投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関屋記念 2017 出走予定馬:ロードクエスト、一昨年にファンを戦慄させた新潟のマイル戦で復活となるか…?

2017 8/13(日)
第52回 関屋記念(GIII) 新潟芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
関屋記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 2歳時にはこの新潟マイルの舞台で鬼脚を繰り出し一躍有名となったロードクエストが関屋記念に出走予定だ。3歳春にはNHKマイルカップで2着、秋には京成杯オータムハンデを勝つ一方で、その鬼脚を考えるとここ3走は物足りない内容が続いてしまっている。あの鬼脚をこの舞台で思い出せるか、長い直線で活路を見いだせ。


 この馬はどちらかというと後半特化戦ではコーナーであまり分散しない方がいいタイプのようには感じる。ただ、全体のペースが上がること自体はそこまで問題なく、実際京成杯AHでも流れた中で外から動く脚を見せているし、1800のスプリングSでも平均ペースで一定のポテンシャルは見せている。ただゲートも安定しないし後方一手で基本的に時計勝負に限界がある馬。このレベルまで来ると前半のゲート難がネックになるのは当然ある。


京成杯AH(GIII) 1着 15頭6枠10番
中山芝外1600m良 1:33.0 46.4-46.6 M
12.5 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 11.6 - 11.7 - 11.5 - 11.8

 まずは4走前の京成杯AHから。ペースバランスは綺麗に平均、道中も淀みなく進んでそこから誤差程度だが後半はL2最速戦となった。それでもトップスピードの質は問われていない、前半の基礎スピード面をクリアする必要があった。


 10番枠から出負けして後方からのスタートはいつもの通り。そのまま道中も後方の外に出して少し押し上げて3角に入っていく。3~4角でも外外から進めて中団の外から4角で一気に好位列まで取り付いて直線。序盤で一気に先頭に立って突き抜けライト頃だったが坂の上りで少し甘くなる。それでもカフェブリリアントを悠々抑えての完勝だった。


 速い流れの中でコーナーで外から動いていったが、意外と速い流れの中でも末脚を削がれなかったという感覚の方が正しいと思う。NHKマイルC2着時もジリっぽかったがL3最速戦で最後まで伸びてきていて、平均ペースで流れても末脚がそこまで削がれない、というのはある。このレースでは上手く3~4角で動いて取り付いてきたし、コーナーで少し減速しているラップではあるが外から動いて押し切ったのは高く評価しないといけないはず。本来もうちょっと戦えないといけない。


パラダイスS(OP) 5着 9頭8枠9番
東京芝1400m稍 1:21.3(+0.4) 35.7-33.7 S^2
12.6 - 11.4 - 11.7 - 11.5 - 10.9 - 11.0 - 11.8

 個人的には何で富士Sであそこまで伸びなかったのか?ってのが気になっていたんだけど、このパラダイスSの負け方で少し得心がいった。このレースは2秒とかなりのスローだし、確かにL3最速でトップスピード持続戦の側面が強い。ただ、遅いのは再序盤だけ、後は中盤以降流れてもう一段加速、という競馬になっている。実は富士Sも2秒近いスローだが前半だけが遅く、中盤以降は流れている。


 9番枠から出負けして最後方に下げる形になるが、前半の遅い段階で下げ過ぎてかなり後ろからの競馬になってしまう。3角以降は前もペースを引き上げていくという流れでなかなか押し上げられずに後方の外外から促していく。4角でも大外を回して直線。序盤の段階で外から追われるのだがいまいち切れない。L2の地点でも甘くて伸びあぐね、L1でもジリジリとなだれ込んで3着争いに食い込むまでの完敗だった。


 このパターンはこのロードクエストにとっては恐らく一番好ましくない展開と言えるのだろうと。ゲートが遅いが基礎スピード自体は最低限持っている。なので全体のペースが最序盤が遅いと隊列が決まってしまって前に持って行きにくい。かといってこのレースみたいに外から動こうとしたときに前がペースを引き上げて3~4角で外外となってしまうとロスも多くなる。前半がスローな分余力は確かにあるんだが、それは前も同じで前がコーナーで思い切って引き上げてしまうとその外外からでは苦しい。持論だが、コースロスはスピードに比例して負担として大きくなるとみている。外から動いてねじ伏せきれた京成杯AHと違うのは、前半が流れてコーナーでペースが少し落ちている中で動いているのと、前半が遅くてコーナーでペースが上がっている中で外から動いているという点だろうと。L3で10秒台に入るぐらいの流れなわけで、そこまでのロスが響くと末脚の鋭さが削がれるのもある程度納得がいく。富士Sも正直驚くほど伸び切れなかったが、原理としては同じなんじゃないかなと。


マイルCS(GI) 9着 18頭2枠4番
京都芝外1600m良 1:33.6(+0.5) 46.1-47.0 H^1
12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 12.3

 マイルCSでは末脚不発となった。良馬場だが雨で少し渋っていた状況下での0.9とややハイペース。9着という着順ほどには負けていないが、それでもいまいち伸びあぐねたのも事実だ。ややタフな馬場でパワー型の基礎スピードを要求されてのL4最速戦、3角の下りが最速でポテンシャル戦のような感じになった。


 4番枠から出遅れて最後方からの競馬となる。道中も前が淡々と進める中で後方馬群の内内で少しリカバーしながら、少し掛かり気味で3角に入っていく。3角が最速地点という流れの中で最内でジッと我慢、そのままコーナーワークで上手く中団に取り付いて直線。序盤でそこから最内をぴったりと進めていくがジリジリ。L1で前がしんどくなったところでの差し込みもいまいちで伸び切れずの9着完敗だった。


 なだれ込むだけに終わってしまったが、このレベルでハイペースとなってしまうと厳しかったのか…という感じ。少し渋って時計が掛かっていた点、その中で出遅れて後方から取り付くのに脚を使ってしまった。もちろん内で包まれる形になって末脚を出し切れなかったパターンかもしれないし、案外実力かもしれない。実際NHKマイルC組は意外とマイル路線ではその後がいまいちである。メジャーは引退したので仕方ない、シュウジやブランボヌールが短距離で、レインボーラインが中長距離戦線で一定の目途を立てたのを除けばダンツプリウスやトウショウドラフタ、ハクサンルドルフといったマイル路線で活躍すべき馬が軒並み伸び悩んでいるというのはある。


2017関屋記念に向けての展望

 そろそろ正念場なのは間違いない。京成杯AHで流石だと思ったのも束の間、その後のパフォーマンスの低下は寂しい限り。特に古馬以降で通用しているのが基礎スピードを問われている状況で、前半スローからコーナーで動きながらのTS持続戦で甘くなっているのは不満。富士S,パラダイスSはともに前半2秒のスローでゆったり、そこからコーナーで上げて行きながらL3最速という流れで外から動いて甘くなった。NHKマイルCや京成杯AHのようにペースが淡々とした中でならある程度問題ないが、前半スローからトップスピードに乗せていく過程でロスが多いと甘くなってしまっているという感じかなと。新潟マイルを考えるなら、個人的には前半はハイペースなぐらいで流れてくれて、3~4角で前がペースダウンする中で取り付いていく形なら或いは、というレベルかな。出遅れ癖は如何ともしがたいし、マイルの時計勝負という観点では31秒台を目途に入れられているとはいいがたい。もちろんそれはスタートだけで1秒ちょっと損をしている、という面が強い。現時点では余程上手く噛み合ってこないと簡単ではないだろうし、常に人気する。多頭数にもなるしゲートが改善されないとこのレベルのマイル戦で勝ち負けまで加わってくるのは難しいかもしれない。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 9/3まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

7/30 新潟7R 1万1420円的中
7/29 小倉11R 3万3720円的中
7/23 函館6R 2万0920円的中
7/22 福島8R 4万4480円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!
ホースメン会議:関屋記念300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

札幌記念 2017 出走予定馬:マウントロブソン、マジックモレイラとのコンビで並み居る実力馬を捻じ伏せるか?
京都大賞典 2017 出走予定馬:スマートレイアーと武豊、これぐらいの距離が良さそう…京都記念を高く評価したい
京都大賞典 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、真価を問われる一戦も…高速馬場の京都2400mでとなると難しいかも
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ジュールポレール、ゲートが上手く…スローで良い位置からスッと出し抜くのが持ち味
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:キャナルストリート、前走は非常に苦しい展開も、ゲート良く不気味さあり
日経新春杯2018 出走予定馬:ベルーフ、距離延長で甘さを補えるか?福島記念が物足りない
シンザン記念2018 出走予定馬:エアアルマス、距離延長の前走は直線ほぼ流してぶっちぎり…ラップ的にも優秀で素質は確か
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:フィエロ、もうそろそろ重賞初制覇を成し遂げたいが…やはり末脚を出し切れるかが焦点…
東海ステークス2018 出走予定馬:モルトベーネ、内で我慢が利く馬で、スローで前目内目に潜んで浮上を狙いたい
ローズステークス 2017 出走予定馬:レーヌミノル、距離不安を払拭できるか?末脚勝負では分が悪い
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ボンセルヴィーソ、マルターズアポジーとの再序盤の勝負は見もの…支配して息を入れたい
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:アズールムーン、二の足は速いがゲートは微妙…行き切ってスピードを活かせるか
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ベストウォーリア、ルメールとの新コンビで活路を拓けるか…府中は良いがここ3走は物足りず
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、マイルへの短縮はカギも、芝スタートの方がスタート良くハイペースも得意で要警戒だ
クイーンステークス 2017 出走予定馬:シャルール、平坦の札幌でいいスタートを切ることができるかに注目だ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP