投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

小倉記念 2017 出走予定馬:ケイティープライド、ポジショニングセンス良く上手く、内を確保してコーナーの勝負になれば

2017 8/6(日)
第53回 小倉記念(GIII) 小倉芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
小倉記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 1800~2000mのオープン特別、重賞戦線で穴馬券を運んでくれることが多いケイティープライドが小倉記念に出走予定。意外にも小倉2000mは初めてとなるが、近走は2000m戦でも結果を出してきているだけに楽しみも多い。相手も混戦模様、持ち味は最後までばてずに食い込んでくるポテンシャル面、嵌れば一発もあるか。


 この馬も去年の小倉の馬場ならなあとは思う。ただ基本的には消耗戦に強い馬で、それもどちらかというと後半のポテンシャル戦。もちろんスローすぎるとダメだが、あまり前半が速いとしんどいのでその辺りのバランスがカギになってくる。


函館記念(GIII) 2着 16頭4枠8番
函館芝2000m稍 1:59.3(+0.3) 60.0-59.0 S^1
12.3 - 11.0 - 12.0 - 12.4 - 12.3 - 11.6 - 11.9 - 11.7 - 11.9 - 11.9

 結構遡るが昨年夏の函館記念がこの馬らしい感じの競馬で2着。稍重馬場でペースは実は少し緩いぐらい、1.0でややスロー。ラップ推移的にはL5最速、マイネルミラノが5Fで分散しながらポテンシャル戦に持ち込んだという形。


 8番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと先行しながら内に入って行って好位で進めていく。向こう正面でも好位の内内で我慢しながら3角。3角で前のマデイラの後ろで我慢しながらコーナーワークで押し上げて3列目で直線。序盤でそこからしぶとく伸びて最後までジリジリと伸びての2着だった。


 3着がツクバアズマオー、ネオリアリズムが6着なわけでレベル的には決して低くない。ここではスローからの後半のポテンシャル戦で上手く内内を立ち回ったとはいえ、L1までしっかりと伸びたしツクバアズマオーをこの展開で寄せ付けなかったのは立派だと思う。スタートとポジショニングの上手さ、そしてある程度のペースを楽に進めてのポテンシャル戦で良さが出たという認識。


チャレンジC(GIII) 3着 18頭5枠9番
阪神芝外1800m良 1:46.5(+クビ+アタマ差) 47.0-47.7 M
12.3 - 11.1 - 11.9 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 11.8 - 13.0

 5走前のチャレンジカップでは結構厳しい流れになったがそれでも頑張って伸びてきた。ペースは平均だがややハイに近い。ラップ推移的にはL3最速戦で11.3、そこまで速いラップを踏んではいないが基礎スピードとTS持続力を高いレベルで問われたかなという感じの一戦。


 9番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理せずに内目に誘導、中団の内内を確保する。ただ道中無理はせずにいつもより後ろで我慢しながら3角。3~4角で中団馬群の最内を突きながら仕掛けを我慢してロスなく進めて直線。序盤でそこから進路確保で苦労するが徐々に中目に誘導、L1で進路を確保するとそこでの伸びは一番でベルーフを詰めるレベルの脚色で3着確保。


 これも結構印象的で、もちろん厳しい流れの中でこの馬としては縦のポジションを少し犠牲にして前半無理をしなかった。そして内内に拘ったのでL3の4角地点最速でしっかりとロスなく進められて直線に向けたのがL1の伸びにつながったとみている。あまりペースが速い中で前目に行くと若干削がれている感覚で、なかなか嵌り切らないのはその辺りが難しいんだと思うが、噛み合えば強敵相手に減速地点で驚くほど良い脚を使ってくるのがこの馬の強み。


福島民報杯(OP) 7着 16頭6枠11番
福島芝2000m良 1:58.9(+0.4) 58.1-60.4 H^2
12.5 - 11.0 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.6

 2走前の福島民報杯ではそのバランスのとり方が少し難しい競馬になったかなという感じ。ペースは2.3でかなりのハイなんだが、離れた番手の位置で大体59秒ぐらいなので実質は平均ぐらいだったかなという感じ。3~4角でミラノが動いたという感じの競馬で前3頭が少し離していた。


 11番枠からまずまずのスタート、そこからある程度前目を狙って好位の中目で進めていくが、向こう正面ぐらいで中団馬群の中で動きにくい位置、そして前が少し離していく形で3角に入っていく。3~4角でも中団の中目で追走しながらだが既に前とはかなり差があって、4角で中団馬群の中目で追走もここで少し伸びが足りず直線。序盤ではジリジリと伸びてきているがラストまでなだれ込むまで、外差しには見劣っての7着完敗だった。


 ここの敗戦をどう分析するかが結構難しいんだが、このレースはミラノがロンスパ早仕掛けをしたことと映像的にも前が離れていたことでイメージが掴みにくい。ただL2の地点では前との差は詰まってきていた、ここが後半は最速地点になるので恐らく後ろの馬はL2で11秒前半~半ばぐらいは問われているはず。実際上位の上がりは34秒半ばぐらいなので当然だが3F平均で見れば11.5、当然最速はもっと速くなるわけで、意外と流れたようでそこまで流れてない、という感じの競馬になったと思う。ここでイマイチだったのは恐らく結果的にポジショニングが消極的過ぎたこと、動き出しの意識が遅れたことだろうと。しかもそれでいてロスもそれなりにあった。


2017小倉記念に向けての展望

 武器はゲートの上手さ、ポジショニングセンスと2000m戦では基礎スピード面も高いレベルにあって前半要素は総合的に高い。少なくとも重賞で好走できときはこれを上手く使って後半の甘さ…特に速度的に足りない部分を補えていると。それはコーナーでの勝負所でしっかりとロスのない位置を取れる、かつ縦のポジションでも良いところを取れている。これで良い結果に繋がりやすい。そのうえで後半の武器はポテンシャル・TS持続といったいわゆるバテ差し的な要素。瞬時のギアチェンジ面やトップスピードの質は見劣るし、それは大阪城Sでも見せている通りで、ロスなく立ち回ったところで究極的な切れ味勝負では手が出ない。またこのレベルまで来ると小倉大賞典の様に1800mで上がり切ってしまうと苦しいイメージ。その点でも現状は2000がベストだとみている。今回は高速馬場の小頭数、単騎で逃げる馬がいたとしても全体がそこまで上がり切るかどうかは微妙。なので個人的には積極的なポジショニングを優先してほしい。向こう正面までに前とはそう離れていない位置で内内を確保できていること、また3~4角で各馬がペースを引き上げてロンスパにまでなってしまえば、正直この面子なら勝負になると思っている。前走函館記念は重馬場もあるが4角で再加速ラップを踏んで少し置かれてしまったのもあるし、2着との差は僅差。基本的に惰性でなだれ込みたいタイプなのでコーナーで加速ではなく向こう正面でペースが上がって勢いに乗って3角に入ってそのまま直線までしぶとく踏ん張る、そのパターンで内内を立ち回れれば重賞制覇のチャンスもあるとみている。ただ、敢えて言えば少し時計が掛かる馬場の方が合っているとは思うのでその辺りかな。チャレンジCでもやれているので余程極端に速いラップが問われなければ、全体の仕掛けが早ければ対応できるとはみているが。


PR【三連単的中率52.8%の予想を見てみたいですか?】


毎週、全競馬場の1~6レースまで無料公開。
今週は小倉記念(G3)の予想も特別公開。

一度使ってみたら、こんなに楽に当てていいのか不安になると思います。
いいんです。クソまじめな運営サイトです。
毎週、全競馬場の1~6レースまで無料公開しています。

2017年07月30日(日)の的中率
※コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合
==========================
単勝 97.2% 複勝100% 馬連77.8%
ワイド94.4% 馬単77.8% 三連複52.8%
三連単52.8%
==========================

先週のクイーンS(G3)は5頭で29,800円を的中させています。
三連単は2レースに1回以上の確率で的中です。

これ、すごくないですか?

毎週、全競馬場の1~6レースまで無料公開!
今週は小倉記念(G3)の予想も特別公開!


※無料公開のコラボ指数はサイト内「今週のコラボ@指数」と小倉記念当日の昼「北条のブログ」より確認してください。
→  コラボ指数はコチラから


このコラボ@指数。
何がすごいか要点をまとめたので、ぜひ今週チャレンジしてみてください。

<すごい点 その1>
上でも書いたとおり、三連単52.8%以上の圧倒的な的中率が実現できる!

・単勝:約80%~90%

・複勝:約90%~100%

・ワイド:約70%~80%

・馬連、馬単:約50%~70%

・三連複、三連単:約40%~60%


すべてはデータ。すべては結果です。
この結果を見てどう思いますか?
コラボ@指数上位馬が上位入賞のほとんどを占めました。




<すごい点 その2>
買い目の提供

これはコラボ放題という有料メニューなので、余裕のある方は見てみてくださいね。
見方は、サイト内「予想方法の参考例」→「今週の買い目」です。



上で書いた的中率を持って、さらに厳選したレースで買い目を絞るから少点数で当たる!
もともと備わった的中率があるからこそ回収率を求めてできる予想ということですね。
※提供レースは毎週約4レースほど

三連単軸1頭マルチ相手4頭(36点)
馬連軸1頭相手6頭(6点)

さらにこのコラボ放題では、毎週7~12レースまでの後半戦レースの指数を公開してくれます。

無料で6レースまで、コラボ放題で12レースまで公開!

三連単的中率52.8%の実力、とくと味わってください!

→  コラボの指数はコチラから
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:コーディエライト、2走目で距離延長、激変の圧勝…新潟マイルはカギも侮れず
CBC賞 2017 出走予定馬:ティーハーフ、馬場不問、前半無理せず鋭さを引き出してくるがワンパンチ足りない
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ドロウアカードと武豊、パワーが要る今の馬場は合いそう…強敵相手、全体で平均ペースを作りたい
京都大賞典 2017 出走予定馬:トーセンバジル、末脚は魅力もどうしても後ろからになり…開幕週の京都だと展開が向かないと…
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ブランボヌール、返ってきた三浦とともに華麗なる復活を遂げられるか?
鳴尾記念 2017 出走予定馬:ステイインシアトルと武豊、主導権を取って自分の競馬に持ち込みたい
セントライト記念 2017 出走予定馬:セダブリランテス、前走厳しい流れを先行して抜け出す横綱競馬…距離延長でも強気の競馬ができるか
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:シンデレラメイク、前走はハイペースに乗ってしぶとく…外回りの決め手勝負で戦えるか?
AJCC2018 出走予定馬:トーセンビクトリー、田辺とのコンビは不気味…積極策で支配し仕掛けを待てれば或いは
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:デアレガーロ、ドスローばかりだが…ゲートセンス良くロンスパ実績もあり面白い一頭
京都金杯2018 出走予定馬:ウインガニオン、実力は屈指も右回りは顕著に苦手…マイルCSも4角で甘くなっていて狙いづらい
愛知杯2018 出走予定馬:ゲッカコウ、ディセンバーSは強い2着…ロンスパ適性高く噛み合えば怖い存在
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ボンセルヴィーソ、マルターズアポジーとの再序盤の勝負は見もの…支配して息を入れたい
シンザン記念2018 出走予定馬:ツヅミモン、前走4角の手ごたえ程には突き抜けず…センスは評価も強敵相手にいきなり?
新潟10R 信濃川特別 予想:本命03リノリオ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP