投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

函館記念 2017 出走予定馬:サクラアンプルール、超スローで器用に立ち回っての怖さはあるが…流れると不安も大きく

2017 7/16(日)
第53回 函館記念(GIII) 函館芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
函館記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年の冬に存在感を発揮、白富士ステークスでは僅差の2着、中山記念でもネオリアリズム相手にしぶとく差を詰める2着、サクラアンプルールが初重賞制覇を狙って函館記念に出走予定だ。GI昇格となった大阪杯二も参戦したが及ばず、ブービー負けを喫してしまった。そこから立て直して夏の北海道から再スタート、まずは重賞タイトルを手にして秋を見据えられるか。


 前走の大阪杯が物足りん。ただ、基本的にこれまでは超スローで結果を残してきた馬だけに、意外と大阪杯のペースですら厳しかったのかもしれない。ただ、一方で関西遠征というのもあった。いずれにせよ今回は前が厳しくペースを作ってきそうなので、前半ついていってやれるのかどうかが今回のポイントになる。


中山記念(GII) 2着 11頭5枠5番
中山芝内1800m良 1:47.7(+0.1) 50.3-46.2 S^4
12.6 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7

 まずは2走前の中山記念では面白い競馬で2着を確保した。個人的には結構ハイレベル戦だったと思っているし、この馬の良いところが出た一戦ではあったと思う。ペースは4.1で超々スロー、ラップ推移的にはL5で一気に11.1、そこから少し前のミラノが息を入れたにせよそれでも後半5Fで57.3と非常に早い時計を出してきた。後半特化の競馬とみて良いし、トップスピード面とポテンシャル面の両面がないとツクバアズマオーの様にどこかで追走で苦しくなってついていけなかっただろう。


 5番枠から五分のスタート、無理せずに内のスペースを狙って後方で進めていく。序盤からかなり緩い流れの中ではあったが後半の早めの仕掛けを見越したかジッと内で我慢。2角過ぎの下りでも掛かり気味に進めていたがそれでも我慢。3~4角でも最内でジッと我慢、11秒台半ばと流れているところでジッと我慢しつつ置かれずついていって3列目に押し上げて直線。序盤でネオリアリズムが外に出したスペースを上手く使って2列目に、L1でそこから伸びたかったがここではネオと脚色同じで伸び切れず、それでもロゴタイプは撃破し2着は確保した。


 ここで見せたのは後半特化、向こう正面で強烈に上がって3~4角で少しだけ緩んだがそれでもなかなか速いラップ、直線入りでもう一度加速という流れの中で内内から楽に立ち回って反応できたところ。コーナリングの上手さもだがギアの上げ下げそのものが上手かったのも見逃せない。前半は超スローの中で内を立ち回ったにせよ後半勝負に比重の大きい中で強い競馬ができたというところは高く評価したい。


白富士S(OP) 2着 14頭8枠14番
東京芝2000m良 2:00.6(+クビ差) 62.9-57.7 S^5
13.2 - 12.5 - 12.3 - 12.4 - 12.5 - 12.2 - 11.9 - 11.2 - 11.0 - 11.4

 3走前の白富士Sも超々スローで緩い流れからのトップスピード戦で結果を出してきた。この時の相手がスローで強いスズカデヴィアスということで、結構面白い戦いになった。


 14番枠からまずまずのスタートだったが大外枠で難しいので無理せずに下げて中団外から進めていく。ただ道中がドスローだったこともあってそこまで追走に苦しまずに中団外で進めて3角。3~4角では外々から徐々に好位列に取り付いて直線。序盤でそこから追いだされてしっかりと差を詰めてくる。L2では2馬身半差からしっかりと差を詰めてきてここで一気に先頭列に並びかけ、L1で抜け出したかというところを内から馬群を捌いてきたスズカデヴィアスに捕えられての2着惜敗だった。


 L4はそこまで速くないがL3で11.2と仕掛けのタイミング自体は決して遅いというほどではなかった。トップスピードの質という観点ではかなり高いレベルのものを見せている(推定10.6前後)が、L1では内で包まれてその分仕掛けが遅れたスズカデヴィアスが伸びてきたしこちらも少しラップ的に落としているというのもあったかなと。瞬間的な切れ味は非凡だし、これぐらい緩い流れの方がいいのは結局はそれを活かしたいから、と考えるべきかなと。


大阪杯(GI) 13着 14頭4枠6番
阪神芝内2000m良 2:00.9(+2.0) 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

 大阪杯は平均ペースだが実質はかなりのスローぐらいだとみている。キタサンの位置では大体61秒前後ぐらいなので、速く見ても概ね60.5-58.5ぐらいではあったと。ただ、前述2走程極端なスローではない、という点はこの馬にとっては微妙だったか?と。


 6番枠からまずまずのスタート、そこから無理はしないが積極的にポジションを取って行為を確保する。キタサンブラックの外で並ぶような感じで序盤を進めていたが、途中でこの馬にとっては速いとみたか少し下げながら3角では中団前目まで下がった。3~4角ではそこから中団馬群の中目を通しているが手ごたえ悪く徐々に下がって中団やや後ろで直線。序盤で追い出されてもいいところなくなだれ込む脚もなくの惨敗だった。


 ペース自体は恐らくかなりのスローなんだが、この馬にしては前半積極的に前に行ったしそこで脚を使ってしまった可能性は当然考えないといけないレベルの惨敗だった。これまでの実績を見てもトップレベル相手で通用しているのは極端なスロー。準OP勝ちの美浦Sを見てもそこそこ流れると結構辛勝だったし少なくともスローのトップスピード戦の方がパフォーマンスが2段階ぐらい上なのは確かだろう。もちろん関西圏への当日輸送は恐らくこの時が初めてでそういった要素も考える必要はあるが、ちょっと負け過ぎではある。


2017函館記念に向けての展望

 まずペースは不安の方が大きい。函館の2000で今回のメンバー構成だとまず極端なスローはないだろう。白富士S、中山記念のような4秒、5秒といったスローバランスはまず期待できない。そうなると持ち味のトップスピード面を要求されにくくなる。また今回はレースの流を考えるポイントとしてマイネルミラノの存在が大きい。平均ペースだろうが早めにコーナーで勝負してくる馬なので、仮にスローからのロンスパなら中山記念の様に嵌る可能性が高くなるが、流れた中でロンスパだと分散されてしまってより速いラップを問われにくくなる。そうなると現時点ではリスクが大きく厳しいだろう。ただ、幸いにして今の高速函館はこの馬にとっては恐らくプラス。仮に60秒台で落ち着けば2秒前後のスローは十分ある。その中で中団内内でジッとしていれば…というところかな。いずれにせよ前半のペースがカギだし、枠順や枠の並びからの展開予想次第で評価を少し変えるかもしれない。現時点では消す可能性がやや高いかな。



PR【地方競馬出身ジョッキーの予想】

“中央にしても地方にしても、夏競馬は、今まで通りの予想をしていてはダメ”

そう語るのは、現在では予想提供などの仕事もしている遠藤真吾元騎手。
まともに予想をしてはいけないとはどういう事なのか。

まずは今週の【7/16(日)函館記念(G3)】で証明するとのことです。
※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の方。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

▼無料会員登録はこちら



夏競馬は4.5.6月などの春競馬とはまったく違います。

簡単に言うと、
春のG1に出るような超一流馬は夏に休養。
夏はG3クラスの馬があふれかえります。

つまり、
春は、飛びぬけた強い馬がいる。
夏は、皆力が均衡している。

夏はさらに、降給制度、馬主の出走手当目的の出馬、適性の合わない無理な出走など、
一般にはよくわからない条件が絡んだレースが多くなります。

ここで気付いた人はいるでしょう!
つまり、夏競馬は「馬主のしがらみがあるレースが多いので、
その情報さえ手に入れば、走れない馬が最初からわかっちゃうんです。」

そうなると、こういったリンネルクロス(7番人気)を買うことができ、
しかも1点に500円もかけることができる、自信を持った予想を出すことができます。

------------------------------------
プライド
◆7月1日(土) 函館6R
1着:フィーリングハート(2番人気)
2着:リンネルクロス(7番人気)
3着:ショウナンタロット(3番人気)
◆3連単:496,950円(500円投資)
◆キャンペーン名:ミリオネアアタッカー
------------------------------------

そして、当たる。


夏競馬は、勝てる!
※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の方。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

▼無料会員登録はこちら

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

函館記念 2017 出走予定馬:ダンツプリウス、厳しい流れで基礎スピードが活きれば不気味…内枠引いての先行策で妙味あり
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:パッセ、初の函館で洋芝はカギも前走の時計は優秀だ
日経新春杯2018 出走予定馬:モンドインテロ、長距離路線でポテンシャルを活かし安定感は随一…ペース・馬場適性の幅広く
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ボンセルヴィーソ、前走で厳しい流れでの中でのギアの上げ下げの上手さを見せて…
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、強烈な切れ味は現役でも屈指…コーナー4つのコースで引き出せるか
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ニシノアップルパイ、厳しい流れでこその一瞬の脚が光る馬だけに、全体のペースがポイント
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:クリスマス、洋芝は合うが、総合力で勝負だと他に強敵多く…少しギャンブルが要るかも
フォワ賞 2017 出走予定馬:サトノダイヤモンド、前哨戦でも強気に脚を出し切る競馬を期待したい
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、1800mは長いと思うが…別定戦で地力最上位は間違いなく
シリウスステークス 2017 出走予定馬:モルトベーネ、内で器用に立ち回れる魅力…前半ペースが上がらなければ力は最上位
ローズステークス 2017 出走予定馬:カラクレナイ、前走は負けすぎ、関西圏で巻き返せるか?…道悪で警戒も
新潟記念 2017 出走予定馬:マイネルフロスト、ここ3走は色々な展開で善戦…総合力を活かす積極的なレースメイクに期待
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:フィエロ、もうそろそろ重賞初制覇を成し遂げたいが…やはり末脚を出し切れるかが焦点…
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:セダブリランテス、2戦2勝、芝で結果を出して底を見せない不気味さもあるが…
関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP