投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

函館記念 2017 出走予定馬:ツクバアズマオー、コーナーでの立ち回りの上手さが魅力で函館は歓迎だ

2017 7/16(日)
第53回 函館記念(GIII) 函館芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
函館記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年は年始の中山金杯で鮮やかに重賞初制覇、一皮むけた感のあるツクバアズマオーが函館記念に出走予定だ。中山記念ではそれなりに伸びてきたが日経賞では結果を出せなかったように2500mは少し長かったか。今回は重賞制覇を成し遂げた2000mの距離に戻し、2つ目の重賞タイトルを手中に収めたい。


 人気がどの程度かちょっと読めないんだが、今回タイプ的には面白い。特にコーナーで内からでも動いていけるのが魅力。その点ではマイネルミラノが3~4角で勝負に行く形になればコーナーでペースが上がる、そこを上手く立ち回れればという点で噛み合いやすい条件は整いそうだ。


中山金杯(GIII) 1着 13頭3枠3番
中山芝内2000m良 2:00.6 60.4-60.2 M
12.4 - 11.0 - 12.7 - 11.8 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.4

 まずは3走前の重賞初制覇、中山金杯から振り返る。ペースは平均、年始の中山でややタフな馬場状態だったがペースバランスは平均。大きくは緩まなかったがラップ推移的に見て上がったり下がったりしているので少しトリッキーな競馬になった。その分時計的には遅かったかなという感じ。基本的には前半無理せず後半のポテンシャル勝負、L4最速なので3角付近での立ち回りが問われた。


 3番枠から五分のスタート、そこから無理せず控えて後方に下げていく。そこから1~2角で少し外目を意識しつつ向こう正面。無理せず外に誘導して後方集団で進めていて途中で前との差がなくなって団子気味。3~4角でその外から中団に取り付いて5頭分ぐらい外、それでも楽に進めて直線。序盤で楽々と先頭列まで並びかけ、そのままL1でクラリティスカイを捻じ伏せた。


 まあ結果的にレベルとしては微妙だったかもしれないが、この馬はコーナーでしっかりと動いていけていたことを評価したい。特に3角で速いラップを踏んでいて、ここで外目からしっかりと動いていけているし、終始外々からロスを作りながらの内容。ポテンシャル面とコーナリングの上手さがこの馬の武器になると言える。


中山記念(GII) 6着 11頭7枠8番
中山芝内1800m良 1:48.1(+0.5) 50.3-46.2 S^4
12.6 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7

 この中山記念ではドスローからのL5最速、極端な後半勝負に特化。ただしポテンシャル戦とは言い切れず軽い馬場でかなり速いラップを踏まされる形になった。L5で11.5、これはマイネルミラノの房総にしても後半は終始11秒台でラスト5Fを57.3というラップ。ここまで来るとポテンシャルだけでは難しく、トップスピード面も要求されている。


 8番枠から坂スタートでも五分に出て無理はせずに後方馬群の中で進めていく。道中もあまりにも遅いので流石に手綱を引っ張るような感じで下り坂、そこから前が一気にペースアップする形で3角に入っていく。3~4角でも後方馬群の内目で我慢しながら促されて4角で中目を追走もここで置かれて直線。序盤でそこからジリッとしか伸びず、L1までジリジリとした脚で伸び切れなかった。


 ここではコーナリングで置かれたというよりも単純に質的に苦しかったかなと。スロー自体は問題ない、コーナーでも11.6-11.6と少し息は入っているにせよ流石に5Fでここまで速いラップを続けることは難しかったと思う。というより、そもそもだがアンビシャスが多分上位互換型だっただけで、それより後ろで進めたこと自体が難しい競馬だったといえる。


函館記念(GIII) 3着 16頭5枠10番
函館芝2000m良 1:59.5(+0.5) 60.0-59.0 S^1
12.3 - 11.0 - 12.0 - 12.4 - 12.3 - 11.6 - 11.9 - 11.7 - 11.9 - 11.9

 結構遡るが昨年の函館記念の3着が面白い。内容的には前半はややスロー、そこからの後半のポテンシャル戦でL3最速。この時の勝ち馬がマイネルミラノでミラノの戦法との親和性が高いなと感じた一戦。スローからのロンスパでコーナーでポテンシャル戦に持ち込む形で内からするすると上手く立ち回ってくる。この辺が噛み合えば面白い。


 10番枠からここでは少し出負けしたがそこからある程度リカバーしつつ中団馬群の中、そこから内内に入り込んで進めていく。向こう正面では中団の内内でおっつけながら3角に入っていく。3角でミラノがペースをゆったり引き上げ2列目以降が仕掛ける中最内から馬なりに近い形で楽に押し上げて4列目で直線。序盤で前にいたケイティープライドの後ろから進路を外に持ち出しL1でしぶとく伸びて3着を確保した。


 まあもちろん3着を良しとするかどうか、というのはあるがここで注目したいのはやっぱりコーナーで楽々動けていたということ。小回りで安定しているのはこの馬の特徴だが、恐らくコーナリングが上手くてコーナーでペースが上がってもついていける。ただし、そこまで速い脚を使えないのでコーナーだろうが直線だろうが速いラップを踏まされるとよくないのかなという感じ。なので小回り1周コースの中距離でポテンシャル戦なら大きくは崩れない。


2017函館記念に向けての展望

 まず昨年の函館記念でも見せているように内内を立ち回ってコーナリングの上手さを引き出したい。ただ、昨年で見劣ったのは結局あのペースであの縦の位置取りでは差し込めなかったというところ。つまりやはり結局のところは前半のポジションを取るか、或いは全体のペースがある程度ながれるか、というところ。昨年のマイネルミラノには完敗を喫しているし、ミラノより前というのは現実的に難しい、ミラノもある程度ハイペースで問題ないので個人的にはミラノ以上の評価をするというのは難しいかなとは思う。ただ2列目以降もミラノを追いかけて3~4角で動く形になる可能性が高いので、その流れの中で上手く3列目ぐらいの内内を立ち回れそうなら2着まで考えたい一頭。その点でも枠順の利は欲しいかな。外から捲ってポテンシャル勝負でもやれるとは思っているが、今年の函館の場合は先週の段階でも軽い馬場なので、速いラップを要求されると外々ではちょっと危うさが出てくる。出来ればコーナリングの上手さとミラノの仕掛けを活かして内目を立ち回りたい。



PR【地方競馬出身ジョッキーの予想】

“中央にしても地方にしても、夏競馬は、今まで通りの予想をしていてはダメ”

そう語るのは、現在では予想提供などの仕事もしている遠藤真吾元騎手。
まともに予想をしてはいけないとはどういう事なのか。

まずは今週の【7/16(日)函館記念(G3)】で証明するとのことです。
※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の方。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

▼無料会員登録はこちら



夏競馬は4.5.6月などの春競馬とはまったく違います。

簡単に言うと、
春のG1に出るような超一流馬は夏に休養。
夏はG3クラスの馬があふれかえります。

つまり、
春は、飛びぬけた強い馬がいる。
夏は、皆力が均衡している。

夏はさらに、降給制度、馬主の出走手当目的の出馬、適性の合わない無理な出走など、
一般にはよくわからない条件が絡んだレースが多くなります。

ここで気付いた人はいるでしょう!
つまり、夏競馬は「馬主のしがらみがあるレースが多いので、
その情報さえ手に入れば、走れない馬が最初からわかっちゃうんです。」

そうなると、こういったリンネルクロス(7番人気)を買うことができ、
しかも1点に500円もかけることができる、自信を持った予想を出すことができます。

------------------------------------
プライド
◆7月1日(土) 函館6R
1着:フィーリングハート(2番人気)
2着:リンネルクロス(7番人気)
3着:ショウナンタロット(3番人気)
◆3連単:496,950円(500円投資)
◆キャンペーン名:ミリオネアアタッカー
------------------------------------

そして、当たる。


夏競馬は、勝てる!
※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の方。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

▼無料会員登録はこちら

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

小倉記念 2017 出走予定馬:バンドワゴン、やや過剰人気気味だが…自分のリズムで進めて重賞初制覇へと導けるか
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ホウオウパフューム、寒竹賞で見せた切れ味は非凡だが…ここ2走の内容が悪すぎて…
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ブランボヌール、返ってきた三浦とともに華麗なる復活を遂げられるか?
レパードステークス 2017 出走予定馬:アディラートと武豊、なかなか勝ち切れないが…レースを支配して勝機を掴め
七夕賞 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島民報杯は最後までばてずに食い込む…2000mで前を取れたのは好材料
みやこステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、厳しい流れに持ち込んでこそ良さ…ハイペースを作れるか?
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:シュウジ、ここ3走の崩れは心配も、オーバーペースが要因の可能性高く…
セントウルステークス 2017 出走予定馬:ファインニードル、水無月Sで阪神1200適性を見せ、巻き返しに注意したい
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:エアスピネルと武豊、前走の雪辱誓うも先行馬が少なくペースがカギ
阪神カップ 2017 出走予定馬:イスラボニータ、総合力の高さは屈指、ポジションを取って鋭いギアチェンジで出し抜きたい
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デニムアンドルビー、屈腱炎後もトップスピード持続力は非凡さ…強い馬だが穴も多い馬で
小倉10R 天草特別 予想:本命06タガノアンピール
阪神カップ 2017 出走予定馬:サングレーザー、連勝ストップもGIで強さ…しかし使い詰めに高速1400がどう出るか?
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:カシアス、叩いた未勝利戦でパフォーマンスを上げ持ち時計はNo.1…変にペースが落ちなければ
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP