投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【キーンランドカップ2017の有力馬診断(前篇)】~[モンドキャンノ]早期活躍のキンシャサ産駒がそのまま順調に戦績を伸ばし活躍し続けた例はゼロ~

☆キーンランドCの危険人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【キーンランドCの有力馬診断(前篇)~[モンドキャンノ]早期活躍のキンシャサ産駒がそのまま順調に戦績を伸ばし活躍し続けた例はゼロ~】
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します
▽ネロ 牡6 中野省 57 栗東 森
前走アイビスSDでは本来ならば1番人気になって然るべきだったはずだが、状態不安説が広く広まった分で3人気止まり。
確かに直千競馬での斤量58キロは鬼門ではあるのだが、それにしてもここまでの負け方というのはそもそも走れる状態ではなかったとの解釈が自然。
これが一過性のモノであればいいのだが、そう簡単なモノではなさそう。というのも、不調の始まりは高松宮記念回避した所が発端で、その後は常識外の長い期間の在厩調教を積み重ねながらもあのザマだったワケ。
時間については十二分にあったにも関わらずだった点で、叩いてすぐ今回変わり身を見せてくれるかと言えば楽観的なコトは中々言い辛いかと…。

―ノボバカラ 牡5 田辺 57 美北 天間
初芝だった前走函館SSでの出遅れながらの7着が少し評価されて少し人気を上げそうなコノ馬ですが…あれだと超Hペースで出遅れて勝負圏外からの走りをしたからこそ良い脚を使えたというだけの話でしょうから…案外芝で走れる馬なのはダート時代の芝スタート振りの通りですが勝負圏内というと結構壁がある気がします。


▽ブランボヌール 牝4 三浦 55 栗東 中竹
前々走スプリンターズSは完全なワケ有り敗戦。昨春チューリップ賞では馬群の中で全く脚を使えない競馬になっていたが、そのデジャヴの様に最内枠で他馬に煽られる競馬でリズムを崩しつつの追走だったし、直線ではずっと詰まっているワケでもなかったが進路が出来ても本来の伸び脚を見せてくれなかったしょうがないモノ(それまでの好走歴はスンナリ外目追走の場面ばかり)。

その次走シルクロードSは外枠替わりで絶好の巻き返し時かと思いきや、より不可解な大差ビリ負けを喫した。その時の最終追い切りは異例の好時計(自己ベスト)の一杯追いだったのだが、それを課してもレース動けなかったのは冬場の太目残りだけと見て良いのか、気持ちが切れてしまったのか…。

そして前走函館SSではまた意欲的な攻め内容だったのだが、それでも終いには伸びるという気勢はあまり見せてくれなかったので危険人気馬に指名…結果的にはレースでもそのイメージの通りの淡泊な内容に終わった。

今回も最終追い切りを見届けてからジャッジを下したいが、この一連の点と点が線で繋がる低迷過程を見る限りでは終わった=復活疑問評価になってしまう。


―マユキ 牝6 ○○ 54 栗東 森
森厩舎お得意の少頭数立てレース狙い撃ち(着賞金稼ぎ目的)での特別登録で、コノ馬の場合には今週の格上重賞OP挑戦2Rを含む計5Rへの特別登録を行っている…だから何だって話ですが、まず頭数埋まるココに出走するコトはないでしょう。


▽モンドキャンノ 牡3 戸崎 53 栗東 安田隆
前々走スプリングS大敗後には『直線では完全に馬が気の悪さを見せて走る気を失くしているような追走で、それも距離の問題や掛かり追走になったからだけなのかは何とも言えない。そもそも、2歳活躍キンシャサノキセキ産駒は、スンナリと3歳以降も活躍してくれない例の方が多い(シュウジなんかは一悶着あって再上昇したが)。安易にワケ有り凡走だと処理=目を瞑るコトはできない負け方で過信禁物の一頭と見る。』と書きました。
(他の早期活躍のキンシャサ産駒と言えば、アドマイヤモラール(デビューから4連続好走→その後好走ナシ)・サフィロス(デビューから4連続好走→その後好走ナシ)etc.)

コノ馬の前走NHKマイルCも如何にも気の悪さを出したような敗戦で、それは前々走では折り合い欠く追走が、前走はレースを見る限りでは最内枠で包まれるポジショニングでの追走がそれをの引き金を引いたという感もある。
だから、半分以上の確率で上記の通りキンシャサ産駒らしい沈没(修復は容易ではない)なのか、または半分未満でしょうが朝日杯FS激走時などでの良績の後方外目でストレスなく折り合い付ける形ならば全く違うという可能性もあるという見方をしている。

今回は前者の面でも後者の面でも一発逆転を起こし得る距離短縮1200起用なので怖さはありますが、じゃあそれで馬が変わり身を見せてくれた所で距離1200が果たして本質的な適距離なのかという別問題が発生してきます…つまり、ココで復活激走という未来は結構細い道の上にしかないだろうとも(分かり辛い表現でスミマセンが)。


危○○○○○○(←キーンランドCの危険人気馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
3歳春にOP特別で0.4秒差圧勝した以降は…
1、NHKマイルCは東京マイルでスタミナ不足(使える脚の長さ不足)の分だけ足りず
2、スワンSはスローペースを折り合い不安から最後方待機でどうにもならず
3、折り合い難快解消の期待懸けられた距離短縮1200起用だった京阪杯&鞍馬Sは共に外枠を引いて、外々で脚溜まらぬ追走で力を出し切れず
…という経緯だった。

再び条件戦を勝ち上がってOP復帰した近3走は、京阪杯は不良馬場と最内枠を味方にして3着激走して、淀短距離Sでは大外枠を引いて尚且つ内前有利の状況では為す術無しの大ワケ有り大敗で、そして前走バーデンバーデンCでは一流戸崎Jの技術の賜物と言える今までに無い様な正攻法競馬での勝利だった。

つまり、直近2激走は[道悪内枠競馬]か[戸崎J]が主な勝因だと言える…今回は[良馬場見込み]で[戸崎Jから鞍上弱化]ではかなり心許ない…その上で非内枠ならば危険人気馬評価に。
(追記:前走は戸崎Jだから正攻法でも好走できたのであって、あれを馬の成長だと捉えて=味を占めて非一流騎手でも正攻法をしようとしたら…地獄が見える)。

--------------------
☆キーンランドCの危険人気馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【東京大賞典2017の予想&買い目】
4日◆【予想&馬場傾向】無料メルマガ予想
爆笑問題田中裕二 予想 2020/最新予想は『シンザン記念』
noimage
【宝塚記念 2019 出走予定馬(枠順)/過去レース】キセキは1枠1番、レイデオロは2枠2番!
【シルクロードS】アウィルアウェイが差し切りV!重賞初制覇
noimage
2月15日(木)浦和競馬 全レース予想 結果
noimage
2018年4回京都第3週血統データ
7日◆【期間限定】中央競馬 無料メルマガ限定予想◆
【渥美特別】ラウレアブルーム&森裕太朗騎手の逃げ切りキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
キタサン歴史的名馬すぎワロタwwwwwwww
◆1月1日(火)【川崎・地方】更新記事まとめ◆【迎春盃】
Actress Uzo Aduba talks about her role in FX show, ‘Mrs. America’ l GMA
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP