投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

新潟記念 2017 レース回顧・結果:タツゴウゲキ、ペースを上手く引き上げて直線でしぶとく粘り通した!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの新潟記念等・重賞回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 新潟記念(GIII) 新潟芝外2000m良
レース回顧・結果

1:57.9 12.9 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 12.0
59.0-58.9 M

 夏競馬は清々しいぐらいに大外れ。新潟記念はメンバー構成的にペースを引き上げて行かないかなと思ったんだけど、ウインガナドル津村が自分の想像を上回るナイスラップを踏んできた。これによって全体のペースが引き締まったうえでL2最速11.2と新潟外2000としては遅めのラップとなった。上がり勝負に特化しなかったこと、前半の基礎スピードを問われた中で後半もトップスピードに乗せられたかどうか。この辺り総合力をバランスよく問われたとみていいと思う。新潟2000はスローか平均かで結構流れることも多く、そんなにキレッキレの馬でなくても前目で粘れるケースが多いが、今回はペースを引き上げたことでそれに当てはまったかなと。


1着タツゴウゲキ


 1番枠から好発を切って促しつつ最初の段階でハナを主張、外のウインガニオンが競ってきたが簡単には譲らず上手くペースを作らせて番手で進めていく。道中もペースを落とさずに上手く進めて3角。3~4角では流石に少し息を入れるがそれでも極端ではなく、番手外の位置で直線。序盤で一気にウインガニオンの前に出て2列目以下を出し抜く。L2の地点では少し苦しいかなという感じだったが最後はアストラエンブレムらを決定的に寄せ付けずクビ差で粘り切った。


 まあこの馬が来たということはそういうことで、展開の読みを完全に間違えたということ。決め打った段階である程度仕方ないんだけど、やっぱり夏競馬はこの辺が噛み合ってなかったり、適性だけでなくレースレベルの方を甘く見たりと自分でも拙かったと思うことが多い。まあここに関しては仕方ないとは思っているが、タツゴウゲキの場合は後半勝負に特化すると末脚の絶対量そのものではちょっと足りない。だから全体のペースを引き上げたうえで前後半の総合力勝負に持ち込んでほしかったが、正直完璧にやられたと思う。平均ペースから要所でしっかりと加速する。L2最速でのキレではそこまででもなかったがL1で踏ん張れたのは全体のペースを上手く引き上げて後半特化の末脚を奪ったからだろうと。こういう競馬ができれば安定してくるとは思っていたが、ここまで上手くやられると参ったというしかない。カレンブラックヒルの時の秋山だとできなかったと思うんだけどね。そのイメージで津村や大知含めてスローに落としたがるから無理かなと思ったんだけど。ペースがこの面子で上がってくるとはね…。参った。今日は秋山のレースメイクが全てだったかなと思っている。


2着アストラエンブレム


 11番枠から五分のスタート、そこから無理なくじわっと先行争いに加わって行って最終的には行為の外目ぐらいでコントロール。道中もそこそこ速い流れの中で行為の外で折り合わせながら3角。3~4角でも3列目の外から前を向いて直線。序盤ではマイネルフロストが先に仕掛けていたので並ばれそうだったがそこから追いだされると良い伸びを見せて2列目に取り付く。L2地点では呑み込むかというところで少し甘くなり、L1はジリジリと詰めきれずクビ差の2着だった。


 まあ、個人的にはかなり詰めてきたなという感じで、ようやく完成形に来たというところ。ただこの競馬だとタツゴウゲキが上にいたのかなという感じ。やはりペース自体はスローの中でポジションを取ってしまい、そこからのトップスピードの質で勝負したいところかなと。今回も1.5kgのハンデでタツゴウゲキの方が軽かったわけなので、その辺りを踏まえてもよく頑張っているし、基礎スピードを問われた中で流れに乗ってやれたというのは今後に向けてもかなり大きい。総合力を高めてきたことでこの距離でやれるというのも見せてきた。ただダイワメジャーの仔はU字コースなら2000mでも対応してくる、トップスピード戦ならというところはある。小倉2000とかそういう舞台だと微妙な感じはするね。詰めはどうしても甘いけど、このペースでも最後まで勝負に加わってきた辺り、こういう競馬が一番合っていると思う。ペースがある程度厳しくてもやれるなら前半の内にポジションを取ってしまって、スローなら弾ける、という感じでいいだろうと。このクラスだと末脚の絶対量勝負でも勝ち切れないと思うしね。


3着カフジプリンス


 7番枠からごぶに出てそこから押して押しての先行策、いつもより明らかに前目でレースを進めていく。最終的に2列目外で進めて3~4角でも2列目の外、タツゴウゲキを目標に直線。ただ序盤で追い出されてからが鈍く一気に置かれてしまう。しかしそこからは徐々に盛り返して最速地点では3列目、L1でそこからバテ差してきて最後は2着争い僅差のところまで来ての3着だった。


 この馬らしいというか…前につけて要所で加速したいところで置かれてしまう。だから後ろから行って勢いをつけながら入ってきたい馬なんだけど、新潟外回りの場合はなかなか外から押し上げにくいから今回はこれでよかったと思う。要所での反応が鈍いので序盤置かれるのはやむを得ないし、それよりもここ2走でペースが速い中でも脚を使えたというところを評価した方が良いだろうね。厳しい流れの方が合っているというよりは、他がばてるのとそこまでギアチェンジを問われない、というところの方が大きいかもしれないね。まだまだ適性が掴めない馬なんだけど、要所が甘いのは終始一貫しているのでそういう形になりにくい舞台で狙うのが本来は良いと思う。今回は前目につけたことで置かれても下がり切らずL1で踏ん張ってバテ差せる範囲にいたことが大きいかな。


4着ウインガナドル


 17番枠から好発、楽々ハナを主張とはいかないが、それでも内のタツゴウゲキを競り落としてハナを取り切る。ペースも上手い具合に平均に持ち込んで3角。3~4角でも仕掛けを待ちながら進めていたがタツゴウゲキが一気に前に出てきて直線。序盤での脚はジリジリで見劣る、L2では3番手をキープしていたが最後はカフジプリンスに差し込まれての4着だった。


 このウインガナドルもペースを平均まで引き上げたことで良さが出たかなと思う。それでも直線入りでの反応の差でタツゴウゲキに見劣っていて、後半の総合力に関してはやはりちょっと足りなかったかなという感じ。タツゴウゲキと比較しても後半全要素で見劣っていたので、ここを強化できるかどうか。新潟の2000だとどうしてもトップスピード戦になってしまうからね。小倉とか福島とかその辺の方が合っている感じはするが、それでもここで目途を立ててきたのは評価したいかな。しっかりとペースを引き上げて進めて行ければ今後も面白い。


5着フルーキー


 8番枠から五分には出てそこから無理せず後方に下げていく。道中少しリカバーしつつ中団から進めていくが3~4角で馬群の中で我慢しながら直線。序盤で中団から内目に切り込みつつジリジリと伸びてくる。そこからラストまでしぶとく内内から伸びてきたが最後は伸び切れずの5着完敗だった。


 個人的にはスローの方が良いかなと思っていたので、平均ペースでとなるとこんなもんかなという感じ。ルージュバックの時のエプソムC2着時のイメージで入ったんだが、平均ペースでとなるとこれまでも大崩れはしないが一押しが利いていなかった。まあこれで5着なら悪くはないんだけど、これまで通りというところ。大きく劣化はしていないけど、ここ最近はちょっと物足りないんだし一度距離を延ばしてみるのもアリかもしれない。


6着マイネルフロスト


 12番枠から五分のスタート、楽に先行争いと行きたいところだが思った以上に内の各馬が先行策を取ってきたので好位の外でアストラよりも後ろとなってしまう。3~4角でも外外からアストラに並びかけながら直線に入ってくる。ただ先に仕掛けた割にすぐにアストラに前に出られてしまってL2ではキレ負け。L1でもしぶとく踏ん張るが決定的な伸びはなくなだれ込むだけの6着完敗だった。


 ウインガニオンのレースメイクを上手く使えなかった。ただまあ今回は想像以上に内の各馬が先行してきたのでこうなってしまうとなかなかポジションを上げて行くのは難しかった。単騎で2頭が離すぐらいなら内のスペースに入り込めたが、最序盤の段階で2列目勢がいたしね。まあ簡単な競馬ではなかったというのはあるが、ペースとしてはウインガニオンが理想的に進めていただけに序盤のポジションがもう少しよければなあというのはあるね。


7着トーセンバジル


 13番枠からやや出負けしたかなという程度、無理はせずに後方で進めていく。3~4角でも後方外目で我慢しながら後方のまま直線。序盤で大外を回しながら追い出されるが伸びは地味。L2で一頭だけ大外に持ち出してこの辺から伸び始める、L1でもジリジリと伸び続けてはいたが及ばずの7着完敗だった。


 上がり自体は最速だし、このペースの中でこれを出せたのは一定の評価が必要だとは思う。2000でこれだけ流れるとどうしても基礎スピード面を問われるし、そうなってくるとあの位置から差し込むのは若干でも削がれてしまって難しい。悪くはない競馬だったけど、結局2000だとこうなってしまうと忙しいので、もうちょっと距離が欲しいという感じかなあ。トップスピードの持続力は結構高いレベルにあると思うので、2000でも最初がコーナーでペースが落ち着きやすい東京2000の方が良いかもしれない。アル共辺りならメンツ次第だけど良い勝負になりそうな感じはするんだけどね。


8着ロイカバード


 5番枠から五分に出てノリが積極的にじわっと出していく、最終的にはタツゴウゲキの後ろで前に大きくスペースを取って、というところからソールインパクトが入ってきてその後ろの3列目。3~4角でもソールの直後から進めて直線。序盤で中目に誘導しながら追い出したがジリジリ。L2辺りでも伸びてくる感じはなく最後までなだれ込むだけで8着完敗だった。


 ん~平均ペースでは流れていたし、その流れの中であの位置だと末脚を少し削がれているという見方もできるかな。ただ、単純に東京新聞杯でもキレ負けしていたし、L1もそこまででもなかった。このクラスに来るとそもそも足りなかった可能性もあるので何とも言えない。佐渡Sでもロッカフラベイビーに差し切られているわけだしね。


14着ルミナスウォリアー


 2番枠から出負けして後方からの競馬になってしまう。そこから促しながらポジションも上げながら中団にリカバー。3~4角でも中団内内で進めて直線。序盤で内目から追いだされて一瞬は伸びてくるが一瞬。L2辺りでは既に苦しくなってしまってそのまま下がっての14着惨敗だった。


 まあ負けるにしてもここまで崩れる馬ではないと思うし、ペースもある程度上がってくれたので、もうちょっとやれたと思う。前走函館記念では重馬場での厳しい競馬になったが、その反動が出てしまった可能性は十分にあるんじゃないかなと。次走で一気に狙えるかはともかく、この1戦は状態面の可能性を考えたい。ここまで崩れるメンバー構成、展開ではなかったはずだし、内もフルーキー辺りは伸びていたわけで極端に悪い馬場ではなかった。




PR【人生が変わるかもしれない】競馬で勝ち続ける


今週、セントウルS予想を無料でお届けします。
公開はレース当日正午「北条のブログ」より。

三連単当たっていますか?

競馬業界全体での三連単平均的中率は10%程だそうです。

しかし、

こんな的中や、
====================================
単勝83.3% 複勝94.4% 馬連58.3% 

ワイド88.9% 馬単58.3% 

三連複38.9% 三連単38.9%
====================================

こんな的中が、
====================================
単勝83.3% 複勝100% 馬連66.7% 

ワイド83.3% 馬単66.7% 

三連複41.7% 三連単41.7%
====================================

毎週のように訪れたらどうですか?

三連単が3回に1回以上の確率で当たったら、
あなたの配当はどうですか?

競馬って勝てるものだと思いませんか。

これは「うまコラボ」という、
誰でも無料で会員になれる競馬サイトの成績です。

参考にする程度でもプラスになると思います。

今日から、
競馬で勝ち続けたいなら見てみてください。

▼無料会員登録はこちらから


※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

フェアリーステークス2018 レース回顧・結果:プリモシーン、外から強烈に突き抜けクラシックを意識できるパフォーマンスで勝利!
京成杯2018 レース回顧・結果:ジェネラーレウーノ、大外からでもスッと番手、しぶとく粘っての勝利!
noimage
カペラステークス 2017 レース回顧・結果:ディオスコリダーが3歳馬ながら外からしぶとく伸びて重賞初制覇!
noimage
金鯱賞 2017 レース回顧・結果:ヤマカツエース、変則連覇達成、余勢を駆っていざ大坂春の陣へ!
京都金杯2018 レース回顧・結果:ブラックムーン、武豊の仕掛けがズバリ…遅いラップの4角で早めに動いて出し切った!
愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
レパードステークス 2017 レース回顧・結果:ローズプリンスダム、ハイペースで直線外に出してからが圧巻の番狂わせ!
京都新聞杯 2017 レース回顧・結果:プラチナムバレット、ドスローの流れで一閃…直線大外一気を決め込んだ!
毎日王冠 2017 レース回顧・結果:リアルスティール、またミルコだ…絶妙な位置から仕掛けを待ちつつ直線の坂でグンと切れて接戦を制した!
小倉記念 2017 レース回顧・結果:タツゴウゲキ、代打秋山お見事…内から強襲し接戦を制した!
noimage
noimage
エルムステークス 2017 レース回顧・結果:ロンドンタウン、ぴったり内を立ち回って鮮やかに差し切り!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP