投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【競馬】 アロゲート、GⅡで謎の大敗 勝ち馬と約15馬身差の4着

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/07/23(日) 10:13:40.18 ID:FI5YETuT0.net


現地時間22日、アメリカのデルマー競馬場で行われたサンディエゴH(G2・ダート1700m)に、今年のドバイワールドCなどG1・4連勝中のアロゲートが主戦のマイク・スミス騎手を背に出走。単勝1.05倍の圧倒的人気に支持されたが、まさかの離された4着に終わった。

アロゲートは最後方からレースを進め、3コーナーから追い上げを開始したが直線では反応がなく、前にいた3頭を交わせずデビュー2戦目からの連勝は「7」でストップした。

勝ったのはヴィクター・エスピノーザ騎手騎乗のアクセラレート(米・J.サドラー厩舎)。レースでは先手を取り、直線では後続を突き放し2着のドンワースに8馬身半差の圧勝だった。勝ちタイムは1:42.15。アクセラレートはルッキンアットラッキー産駒の4歳牡馬で、この勝利のほか、昨年のG1・ブリーダーズCダートマイル3着、G2・ロスアラミトスダービー1着などの実績がある馬。

大敗を喫したアロゲートは次走に8月19日のG1・パシフィッククラシック(デルマー・ダート2000m)を予定している。
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=124358



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
noimage
ダンビュライト鞍上・武豊で菊花賞へ
ルメール武豊超えのJRA年間213勝到達で最多勝利記録を更新
10着エタリオウ川田「今できる精いっぱいの走りをしてくれたと思います」
柏木集保「サートゥルナーリアが負けたのはオイオイのせい」
ダノンプレミアム 調整不足で「天皇賞・秋」出走を断念
【競馬】福永が2000勝する奇跡
白井元調教師「JRA賞、ポイント制にでもしたらいい」
noimage
サートゥルナーリア、TR使わず皐月賞直行!キャロット公式で発表
サトノダイヤモンド、川田と新コンビで京都大賞典へ
JRAが木幡育也に採決 3月13日まで騎乗停止処分
【競馬】 スマートレイアーが引退 ノーザンファームで繁殖入り
【競馬】エピカリスはベルモントSへ 鞍上はルメール
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP