投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

北九州記念 2017 レース回顧・結果:ダイアナヘイロー、勢いは本物、4連勝は強敵を捻じ伏せて完勝!

2017 北九州記念(GIII) 小倉芝1200m良
レース回顧・結果

1:07.5 32.8-34.7 H^3
11.7 - 10.0 - 11.1 - 11.5 - 11.2 - 12.0

 展開予想を全く外すという。1.9でかなりのハイ、ラップ推移的にL3-2で減速からの再加速とはなっているがL1はかなり落としている。時計的には同日の1000万下でも1:07.5なのでラップやペース的な補正を加えてL3で緩んでいる部分をどう評価するかだが、あまり高いレベルとは言えないかもしれない。いずれにせよ前半の基礎スピード面を高いレベルで問われたのは間違いないだろう。


1着ダイアナヘイロー


 9番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと促しながら先行策、最終的には番手の外で進めて逃げるアクティブミノルを突いていく。道中かなりのハイペースなのだが、それでも楽に番手で進めながら3~4角ではアクティブにプレッシャー、出口で半馬身ほどで直線。序盤でそこからしっかりとアクティブに並びかける、L1でこれを退けしぶとく粘りナリタスターワンの強襲も問題とせずの完勝だった。


 ん~ここも通過するとは正直思わなかった。前走で結構一杯っぽかったんだけど、馬場は少し時計が掛かってきた中で更に時計的に詰めてきているからね。これは素直に評価しないといけない。キングヘイロー産駒としては凄い久々の重賞制覇だと思うけど、あんまり夏に走ってくるイメージが無かったので前走が物足りないというのも含めてここは苦しいかなと思ったんだが、こちらの思惑を嘲笑うかのような完勝には参りました。競馬って難しいもんで、これまで1000万下でも苦労していた馬なんだけどね、馬が変わってきたとみるべきなんだろう。ここで信じることはできなかったけど、まあ個人的には正直これは難しいレースだった。展開もやっぱり小倉1200だと上がるなあ。若干加速しているという点では例年とは少し違ったともいえるがペース的にはかなり速かったし、ここが読み的に外れたので仕方ないかな。このパフォーマンスにはただただ参りました。


2着ナリタスターワン


 12番枠から五分に出てそこからじわっと追走しつつ思ったより前目、好位で競馬ができた。道中も好位の外目でラインスピリットを見ながら3角。3~4角でも楽な手ごたえで進めてラインの外に並びかけて直線。序盤で2列目から抜け出してきて、L1までしぶとく伸び続けて2着を確保した。


 ん~この馬が来たか、という感じの内容だった。良馬場の1200で基礎スピードが問われてしまうとちょっと足りないかなと思っていたんだけど、L3で少し息が入ったのが良かった面はあるにせよこういう競馬できっちりと2着を確保する末脚を見せてくるとは、という感じ。自身の走破バランスでも33.2-34.4なのでかなりのハイで入っていて、そこで積極的に前に行って良さが出たというところ。ハイペースで良さが出たとみるべきだろうと。ただ、展開を読み違えたとはいえ仮にかなりのハイと読めていたとしてもこの馬に手が出ていたか?と言われると恐らくNO。これに関しては結果的にどうしようもなかったのでかえって気持ちよく外れたので良かったかもしれない。ただアイビスで明らかに届かなかった組が上位に来ているというのはあるのかな。プレイズエターナルの方かと思ったんだが、まあ今回はナリタスターワンが良い位置を取れたというのも大きいと思う。


3着ラインスピリット


 18番枠から好発を切って先行策、ダイアナヘイローを見ながら最終的に下げて2列目の外という位置で進める。3~4角で前がペースを落とす中でこちらも激しく手が動いて追われるも手ごたえ微妙で直線。序盤でジリジリさが理想だったが、そこからはかなり踏ん張って首の皮一枚残して3着を死守、波乱の片棒を担いだ。


 何とも言い難い。この馬の場合淀短距離SにしてもシルクロードSにしても基本的に前半は無理なく、後傾バランスでTS持続をというところだったと思うし、前半これだけ出していってというのは3歳時の超高速小倉1200で、というところでそれも1000万下で辛勝というぐらい。高いレベルではハイペースで苦戦していたし昨年の北九州記念も結果が出なかった。1200は本質的に短いとは思っていたんだけど。う~んちょっとこの上位3頭は自分のイメージ的に噛み合わなかったなあ。まあだから2,3着は大波乱なんだけど。正直後になってこれは買えたな、とかはあってもこの2頭は自分的には無理だったかなあ。ただ結局は時計的にはこれだけ流れて平凡なわけなので、逆に言えばやはり有力馬がこのペースで崩れてしまったのかなという感じもある。それと、上位は外から進めた馬が独占。L3-2での淀み、再加速という点もあるしちょっとこのレースは全体的に解釈が難しいなあ。


4着キングハート


 13番枠からやや出負けしてそこからリカバーしながら前半積極的に好位の外につけていく。道中も終始促しながら進めて3角。3~4角でも4頭分ぐらい外を回しながら直線。序盤でジリジリと伸びてはくるがいまいち、L1で何とか差を詰めてきてラインスピリットとの差は肉薄するところまで行くが及ばず、4着で馬券圏外となった。


 ん~…まあ不安があるとすれば上がり切った時、前走は最低限こなしたけどジューヌエコールとの差は小さくなかったわけで、今回出負けしてリカバー、外外からハイペースでとなるとちょっと難しかった。ただ外を回すロス自体はそんなに大きくなかったと思うし(実際2,3着もこの馬ほどではないにせよ外目を通している)、どちらかというと前半基礎スピード的に少し無理があったんじゃないかなと。敗因と言えるかどうかは分からないけど、適性的には出負けしたのが痛かった気がする。いずれにせよこの流れではまだ無条件で信頼できるとは言えないことが分かっただけでも収穫。ただ逆に前半無理なく入れる舞台なら面白いので、どちらかというと宮記念向きだろう。スプリンターズSでも高速馬場で7秒前後の時計なら34-33ぐらいのバランスで入ってこれそうだし、そういう競馬の方がいいと思う。今回は超ハイに近いところで出負けしてのリカバー、これが基礎スピード的にしんどかったかなと。


5着ファインニードル


 8番枠から五分のスタート、そこから下げて好位の中目で進めながら3角。3~4角でb少しペースが落ちたところで我慢、4角出口で外に出そうとして直線。序盤で追い出されての反応はいまいちだが減速地点に向けて徐々に伸び始める。そこで進路が少し狭くなって最後は伸び切れずの5着完敗だった。


 キングハートに少し寄せられた(合法)のが響いたかなという感じはある。着差が着差だけにあそこで待たされなければ3着はあったかも…という感じではあったね。厳しい流れの中で前走もやれていたので、今は充実期だと思うけど今回は少なくともダイアナヘイローには総合的に見て完敗だったと思う。今回このメンバー構成の中で一応この流れに対応できたし包まれなければ、というところもあったからね。今後も1200~1400で軽快したいけど、この感じなら一度良馬場の1400m戦で平均~ややハイぐらいの流れに持って行っても面白いかもしれんね。1200mでとなると少なくともダイアナは手強い。


6着アルティマブラッド


 7番枠から五分に出てそこから楽に先行争いに入っていく、そこから前もペースが上がっていくという中で促しながら2列目。3~4角でも2列目の中で進めていて少し待たされながら直線。序盤でそこから追いだされるが反応がいまいち。L1でも進路は開いていたがジリジリと伸びずばてずで6着に下がった、という形。


 着差はそうでもないので6着をそこまで悲観する必要はないと思う。この馬もあまりハイペースが合っているタイプとは思っていなかったので、ここまで上がってしまうと難しかったと思う。それと、単純に上がり切ればあの位置でよかったかもだけど、ハイペースでついていって4角地点で少し緩んでいてここで何度かブレーキしたり促したりとちょっと噛み合ってなかった、というのはある。まあそれでもこういう競馬では直線で余力がなかったように、上位とは少し差があったかな


7着アクティブミノル


 2番枠から五分のスタート、そこから押して押してハナを主張し取り切る。ただ外からダイアナヘイローにプレッシャーを受けてハイペースでなかなか息を入れられないまま3角へ。3~4角で少し減速しつつ出口で追い出されて直線。序盤でそこから一旦は抵抗、先頭列で踏ん張っていたがL1で失速、流石に甘くなって7着まで下がった。


 一瞬息を入れてそこからもう一度動けた、というのがL2の地点での踏ん張りではあると思うが、流石にあそこまで速い流れを作ってしまったなら緩めない方が良かったかもしれない。CBC賞では雨の影響で少し時計が掛かっていた中でハイペースで踏ん張った、という形。今回は高速馬場状態ではあったと思うので、その条件で飛ばしてもなかなか後続がしんどくならなかった、というところかな。純粋に1200ではマークを受けるとちょっとしんどいのかもしれんね。ん~…買っちゃいけないと思いつつちょいちょい手を出したくなってしまう馬。どっちにしても当たらなかったけど、こういう馬をスパッと切らないとなあ。



PR【人生が変わるかもしれない】競馬で勝ち続ける


今週、キーンランドカップ予想を無料でお届けします。
公開はレース当日正午「北条のブログ」より。

三連単当たっていますか?

競馬業界全体での三連単平均的中率は10%程だそうです。

しかし、

こんな的中や、
====================================
単勝83.3% 複勝94.4% 馬連58.3% 

ワイド88.9% 馬単58.3% 

三連複38.9% 三連単38.9%
====================================

こんな的中が、
====================================
単勝83.3% 複勝100% 馬連66.7% 

ワイド83.3% 馬単66.7% 

三連複41.7% 三連単41.7%
====================================

毎週のように訪れたらどうですか?

三連単が3回に1回以上の確率で当たったら、
あなたの配当はどうですか?

競馬って勝てるものだと思いませんか。

これは「うまコラボ」という、
誰でも無料で会員になれる競馬サイトの成績です。

参考にする程度でもプラスになると思います。

今日から、
競馬で勝ち続けたいなら見てみてください。

▼無料会員登録はこちらから


※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
ユニコーンステークス 2017 レース回顧・結果:サンライズノヴァ、中弛みで上手く取り付いて強烈な末脚、ラスト11秒台で完勝!
スプリンターズステークス 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、ゆったり入って坂の上りで推定10秒台の強烈な切れ味を引き出しての勝利
noimage
noimage
アルテミスステークス 2017 レース回顧・結果:ラッキーライラック、現時点での完成度の高さを見せつけての完勝!
セントライト記念 2017 レース回顧・結果:ミッキースワロー、坂の上りで自身推定10秒台、異常な高速馬場を味方に鋭く突き抜けた!
京王杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:タワーオブロンドン、エンジンがかかってからが凄い…大外からL1で突き抜け完勝!
目黒記念 2017 レース回顧・結果:フェイムゲーム、ルメールここでも主役…早仕掛けの流れで出し切って古豪復活!
noimage
スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!
カペラステークス 2017 レース回顧・結果:ディオスコリダーが3歳馬ながら外からしぶとく伸びて重賞初制覇!
ローズステークス 2017 レース回顧・結果:ラビットラン、台風空振りの軽い馬場の中で和田竜二渾身の末脚炸裂!
noimage
サウジアラビアRC 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、激流でも堂々突き抜けクラシックを意識させるレコード勝ち!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP