投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【中京記念2017の有力馬診断(後篇)】~究極の夏馬(真夏にグングン伸びる)と究極の冬馬(冬場に積み上げた実績上位は過信禁物)~

☆中京記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【中京記念の有力馬診断(後篇)~究極の夏馬(真夏にグングン伸びる)と究極の冬馬(冬場に積み上げた実績上位は過信禁物)~】
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します
△グァンチャーレ(古川)
使える脚が長くないタイプで、ラスト1Fが失速しないラップ戦で良績と、又は内枠から距離損ない競馬できた場面で良績を残している馬。
3歳秋以降の重賞OPレースでは[内枠時には3戦3好走⇔外枠時には4戦4凡走]という両極端な戦績になっている。
ただ、陣営もそれを掴んでいるのか、(それ以前は外回し凡走がデフォだったのが)枠順を問わずに近9走連続で外は回さない競馬に拘って好走確率を上げている近況でもある。

前走米子Sは(内枠巧者だけに)上がり1位&2位の外差し馬がワンツーする決着に抗えなかったのは止む無し。元々が休み明け初戦は走らないタイプだし、インに潜り込めずに終始折り合いを欠きつつの追走だったし、そして不向きな直線急坂コースで…それで3着ならば十分な結果だろう。

コース条件はベストとは言えないが、叩き良化型の2戦目と得意内枠ならば地味好走可能性出てくる一頭と見る。


―レッドレイヴン(ホワイト)
藤沢厩舎ゆとり認定馬。
具体的には…弱い相手にだけ強かったり、特定条件しか走れなかったり、強い相手や厳しい条件になると途端に走れなくなったり…そういう傾向ある馬。
前々走巴賞での快勝を素直に評価すれば、前走函館記念でも通用以上の計算だったのだが、そうは問屋が卸さないというのがコノ馬のケース。
OP好走後の重賞挑戦のケースでは3年前[OP0.3秒差圧勝→重賞2人気8着凡走]、2年前[巴賞2着→函館記念5着]など。
また、少頭数13頭立て以下では[5-2-0-3]で重賞レースでも善戦傾向なのだが、多頭数14頭立て以上では[1-1-2-9]という両極端な戦績を残している。
長欠明け2戦目での上積みは見込めるとしても、重賞相手関係&フルゲート戦はコノ馬の本領発揮の場ではない。


△アスカビレン(松山)
コノ馬のこれまでで一番印象的な走りは一昨年秋華賞…そこでの一瞬の脚の速さについては相当上位の質があった。
ピッチ気味の走法から繰り出される一瞬の脚についてはOP級で、昇級初戦の5走前府中牝馬Sも瞬発戦になって持ち味は出せたという4着だった。
今期は3走前2走前がSペースでラスト3~4Fの瞬発力勝負という展開での好成績で、一転してHペースで流れたヴィクトリアMでの逆噴射結果は共に納得できるモノだ。
今回中京記念に於いてフィーチャーすべきはどちらかと言えば…レース展開予想次第で最後まで悩みたい一頭。


△ケントオー(太宰)
コノ馬の特徴としては超内枠巧者と叩き良化型傾向がある。
昨年中京記念はそんな内枠巧者のコノ馬にとっては試練の外目6枠。ただ、その日の馬場は外差し馬場だったが故に内目が空室の状況だったコトもあり、鞍上の腹を括った内目最後方策がとれた。道中は下げてインで集中させる形で、直線では伸びる所にまで持ち出す不幸中の幸い(?)的な或る意味で理想的な競馬が叶って3着激走を果たした。
その後は内枠を引けたのはHレベル京都金杯と大阪城Sだけで、前者はレースレベルを踏まえれば健闘と言える7着で、後者は渋滞巻き込まれドン詰まり競馬でのワケ有り凡走。その他は内目の競馬できていないながらも善戦続きの戦績は悪くない。
重賞でも内枠競馬ならば魅力大きい馬だが、但し叩き台レースを不本意に使えずに休み明け初戦ローテとなった分だけが残念で…。


★○○○○○○(←中京記念の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬は一昨年も昨年も夏場だけ連続激走している生粋の夏馬。
昨年夏以降は4連続凡走していたのが、今期初戦の季節替わりのタイミングで文字通り一変して見せた。
前走は最終週馬場で寧ろ逃げ馬残り傾向顕著な日になっていたので、そこでの有利な競馬をしての好走はややフロック視される面もあるだろう…但し、コノ馬の場合には過去年でも恵まれたと思われつつも夏場はパフォーマンスを上げ続けて結局連続激走し続けてきた経緯で…その今の時季にはレースを走る度に(ファンの予想を上回る)伸びシロを見せてくれるという上昇余地を踏まえればココでも決して侮れぬ一頭と見る。


―トウショウピスト(幸)
まずは4走前オーシャンS後の次走チェック馬見解を参照↓
『今回のHペース先頭競馬でも直線を迎える地点では手応えを残していて、一見するとそのまま粘り込めるかと思いきやあえなく失速…というのは実はいつものレース振り。
それだけ基礎スピードには優れているが、終いは甘いというか踏ん張る力は全く無い馬。
前走は完全内有利馬場で外枠出遅れ外回しで、今回はHペースで逆噴射となったが、一転して直線平坦などスピードだけで押し切れる様な条件での楽なペースでの逃げならば全然違う結果を残してもおかしくない馬…そういう超展開利での激走はどこかで1度はありそうで…。』

・・・
その後は高松宮記念と鞍馬Sで二桁着順を続けた後に、安土城SでHペース・先行競馬・高速決着でシャイニングレイに次ぐ2着激走を果たした。
思えばその前の勝利歴も距離1200でも後傾ラップでの楽逃げで、(距離延長1400で)自分の競馬に持ち込みやすい状況が功を奏した印象はある。
ココは更に距離延長でより楽な逃げが叶うコト必至であるが、とは言っても根はスピードだけの短距離馬であるコトには変わりなく…増して急坂コースでは逆噴射濃厚だろう。


―マイネルアウラート(川田)
今回の出走馬の中で実績からも情報からも[冬馬]と断定しているのは1頭居る…今回実績上位で人気必至の当馬であるが、その実績というのは殆どが得意冬場の時季に挙げたモノである。冬場ではないどころか真夏の今回も力を発揮してくれる期待感は薄い一頭。

--------------------
☆中京記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

爆笑問題田中裕二 予想 2019/最新予想は『弥生賞』
3月4日(水)川崎競馬 全レース予想 結果
【阪神JF】レシステンシアの単勝にボーナス全額ぶち込むけど不安要素ある?
noimage
noimage
12月10日(火)金沢競馬 全レース予想【師走特別】
サトノダイヤモンドが凱旋門賞4番人気に後退
noimage
【最終結論◎】京都大賞典 2017
【東京新聞杯】ロジクライ横山典さんwwww
【パドック直前情報】阪神3R 1番人気診断
noimage
7月25日(火)金沢競馬 全レース予想【金沢スプリントC】
【FXライブ】生トレードで毎日10万円を目指す。aki
2020.10.30【決戦は金曜日?の巻】雑談FXトレーダー ?(雑談生配信)
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP