追い出されてからの反応自体は地味だったけどこれは前で後ろの動きを待っていた面もあるし、実際追いだされてからしばらくして以降はこの馬がほぼ一番いい脚を使い続けていた。最後だけダブルシャープに差を少し詰められたけど決定的ではなかったし普通に完勝でしょう。それと、個人的にはクリノクーニング・ミスマンマミーアといったところが3~4角での立ち回りで後手を踏んだのもあったとは思っているけど、上位勢はパフォーマンスを上げてきて前述している通り、時計的にもかなり高いレベルにある。その中でルメールがそつなく乗ってくれたと言っても素材的にも一枚上の競馬をしてきたのは素直に評価しないといけない。というか、強かったと思う。特に新馬はトップスピード戦でエンジンの掛かりが遅くてL1の減速で伸びてきたという感じだった。やっぱりオルフェーヴルの仔でポテンシャル寄りの馬になっていくのかも、という気はするね。一応レースの適性としてはL2での一足という面もあるので、個人的にはポテンシャル特化型が出し切れず4角で置かれた部分が勝因としてはあるかもしれない。今後クラシック戦線に乗ってくる馬だと思うが、今日の感じなら年末のホープフルS向きかもしれんね。


2着ファストアプローチ


 14番枠から五分のスタート、そこから好位列に外から取り付いていって最終的には2列目の外を確保する。道中もややスローの中で前を目標にしながら動かず3角。3~4角でじわっと前2頭の外から並びかけて4角出口で後ろを見ながら仕掛けて直線。序盤の段階で流石にロックディスタウンが手ごわく並ばれてしまう。L1で何とか外から来るダブルシャープの追撃をしのいで2着と賞金加算には成功した。


 この馬はやっぱり距離が延びた方が良かったね。かなり高いパフォーマンスだったと思うが、ポテンシャルという点で見ればやはり勝ち切られたロックディスタウンに分があったという感じ。1400~1500では微妙な感じだったけど、1800~2000ぐらいならポジションもある程度狙えると思うし、基礎スピード面でどこまで押し上げてくるかによってはこの馬もクラシック戦線に向けて上位を窺うチャンスはある馬だと思う。ステイヤー色とまではいわないけど、血統的にはガリレオ系になるし今後も距離延長でゆったり入って更に良さが出てくる可能性はあると思うので、侮れない一頭かな。トップスピード戦でもうちょっとやれないと安定はしないと思うけどこの距離かもうちょっと長いところで楽にポジションを取れれば通用する。


3着ダブルシャープ


 7番枠から五分のスタート、そこから下げて中団馬群の中で進めていく形。ただ窮屈になってしまって下げながら最終的に最後方と難しい競馬を強いられる。向こう正面でも動けないまま3角まで最後方。3~4角でも最後方から促しつつ、大外を選択。4角でも大外を回しながら押し上げて好位列で直線。序盤での伸びは地味でここで前2頭に対して差を詰めきれない。しかしL1の減速地点でようやく差を詰め始めてファストアプローチとの差を詰めての3着だった。


 ん~勿体ないというか最序盤の進め方が最後までネックになってしまった感じはする。あそこまで最後方に下がったから早仕掛けの意識で大外をぶん回すしかなかったし、結果的にそれでも出し切れた感じではなかったからね。乗り方次第では面白かったかなと思うけど、まあ仕掛け遅れてというわけではないし、馬自体のポテンシャルの非凡さをこれで確認できたのは良かったんじゃないかなと。これなら中央でもポテンシャルは通用すると思うんだけど、この馬も単純にトップスピード戦への適性があるかどうかで幅が変わってくると思う。結果的にゆったり入って後半のポテンシャルを高いレベルで引き出してきたわけなので、ステイヤー色が強いという認識で良いだろうし、ホープフルSとかに出ても面白いかもしれんね。今年のホープフルSは馬場にもよるけど札幌2歳S組は軽視しない方が良いと思う。その時までにはまた勢力図も変わっているとは思うけど意識の底に持っておきたい。


4着シスターフラッグ


 1番枠から五分のスタート、そこから控える形で後方に下げざるを得ない形。道中も後方内内で少し掛かるのを我慢しつつ徐々に外を意識しながら3角。3~4角でも中団馬群の中目で内外どちらでもというところからか仕掛けだし、4角でロックディスタウンの後ろを意識しながら直線。ただ序盤で置かれてしまって、L1そこで出来たスペースを詰めるでもなくジリジリの4着完敗だった。


 ん~、上位は強かったし、スムーズにいかなかった馬も多かった中で無難に乗られての4着。現時点では少なくとも上位とは力差の面が大きいかな。L2での加速で動けなかったし、そこで皮肉ながらスペースが産まれたのでL1は伸びてほしかったがこれもいまいちだった。このメンバーの中では今後の狙い目という点でもやや薄めかな。


5着コスモインザハート


 五分のスタートから楽々前目につけられて最終的には好位の中目。道中も好位の中目で動かずいい位置で3角に入っていく。3角で激しく手が動くが反応がいまいち。4角でも内目を通しながらだが反応がなくジリジリ下がって直線。序盤で呑み込まれるかという感じだったがそこからはそこそこ抵抗。L1でも伸びずばてずなだれ込んでの5着完敗だった。


 コーナーで動けないタイプかな?というぐらい3~4角での動きの悪さは目立った。前走もコーナー地点でいまいちだったけど直線に入っては反応が良すぎて逆に進路確保で一瞬苦労していたみたいなので、直線勝負向きの感じはするね。ハーツの仔だし、トップスピード戦でパフォーマンスを上げてくれば怖い。今回はコーナーでの動きの拙さが痛かったのもあるし、まあ相手も強かった。府中1800とかで走らせてみたい馬やね。


6着クリノクーニング


 10番枠からやや出負けして窮屈になって一旦下げて最後方近くから進めていく。1~2角の段階で少し押し上げて後方集団の外、そこからは特に動かず3角に入っていく。3~4角でも後方外目から追われるが押し上げられないまま直線。序盤での伸びもジリジリで、L1での伸びは流石というところを言見せたが位置取りが悪すぎた。



 少なくとも要所で動けなかった以上今回の展開では完敗だったと。ただ、L1では前の馬との差もだし、4,5着馬と比較しても差を詰めてきていたので余力はあった。この辺の不器用さを補えないと安定してこないかもしれない。今回に関しては一歩目が遅かったしリカバーのポイントも難しい中であの位置はやむを得ないと思うし、動きたいときの反応がいまいちだったという点も本仕掛けが遅かったこのレースでは勢いをつけきれなかったのかなという感じもする。ラストは来ていたのでそこまで悲観することはないけど、現状総合力で見劣るというのは否めない。成長するか距離を延ばして前半を楽にできるか、そういったところで埋めていく必要があるかな。相手も強かったと思うし。


10着カレンシリエージョ

 4番枠で五分には出たが行き脚で見劣って無理せずに中団馬群の中で進めていく選択。道中も窮屈になりながらもポジションを落とさず追走、3~4角で促されるがここで置かれて直線。序盤でジリジリと伸び切れず、L1で少し進路が狭くなって下がっての10着完敗だった。


 もちろん不利もあったとは思うけど、上位との差は色々と小さくないかなと感じた。最序盤は新馬戦でもそこまでスムーズにいい位置に入っていけたわけでもないのでハイレベルの一戦で最序盤に苦労したのかなという感じを受ける。そのうえで後半それを盛り返すだけのパフォーマンスは見せられなかったし、不利を差し引いても現状上位とは差があると言わざるを得ないかな。馬場状態も悪くなかったけど、クリノクーニングやミスマンマミーアもうちょっと早い段階で全体が仕掛ける展開なら違ったかもしれないけどね。



PR【人生が変わるかもしれない】競馬で勝ち続ける


今週、セントウルS予想を無料でお届けします。
公開はレース当日正午「北条のブログ」より。

三連単当たっていますか?

競馬業界全体での三連単平均的中率は10%程だそうです。

しかし、

こんな的中や、
====================================
単勝83.3% 複勝94.4% 馬連58.3% 

ワイド88.9% 馬単58.3% 

三連複38.9% 三連単38.9%
====================================

こんな的中が、
====================================
単勝83.3% 複勝100% 馬連66.7% 

ワイド83.3% 馬単66.7% 

三連複41.7% 三連単41.7%
====================================

毎週のように訪れたらどうですか?

三連単が3回に1回以上の確率で当たったら、
あなたの配当はどうですか?

競馬って勝てるものだと思いませんか。

これは「うまコラボ」という、
誰でも無料で会員になれる競馬サイトの成績です。

参考にする程度でもプラスになると思います。

今日から、
競馬で勝ち続けたいなら見てみてください。

▼無料会員登録はこちらから


※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
noimage
小倉記念 2017 レース回顧・結果:タツゴウゲキ、代打秋山お見事…内から強襲し接戦を制した!
noimage
京都大賞典 2017 レース回顧・結果:スマートレイアー、武豊がインベタズドンで同一重賞勝利最多記録!
セントウルステークス 2017 レース回顧・結果:ファインニードル、上手く立ち回って直線で抜け出し嬉しい重賞初制覇!
レパードステークス 2017 レース回顧・結果:ローズプリンスダム、ハイペースで直線外に出してからが圧巻の番狂わせ!
noimage
京都2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:グレイルと武豊、まだ完成度は低いが素質の違いで捻じ伏せた!
京都新聞杯 2017 レース回顧・結果:プラチナムバレット、ドスローの流れで一閃…直線大外一気を決め込んだ!
CBC賞 2017 レース回顧・結果:シャイニングレイ、追込みでも真価を発揮…大外からまとめてのなで斬りで久々の重賞制覇!
毎日王冠 2017 レース回顧・結果:リアルスティール、またミルコだ…絶妙な位置から仕掛けを待ちつつ直線の坂でグンと切れて接戦を制した!
目黒記念 2017 レース回顧・結果:フェイムゲーム、ルメールここでも主役…早仕掛けの流れで出し切って古豪復活!
京阪杯 2017 レース回顧・結果:ネロが力の要る馬場を利して久々に逃げられて波乱の主役!
紫苑ステークス 2017 レース回顧・結果:ディアドラ、薄氷の勝利が馬の強さを逆に際立てた…ラストの伸びは非凡!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP