投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

函館記念 2017 出走予定馬:ダンツプリウス、厳しい流れで基礎スピードが活きれば不気味…内枠引いての先行策で妙味あり

2017 7/16(日)
第53回 函館記念(GIII) 函館芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
函館記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 3歳時にはレインボーラインとマイル路線で互角の戦いも古馬との戦い以降なかなか結果を出せないでいるダンツプリウスも函館記念に出走予定。前走の巴賞では先行策からの粘り込みで復調の気配を見せはしたが完敗。とはいえ今回は相手強化に2000mへの延長が吉と出るか凶と出るか。


 内枠は欲しいが、ハイペースまで行ったときに基礎スピード面での怖さは結構侮れない。タイプとしてはケイティープライドと穴馬枠で悩んでいて、ケイティーは昨年の実績もあるんだがダンツの方が前半のハイペースに対する対応力は高いかなと感じる。


NZT(GII) 1着 16頭3枠5番
中山芝外1600m良 1:33.9 46.6-47.3 M
12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 12.1 - 11.8 - 11.7 - 11.7

 遡るが昨年のNZTから振り返る。この時はペース自体はややハイに肉薄する平均ペースギリギリ、というところ。ラップ推移的には最近の中山マイルのトレンドで3角の地点では少し息が入っていて後半少し加速している。基礎スピードも問われたが息を入れてそこからしっかりと後半のポテンシャル面を引き出せたかがポイントになった。


 5番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出していく程度だが外の先行馬が多く内に切り込んできたのでまずは好位ぐらいから入っていく。ただそこから少し掛かってしまって好位馬群の中で落ち着かせながら進める形で3角での減速でも我慢の展開。4角では落ち着いて馬なりの状況で進めながらコーナーワークで上手く2列目まで上がって直線。序盤で一気に先頭に立つがL1の坂で甘くなって伸び切れず、それでも何とかストーミーシーの強襲は防いだ。


 このレースでも中弛みが起こっているし前半がハイペース気味なのでここで掛かりながら入って行ったのは流れとしてはあまり良くなかった。また3角でも緩んでいてここでもブレーキしながらと結構大変だったが4角でもう一度加速という中で馬なりで動けていたし直線で追い出されてからもしっかりともう一段足を使ってきた。ただ後方で脚を残せていて坂の上りで鋭さを引き出してきたストーミーシーには際どく来られた(外から内に切り込みながらの斜行も加わったが)。いずれにせよここで見せたのは基礎スピードを高いレベルで持っていて、少し流れが落ち着いて難しくなり減速をしてもしっかりともう一度動けた。この辺りの器用さがあるので個人的には純正マイラーとは思っていない。もうちょっと距離は持つだろうと。


ダービー卿CT(GIII) 6着 16頭8枠15番
中山芝外1600m稍 1:35.1(+0.4) 48.2-46.5 S^2
12.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 11.6

 そこからは長らくスランプだったがハイペースだった京都金杯は善戦した。そこからダービー卿CTではスローの中でそこそこやれたのは悪くない競馬だったといえる。ペースはかなりのスローでラップ推移的にもL3最速戦。4Fで分散しつつになったのでポテンシャル寄りの競馬かな。4角L3最速でここでのロスはある程度影響しているはず。


 15番枠から五分に出てそこから無理はせずに中団の外目でという競馬に枠的にならざるを得ない。道中もゆったりした流れの中で中団馬群の中目、ダイワリベラルの後ろで3角。3~4角では加速していく過程の中でダイワの直後から外々を回すが狭いところを通す形で直線。序盤で追い出されての反応はイマイチ、L1の坂の上りでもジリジリとはなだれ込んできた、という形での6着だった。


 枠的にむずかしく後半特化の競馬をしてしまったが、そんなに悪い内容ではなかったかなという感じ。本来ならこれだけスローで内枠ならもうちょっと良い位置を取りに行ったと思うんだが、流石にあの枠の並びでとなると出していくにはリスクがあった、というところだろう。あの位置での末脚勝負では本来分が悪い。それでもそれなりには来ていたので悪くはない、というところだ。ただ大阪城Sなんかでも見せているがあまり速いラップを要求されるのは好ましくないようで、本当にいい脚は一瞬しかない、全体で分散するかロンスパ気味になった方がいい、という感じ。要所での一足は割とスッと引き出せるイメージだが。ただいずれにせよスローで各馬が後半余力を持った時に互角以上に戦えるというのは難しい。やはり前半リスクを背負ってでもポジションを取っていくか、もしくはレース全体がハイになるか、だろう。


●巴賞(OP) 4着 8頭2枠2番
函館芝1800m良 1:46.8(+0.3) 47.2-47.2 M
12.2 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.6 - 11.8 - 11.3 - 11.5

 前走の巴賞は負けパターンとしては結構理想的というか函館記念なら面白いなと感じさせる良い負け方だった。ペースこそ平均ではあるが、L4の3角地点で12.6と大幅に緩んでいるので逃げ馬の近くにいたこの馬はここで我慢を強いられたし、ここで取り付けた馬の方が有利に入れた。これはダートだが今年のユニコーンSと同じ理論。まあこのレースは前半はそこまで厳しくはないと思うが、それでもL4の12.6は逃げた池添は何を考えているのかちょっとよくわからないレベル。


 2番枠から好発を切ってハナを主張、ただ外からデンコウリキが絡んでくるのでこれを行かせて番手で進めていく。道中もそこまで離れずに単騎気味の番手で進めていて結構良い流れで中盤までは進めていく。ただ3角の手前で一気にデンコウリキがブレーキをしたので一気に取り付いてしまって仕掛けを待ちながらの競馬になる。そこに外から一気に取り付いてきたサトノが来て直線。序盤でキレ負けしてしまってL1までばててはいないが4着に粘るまでに終わった。


 ハッキリ言ってあそこまで前が下がってきたなら動いていい展開だった。ブレーキをしてそこからまた再加速というのは簡単ではなく、後ろからスピードを落とさずに入ってくる馬の方が当然更にスピードにも乗りやすい。もちろん余力があればの話だが、この馬の場合は普通に基礎スピードが高い馬でポテンシャルもある程度高いレベルにある。3角の緩い地点で落とさずに一気に出切ってしまえれば3~4角での4Fのロンスパに持ち込めたしかつ最短距離を通せた。ここでは仕掛けを待って3~4角でもペースが上がってこなかったので外から押し上げてきたサトノアレスにここで脚を使わせることができず4角出口から直線序盤のL2地点であっさりキレ負けした原因となっている。まあ、逆に言えばこれぐらいの流れだとキレ負けしてしまうのでやはりペースを引き上げてこそだな、というのは改めて実感できたが。


2017函館記念に向けての展望

 できれば極端な高速馬場じゃない方がいいな、というのはある。先週までの函館の感じだと恐らくかなり時計が出るし、前半が遅めにシフトするとトップスピード戦になる可能性すらある。今週の馬場次第だが、この馬自身もある程度時計が掛かっている条件で良さが出てきているし、前走の巴賞の様に息が入って仕掛けも遅くとなるとキレ負けするリスクが大きくなる。ただ今回は2つほどいい材料がある。ひとつはペースはそこそこ上がってきそうという点。もう一つはマイネルミラノの仕掛けならば3角からのロンスパになる可能性が高くなるという点だ。この馬の場合はトップスピード戦ではイマイチだがポテンシャル戦ではダービー卿で悪くなかった。マイルでも時計が掛かっている馬場が良いぐらいなので、距離に関してはもうちょっとあっても良いと思う。また流れても一足は必ず使える印象なので、内枠で先行策、平均~ややハイ程度の流れでしっかりと2列目ポケットを確保できれば3角以降のマイネルミラノの動きでスペースも生まれやすいし最短距離を通しやすい。逃げ馬がだれかにもよるが、巴賞の様に顕著な中弛みでトップスピードタイプが無理なく取り付いてくるというリスクも減る。少なくとも前走のパフォーマンスができれば巴賞組の中での順序の逆転は十分あり得るなという感じだ。重い印を打つかどうかはまだちょっと悩んでいるレベルではあるが、恐らく人気はかなり落ちるし妙味は十分ある。内枠を引けば単穴で狙っても良いかも…というぐらいの扱いかな。



PR【地方競馬出身ジョッキーの予想】

“中央にしても地方にしても、夏競馬は、今まで通りの予想をしていてはダメ”

そう語るのは、現在では予想提供などの仕事もしている遠藤真吾元騎手。
まともに予想をしてはいけないとはどういう事なのか。

まずは今週の【7/16(日)函館記念(G3)】で証明するとのことです。
※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の方。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

▼無料会員登録はこちら



夏競馬は4.5.6月などの春競馬とはまったく違います。

簡単に言うと、
春のG1に出るような超一流馬は夏に休養。
夏はG3クラスの馬があふれかえります。

つまり、
春は、飛びぬけた強い馬がいる。
夏は、皆力が均衡している。

夏はさらに、降給制度、馬主の出走手当目的の出馬、適性の合わない無理な出走など、
一般にはよくわからない条件が絡んだレースが多くなります。

ここで気付いた人はいるでしょう!
つまり、夏競馬は「馬主のしがらみがあるレースが多いので、
その情報さえ手に入れば、走れない馬が最初からわかっちゃうんです。」

そうなると、こういったリンネルクロス(7番人気)を買うことができ、
しかも1点に500円もかけることができる、自信を持った予想を出すことができます。

------------------------------------
プライド
◆7月1日(土) 函館6R
1着:フィーリングハート(2番人気)
2着:リンネルクロス(7番人気)
3着:ショウナンタロット(3番人気)
◆3連単:496,950円(500円投資)
◆キャンペーン名:ミリオネアアタッカー
------------------------------------

そして、当たる。


夏競馬は、勝てる!
※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の方。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

▼無料会員登録はこちら

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

愛知杯2018 出走予定馬:ゲッカコウ、ディセンバーSは強い2着…ロンスパ適性高く噛み合えば怖い存在
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:パッセ、初の函館で洋芝はカギも前走の時計は優秀だ
札幌記念 2017 出走予定馬:ディサイファ、一昨年の覇者で洋芝巧者は確かも…ここ数走をどう判断するか?
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ジョルジュサンク、前走ドスローからの上がり勝負で粘り込み…展開次第だがマイネルミラノが厄介
日経新春杯2018 出走予定馬:ソールインパクト、トップスピード戦では甘く…54kgを活かし前目からしぶとさで勝負したい
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クロコスミア、先頭から一瞬で出し抜く脚は一級品…前走は仕掛け早く
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ドロウアカードと武豊、パワーが要る今の馬場は合いそう…強敵相手、全体で平均ペースを作りたい
富士ステークス 2017 出走予定馬:イスラボニータ、ラストは甘いが瞬時の反応はトップクラスの器用な馬
新潟記念 2017 出走予定馬:アストラエンブレム、近走は先行策で安定…最序盤を上手く運びたい
京成杯2018 出走予定馬:コスモイグナーツ、逃げ粘りは警戒…芙蓉Sはキレ負けで距離の問題ではなさそう
京都大賞典 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、出し切った時はGI級も…二の足遅くスパッとは切れずでスローの上がり勝負では難しい…
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアシュラ、前走は59.1とハイペースで甘く…距離延長でマイペースの粘り込に要警戒
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:ラビットラン、世代屈指の鋭い末脚をもつ実力馬…追走力に難あり中山マイルをこなせるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP