投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

プロキオンステークス 2017 出走予定馬:アキトクレッセント、新星荻野極とのコンビで重賞初制覇となるか?

2017 7/9(日)
第22回 プロキオンステークス(GIII) 中京ダ1400m
予想用・出走予定馬一覧
プロキオンステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 競馬界の新星・荻野極とのコンビで昨年冬から急成長、欅ステークスでも2着と結果を残したアキトクレッセントがプロキオンステークスに出走予定だ。オープン入り初戦の欅ステークスでは内からスルッと抜け出す器用な走りを見せたが強豪エイシンバッケンの末脚には屈した。ただ今回はそのエイシンが回避、カフジもドバイ明けと付け入るスキはある。人馬ともに充実した今、思い切った競馬で結果に繋げたい。


 地力という面ではまだ一段足りないかなと思う。ただ総合的に隙の無い馬ではあるし、立ち回りが上手い。そのうえで傾向としてみればやはりペースはある程度は上がった方がいいと思うのでこの面子で前目でペースを適度に引き上げられればチャンスは出てくるかな。特に対カフジテイクを考えた時に余裕のあるペースを作ってしまうと鋭さで明らかに見劣る。なのでまず前々で主導して直線までにしっかりとリードを取って進めていきたいし、瞬間の出し抜きで粘りこめればというところかな。エイシンバッケンが回避したのでチャンスは増えたとは思う。


鎌倉S(16下) 1着 16頭3枠6番
東京ダ1400m稍 1:23.0 34.9-36.1 H^2
12.6 - 11.0 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 11.9 - 12.3

 2走前準OPを勝ち上がったレース、鎌倉Sを振り返る。東京でダートスタート、1.2でかなりのハイペース。ラップ推移的には後半は12秒前後を連続するような感じで速いラップはそこまで要求されなかった。前半の基礎スピード面をある程度高いレベルで問われた。


 6番枠で五分のスタートからじわっと出していって2列目に加わっていく、そこから最終的にはじわっと外からハナを取り切る形。3~4角では少し息を入れるような形で後ろの仕掛けを待ちながら直線。序盤でもまだ仕掛けを待っていて2列目勢の追い出しを見ながらL2の坂の上りの手前でゴーサイン。そこからも突き抜けられないがしぶとく抵抗、L1ではチェリーサマーを寄せ付けず、クワドループルの追撃も振り切っての勝利となった。


 辛勝という感じではあったが主導権を取ってハイペースを作って捻じ伏せてきたのは立派。ただ相手関係は決してハイレベルとは言い難く、ハンデ戦で57kgを背負って厳しい流れで押し切ったと内容的には評価できるがレースレベル的に過度に評価するのは危険かなと感じていた。


欅S(OP) 2着 16頭2枠4番
東京ダ1400m重 1:22.4(+0.3) 34.4-35.8 H^2
12.3 - 10.7 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 11.7 - 12.0

 前走の欅Sは相手が悪かった、という感じではあるがカフジテイクを考えればそうも言っていられない面もある。エイシンバッケンにこのペースではトップスピードの質・持続力で面倒を見られてしまったということになる。ペースは1.4でかなりのハイだがダートスタートで高速ダートなのでなかなか上げ切れず。L3-2で加速、L2最速戦と直線で速いラップをある程度踏んでいる展開になった。


 4番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出していって2列目のポケットで進めていく。道中も割と楽に前に取り付いてむしろ少し掛かるぐらいの感じ。3~4角でも2列目の内目で徐々に外を意識しつつも待たされて直線。序盤でそこから内に進路を切ってスッと反応、L2の坂の上りで抜け出しにかかる。しかしL1では甘くなって最後はエイシンバッケンの強襲に成す術なしだった。


 こういう競馬になってしまうとちょっと難しかった。といってもエイシンバッケン以外と比べると要所の反応の良さは決定的な武器になっていたし、中京でもそうだが坂の上りでしっかりと加速ラップで動けるというのは強みと言っていい。ただそれでもペースがそこまで上がり切らずこちらも一足を使える程度のペースでは、後半型でも強敵と言っていいエイシンバッケンレベルの脚を削ぐことはできなかったという感覚。


クリスマスキャロル賞(10下) 1着 15頭8枠14番
阪神ダ1400m重 1:22.8 33.2-37.8 H^5
12.1 - 10.2 - 10.9 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 13.0

 4走前のクリスマスキャロル賞では道悪の中での超々ハイ、ラップ推移的にも後半は消耗度合いがきつい競馬になっているのは一目瞭然。基礎スピード特化戦だ。


 14番枠から五分には出たが二の足がイマイチで一旦後方に近いところまで下がる。前が強烈に飛ばしていく中で中団馬群の中までリカバーして前に壁を作りながら3角に入っていく。3~4角でも好位列の後ろで仕掛けを待ちながら好位で直線。序盤で狭いところに突っ込みながら2列目、L1で進路をしっかりと取り切って一気に抜け出し完勝。


 時計的には正直高速ダートでここまで上がり切ったペースということを考えると微妙といえる。L1も13.0と大きく落としていた中での抜け出し。この面子の中では余力があったというのは間違いないが、基礎スピード特化戦としてみた時にレベルが高かったかと言われると疑問がある。ただ超々ハイという極端なハイペースでも無理せず追走すれば最低限の対応はできているのかなと。


2017プロキオンステークスに向けての展望

 面白い存在ではあるけど、少なくともカフジテイク・回避したがエイシンバッケンとの比較でみると足りないと思う。また基礎スピード特化戦でもある程度はやれたが1000万下で時計的にも平凡、高速ダートでの基礎スピード特化戦としてはレースレベルも微妙という中でのものだっただけに何とも言い難い。個人的には前走の欅Sではエイシンバッケンには敗れたもののラストダンサーやタールタンといった高速ダート巧者を撃破、しかも要所での反応の良さを見せてのものなのでどちらかというとペースをある程度はコントロールした方がいいタイプになるのかなと。厳しい流れに持ち込み過ぎると不安はあるが、ある程度のハイペースでコントロールしてL2の坂の上りで鋭く出し抜く競馬に持ち込めれば…というところ。ただそれでもカフジテイクが切れ味では勝ってくるので後はどれだけポジション差を作りつつレースを支配できるかかな。人馬ともに面白いコンビなので期待はしているが、勝ち切るまでとなると隊列の妙でちょっと恵まれないとというところ。エイシンバッケンが回避したので個人的には連下想定だったがもう少し引き上げる可能性はある。時計勝負でとなると強敵が多いので厳しい流れを想定する場合は評価を下げるつもり。



PR【夏競馬で勝つには、まともに予想をしてはいけない。】

そう語るのは、現在では予想提供などの仕事もしている遠藤真吾元騎手。
まともに予想をしてはいけないとはどういう事なのか。

まずは今週の【7/9(日) プロキオンステークス(G3)】予想で証明するとのことです。

▼無料会員登録はこちら

※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。


夏競馬は4.5.6月などの春競馬とはまったく違います。

簡単に言うと、
春はG1に出るような超一流馬は夏に休養。
夏はG3クラスの馬があふれかえります。

つまり、
春は、飛びぬけた強い馬がいる。
夏は、皆力が均衡している。

これだけでも大きな違いですが、夏はさらに、
降給制度、馬主の出走手当目的の出馬、適性の合わない無理な出走など、
一般にはよくわからない条件が絡んだレースが多くなります。

ここで気付いた人はいるでしょう!
つまり、夏競馬は「何かのしがらみがあるレースが多いので、
その情報さえ手に入れば、初めから、走れない馬がわかっちゃうんです。」

そうなると、こういったリンネルクロス(7番人気)を買うことができ、
しかも1点に500円もかけることができる、自信を持った予想を出すことができます。

------------------------------------
プライド
◆7月1日(土) 函館6R
1着:フィーリングハート(2番人気)
2着:リンネルクロス(7番人気)
3着:ショウナンタロット(3番人気)
◆3連単:496,950円(500円投資)
◆キャンペーン名:ミリオネアアタッカー
------------------------------------

そして、当たる。


夏競馬は、勝てる。
しかし、その勝ち方が一般には情報が出回らないので、専門家に任せるのが得策です。
※新聞やTVは、僕らでも知っている一般的情報がほとんどなので注意してください。

▼無料会員登録はこちら

※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

小倉2歳ステークス 2017 出走予定馬:ヴァイザー、前走は先行策から強い勝ち方も…血統的に1200が合うか?
函館記念 2017 出走予定馬:サクラアンプルール、超スローで器用に立ち回っての怖さはあるが…流れると不安も大きく
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、ドバイ遠征帰りの不安に昨年のようなハイペースで強烈な末脚を削がれないかどうか
愛知杯2018 出走予定馬:マキシマムドパリ、ここ2走はキレ負け…56kgカギももう少し意識的に仕掛けたい
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:ヴィブロス、世界を制した末脚は魅力も…瞬間的な反応や鋭さという点では強敵が多く試金石の一戦
小倉記念 2017 出走予定馬:ストロングタイタン、後半のポテンシャルは間違いなく…主導権を取って流れを引き寄せたい
ローズステークス 2017 出走予定馬:モズカッチャン、オークスは上手く噛み合った…強敵相手、仕掛けどころがポイントになりそう
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンビクトリーと武豊、馬体の充実でマイルを克服し重賞連勝なるか?
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ベストウォーリア、ルメールとの新コンビで活路を拓けるか…府中は良いがここ3走は物足りず
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アエロリット、府中マイルGI馬同士の対決…3歳牝馬の強さをここで見せつけたい
新潟大賞典 2017 出走予定馬:サンデーウィザード、コーナーで動いていくところで良さ…新潟外回りの適性がカギに
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:エテルナミノル、エリ女の負け方は距離か中1週の反動か?前目から決め手を活かして台頭なるか
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クロコスミア、先頭から一瞬で出し抜く脚は一級品…前走は仕掛け早く
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインファビラス、厳しい流れで良さが出る一頭…強気に前を突いていきたい
函館記念 2017 出走予定馬:ヤマカツライデン、2000mへの短縮、ハナを切ってもミラノの早仕掛けが厄介で…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP