投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【2歳新馬】注目のトゥザフロンティアが順当勝ち

image

 7月22日の中京5R・2歳新馬(芝1600メートル)は、ダグラス・ホワイト騎手騎乗の1番人気トゥザフロンティア(牡、栗東・池江泰寿厩舎)が好位追走から直線外めを伸びてV。タイムは1分36秒8(良)。直線では先に抜け出した2頭の外から伸びたが、内にササり気味で満足に追うことができない状況でのデビュー勝ち。追えばどれだけ伸びるのか、その強さはいまだにベールに包まれたまま。

 3/4馬身差の2着には先行伸びたアップファーレン(3番人気)、さらにクビ差遅れた3着に逃げ粘ったダンツセイケイ(7番人気)。

 トゥザフロンティアは、父ロードカナロア、母トゥザヴィクトリー、母の父サンデーサイレンスという血統。母は2001年エリザベス女王杯・GIの勝ち馬で、同年のドバイワールドC・GIの2着馬。兄姉に、トゥザグローリー、トゥザワールド、トーセンビクトリーと重賞勝ち馬がずらりそろった注目の良血馬。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000522-sanspo-horse
続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中山記念2着ラッキーライラック、次走は阪神牝馬S
noimage
アーモンドアイ国枝師「最近はG1にふさわしくない馬がいる」
noimage
来年2月に総賞金20億超サウジカップが新設!1着1000万ドルの世界最高額
noimage
四位洋文「今年も調教師試験受けます」
大和屋暁オーナー「ジャスタウェイの一発屋で終わりたくない」
noimage
【悲報】ゴールドドリーム帝王賞を回避
【競馬】 坂井瑠星騎手が豪州アデレードのトップ厩舎の主戦騎手に抜擢 騎乗技術を高く評価
noimage
【悲報】ダノンメジャー予後不良
ブラストワンピース再び凱旋門挑戦か 吉田勝己「ハービンジャーが欧州の馬場に合わないわけがない」
今年度からオークス1・2・3着馬にヴェルメイユ賞の優先出走権付与
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP