投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

北九州記念 2017 出走予定馬:バクシンテイオー、昨年の覇者も今年は56kgに強敵がずらり…上手く立ち回りたい

2017 8/20(日)
第52回 北九州記念(GIII) 小倉芝1200m
予想用・出走予定馬一覧
北九州記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年の北九州記念を勝ちながら、その後はなかなか結果が出ずにもがいているバクシンテイオーが今年も連覇を賭けて北九州記念に出走予定だ。昨年はベルカントを撃破するというインパクトを残したものの、そこからは苦戦。宮記念からの休み明け初戦となるが、連覇を賭けてという意味合いよりもまずは復調のきっかけを掴めるか、その延長線上に勝利が待っていれば。


 北九州記念勝ちの時はちょっと恵まれたというのもある。そもそも1200では時計的に足りない馬なので、昨年のAコース時の様に時計が掛かっていればいいんだが今年は軽い。この辺りを踏まえても基本的には軽視したい一頭だとみている。


北九州記念(GIII) 1着 12頭7枠9番
小倉芝1200m良 1:08.5 33.6-34.9 H^2
11.9 - 10.7 - 11.0 - 11.3 - 11.5 - 12.1

 まずは昨年の北九州記念勝ちから振り返る。昨年の小倉はAコース時は顕著に時計が掛かっていて、このレースでも良馬場の重賞としてはかなり時計が遅い。ペースはそれでも1.3でかなりのハイ、ラップ推移的にも上がり切っていて減速ラップを踏んでいる。


 9番枠から五分のスタート、そこから無理せず後方に下げて進めていく。道中もほぼ最後方に近い位置で3角。3~4角でも中目から4角で大外に持っていく形でオウノミチを目標に中団外で直線。序盤で抜け出そうとするベルカントをL1まで終始ジリジリとしかし確実に伸び続けての勝利となった。


 この時点で7歳だったんだが、このパターンで重賞制覇するとは意外だった。というのも本来あまり厳しい流れになるのが合っているタイプではなかったという認識だったから。どちらかというと平均~スローの中、後傾ラップの中内で上手く立ち回って差し込むイメージだったので、こういう厳しい流れで正攻法でというのは意外。ただ、結果的に見てまずベルカントはハイペース向きではない中で牝馬で56kg背負って楽に2着を確保する、また3着のオウノミチは展開的には良かったが出負けして後ろからになった中で3着。結構相手に恵まれたんじゃないかなとみている。


オーシャンS(GIII) 6着 16頭3枠5番
中山芝外1200m良 1:08.7(+0.4) 33.6-34.7 H^1
11.9 - 10.8 - 10.9 - 11.5 - 11.3 - 11.9

 実際2走前のオーシャンSではハイペースの中でいまいち食い込めなかった。ペースは上がり切ってこそいないものの1.1でかなりのハイには突入している。ラップ推移的にもL1はそれなりに落としていて一応再加速戦ではあったが差し込む余地はあったといえる。


 5番枠から五分には出てそこからじわっと促していくが中団ぐらい。道中も中団内目でで手が動いていて3~4角でも中団馬群の中目、少し待たされてから4角で外目に誘導して直線。序盤で少し置かれてしまったが食らいつく。L1でもう一段伸びてほしかったところでいまいち、なだれ込む程度の6着完敗だった。


 北九州記念はハンデでの54kg、こちらは別定戦という違いもあったにせよ、L1の伸びはいまいちだった。メラグラーナ含めてこのレースレベル自体も結局微妙だったのかなという感もあるし、その中で悪くない流れの中で伸びあぐねているように基本的に1200m戦線ではあまり高い評価を置くのは危険だろうとみている。


高松宮記念(GI) 12着 4枠8番
中京芝1200m稍 1:09.7(+1.0) 34.2-34.9 H^1
12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

 前走の宮記念も着順ほどには悪くないと言っても完敗。ペースバランスはややハイで収まって、ラップ推移もL3-2で誤差程度の加速があったとはいえL1は落ち込んでいるようにここも差し込むチャンスはあったはず。


 8番枠から五分に出てそこから促されるがやはり後方からの競馬になる。道中も後方馬群の中目を通しながらスノードラゴンを目標にするような感じで進めて直線でその外を狙う。序盤で外目から中目に再度戻しつつジリジリと伸びかける。しかしL1での伸びは地味で前の列の差し馬と比較しても見劣っての完敗だった。


 この宮記念は雨の影響もあったとは思うんだがそれでもペース的には無理のないペースだったし、この馬の位置なら前半かなり余裕をもって入って行けたはず。それでもL1まで伸びを欠いていた、またオーシャンS組も苦戦していて、結局のところレースレベルの問題が大きい気がする。


2017北九州記念に向けての展望

 ダグラス・ホワイト騎乗で人気を吸ってくれればいいな、という感じで正直このメンバー構成と馬場では狙いにくい。持ち時計的にも少し足りないし、フラットに入ってどこまでというところ。内での立ち回りはスワンS善戦時でも示しているように上手なのでその辺りに希望を見出せればというところで、外枠から正攻法で勝ちに行く形なら昨年とはメンツが違う今回は簡単ではない。また単純に結果が出ていないしレースレベルだけでなく自身の状態面が落ちている可能性も考えないといけない。カーバンクルS・オーシャンS組は現状ちょっと足りていないわけで、その中でも足りていない状況。今回は昨年と違って56kgとハンデは背負う側、馬場も軽くてスピードタイプも手ごわい。他に面白い馬がたくさんいるので馬券的にヒモで拾うとしても内枠を引いたときに限定したい。現時点では評価は控えめにというところ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 9/10まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

7/30 新潟7R 1万1420円的中
7/29 小倉11R 3万3720円的中
7/23 函館6R 2万0920円的中
7/22 福島8R 4万4480円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!
pngホースメン会議:北九州記念300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:ジャンダルムと武豊、母ビリーヴと良血に池江泰寿厩舎、人気先行の感はあるが…?
京都金杯2018 出走予定馬:ブラックムーンと武豊、末脚を引き出すことに専心し爆発させて年始を飾れるか?
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:コウソクストレート、1400mへの短縮も厳しい流れに対応できるか
京都新聞杯 2017 出走予定馬:メルヴィンカズマ、アドミラブル相手に一瞬優位に立つ…素材は一級品も二の足が遅いのがネック
セントウルステークス 2017 出走予定馬:ファインニードル、水無月Sで阪神1200適性を見せ、巻き返しに注意したい
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ヒストリカル、ハイペースでも対応、L1まで食い込む末脚は不気味で差し込み警戒だ
札幌記念 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、主導権を取れそうで警戒は必要も…ラストは少し甘くなるので
阪神カップ 2017 出走予定馬:レーヌミノル、1400mへの短縮は歓迎…前半強気にレースを作って基礎スピードで勝負したい
京阪杯 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、実力馬が復調の軌道に…一足は鋭いが荒れた馬場でラストの外差しを防ぎ切れるか
中京記念 2017 出走予定馬:レッドレイヴン、函館1800で強烈な末脚…流れた中で良さが出ればマイルでも怖い
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ダノンプラチナ、良い頃の強烈な末脚を引き出せるか?出負けが酷く展開・馬場が向くかどうか
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:サトノアーサー、ゲートが甘く動き出しも遅い…下りで勢いづく阪神で人馬とも正念場の一戦
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ビービーガウディ、前半ペースが上がってどうかも、2走前モズカッチャンに際どく食らいついた実力は評価
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:グランシルク、マイルでも安定感は抜群だが…噛み合えば勝ち切れてもいいはず
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP