投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:アリア、初戦は何とか直線で捕えるも、コーナーでの動きに少し不満があり

2017 7/23(日)
第49回 函館2歳ステークス(GIII) 函館芝1200m
予想用・出走予定馬一覧
函館2歳ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 新馬戦ではスッと先行して最後にしっかりとらえて勝ち切ったアリアが函館2歳ステークスに出走予定だ。持ち時計も1:09.7と新馬戦組の中では優秀で、今回も再度同じ函館1200mの舞台。相手は手強くなるといっても混戦模様、一気に重賞制覇といけるか。


 この馬でも正直時計的にも基礎スピード的にもピンと来ていない。前走も勝つには勝ったけど要所で置かれていた感じがするし、人気の一角になりそうだが正直1戦だけだと分かりにくいにせよ信頼しにくいかな。


新馬戦 1着 13頭6枠9番
函館芝1200m良 1:09.7 34.6-35.1 M
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 11.4 - 11.9

 新馬戦は函館1200、時期的には開催2週目だが引き続きかなりの高速状態ではあった。時計は正直これでも平凡で同日2歳未勝利でも1:09.3が出ているが、これはハイペースで淀みない中でのもの。対してこちらはL3でやはり少し落ちていてL2で再加速という流れでの平均ペースなので時計的には出し切っていないし基礎スピードもそこまで問われていない。


 9番枠からまずまずのスタート、そこから押しての先行策だが逃げたくない感じで加減をしつつ先頭列から最終的に少し下げて2列目外目という感じ。3~4角でペースが緩んでいる中で少し追走に苦労、4角では明確に置かれて3列目まで下がる。そこから直線しぶとく伸びてL1で差し切ったという形。


 辛勝だったが、少し苦しんだ要因は3角だったかなと思う。4角では加速ラップなのでここで置かれること自体はそこまで悲観しなくても良い。ただ3角地点は減速ラップを踏んでいてここで置かれていたとなるともしかするとこの馬はコーナリングがあまり得意ではないかもしれないなと。ここでは緩んでいたので何とか対応できたが、仮にここでもペースが落ちずに速いままだともしかしたら3角で置かれていたかもしれない。いずれにせよ4角加速地点でも置かれていたわけで、コーナーでの立ち回りに少し不安がある。前半要素はひとまず今回のメンバー構成なら高いレベルで見せてきた方だろう。例年ならこれでもちょっと不安はあるが、今年に限ればほとんどがトップレベルでクリアできていないわけで。


●2017函館2歳ステークスに向けての展望

 父はダイワメジャーで母父がフォーティ系トワイニング。血統的にはスプリント色が強いかなという感じはする。母系を見ても母母父がクロフネで母の産駒もあまり活躍馬はいないが概ね1200で走っている馬が多い。基礎スピード的には高いレベルまで来ると未知数だが一応この馬自身今回のメンツならそこそこのレベルでクリアはしてきている。走破時計も開催2週目の新馬戦で1:09.7とカシアスの次点ならば問題ない。ただ、やはり3~4角で置かれないかどうかというのはポイントになりそう。速いラップをコーナーで問われたときに新馬の感じだと動ける感じはしない。直線ではすぐに伸びてきていることからも多分直線での加速はできるがコーナーでの加速が苦手なタイプかも、というところ。その辺りを注意したいかな。素材は評価で叩き良化を見越して十分最上位にあると思うが、その点で信頼するには危険な感じはする。



PR【中央競馬・地方競馬を網羅!】地方競馬出身ジョッキーによる予想提供!

“中央競馬にしても地方競馬にしても、夏競馬は今まで通りの予想をしていてはダメ”

そう語るのは、地方競馬出身のジョッキーで、現在では予想提供などの仕事もしている遠藤真吾元騎手。

中央競馬は予想をするには十分なほど情報があふれているので、しっかり予想ができて当たり前。
しかし、地方競馬は予想をするには情報がたりません。
ですが、地方競馬出身の遠藤氏なら独自のコネクションがあるので、
遠藤氏の予想はとても有力な情報だと思いますよ。

まずは予想の質を示すために、
今週の中央競馬メインレース【7/23(日) 中京記念(G3)】で証明してくれます。
※受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

▼無料会員登録はこちら



夏競馬は4.5.6月などの春競馬とはまったく違います。

簡単に言うと、
春のG1に出るような超一流馬は夏に休養。
夏はG3クラスの馬があふれかえります。

つまり、
春は、飛びぬけた強い馬がいる。
夏は、皆力が均衡している。

夏はさらに、降給制度、馬主の出走手当目的の出馬、適性の合わない無理な出走など、
一般にはよくわからない条件が絡んだレースが多くなります。

ここで気付いた人はいるでしょう!
つまり、夏競馬は「馬主のしがらみがあるレースが多いので、
その情報さえ手に入れば、走れない馬が最初からわかっちゃうんです。」

そうなると、こういったリンネルクロス(7番人気)を買うことができ、
しかも1点に500円もかけることができる、自信を持った予想を出すことができます。

------------------------------------
プライド
◆7月1日(土) 函館6R
1着:フィーリングハート(2番人気)
2着:リンネルクロス(7番人気)
3着:ショウナンタロット(3番人気)
◆3連単:496,950円(500円投資)
◆キャンペーン名:ミリオネアアタッカー
------------------------------------

そして、当たる。


夏競馬は、レース選定さえできれば、勝てる!
※受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

▼無料会員登録はこちら

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

毎日王冠 2017 出走予定馬:リアルスティール、勢いに乗ったミルコとの再コンビ、いい位置を楽に取って鋭さを引き出したい
札幌記念 2017 出走予定馬:エアスピネル、ルメールとの新コンビが功を奏すか?厳しい流れの中で良さが出る馬
目黒記念 2017 出走予定馬:カフジプリンス、ポテンシャルは非凡も…基礎スピードはやや不足、動き出し遅く展開次第の馬
エプソムカップ 2017 出走予定馬:マイネルハニー、前走は2秒とかなりのハイで崩れるも…それでも前半のペースを上手く引き上げたい馬
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、血統はタフな洋芝向き…距離延長で怖さもあり警戒したい
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:アキトクレッセント、新星荻野極とのコンビで重賞初制覇となるか?
セントウルステークス 2017 出走予定馬:メラグラーナ、強烈な末脚は魅力も追込みが利きにくいレースで枠とスタートがカギ
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ステファノス、スローで末脚を出し切れれば現役でも屈指の実力馬
スワンステークス 2017 出走予定馬:レッツゴードンキ、激しい気性を何とかコントロールし、末脚を爆発させる形で安定
AJCC2018 出走予定馬:ダンビュライト、ミルコ・デムーロとのコンビで初重賞制覇となるか?前半の進め方がポイント
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ミッキークイーン、素材は勿論一流…勝ち切るなら末脚を出し切ってほしい
京都金杯2018 出走予定馬:レッドアンシェル、先行力に磨きをかけ上昇…適度なペースなら好勝負
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:プレストウィック、要所で動けるが極端な展開は好まない…流れてもロンスパでも戦えるのは混戦では強み
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ホウオウパヒューム、寒竹賞では坂の上りで鋭く加速…府中は良さそうだがペースはカギ
ローズステークス 2017 出走予定馬:カラクレナイ、前走は負けすぎ、関西圏で巻き返せるか?…道悪で警戒も
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP