投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?

2017 8/13(日)
第52回 関屋記念(GIII) 新潟芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
関屋記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 早くから高い素質を期待されながらもなかなか芽が出ず、中距離路線でようやくオープン入りを果たしたメートルダールが関屋記念に出走予定。新潟外回りは2走前の新潟記念で目途を立てているし、マイルも前走多摩川ステークスで勝ち切ってきた。ただこのレベルになった時に前半ついていって鋭さを引き出せるかどうか、一級品の末脚を引き出し勝利を引き寄せたい。


 豪華メンバーの中にはこの馬の様に適性的にどうか?という馬も多い。マイルが未知数で、前走の多摩川Sは特殊過ぎるし参考になるかは何とも言い難い。トップスピードの持続力は通用するし、ブラックムーンほど後方一手というわけでもない。このレベルで基礎スピード面を上げてくることができるか。


多摩川S(16下) 1着 11頭8枠10番
東京芝1600m良 1:34.3 49.5-44.8 S^5
13.0 - 11.9 - 12.4 - 12.2 - 11.8 - 10.6 - 10.8 - 11.6

 まずは前走の多摩川Sだが見てもわかる通り結構ひどいペースバランスとなっている。L4で11.8に入ってはいるがL3で10.6というラップから考えてもほぼ直線だけの競馬。ペースバランスも4.7と異常に遅い。


 10番枠から出負けして最後方近くから押してリカバー、最序盤からドスローだったので団子状態の後方馬群の外から中団ぐらいまで上げて行く。3~4角でも中団から馬なりで一気に先頭列に押し上げていって先頭で直線。一気に抜け出し1馬身ほど前に出る。L2でも後続を寄せ付けずにしぶとく踏ん張る。L1ではTS持続力の非凡なハクサンルドルフに決定的に食い込まれ、それでも3着以下は寄せ付けない勝利だった。


 確かに凄い競馬をしたとはいえる。ただし、出遅れた中でリカバーしたのは明らかに前半の49.5の地点であって、ここでのリカバーは体力的にはどうってことない。2歳新馬戦でも遅いぐらいのレベルだったわけで、その中でポジションを押し上げたのはラップ推移的に見ても正解だった。L3から強烈なラップを踏んでいるがここで先頭に立っていたので、この馬がこのレースラップを踏んで走破、他の馬はこれより速いラップを踏んでこないといけない状況だったと。なので結果的にはドスローで逃げている状況に近い競馬になったといえる。もちろんそういう展開だったと言ってもL1で差し込まれたのがハクサンルドルフだけ、というのは立派でドスローならTS持続力が非凡であることは間違いない。が、これだけでマイル適性を測るというのは少々無理がある。


新潟大賞典(GIII) 3着 16頭6枠11番
新潟芝外2000m良 1:58.9(+0.3) 59.8-58.8 S^1
13.1 - 11.2 - 11.4 - 11.6 - 12.5 - 12.2 - 12.1 - 11.5 - 10.8 - 12.2

 2走前の新潟大賞典では2000mということもあってある程度ポジションもとれたし、ペース的にも1秒程度のスローで単騎気味ということもあって、L2最速10.8と速いラップを要求され、L1は大きく落ちていてTS持続力を高いレベルで問われている。この馬の持ち味はある程度引き出せたのかなと。


 11番枠からここでは五分に出て押して押して追走、中団と結構いい位置を確保。道中も中団の外目で我慢しながら進めて3角。3~4角でも中団の外目から追走しながら出口で仕掛けて直線。序盤でスッと反応してL2の最速地点で2列目ぐらいまで上がってくる。L1でも最後まで伸びようとするが、前2頭の併せ馬状態が手ごわく、最後にフルーキーにもじわっと差を詰められたがそれでも3着は確保した。


 2000m戦なので前半ある程度ポジションもとれたし、3角までの距離が非常に長い新潟外2000というのもポジショニングという点では楽だったかなという感じ。ただし、ドスローの時には強烈な質・持続力を見せてきていたが、やはり前半ある程度前目を意識したことで後半の特にTS持続力が少し物足りないレベルにはなっていた。L1ではもうちょっと食い込んでほしかった、というよりもやや衰えを感じさせるフルーキーに差し込まれていたのは物足りなかったかなと。あまり前半急かさない方がいいのかなと。アメジストSも平均ではあったが離した逃げ馬のもので、好位列にいたこの馬の位置ではスロー。内枠を活かして内を上手く立ち回って完勝という感じ。


2017関屋記念に向けての展望

 振り返るのにあんまり適当なレースがないので難しいが、この馬が強烈だなという脚を繰り出している時は顕著にスロー。またトップスピードの質、持続力ともに高いレベルにある。なので前半はスローペースの方がいいのは間違いないと思っている。少なくともマイル戦で流れてしまうと、ゲートが安定しないしリカバーのポイントもなくて、となると相手関係を見ても強敵が多い今回簡単ではないだろう。質的に高いと言ってもスローならばウキヨノカゼは相当厄介だと思うし、ブラックムーンもドスローでTS持続戦になればかなり手ごわいし、そもそも前目のヤングマンパワー、ウインガニオンがスローからコーナーで引き上げても長く脚を使ってくる。後方一手で3~4角落ちない中を外外となると結構微妙かなと。ただ、タイプ的にはブラックムーンやロードクエスト辺りとの比較になると思うが、この2頭よりはポジションに融通が利くとみているので、仮にスローであるならこちらを上位に取りたいかなというところ。それでもゲートが拙いというところはあるし、このレベルだと中団よりは後ろになる可能性が高い。ペースが上がれば少し削がれている印象で、前走も上がりは速いが極端に遅いし、遅い地点でリカバーが利いたという状況を考えれば、あまり信頼はしない方がいいだろう。現時点では連下~3着ヒモ候補の一頭としておいて、最終的に消すかどうかというラインも含めて考えたい一頭。関屋記念は基礎スピードを持ってかつTS持続力が高い馬が強い印象で、この馬は後者は問題ないが前者に不安がある。その辺りがカギでスローという条件付きかな。



PR【関屋記念・黒潮盃予想はこの人!元地方競馬ジョッキーの予想はすごかった!】

・8月6日の無料予想 中央競馬
札幌4R 
単勝220円 三連単9,650円 的中!

三連単的中はまさしく競馬予想の醍醐味。ですが!
単勝をバシッ!っと的中させたら気持ちいですよね!?

顔だしOK!名前出しOKの関係者の予想ってやっぱりすごいんですよ。
元地方競馬ジョッキー遠藤真吾が監修する競馬サイト。

【関屋記念G3】さらに!【11日黒潮盃】三連単予想はコチラ!
http://pride-k.com/


的中実績を紹介すると、中央競馬。先日の7月30日の札幌7R
8番人気がからんで三連単が92,130円となったレースでしたが、

的中させることができ、結果払戻は26万以上となりました!

難しく考えず、遠藤氏から出された予想をそのまま買ってみるだけです!




予想は30点の三連単フォーメーション




さらに地方競馬では、今月『的中率89.8%』を記録中。
5レース中4レース的中と、地方競馬元ジョッキーだからこそ出せる的中率ではないでしょうか!

▼8/8(火)レースの主な高額配当的中▼
盛岡4R C2三組
3連単:47万5500円

盛岡6R C2一組
3連単:18万5050円

元地方競馬ジョッキーによる本気予想!今週は・・・
【関屋記念G3】さらに!【11日黒潮盃】三連単予想はコチラ!
http://pride-k.com/

※受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

日経新春杯2018 出走予定馬:モンドインテロ、長距離路線でポテンシャルを活かし安定感は随一…ペース・馬場適性の幅広く
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:ブランボヌール、昨年札幌で好走も…前走不満で時計勝負に課題
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:アンティノウス、前走は一気にパフォーマンスを上げ…ハイペース歓迎も包まれないかがポイント
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、兄も通ったダービーへの路…完成度を高め、ここで一気に台頭に要警戒だ
毎日王冠 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、総合力高く隙が無い…相手が超豪華メンバーで力関係が焦点
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デスティニーソング、1200m2勝もなずな賞は勿体ない競馬…流れて基礎スピードを活かしたい
エプソムカップ 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、緩い地点から鋭く加速する力は本物も…早めの仕掛けになって戦えるかがポイント
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、格上挑戦もペースを支配できれば不気味…アエロリットの出方がカギか
阪神カップ 2017 出走予定馬:イスラボニータ、総合力の高さは屈指、ポジションを取って鋭いギアチェンジで出し抜きたい
目黒記念 2017 出走予定馬:マイネルサージュ、前走はペースが速く淀みない流れで苦戦…息を入れて要所のギアチェンジで出し抜きたい
セントウルステークス 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、母ビリーヴも勝ったこのレースで重賞初制覇を狙う
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クインズミラーグロ…武豊久々の福島参戦で勝利という最善の結果に導けるか
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、前走はタフな流れで完勝も…息を入れて鋭く出し抜ける馬でもありここも不気味
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:トーセンビクトリーと武豊、56kgはかなり見込まれたが、スローなら鋭く動ける魅力もある
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP