投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

函館記念 2017 出走予定馬:ヤマカツライデン、2000mへの短縮、ハナを切ってもミラノの早仕掛けが厄介で…

2017 7/16(日)
第53回 函館記念(GIII) 函館芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
函館記念2017の予想用・出走予定馬一覧


 同型候補が多い中、何としても逃げて結果を残したいヤマカツライデンが函館記念に出走予定。今回はマイネルミラノにステイインシアトルといった強力な逃げ・番手馬がいるだけに自分のスタイルを貫けるかどうかも今回の大きなポイントになる。2000mへの距離短縮が嵌るかどうか、昨年勝った北海道の洋芝で何とか意地を見せたい。


 高速馬場適性が意外と高いのと、一脚を持っている馬なので上手く主導出来れば。ただ後半はそんなに高いレベルの武器を持っていない。ポテンシャルも足りないし要所の一足で出し抜くと言ってもそこまで鋭く動けない。ペースも上がってしまうと恐らく難しいが息を入れること自体はできる。上手くペースをコントロールして仕掛けも遅れさせたい、という点ではミラノがミスらない限り苦しい立場ではあると思うが。


丹頂S(OP) 1着 13頭8枠13番
札幌芝2600m良 2:41.1 61.7-61.0 M
13.2 - 12.3 - 12.4 - 11.8 - 12.0 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.1 - 11.8 - 11.9

 直近の好走が昨年夏の札幌まで遡らないといけないのでそこまで遡る。丹頂Sでペースバランスは平均で収まったが中間は少し息が入っていて、むしろペースがそれなりに流れたことで3F戦に近い形、仕掛けのタイミングが遅い。2600mでの基礎スピードを問われた一戦。


 13番枠から五分のスタート、そこから二の足良くハナを取り切る。番手のタマモベストプレイとともに3番手以下を引き離して単騎気味にスタンド前を通過。ただ1角辺りから息が入ってくる。向こう正面ではペースを上手くコントロールして息を入れて3角に入っていく。3角でもまだ後続の突き上げがそこまでないので仕掛けを待つ、4角でじわっと仕掛けてタマモと一緒に並んで直線。序盤でそこからじわっと抜け出しL1でもタマモを寄せ付けずの完勝。


 ここで言えるのは早い段階でレースを支配して、しかし遅すぎず中間に上手く息を入れる形になった。後続に対してそこまで取り付かせなかったし、そこからの3F戦と上手く前目で仕掛けを待てたのが好走要因と言っていい。なのでこの感じならもうちょっと距離があってもいいかなという感じだし、逆に言えばペースを1000通過61.7でも単騎で進められたぐらい基礎スピード的に楽ができたのが大きかった。


天皇賞春(GI) 15着 17頭8枠17番
京都芝外3200m良 3:15.7(+3.2) 58.3-74.0(FA12.33)-60.2 H^2
12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2

 前走の天皇賞春は結果的に基礎スピード負けしたかなと。もちろん中間少し息を入れた面もあったがそれ自体は極端ではなく適度なレベルだった。それでもここまで甘くなった以上3200mでもペースが上がると難しいのだろう。全くの余談だが、春天の2000m通過が1:59.7だから例年の函館記念の走破時計から足りる…って言う主張をどこかで見たけど、それはどうかな、と。この時の淀は超高速馬場で、実際天皇賞でもレコードが出ているように後半ラップも余裕はそこそこあったレベル。この馬場で2000通過が1:59.7ということ自体は全然大したことないし、今年の函館の馬場なら良馬場でまともな流れならまず58秒台に入ってくる。勿論ケースバイケースで通過タイムを評価すること自体に意義はあると思うが、今回の場合はほとんど意味はないとみている。


 17番枠から好発、そこから押して押してハナを主張、キタサンもある程度促してはいたがその外からしっかりとハナを取り切る。そのまま単騎でレースを進めつつ向こう正面では息を入れながらもリードを保って3角。3角以降はキタサンブラックがじわっと差を詰めてくる、4角で馬なりで交わされてからは明確に減速、失速した。


 このペースはオーバーペースだったかな、という感じ。前半無理に飛ばして息を入れたのはあるにせよそこからもう一段の脚を引き出そうとして一瞬は対応できたがL3の4角地点では明確に下がっている。12.5-12.2辺りまではこの馬のラップだが恐らくそこからは11秒台に入れる余力などなかったということ。なので前半要素だろう。ここで評価できるとすればそこそこ促されていたキタサンのハナを外から好発切って叩けたことぐらいか。


三田特別(10下) 2着 11頭7枠8番
阪神芝内2200m良 2:11.0(+0.2) 60.0-58.7 S^1
12.6 - 11.2 - 11.4 - 12.5 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.6 - 11.4 - 12.0

 今年の函館は例年から2段階以上高速馬場状態が続いているので、高速馬場でのパフォーマンスも見ておきたい、ということで昨年の三田特別。ペースは1.3のスロー、そこからの2段階加速戦。


 8番枠からまずまずのスタート、外から内に切り込んで楽にハナを取り切って主導権を取り切る。道中ゆったりから3角手前間で徐々に加速しつつ、3~4角中間地点ぐらいからじわっと仕掛けて直線。序盤で出し抜くレベルまでは行かず、外からジュンヴァルカンにジリジリ迫られL1は甘くなっての2着完敗だった。


 ちなみに先述の余談とつなげるのだがどちらかというとこのレースの方が評価ができる。このレースの2000通過が1:58.8で、かつここでは11.4と加速ラップを踏んでという余裕を持っているということになる。なので少なくとも超高速馬場で58秒台の時計に対応できるだけのパフォーマンスは一応見せている。もちろんだが、今回のメンバー構成だと58秒台を出すのは当たり前のメンバー構成で、57秒…不世出のレコードと言われているサッカーボーイの1:57.8をも超えてきても全然驚けない馬場。なので、まあこれだけで戦えるとはまだ思っていないが、意外と高速馬場適性自体は高いと思うので注意は必要。


2017函館記念に向けての展望

 基本的にはレースを支配して仕掛けを遅らせたいタイプ。その点では番手からでも早めに仕掛けてくる可能性が高いマイネルミラノがいるというのは良くないと思う。3角から速いラップを踏むような形になるとそこで脚を使って苦しくなるだろうと。基礎スピードに関しては正直未知数で、58秒で入ってやれるのかどうかは懐疑的。結果を出しているのは基本的にペースをコントロール、どこかで息を入れた平均ペースまでなので本質は長距離で単騎で進めて息を入れる競馬の方が合うと思う。全く怖さがないわけではないが、タイプ的にミラノが天敵になってくると思うので簡単ではないな、というのが率直な感想。それに三田特別の時も超高速馬場ではあったし、レースレベル的にも2着をそこまで高く評価するのは危険。穴人気するようならば基本的には見送りたい。早い仕掛けになると日経賞でも崩れているし、ペースが上がった日経新春杯、京都記念でも完敗。ポテンシャル戦はあまり合っていない印象なので、どちらもやれるマイネルミラノとの比較でタイプ的に見劣るという感じ。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

   第53回 函館記念(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【3連単1000倍は当たり前!】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】最近も巨大的中を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

▼単勝85倍でも
   自信があるから◎▼
7月8日 中京4R
◎マイアフェクション
(11人気・単勝85.5倍)
◯スズカフューラー
△ユラノト
(4人気・単勝6.4倍)
3連単 10万6360円
3連複  1万7240円
馬 単  1万4750円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼オフレコ話入手で
   7人気に堂々◎!▼
6月11日 東京7R
◎キタサンガンバ
(7人気・単勝20.8倍)
○ブランエクラ
△エニグマ
(6人気・単勝17.4倍)
3連単 10万3120円
3連複  1万1290円
馬 単    5860円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼11人気の
  確変話を大スクープ▼
6月10日 阪神4R
◎キクノレレ
(4人気・単勝14.4倍)
△マンボビート
(11人気・単勝60.7倍)
○ホッコーカゲムシャ
3連単 32万3720円
馬 単  9万3450円
3連複  1万7120円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『函館記念(G3)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【3連単1000倍は当たり前!】
完全無料・函館記念
png暴露王:函館記念300_250

━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デニムアンドルビー、屈腱炎後もトップスピード持続力は非凡さ…強い馬だが穴も多い馬で
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアシュラ、前走は59.1とハイペースで甘く…距離延長でマイペースの粘り込に要警戒
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:サトノアラジン、昨年同様超高速馬場で坂の上りでの強烈な切れ味を引き出したい
小倉記念 2017 出走予定馬:サンマルティン、極限まで脚を残しての切れ味勝負向きの感あり…ただ今年の高速馬場は歓迎
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
新潟記念 2017 出走予定馬:ロッカフラベイビー、前走の切れ味は非凡も小頭数団子…ペースとポジションが重要だが
中京記念 2017 出走予定馬:グァンチャーレ、スローペースでの安定感は魅力…掛かり癖不安も内で我慢が利けば
フェアリーステークス2018 出走予定馬:サヤカチャン、アルテミスSでは平均ペースでの踏ん張り…折り合い不安も積極策を期待
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:ジャンダルムと武豊、母ビリーヴと良血に池江泰寿厩舎、人気先行の感はあるが…?
平安ステークス 2017 出走予定馬:クリソライト、地方交流では良いが中央の多頭数で良い位置を取れるかがポイント
札幌記念 2017 出走予定馬:エアスピネル、ルメールとの新コンビが功を奏すか?厳しい流れの中で良さが出る馬
セントライト記念 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、4コーナーで置かれる弱点もあり…相手強化でここが正念場
オールカマー 2017 出走予定馬:ステファノス、高速馬場でのトップスピード持続力が高く…月曜のような馬場で出し切る形なら
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、瞬間的な切れ味はトップクラスだが、ゲートが不安定で色々噛み合えば
スワンステークス 2017 出走予定馬:サングレーザー、札幌でのギアチェンジ、前走の末脚は魅力、不気味さはあるが基礎スピードがどうか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP