投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

クイーンステークス 2017 出走予定馬:アエロリット、府中マイルGI馬同士の対決…3歳牝馬の強さをここで見せつけたい

2017 7/30(日)
第65回 クイーンステークス(GIII) 札幌芝1800m
予想用・出走予定馬一覧
クイーンステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 3歳牝馬クラシック戦線では桜花賞5着までも、牡馬を相手にNHKマイルカップで見事に戴冠したアエロリットがクイーンステークスに出走予定だ。もちろん初めてとなる古馬との戦いは、同じ府中マイルのGI馬アドマイヤリードら強敵がずらりと犇めく。ハイレベルの3歳牝馬、ジューヌエコールに続いて古馬GI馬を撃破したい。


 フェアリーS以降多分すべてのレースで本命を打ってきた馬だが、今回も多分本命に近い印を打つ可能性が高い。ただ、札幌の1800とレースの傾向的にもしっかりとゲートを出なければまとめて差し切るのは難しいし、少なくとも瞬間最大の切れ味ではアドマイヤリードの方が2段ぐらい上かなと思っているので、しっかり前目でレースを作る形に持ち込みたい。厄介な逃げ馬候補も多いし侮ると取りこぼすこともある。


NHKマイルC(GI) 1着 18頭8枠16番
東京芝1600m良 1:32.3 46.1-46.2 M
12.4 - 10.9 - 11.2 - 11.6 - 11.8 - 11.3 - 11.3 - 11.8

 まずは前走のNHKマイルCを振り返ろう。良馬場でかなりの高速馬場状態。ペースバランスは綺麗な平均ペースで、3~4角で若干緩んだが12秒には入らず、そこからの再加速でL3実質最速、L1でも11.8でまとめての1:32.3は好時計だ。基礎スピードとそこからのTS持続を問われ、全体のペースが上がったことでそこまで質的には問われなかった。


 16番枠から課題のゲートを抜群のスタートで克服、楽に出たのであまり促さずに楽に好位の外、ペースも流れていたので流石に掛かり気味ではあったがコントロールしながら入っていける。3~4角でも好位列の外から一気に2列目を交わして先頭列に並びかけて直線。序盤でそのまま先頭に躍り出るがジリジリ、L2の地点では外からリエノテソーロに強襲を受けて半馬身ぐらいまで差を詰められる。しかしそこからがこの馬の持ち味、再び前に出て1馬身半差の完勝だった。


 クロフネ産駒(結構取り上げているけど特段クロフネ本馬自体が好きというわけではない…)の分析に関しては自信があるんだが、このアエロリットに関しては途中からクロフネ産駒の傾向の外に出だしていたと。クロフネの仔は基本的に一流馬は芝馬しか出ない、ホエールキャプチャや全盛期のクラリティスカイもそうだがある程度速いペースからでもしっかりと瞬間的な脚を引き出せる。クラリティは⒮台限定のうちはTS持続もまずまず高かったが武器はそこではなかったと思う。今年ならジューヌエコールなんかもカレンチャンに近いクロフネ産駒のイメージではあったし、基本的には基礎スピードが高い、ギアチェンジ性能が高い、そしてトップスピードの質を厳しい流れで落とさず走れる。いわゆる総合力タイプが多いと。このアエロリットの良さは、要所の反応は良いが瞬間的な切れ味はさほどでもない。その代りにこれまでのクロフネ産駒には感じられなかったL1の踏ん張りが抜けている。このNHKマイルCではそれをしっかりと確認することができた。もちろんそれだけではなく、全体のペースは46.1-46.2と平均で流れた中で3~4角のちょっとした緩みで外から取り付いて最後まで長く脚を使っているという点でも前半の基礎スピード面もかなり高いのは間違いない。


桜花賞(GI) 5着 17頭6枠12番
阪神芝外1600m稍 1:34.7(+0.2) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 その後半の素材の高さを感じたのはこの桜花賞。奇しくも出遅れたことで発揮した形になったが。ペースバランスは1.5でかなりのハイに肉薄するレベル、ラップ推移的にも淀みは小さくL3最速のポテンシャル戦に近い。前半の基礎スピードを高いレベルで問われたので、もちろんここで脚を削がれなかったから脚は引き出せたといえる。ただそれでもあの位置からL1までいい脚を使ってくるとは思っていなかったので、あの競馬で5着というのに素材としてのレベルの高さも感じたかな。


 12番枠からやや出負けして外から来られたのもあって後方からの競馬となってしまう。道中も淡々と流れているので押し上げるポイントがないまま外に持ち出して後方のまま3角。3~4角でも正攻法で外々からの競馬となって最速地点の4角で大外、押し上げられずに直線。序盤で前にいたレーヌミノル、ソウルスターリングもジリジリと伸びている中でこちらも外から伸びあぐねている。しかしL1でなだれ込んできてここでの脚はメンバー中でも1,2、リスグラシュー辺りと同等レベルで5着になだれ込んだ。


 基礎スピードが武器の馬だけにこの流れの中でしっかりとソウルスターリングぐらいの位置を確保できていたら、恐らくだがもうちょっといい勝負になっていたと思っている。逆に後半勝負にならざるを得なかった中であれだけ伸びてきたのは収穫だった。このペースで自身で3-3Fだが37-35と2秒もスローバランスを踏んでしまっている。前半の出負けでポジションを下げての競馬になったのが致命傷だったのは言うまでもないだろう。改めて強さを感じた一戦。


クイーンC(GIII) 2着 16頭6枠11番
東京芝1600m良 1:33.3(+0.1) 46.8-46.4 M
12.3 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.3 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 このクイーンCも個人的には強い競馬だったと思っている。この馬の過去を振り返るほど強い競馬をしてきているなと改めて感じさせられる。ペースは平均で、前半3Fで見れば34.8とかなり流れているが中盤の12.0-12.3でかなり緩んだことで1000通過で見れば59.1とマイル戦としては普通の流れと言える。そこからの再加速で3F勝負。基礎スピードを問われているようで後ろからの馬にはそんなに関係のない競馬、中弛みで取り付いた馬に向いた展開だったと思う。


 11番枠から出負けして後方からの競馬、そこからリカバーしながら好位外につけていく。ペースが速い内にポジションを上げて行くが3角でペースが落ち着いてしまって好位の外でブレーキを踏まされる形。その後ろをアドマイヤミヤビが追走してきて目標にされて直線。序盤で加速する中でギアチェンジの性能はしっかりと持っていてL2の入りで2番手まで上がる。しかし最速地点のL2の地点ではアドマイヤミヤビにキレ負け、L1では食らいついて半馬身差の2着となった。


 中弛みで結果的には後ろの馬が余裕をもって直線に入ってきたし、しかも前の馬がブレーキしているので団子状態での競馬となった。ペースも楽だった中で直線の切れ味勝負の割合が強くなってしまうと最速地点でキレ負けしている。これはNHKマイルCのレベルまでペースを上げてもリエノテソーロに坂の上りで迫られているように、高いレベルの中で言えば弱点と言えそう。ここでは前がペースを上げ切らなかったことでアドマイヤミヤビが楽にトップスピードを引き出すことができた、その結果のキレ負けだろう。もちろん出負けした時点でレースメイクに関しては難しかったしその辺りは相変わらずの課題ではあるが。


2017クイーンSに向けての展望

 まあゲートさえ出てしまえば基本的に大崩れするイメージは湧かない。例えば前述のクイーンCでもそうだが、ペースが上がった中で前に行って、ペースをコントロールしてもしっかりともう一度加速ができる。ギアを下げるのはそんなに得意な感じではないが少なくともコントロールできるレベルにはあるし、そこからの動き出しが早いのはクロフネ産駒の良いところ。ただ、瞬間的な切れ味はさほどでもない。なので全体のペースをある程度引き上げていくNHKマイルCのようなパターンか、もしくはスローに落とすなら早い段階で仕掛けていく意識が欲しい。TS持続力はこの手のタイプとしてはかなり高いし、後半勝負はできれば強気の方がいい。仮にスローに落としてクロコスミアやトーセンビクトリーといったところを前に行かせた状況、3~4角で仕掛けを踏み遅れると4角出口で一気に置かれてというパターンもある。大崩れはないにせよ馬券圏から外れるとすれば前の出し抜きを許し、アドマイヤリード辺りにキレ負けして…という形かな。なのでそうならないような競馬に持ち込みたい。少なくともペース、仕掛けどころのどちらかを間違えなければ馬券圏内は期待していいと思っている。後はゲート…だ。五分に出ないことにはレースを作っていけないので、その辺だけ。今回も本命を打つ可能性はそこそこ高い。



PR【無料予想で103,000円獲得!】


無料予想って当たらないと思ってませんか!?
当たるサイトだってあるんです!

※7月16日、サイト内で公開された買い目


1着3、2着8で、馬連2,060円的中!
推奨投資額で馬券を買って103,000円獲得!

利益は88,000円!回収率は686.6倍!

無料予想です。

このサイトの無料予想は、
・枠連、馬連、馬単担当I氏(全レース対象)
・三連複、三連単担当J氏(得意レース新馬戦)
・三連複、三連単担当U氏(理論派)
・三連単担当E氏(万馬券狙い)
・三連単担当O氏(万馬券以上、大逆転狙い)

この5名!最近は、『・三連単担当O氏(万馬券以上、大逆転狙い)』この人の的中が目立ちます!
今週、ここの無料予想を使ってみてはいかがですか?

▼無料予想はこちらから▼


※受信設定によっては返信メールが迷惑メール内に届く事があります。


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:ベイビーキャズ、1000mからの延長が噛み合いそうな感はあり…前走時計は平凡も注意
エルムステークス 2017 出走予定馬:モンドクラッセ、夏の北海道は庭…強気の仕掛けでコーナーで勝負を決めたいが
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:シンデレラメイク、前走はハイペースに乗ってしぶとく…外回りの決め手勝負で戦えるか?
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ステルヴィオ、基礎スピード含め完成度高く…スローでの切れ味勝負でどうかは注目
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、連覇の前に立ちはだかるダイヤモンドの壁を砕けるか?
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、兄も通ったダービーへの路…完成度を高め、ここで一気に台頭に要警戒だ
シンザン記念2018 出走予定馬:エアアルマス、距離延長の前走は直線ほぼ流してぶっちぎり…ラップ的にも優秀で素質は確か
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:レッドミラベル、前走は平均ペースでポテンシャル開花…府中の2000がどうか
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:モリトシラユリ、パワー型で中山1800は追い風か…しぶとく差し込み賞金加算までいけるか?
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、前走は物足りず…距離不安はあるがスローで末脚を出し切れれば…
小倉10R 天草特別 予想:本命06タガノアンピール
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、前走はタフな流れで完勝も…息を入れて鋭く出し抜ける馬でもありここも不気味
新潟記念 2017 出走予定馬:マイネルフロスト、ここ3走は色々な展開で善戦…総合力を活かす積極的なレースメイクに期待
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、素材は面白いが要所の反応が鈍く4角で置かれないかがポイント
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デニムアンドルビー、屈腱炎後もトップスピード持続力は非凡さ…強い馬だが穴も多い馬で
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP