投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

七夕賞 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、57.5kgのトップハンデでも参戦…大阪杯の惨敗は気になるが

2017 7/9(日)
第53回 七夕賞(GIII) 福島芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
七夕賞2017の予想用・出走予定馬一覧


 出走するか回避するか読めなかったが57.5kgのハンデでも果敢に参戦、昨年の福島記念馬マルターズアポジーが再び福島の七夕賞に出走予定だ。今年は小倉大賞典も厳しい流れを刻み切って押し切るなど地力強化は顕著と言っていい。GIではどうしても足りないが、ローカルの小回り1周コースの適性は抜群。強敵は多いがその中でも自分のスタイルを貫いて福島の鬼を襲名したい。


 タイプ的にも飛ばしてOK、コントロールしてのロンスパもOKと幅の広い逃げ馬ではある。ただ前走の大阪杯は少し脆かったというのはあるのでその辺りをどう判断するか。立て直してしっかりと結果を出せるか。


福島記念(GIII) 1着 16頭2枠3番
福島芝2000m良 2:00.8 61.0-59.8 S^1
12.3 - 11.3 - 12.0 - 12.8 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 12.8

 まずは4走前同じ福島2000m重賞の福島記念勝ちから振り返っておく。ペースバランスは1.2でややスローからの後半のロンスパ戦。L2最速で11.5だがそこまで速いラップを踏んではいない。最低限の基礎スピード面とそこから後半のポテンシャル面を高いレベルで問われた一戦とみていいだろう。


 3番枠からまずまずのスタート、そこから楽にハナを取り切って主導権を握る。そこからはペースをコントロールしつつ1~2角では落としてくる。向こう正面では引き付ける形、3角でマイネルハニーが番手から仕掛けてくるがこれを馬なりで楽に寄せ付けず直線。序盤で一気に出し抜いて勝負を決める、L1でゼーヴィントには迫られるがセーフティリードを保っての完勝だった。


 福島記念の場合は前半にペースをコントロールして後半の4F戦、ロンスパに近い形で3角からペースアップ、4角の急コーナーでもう一段上げるような感じでしっかりと後続を振り切った。いかにも福島が合いそうな競馬をしてきたし、内容的に見ても相手関係を見てもゼーヴィントを楽に撃破できたのは評価しないといけないところだろう。素直に強かった。


小倉大賞典(GIII) 1着 16頭4枠7番
小倉芝1800m良 1:45.8 46.2-48.2 H^2
12.2 - 11.1 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.9

 2走前の小倉大賞典も強い競馬だったが福島記念とはパターンが違う。1800mと距離も微妙に違ったが、2秒とかなりのハイペース、ラップ推移的にも淀みなく速いラップを踏んで息を入れることのない基礎スピード特化の消耗戦となった。


 7番枠からまずまずのスタート、そこから軽く出していく程度で楽にハナを取り切り主導権を握る。道中もマイネルミラノがある程度突いてきたのもあるがそれを堂々とペースを引き上げることで受ける形。3~4角でも楽な手ごたえで2列目以下を離して4角出口で3馬身ぐらいにリードを広げて直線。序盤で突き放して勝負を決める、ラストにじわっとヒストリカルには詰められたが大勢に影響なしの完勝だった。


 内容的には基礎スピード特化の競馬で後続を捻じ伏せてきた。ペースを引き上げて後半要素を削ぐという形の競馬でも強い競馬ができたというのは大きいし、マイルでは難しかったがこの距離なら前半の基礎スピードが武器になってきたといえる。2000でやれるかはともかくとして前半勝負、後半勝負の両面でも高いレベルのパフォーマンスを見せてきたのは強みと言えそうだ。


大阪杯(GI) 12着 14頭7枠11番
阪神芝内2000m良 2:00.4(+1.5) 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

 ただGI昇格となった大阪杯では惨敗を喫した。ペースバランスはこの馬が刻んだもので平均で抑えているのだがこれで大きく崩れてしまったのは不満が多い。


 11番枠から五分のスタートを切って二の足で楽にキタサンブラックの外から行き切ってハナを主張していく。道中も楽に単騎気味に平均ペースで飛ばしていくが決して無理なペースではない。3~4角でもペースを引き上げてレースラップを刻んでいくが4角でキタサンがじわっと詰めてきて直線。序盤ではまだ1馬身半はあったリードもあっという間に交わされてしまい、ラストは失速した。


 惨敗で、正直無理のないペースだったし上手くレースを作ってくれたと思う。輸送があったのは間違いないし馬体減の影響も否定はできないが苦しい競馬になってしまった。有馬記念の場合は2500mということもあったし難しい競馬だったと思うが2000で実績を残していただけにこの一戦をどう評価すべきか。坂の影響はないというよりL1の坂の上りの時点までにすでに失速していたので坂が原因ではないとみている。


2017七夕賞に向けての展望

 まあ福島記念のパフォーマンスだけ出来ればもちろん期待は十分できるがあの時は54kgと軽ハンデの立場だった。今回はトップハンデの57.5kgを背負うことになる。福島記念では強かったが大阪杯で大きく崩れて状態面での不安もあった中、少し休養を経たことでどこまで立て直すことができるのかがポイントにはなる。ただコーナーでしっかりと動いていって4角で鋭く出し抜く競馬ができているので余力を持ってコーナーに入れれば福島巧者らしい立ち回りの上手さは警戒しないといけないだろうと。また1800m戦ではあるにせよ小倉大賞典の内容は素直に強かった。厳しいペースを作ったとしても崩れない可能性も十分にある。相手関係的にはゼーヴィントはこのハンデの差では厄介だと思うが、このメンバー構成ならペースを引き上げてしまうのも手だろう。色々な競馬の引き出しがあるのは魅力なので、後は状態面をしっかりと戻してこれているかだろう。現時点では力は評価するものの悪い条件が多いので連下での押さえを中心に考えている。



PR【夏競馬で勝つには、まともに予想をしてはいけない。】

そう語るのは、現在では予想提供などの仕事もしている遠藤真吾元騎手。
まともに予想をしてはいけないとはどういう事なのか。

まずは今週の【7/9(日) プロキオンステークス(G3)】予想で証明するとのことです。

▼無料会員登録はこちら

※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。


夏競馬は4.5.6月などの春競馬とはまったく違います。

簡単に言うと、
春はG1に出るような超一流馬は夏に休養。
夏はG3クラスの馬があふれかえります。

つまり、
春は、飛びぬけた強い馬がいる。
夏は、皆力が均衡している。

これだけでも大きな違いですが、夏はさらに、
降給制度、馬主の出走手当目的の出馬、適性の合わない無理な出走など、
一般にはよくわからない条件が絡んだレースが多くなります。

ここで気付いた人はいるでしょう!
つまり、夏競馬は「何かのしがらみがあるレースが多いので、
その情報さえ手に入れば、初めから、走れない馬がわかっちゃうんです。」

そうなると、こういったリンネルクロス(7番人気)を買うことができ、
しかも1点に500円もかけることができる、自信を持った予想を出すことができます。

------------------------------------
プライド
◆7月1日(土) 函館6R
1着:フィーリングハート(2番人気)
2着:リンネルクロス(7番人気)
3着:ショウナンタロット(3番人気)
◆3連単:496,950円(500円投資)
◆キャンペーン名:ミリオネアアタッカー
------------------------------------

そして、当たる。


夏競馬は、勝てる。
しかし、その勝ち方が一般には情報が出回らないので、専門家に任せるのが得策です。
※新聞やTVは、僕らでも知っている一般的情報がほとんどなので注意してください。

▼無料会員登録はこちら

※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

平安ステークス 2017 出走予定馬:クリソライト、地方交流では良いが中央の多頭数で良い位置を取れるかがポイント
新潟記念 2017 出走予定馬:タツゴウゲキ、今後は55kgに…新潟の2000でスローだと微妙な感はあり…
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:キングズガード、根岸Sでは内容的にカフジ・エイシンに完敗…芝スタートで良いポジションを取って逆転なるか?
阪神カップ 2017 出走予定馬:レーヌミノル、1400mへの短縮は歓迎…前半強気にレースを作って基礎スピードで勝負したい
京阪杯 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、高松宮記念馬も…ここ2走の内容が酷く復調は遠い気も
ファンタジーステークス 2017 出走予定馬:コーディエライト、未勝利勝ちは圧巻、新潟2歳Sは決め手でも見劣らず…素材は確かで楽しみな一頭
レパードステークス 2017 出走予定馬:ノーブルサターン、常に過小評価だがギアの上げ下げが上手く新潟1800は面白そうな条件
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、兄も通ったダービーへの路…完成度を高め、ここで一気に台頭に要警戒だ
スワンステークス 2017 出走予定馬:サングレーザー、札幌でのギアチェンジ、前走の末脚は魅力、不気味さはあるが基礎スピードがどうか
目黒記念 2017 出走予定馬:マイネルサージュ、前走はペースが速く淀みない流れで苦戦…息を入れて要所のギアチェンジで出し抜きたい
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:カレンシリエージョ、前走は圧勝も楽な相手…今回は強敵が多く
函館記念 2017 出走予定馬:ダンツプリウス、厳しい流れで基礎スピードが活きれば不気味…内枠引いての先行策で妙味あり
クイーンステークス 2017 出走予定馬:パールコード、ゲートセンスは確かで怖さはあるが1800は少し短いかも
中京記念 2017 出走予定馬:ダノンリバティ、高速馬場ならペースが速くても対応…今の中京の馬場は噛み合いそうで
愛知杯2018 出走予定馬:マキシマムドパリ、ここ2走はキレ負け…56kgカギももう少し意識的に仕掛けたい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP