投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

函館記念 2017 出走予定馬:ステイインシアトルと武豊、同型に強敵…厳しい流れにどういう位置で入っていくか

2017 7/16(日)
第53回 函館記念(GIII) 函館芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
函館記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年の充実度は本物か、冬の終わりにオープン入り、夏の初めに重賞初制覇と勢いに乗るステイインシアトルが武豊とのコンビで函館記念に出走予定だ。前走鳴尾記念は上手くペースを落とす逃げで強敵スマートレイアーを退けたが、今回は逃げ馬候補が多く前半の運び方がポイントとなりそう。名手武豊がどうレースを作っていくか。


 タイプ的にはやはりあまり前半飛ばしたくないタイプだとは思う。悪くはないけど福島民報杯では厳しい流れに乗って行った結果良さが出なかった。マイネルミラノが厄介だが上手く全体のペースをスローに落とせるかがポイントだろう。前目からならポテンシャル・TS持続どちらも結構高いレベルにあるし動ける馬なのでチャンスはあると思うし、ミラノが早めに動くと思うので番手でコントロールしてミラノの動きを少し離れた番手で最内からついていくというのもいいかもしれない。この馬が実質ペースを刻む形でコントロールできれば面白いかな。


鳴尾記念(GIII) 1着 10頭8枠9番
阪神芝内2000m良 1:59.4 61.6-57.8 S^4
12.6 - 11.6 - 12.7 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.5 - 11.0 - 11.6

 重賞初制覇の舞台となった鳴尾記念から見ていきたい。ペースは3.8で超々スロー、ラップ推移でみても2段階加速的になっているがL2最速11.0と相当速いラップを踏んでいる。ドスローだったのでトップスピードの質をかなり高いレベルで問われたしもちろん最序盤の段階でのポジショニングも重要だった。


 9番枠から五分のスタート、そこからじわっと出していく形で楽にハナを取り切る。早い段階でペースをコントロールしてスローに落とし、向こう正面ぐらいから徐々にはペースアップさせて後続に動かせない意識を働かせつつ3角。3~4角でもさらにもう一段ペースを上げるが上げ切ることなく、集団を動かせないまま余力を持って4角出口で仕掛けて直線。序盤でしっかりと先頭に立ち出し抜き気味にリードを広げる。L1では流石にスマートレイアーに詰められたがしっかりとクビ差。


 ここまで上手くレースを支配するのは難しいとは思うが、ひとまずスローに落としながら小足にペースを引き上げつつも要所でもう一段鋭く脚を引き出してきたように結構器用である。4角のきついところでしっかり前からペースを引き上げてきているし、コーナーでの勝負が上手そうなタイプだなと。L1は流石に少し差し込まれたが3,4着のマイネルフロスト、スズカデヴィアスがそのまま七夕賞でも好走しているし、レースレベル的にもまずまず高かったとは思う。支配できればこれぐらいはというところ。


福島民報杯(OP) 6着 16頭8枠16番
福島芝2000m良 1:58.9(+0.4) 58.1-60.4 H^2
12.5 - 11.0 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.6

 2走前の福島民報杯では掲示板を確保しきれなかったが悪い内容ではなかったと思う。ペースは2.3でかなりのハイペースだがこれは単騎逃げ、離れた番手のこの馬で大体59秒前後かなというところ、それでも平均では流れていたし、ラップ推移的には3コーナーで少し息が入った程度で基礎スピードを高いレベルで問われた。


 16番枠と大外からまずまずのスタート、そこから二の足でスッとハナを取り切る形で主導権を握りかける。しかし1~2角で外からシャイニングレイが一気に行ったのでこれを行かせて番手でコントロール、Bプランに移行。道中も無理せず進め、3角でシャイニングレイが減速してきた中でじわっと差を詰めてくるがここで外からミラノが動くので仕掛けていく形、2列目で直線。序盤で出し抜かれてしまっていてL1でも伸びずばてず、踏ん張って6着に粘った。


 かなり厳しい競馬になったと思うし、L4地点でじわっと差を詰めているのでこの馬自身は多分淡々とした平均的なラップを踏んでいるだろうと。ただミラノは3~4角でこのペースでももう一段上のギアを引き出してきているように基礎スピードの幅という点ではミラノに分があった。この辺りを考えると平均ペースまで上がってしまうと後半要素を削がれてしまって太刀打ちするのは簡単ではないかも、という感じ。


尼崎S(16下) 1着 8頭1枠1番
阪神芝内2200m良 2:14.5 62.3-59.5 S^3
12.6 - 11.4 - 12.1 - 13.2 - 13.0 - 12.7 - 12.1 - 12.0 - 11.5 - 11.7 - 12.2

 この尼崎Sではスローではあったが仕掛けどころは早かった。ペースは2.8で超スロー、ラップ推移的にはL3最速で2段階加速戦、トップスピード面はあまり問われずポテンシャル特化戦に近いとみていいだろう。


 1番枠からまずまずのスタート、そこからスッとハナを取り切ってすぐに主導権を取り切る。そのままペースをスローに落としつつ3角手前ぐらいから1段階目のペースアップ。3~4角中間地点で最速ラップを刻みながら2段階目の加速でコーナリングで振り切って直線。序盤でジリジリとアドマイヤキズナに詰められ、L1でも差は詰まってきたがそれでも決定的とまではならず、きっちりと首差でしのいだ。


 2段階加速戦でもL3最速なので割とステイヤー色が強い競馬になったと思うがここできっちり結果を出してきたのは適性の幅という点ではプラス材料。ポテンシャル型としてはショパンもグランアルマダも結構強敵だったと思うが、ただパフォーマンス的に見た時には鳴尾記念で見せたトップスピード戦の方が良かったかなという感じ。


2017函館記念に向けての展望

 基本はトップスピード戦の方がいいという点で今の高速馬場状態は歓迎していいと思う。ただペースが上がってしまうとやはり福島民報杯でも3~4角でミラノに対して圧倒されてしまっているようにあまり好ましくない。持ち味は後半のトップスピード面、前目から一足を鋭く使えるところだと思うし、L3最速となってもある程度しぶとく踏ん張れるのが強み。余力を持ってコーナーで速い脚を使いたいというのはあるかな。ミラノは全体のペースがある程度速くてもいい脚を一瞬は必ず使ってくるので、どちらかというとこちらはスローに持ち込んで溜めてもあまり意味がないミラノをこちらのペースに引き込みたいところ。枠の並び次第だが、優位性があるのはミラノの方ではあると思う。仮にヤマカツやミラノが飛ばしていくのであればこちらはあまり無理をしない方がいいだろう。いずれにせよ主導権を取れるかどうか、というのが重要で今回は強敵が多く試金石の一戦。武豊がどういう競馬を選択するか次第でも変わってくるが、当てにはしづらい面もある。現時点では連下で考えておいて、枠順の並び次第で色々考えたい。前目は獲りたいがペース自体は後半勝負に重きを置きたい馬なので、今の高速馬場自体は面白いと思う。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 8/6まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

7/1 函館9R 1万4110円的中
7/2 函館12R 1万3190円的中
6/24 阪神7R 2万5290円的中
6/24 函館9R 2万4790円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!
pngホースメン会議:函館記念300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

札幌記念 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、主導権を取れそうで警戒は必要も…ラストは少し甘くなるので
札幌記念 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、馬場が悪いと不安も…良馬場なら条件は揃っているはず
京都新聞杯 2017 出走予定馬:ゴールドハットと武豊、2200mへの一気の延長は鍵も…2走前は強い内容
シリウスステークス 2017 出走予定馬:トップディーヴォ、道悪巧者…内で器用に立ち回れれば勝負に絡んでくるチャンス
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ベストウォーリア、ルメールとの新コンビで活路を拓けるか…府中は良いがここ3走は物足りず
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノリュウガ、地味だが前走は強敵撃破…大きな不安なく超高速馬場が合えば
日経新春杯2018 出走予定馬:ミッキーロケット、厳しい流れだった昨年が強く…突いて全体の競馬に持ち込みたい
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ドロウアカードと武豊、パワーが要る今の馬場は合いそう…強敵相手、全体で平均ペースを作りたい
東海ステークス2018 出走予定馬:クインズサターン、師走Sは大外ぶん回しが響く…前半のポジションが良ければ警戒も
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ファンディーナ、世代最後の大物候補…最強牝馬世代の真打登場となるか
函館記念 2017 出走予定馬:ヤマカツライデン、2000mへの短縮、ハナを切ってもミラノの早仕掛けが厄介で…
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:ジューヌエコール、1200への短縮は面白そう…相手強敵も50kgで警戒必要だ
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:トリコロールブルー、フリージア賞で府中適性を示し…距離延長でゆったりと運べそうなのは好材料
中山金杯2018 出走予定馬:ダイワキャグニー、府中ではトップレベルも…唯一の右回り弥生賞の負け方は不満が多い
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:ヴィブロス、世界を制した末脚は魅力も…瞬間的な反応や鋭さという点では強敵が多く試金石の一戦
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP