投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中京記念 2017 出走予定馬:ウインガニオン、連勝の勢いは本物か?オーバーペースにならずに逃げられるかどうか

2017 7/23(日)
第65回 中京記念(GIII) 中京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
中京記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 谷川岳ステークス、パラダイスステークスとオープン特別を連勝し勢いに乗ってきたウインガニオンが中京記念に出走予定だ。昨年夏に準OPを卒業してからはなかなかオープンの壁を突き破れないでいたが、今年の春に一気に開花。この勢いをもって一気に重賞タイトルを奪取というところまで行くかに注目だ。


 ペース自体は本来ある程度上がっても問題ないタイプのはず。それよりもどちらかというと仕掛けどころのタイミングが噛み合うかどうかと、基本的には逃げられないとパフォーマンスを落としているという感覚。使える脚がそこまで長くないので本仕掛けを待ちたいタイプではある。ただ前走なんかは3~4角で緩めないことでL3最速でも上手く噛み合っているし、今回走れば本物だと思うが結構面白い存在ではある。


谷川岳S(OP) 1着 14頭4枠6番
新潟芝外1600m良 1:34.4 48.1-46.3 S^2
12.5 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.8 - 11.8 - 10.7 - 12.0

 まずは2走前の新潟マイル戦、谷川岳S勝ちから見ていこう。ペースは1.8でかなりのスロー、ただ極端な淀みはなく3~4角まで含めて12秒前後で推移し、L3の直線前半でも11.8とペースを上げていないことで2F戦に持ち込めたという競馬。この馬の適性を示している一戦と言えるのかなと。


 6番枠からまずまずのスタートを切り、押して主導権を取り切る。道中もそこからは極端なスローではなく緩めずに上手くスローに持ち込んで3角。コーナーがきつい3~4角でもスピードを緩めずむしろ少しだけペースを引き上げて4角ではリードを取りながら直線。序盤の段階でもまだ余裕をもって好位列の仕掛けを待ちながらまだ無理はしない。L2の地点で徐々に促されるがここで一気にアルバタックスに来られてしまう。それでもL1では仕掛けを待てたぶんもあってしっかりと粘り切った。


 仕掛けを待てた、というのがこの馬にとっては結構なポイントになるかもしれない。このレースは確かにスローなのだが、中盤は遅くない。最序盤で上手くコントロールできたことで中盤に下手に緩めずとも楽ができたし急コーナーでも緩めなかったことで上手く後続に取り付くタイミングを与えなかった。それによって直線でもワンテンポ仕掛けを待てたし、結果L2最速地点でしっかりと一足を使って粘り込んだという内容でいいのかなと。


パラダイスS(OP) 1着 9頭2枠2番
東京芝1400m稍 1:20.9 35.7-33.7 S^2
12.6 - 11.4 - 11.7 - 11.5 - 10.9 - 11.0 - 11.8

 このパラダイスSも面白い展開になっている。スローはスローで、2秒とかなりのスローなのだが最序盤が異常に遅いという程度で中間はむしろ流れているという特殊なケース。3~4角でそこそこ速いラップを踏みつつのL3最速戦という競馬で最序盤のポジショニングが結構重用だったかなと。距離は違うがイメージ的には昨年の富士Sみたいな感じになったとみている。


 2番枠から好発、しっかりとハナを取り切って最序盤でゆったりとペースを支配。ただそこから3角にかけてはむしろ落とさずにキープする形で後続との差を保つ、4角でも馬なりでペースをじわっと上げながら直線。序盤でそこから追いだされて先頭をキープ、L2でも馬場の良い真ん中で踏ん張ってここで突き放しにかかる。L1では流石にグランシルクが詰めてきたがこれを半馬身差保って逃げ切った。


 L3最速なので結構TS持続力が問われたとは思うんだが、思った以上に長く脚を使ってきたのかなという感じ。ただ、どちらかというとL1での踏ん張りというよりも3~4角でしっかりある程度のラップを踏んできた、そこから最後まで踏ん張れたという面の方を評価すべきかなと。ここ2走で言えるのはコーナーでむしろペースを落とさずに入ってきたこと、そして最序盤がスロー、というところが共通点だと思う。


キャピタルS(OP) 14着 15頭7枠13番
東京芝1600m良 1:35.5(+2.0) 46.1-47.4 H^1
12.5 - 10.7 - 10.9 - 12.0 - 12.2 - 12.0 - 11.3 - 11.9

 逃げた中で崩れたレースとなると4走前のキャピタルSなのだが、このレースは前述の2走とは正反対と言っていいかもしれない。最序盤が早く前半の3Fが34.1、これでしんどくなりそうなので中盤で12.0-12.2と顕著に息を入れてきた。そこからのL2再加速という感じで前にいた馬にはギアの上げ下げの上手さを問われたと思う。


 13番枠からまずまずのスタート、ただ押して押して主張するも二の足が遅く内の各馬が先に主導権を握っていく。隊列が決まったところでも外から一気にハナを取り切る形となる。当然息を入れる意識が働いて3~4角では12秒台まで落とし、後続に取り付くタイミングを与えて団子状態で直線。序盤でそこから内内を通して何とか伸びようとするがL2の最速地点では甘くなって少し後退、L1では失速した。


 L2の11.3の地点で交わされているのでもちろんこれよりは遅いんだが、恐らくこの馬の走破ラップで見ても11秒台には入っていると思う。なのでこの馬自身再加速する余力ぐらいはあったと。ただ流石に後続は中弛みでフラットに取り付ける形、こちらは前半暴走、中盤で息を入れるとして前半のロスをカバーできるはずもない。中盤で息を入れる形で完敗を喫したというのは一つある。ただ、新潟日報賞を勝った時が34.3-34.1と平均ながらも11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.0 - 11.5とコーナーで減速しての再加速で出し抜けている。この辺りを考えると前半のペースに無理があると厳しい感じがする。まあこのキャピタルSは苦しい展開になってしまったのは仕方がない。ゲートは安定しているが出脚がイマイチなのがポイントだろう。


2017中京記念に向けての展望

 この馬の場合少なくとも高いレベルまで来たときに逃げられないと安定していないのは事実。そこまで悪くないペースだった大阪ハンブルクCでも内で包まれて最速地点の4角でかなり置かれてしまったし、オーロCも2列目の外でそんなに悪くない位置にいたが要所の反応も少し遅かった。そしてキャピタルS、信越Sでともにハイペースの中で大きく崩れている。逃げないと難しいがハイペースだと崩れるというタイプなので非常に扱いが難しい、というのが正直なところ。個人的な印象としては多分もうちょっと距離があった方がいいタイプで、前走のパラダイスSなんかは顕著に前半スローから中盤でじわっと引き上げ後半TS持続に持ってきている。上手くペースを作って入っていければ中盤~後半にかけて長く脚を使いつつ要所での鋭さもある程度見せている馬なわけだし、1600以下だと最序盤で基礎スピード的に逃げられないリスクが付きまとってくる。前走、前々走は東京、新潟とペースが上がりにくいという舞台でもあったと思うのでここが試金石。ステイゴールド×ダンジグ系というと最近ならマイネルミラノ、代表ならフェノーメノ。どちらもコーナーで上手く脚を使ってくるイメージではあるし、この馬もここ数走は3~4角でしっかりとペースを落とさず入っていることで良さが出た。前半無理なく分散する競馬なら面白いので、中京マイルで逃げ馬が少ない今回のメンバー構成は面白いかも。出方が読めない馬も多いので何ともだが、3~4角で落とさないことがポイントになると思う。前走のグランシルク撃破は個人的には評価したいし、マイル適性はこちらの方が高いと思う。中目の枠から上手くハナを取り切って最序盤でペースを落ち着けられればチャンスだろう。怖さは十分にある一頭だ。



     大混戦に見えても情報的に狙えるのはこの◎○▲3頭!

        絞りに絞った3連複&3連単≪1点馬券≫

           ★★★★★★★★★★★★★

             第65回 中京記念 (G3)

   【◎○▲の決着なら300倍以上も!】特別無料で教えます!

         ――――――――――――――――

       春のG1も絞りに絞った『1点』で的中連発!

         ――――――――――――――――

       【第78回オークス】4600円『1点』的中!

      【第84回 日本ダービー】2220円『1点』的中!

       【第155回 天皇賞・春】610円『1点』的中!

         ――――――――――――――――

        今週の【中京記念】はさらに高配当必至!

           ★★★★★★★★★★★★★
               絞りに絞った
           【3連複3連単1点馬券】
              無料で教えます
           ★★★★★★★★★★★★★

       →中京記念の3連複3連単1点馬券はコチラ←


◆先週も獲った!厳選鞍から万馬券ラッシュ!!

【先週一番の穴のAランク情報】
福島6日目10R
鶴ヶ城特別
◎スーパーモリオン
1万4250円的中!

函館4日目4R ◎ブラウンローズ
3万6460円的中!

福島5日目8R
◎サクレディーヴァ
1万3880円的中!

中京4日目8R
◎オースミメテオール
1万2740円的中!

函館1日目9R
◎ショウブニデル
1万3060円的中!

福島4日目5R
◎トッカータ
1万2690円的中!

中京3日目11R
豊明S
◎ビップライブリー
1万0040円的中!

→絞りに絞った中京記念の1点馬券はコチラ←
pngワールド:中京記念300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、血統はタフな洋芝向き…距離延長で怖さもあり警戒したい
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、ポテンシャルは世代でも最強レベルだが…やはり府中で切れ味勝負がどうか
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ロサギガンティア、昨年もラストは甘く…一足をどこで使えるかがポイントになりそう
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、マイルへの短縮はカギも、芝スタートの方がスタート良くハイペースも得意で要警戒だ
中京記念 2017 出走予定馬:グランシルク、ワンパンチ足りない現状も…坂の上りで鋭さを引き出せれば
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:オーデットエール、前走大外一気は一定の評価も…前半の二の足の遅さはネックに
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロ、総合力を高めてきて抜群の安定感…内枠で五分に出れば
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:モリトシラユリ、パワー型で中山1800は追い風か…しぶとく差し込み賞金加算までいけるか?
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:ヴィブロス、世界を制した末脚は魅力も…瞬間的な反応や鋭さという点では強敵が多く試金石の一戦
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ドロウアカードと武豊、パワーが要る今の馬場は合いそう…強敵相手、全体で平均ペースを作りたい
関屋記念 2017 出走予定馬:ロードクエスト、一昨年にファンを戦慄させた新潟のマイル戦で復活となるか…?
富士ステークス 2017 出走予定馬:サトノアレス、2歳マイル王者が府中のマイルで古馬相手に力試しの一戦…適性は合いそうだが
スワンステークス 2017 出走予定馬:レッツゴードンキ、激しい気性を何とかコントロールし、末脚を爆発させる形で安定
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デスティニーソング、1200m2勝もなずな賞は勿体ない競馬…流れて基礎スピードを活かしたい
シリウスステークス 2017 出走予定馬:マスクゾロ、連覇を狙う立場…ロンスパでどうかと57.5kgのハンデは気になるところ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP