投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【競馬】 「降級制度」の廃止が決定 2019年より適用

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/07/28(金) 13:39:17.97 ID:yYTXgLfp0.net
jra5.gif

JRAは28日、4歳夏に平地競走の収得賞金が半分になる「降級制度」を2019年に廃止することを発表した。より分かりやすいクラス編成とともに、1600万、オープンといった高額条件競走の増加を目指す。

降級制度はJRAで長く定着してきた。87年までは4歳夏、5歳の夏の2回にわたって降級。その後、88年に4歳夏の1回のみに変更となり、06年には収得賞金算入額を見直し、優勝馬が同一条件にとどまらないようにした。かつては古馬の在籍頭数を確保し、出走頭数の確保に寄与した時代もあったが、在籍頭数が増えた現状にはそぐわないとして、廃止が決まった。

降級制度の廃止で、勝利を挙げた馬は1つ上のクラスに昇級し、以後そこから下がることはなくなる。明快なクラス分けになり、降級馬が圧倒的に強いというクラス内の実力の不均衡が減少する。夏に高額条件馬が減らないことで、夏季主場や第3場のメイン競走などで、オープンや1600万のレースを組みやすくなる。G1競走を頂点としたシンプルかつ“上に厚い”レース体系がより興味深い番組の提供につながり、ファンにとっても有益であると判断した。

降級制度の廃止は、現2歳馬が4歳を迎える19年夏から。関係者への周知に時間がかかったことや、すでにデビューしている3歳馬への影響、馬主の今後の馬の仕入れなどに配慮して、再来年からの施行となった。降級制度の廃止により、頭打ちになった馬の退出が早まる可能性があるが、高松知之・JRA競走部番組企画室企画課長は「降級馬がいないぶん、そのクラスのレベルが下がり、好走確率は上がるはず」としている。

ファンにもなじみが深く、夏場の馬券戦術のひとつとして定着している降級制度の廃止により、優勝劣敗という競馬本来の姿がより強調されることになった。





1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/07/28(金) 13:39:17.97 ID:yYTXgLfp0.net
平地競走における競走条件制度(クラス分け)の改善について
http://jra.jp/news/201707/072801.html



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬】 ルージュバック引退
【CBC賞】アレスバローズが差し切って重賞初制覇!
noimage
アーモンドアイ、ドバイターフ参戦決定!ルメール「大坂なおみに似ている」
武豊が仏オークスに欧州馬で参戦!「楽しみです」
ハーツクライ産駒日本産「ヨシダ」が史上初の米ダートG1制覇
【競馬】移籍したトーセンスターダムが豪G1で3着になった件
【日本ダービー】ワグネリアン友道調教師「最悪だな・・・」
ルメール、コパノキッキング菜七子を警戒「誰が乗っても走ってくれる凄くいい馬」
ロードカナロア 豪州よりシャトルオファーが再度来た模様
【競馬】競馬界の裏ボス「幸英明」
【阪神JF】シェーングランツ武豊「もう少し枠が外なら・・・」
【有馬記念】サートゥルナーリア スミヨン「当日はちゃんと走ってくれれば」
マカヒキが骨折完治 札幌記念で復帰
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP