投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

小倉記念 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島2走、タフな流れでジリジリと差し込んでくる…器用さはないが嵌れば怖い

2017 8/6(日)
第53回 小倉記念(GIII) 小倉芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
小倉記念2017の予想用・出走予定馬一覧


 年始の初富士ステークスを制してオープン入り、その後も福島2000m戦で健闘してきたフェルメッツァが小倉記念に出走予定。ローカルの2000m戦で高いパフォーマンスを見せているだけに、夏の小倉2000mの舞台は面白い存在には違いない。後は厳しい流れに乗じて混戦を断つだけの走りを見せることができるか。


 この馬は去年ぐらいの馬場ならなあ、という感じはある。高速馬場自体がダメっていうわけではないと思うが、基本的に消耗した方がいいタイプなので小頭数で顕著に高速馬場だとその辺りがネックになってくる。


福島民報杯(OP) 2着 16頭6枠12番
福島芝2000m良 1:58.6(+0.1) 58.1-60.4 H^2
12.5 - 11.0 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.6

 まずは2走前の福島民報杯から。基本的にはこういうケースがこの馬にとっての好走パターンとみていて、ペースが上がってかつ仕掛けも早く、コーナーで流れている中で上手く立ち回って直線減速地点で伸びてくると。ここでは2.3で超ハイに近いレベルでかなりのハイだが離れた2列目では恐らく59秒前後というところなので実質は平均ペースぐらいかなと。ラップ推移的にも少し息が入っているがミラノが早めに動いたし、離れた2列目以降はコーナーで動く競馬になっているだろうと。


 12番枠から五分に出てそこから押してスッと先行策、二の足良くしっかりと前を取って2列目から最終的には少し下げて3列目の好位となる。道中も流れている中で無理せず離れた好位だがそれでも実質平均ぐらいでは流れている中での追走。3~4角で前がラップを落としていく中マイネルミラノが楽に動いて前に出る、その流れで好位の中目から追走もなかなか押し上げられずに離れた3列目。序盤でジリジリ、L1のバテ差しで2列目を貫いて最後はミラノに強襲、後ろには差を詰めさせずの2着だった。


 内容的には厳しい流れだが実質は平均、それでも59秒前後のペースの流れだったと思うし、しっかりとその流れの中で後半ポテンシャルを引き出してきた。3~4角のロスも決して小さかったわけではない、ミラノが勝ちに行ったので当然ここで追いかける必要があったが押し上げるという競馬はできなかった。それでもL1のバテ差しは流石で、基本は前後半ともにそこそこ厳しい流れを好むタイプ。


七夕賞(GIII) 5着 12頭3枠3番
福島芝2000m良 1:58.6(+0.4) 58.0-60.2 H^2
12.0 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 11.9 - 12.0 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.9 

 前走の七夕賞も5着だが悪くなく、今回小倉記念の登録馬の中では最先着を果たしている。ペースは2.2とかなりのハイペース、ラップ推移的にもL4最速戦で仕掛けも早い。基礎スピード面をかなり高いレベルで問われ、後半はそこから削がれなかった馬たちによるポテンシャル勝負という消耗戦。


 3番枠からまずまずのスタート、そこから押して先行策だが外のマルターズ、フェイマスエンドが速いので無理はせず控えて好位の内目で立ち回る選択。道中も少し離れた中団の前目で進めて手が激しく動いた状況で3角に突入。マイネルフロストが動いたところでこちらは動けずに好位の内内で追走に必死、4角で鞭が入って3列目で直線。序盤でそこからしぶとくばてずに食らいつくが伸びない。L1まで伸びはしないがバテもしない、最後までジリッとなだれ込んでの5着だった。


 ハンデも55kgで一定のパフォーマンスを見せられたし厳しい流れの中でなら今回のメンバー構成でも上位のパフォーマンスと言っていいと思う。この馬の位置でも恐らく平均か少し早いぐらいの流れではあったと思うし、その中でポテンシャル戦でも最後までジリッとなだれ込めた。淀みない中で各馬が消耗してもこちらは手応え以上になだれ込めるのが武器。


大阪城S(OP) 6着 16頭6枠12番
阪神芝外1800m良 1:47.4(+0.3) 49.3-45.4 S^4
12.3 - 11.8 - 12.4 - 12.8 - 12.4 - 11.7 - 11.1 - 10.9 - 11.7

 ただ、トップスピード戦はイマイチであると。4走前の大阪城Sがそうで、ペースは4秒近い超々スロー、そこからのトップスピード戦でL2最速。前半はポジショニングだけ、若干4F戦気味で少し分散しているし、トップスピードの質・持続力を高いレベルで問われた。


 12番枠からまずまずのスタート、そこから押して先行しつつも最終的には好位。道中2列目の外で進めて3~4角では2頭分外を回しながら直線。序盤の最速地点で追い出されているがイマイチ伸び切れずに2列目のまま。L1では甘くなって坂の上りでじわっと後退。最後までなだれ込むまでの6着完敗だった。


 最速地点での伸びはやはりイマイチで、楽に入っていい展開だったともいえるのだが結局はキレ負けだろう。もちろんL3の4角地点で11.1とそれなりに速いのでここで2頭分外を回す形になりながら最後まで格好をつけたのは悪くないが、この競馬だと上位勢がそこまでハイレベルではない中でキレ負けしてしまった。


2017小倉記念に向けての展望

 後半勝負でも初富士Sの勝ち方から含めてポテンシャル戦向きなのは確か。しかもオープン以上でとなると基本的に前半は厳しい流れになってくれないとなかなか難しいかな、というのはある。距離に関しては延ばす過程で良さが出ていて、マイルでは基礎スピード的に苦しい、1800だと小倉1800の関門橋Sで強い2着だが勝ったキャンベルジュニアには完敗で、それが距離をさらに延ばすことでオープン特別レベルの強敵でも戦えるようになってきたと。福島民報杯の2着は褒められていい。ただし、厳しい流れの中で手応え以上になだれ込めるのが武器ではあるので、今の小倉で高速馬場、かつメンバー構成的にペースが落ち着くという可能性が高くなればやはり難しいところがある。基本的にトップスピードの質で勝負できる馬ではないと思うし、コーナーで押し上げられるというタイプでもない。あくまでコーナーでペースが上がったところで上手く立ち回って直線減速地点でのバテ差しというイメージなので、展開が噛み合ってこないとというところはある。仮に内内で立ち回っても2段階加速的にL2の4角出口で出し抜かれてしまうと恐らく苦しいだろう。初富士Sも何とか差し切れたがL2の地点で出し抜かれ気味だった。今の高速小倉だと?というのはその辺かな。前半からできれば流れた方がいいが、スローならスローでロンスパで5~6F戦になってほしいところ。展開次第でチャンスがある一頭だけど、今の時点では何とも言い難い。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

   第53回 小倉記念(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【あの●●に重大な死角アリ?】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】最近も巨大的中を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

▼単勝85倍でも
   自信があるから◎▼
7月8日 中京4R
◎マイアフェクション
(11人気・単勝85.5倍)
◯スズカフューラー
△ユラノト
(4人気・単勝6.4倍)
3連単 10万6360円
3連複  1万7240円
馬 単  1万4750円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼オフレコ話入手で
   7人気に堂々◎!▼
6月11日 東京7R
◎キタサンガンバ
(7人気・単勝20.8倍)
○ブランエクラ
△エニグマ
(6人気・単勝17.4倍)
3連単 10万3120円
3連複  1万1290円
馬 単    5860円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼11人気の
  確変話を大スクープ▼
6月10日 阪神4R
◎キクノレレ
(4人気・単勝14.4倍)
△マンボビート
(11人気・単勝60.7倍)
○ホッコーカゲムシャ
3連単 32万3720円
馬 単  9万3450円
3連複  1万7120円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『小倉記念(G3)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【あの●●に重大な死角アリ?】
  →完全無料・小倉記念
png暴露王:小倉記念300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京王杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:カシアス、2走前の未勝利勝ちの印象強く、1400への延長は歓迎できそう
京都金杯2018 出走予定馬:ラビットラン、ローズSの末脚は魅力もマイルの距離がカギ…前半スローでも脚を残して出し切りたい
新潟大賞典 2017 出走予定馬:シャイニープリンス、休み明けは元々苦手…叩いて昨年3着の舞台で激変警戒
京都金杯2018 出走予定馬:キョウヘイ、力の要る馬場でのバテ差しはインパクトあり、高速馬場でなければ注意
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ホウオウパヒューム、寒竹賞では坂の上りで鋭く加速…府中は良さそうだがペースはカギ
毎日王冠 2017 出走予定馬:サトノアラジン、マイルの頂点に立った実力馬、再度の1800mへ参戦がどう出るか
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、阪急杯は少しフロック視…昨年完敗の舞台で坂の上りで動き出しの甘さも懸念
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ナイトバナレット、出遅れ癖は痛いが、今の馬場でどこかで緩めばチャンスは浮上
目黒記念 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、58kgも実績は最上位の古豪…早めに仕掛ける流れなら互角以上のはず
中山金杯2018 出走予定馬:デニムアンドルビー、ポテンシャルはまだまだ健在も…明け8歳馬で緩やかに下降線でもあり
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインファビラス、厳しい流れで良さが出る一頭…強気に前を突いていきたい
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:フローレスマジック、底知れぬ末脚魅力もエンジンの掛かりが少し遅い
関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP