投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【競馬】河内調教師と岩崎騎手に見る師弟愛 若手の台頭が難しい中央競馬

128

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/07/04(火) 11:40:56.83 ID:xLNd685n0
厳しさこそ、本当の愛情-。
河内洋調教師(62)と岩崎翼騎手(23)。
師弟関係にそんなことを思った。河内師といえば、騎手時代に全国リーディングの座に3度輝き、00年には五大クラシック完全制覇を達成。
03年に惜しまれつつ引退し、調教師に転身した名手だ。
厩舎開業7年目となった13年に、所属騎手として迎え入れたのが岩崎。5年がたっても「アイツが乗る時はいつも胃が痛くなる」と河内師。岩崎Jは「怒られてばかりです。でも、厳しいけど、優しい先生です」と照れ笑いする。

 将棋の藤井四段、卓球の張本選手らのようにはいかない。
競馬は若手の台頭が難しい。
C・ルメール騎手、M・デムーロ騎手といったJRA免許を取得した外国人騎手が活躍。
リーディング上位はベテラン騎手ばかりだ。10位以内に20代がいないのだから、いかに若手が育ちにくいかが分かるだろう。

 「昔とは違うからなぁ。今は乗り代わりが当たり前」と河内師。
優勝劣敗。勝負の世界なのは、昔も今も変わらないが、義理や人情が希薄となりつつある時代。
馬の騎手選びも、馬主から理解を得られないことにはうまく進まない。
重賞を勝っても乗り代わるのだから…。

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬】 ネオリアリズム、シュタルケ騎手とのコンビで天皇賞へ
浦和・小久保智厩舎所属馬から禁止薬物プロカインを検出 失格及び厩舎馬出走停止
【競馬】エピカリスが出なくてもベルモントS 6億弱の売上
noimage
noimage
アーモンドアイの次走はオークスの模様
noimage
ゴールドアクターが引退 種牡馬入りへ 種付料は50万円
菊沢調教師「モレイラ、これまでこんなジョッキーは見たことがない」
音無調教師「池添君が今後の手本になる完璧な騎乗をしてくれた」
【東京大賞典】またも3歳馬!オメガパフュームがGI初制覇!
【セレクトセール】初日1歳馬/2018 サトノアーサーの全弟2.5億円 初年度アメリカンファラオ1.8億円他
【金鯱賞】ヤマカツエース1番人気に応え連覇達成!
武豊「凱旋門賞でディープインパクトを勝たせてあげられなかった」
【競馬】 JRAの無観客競馬 2日間合計で前年比91億円の減収 ネット投票は増収
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP