投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

プロキオンステークス 2017 出走予定馬:キングズガード、根岸Sでは内容的にカフジ・エイシンに完敗…芝スタートで良いポジションを取って逆転なるか?

2017 7/9(日)
第22回 プロキオンステークス(GIII) 中京ダ1400m
予想用・出走予定馬一覧
プロキオンステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年はフェブラリーステークスに果敢にチャレンジも11着…それでも安定感を見せてきたキングズガードがプロキオンステークスに向けて出走予定。前走の天保山ステークスでも後方外からしっかりと伸びてきた。根岸ステークスではカフジ、エイシンと2頭に先着を許す形となったが、昨年3着のこの舞台で再度結果を残し、成長をアピールしたい。


 単純な決め手比べだとカフジテイクはもちろん、恐らくエイシンバッケン相手でも厳しい。ただ基礎スピードを問われた方がいいタイプではあるし、その点では他と比べて優位性はある。ただエイシンもハイペースは歓迎できるので、現時点ではそれ以上の評価は…という感じかな。


天保山S(OP) 2着 14頭3枠3番
阪神ダ1400m良 1:22.6(+0.2) 34.0-36.7 H^2
12.1 - 10.5 - 11.4 - 11.7 - 12.0 - 12.0 - 12.7

 直近の好走となると悩ましいが前走の天保山Sを振り返りたい。阪神1400らしく2.7で超ハイペース。ラップ推移を見ても分かるように淀みのない競馬になった。基礎スピード特化戦で後方からでも脚を使わされるぐらいのペースだったといえる。


 3番枠から出負けして後方からの競馬となる。道中も後方馬群の真ん中に突っ込んで3角に入っていく。3~4角でも前が引っ張っていたので相当縦長になっている、という中で後方の中目から4角出口で外に出す。序盤で一気に中団まで詰めてくるが前との差が大きい。L1でもめげずにバテ差してきたが最後は基礎スピードで押し切られた形の2着。


 ただL1まで脚色を落とさず食い込んできた、L1でかなり減速しているのでもちろんこの馬自身も減速しているのは間違いないが、それでもこのペースの中で追走しながら最後までしぶとく脚を使ってくるのがこの馬の強み。なのでハイペースで崩れていないのはこの辺が大きいかな。ある程度割愛するが昨年のプロキオンSでもノボバカラがぶっとばす基礎スピード特化戦の中でしぶとく差し込んで3着を確保してきた。もちろんあまりハイだと苦しいとは思うしベストとは思っていないが、他に比べて相対的に苦にしないのは強みである。


根岸S(GIII) 4着 16頭7枠14番
東京ダ1400m良 1:23.6(+0.6) 35.0-36.1 H^2
12.2 - 11.0 - 11.8 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 12.2

 根岸Sでは内容的に完敗だったといえる。ペースは1.1でかなりのハイだが極端ではない程度。ラップ推移的にもL1が12.2と落ち込みも小さく、後半勝負ならトップスピードの質、持続力も問われた。


 14番枠から出負けして後方からの競馬はいつも通り。そのまま後方馬群の内目で進めながら、3~4角でも内目で我慢しつつ直線で中目。序盤でエイシンと違ってスペースを見つけてしっかりと外から追いだされるのだがイマイチ反応できない。L2であっさりカフジにも捕えられたし、踏み遅れたエイシンバッケンに最後は交わされて僅差だが3着も死守できなかった。


 ペース自体はかなりのハイに入ってくるが、それでもダートの1400としてみれば比較的コントロールされていた流れ。芝スタートではないのでどうしても序盤そこまで上がり切らないし、そうなると直線での決め手勝負では少し分が悪かった、というところ。質的にはカフジに圧倒されたのは言うまでもないが、エイシンバッケンも直線でスムーズさを欠いていたのに最後に決定的な伸びで差し切られていた。TS持続という側面でもイマイチで半端な立ち位置だなと感じた一戦。


武蔵野S(GIII) 4着 16頭7枠13番
東京ダ1600m重 1:34.4(+0.6) 46.6-47.2 M
12.2 - 10.7 - 11.6 - 12.1 - 11.7 - 11.7 - 11.6 - 12.2

 ただ、武蔵野Sではかなり強い競馬をしたといえる。この時はタガノトネールの生涯最後の大掛となったレースで、ゴールドドリームと比較してもタガノはGIレベルの競馬をしてきている。高速ダートでペースこそ平均だが淀みは小さくL4の段階で11.7と速い。4F戦で分散していて後半の中間的な脚を連続する競馬になっている。ダートではあまりないパターンだが淀みなく分散しているのもあるが、それでも高速ダートである程度速いラップを踏む必要はあった。


 13番枠からやや出負け、そこから芝スタートで勢いもついて中団の外目で進めていく形になる。道中も積極的にポジションを押し上げていきながら3角。3~4角では好位の外々からの勝負になってかなりロスが多い中で好位3列目で直線。序盤でそこから追いだされてジリジリとは伸びてくるがなかなか差が詰まってこずに先にゴールドドリームに抜かれる。それでもL1の減速地点ではしぶとく食らいついてゴールドとの差もそんなに開かなかったしカフジテイクにも差されたが悪くない4着だった。


 対カフジで見た時にはマイルで4F戦と分散する中で外から正攻法の競馬をしたこちらに対してカフジテイクは3~4角で内目を立ち回っていた。この一戦に限れば対カフジで着差が1馬身で収まっていることからも高いパフォーマンスだったといえる。後半勝負でも分散する形で結果が出てきていたのは大きいし、単純に道悪が得意ということもあっただろうが強かった4着だとみている。


2017プロキオンステークスに向けての展望

 ポイントはやはりある程度ながれるかどうか。今年も強敵は多いが昨年のノボバカラやニシケンモノノフほどはっきりとした基礎スピード特化得意型というのは少ない。この馬自身上手く立ち回っていたにせよあれで3着に食い込めたのであればひとまず今回適性的にチャンスはある。ただエイシンバッケンもハイペースが問題ないうえで根岸Sのパフォーマンス的にちょっと見劣っていたところはある。その辺りを踏まえると後ろからで同じ様な位置取りではそれ以上の評価は難しい。なので連下をベースに考えているし、仮に道悪になったとしてもエイシンバッケンは道悪が得意なので一気に逆転できるかは微妙なライン。ただ、対エイシンバッケンで見ると芝スタートならこちらの方が速い、という感じはあるので、今回先行勢が少なく追込み勢が多い、というダート1400戦としては結構特殊なメンバー構成の中で、案外楽にハイペースの中で中団ぐらいを確保、3~4角で後続のカフジ・エイシンに対して前受出来る立場なら面白い。ただここでも緩んでしまうとカフジの切れ味が2段階ぐらい上なので苦しくなる。あくまで単調な流れの中で2強に対して上手くポジションを取って進めたいところ。信頼度はある程度高いと思っているけど、勝ち切るまでいくなら前半を攻めたいところだ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第22回 プロキオンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
プロキオンSを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年では1人気[3.2.4.1]、2人気[1.4.2.3]、3人気[1.2.0.7]と上位人気馬の活躍が目に付くが平均配当では馬連5760円、3連複6490円、3連単5万7940円と波乱傾向にある。12年にはトシキャンディ(12人気)が勝利し馬連・3連複が万馬券、3連単は30万馬券の特大馬券。11年にもシルクフォーチュン(9人気)が勝利し馬連万馬券、3連単11万馬券が飛び出すなど、大波乱になるケースも少なくない。阪神競馬場から中京競馬へと開催場が変更になったここ4年でも、3連単は3度万馬券となっており、伏兵が馬券に絡んでいる。

昨年のダート重賞15戦12勝の的中実績を誇る競馬セブン。ダートGIも2戦2勝とダート戦では高確率の的中実績。競馬セブンの情報力と分析力は他には真似できない実績を誇り、公にはならない関係者の裏情報を入手できるのです。

実はプロキオンSに出走の、とある陣営からの勝負情報を入手している競馬セブンでは「配当妙味もあり、馬券3点で仕留められる」と情報班からの報告もあり、自信の3点勝負を公開。

先日の函館スプリントSでは◎ジューヌエコール(3人気)から馬連3090円ズバリ的中!ユニコーンSも◎サンライズノヴァから馬連2860円ズバリ的中とダブル重賞獲り!

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス   3連複4600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『プロキオンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第22回 プロキオンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
プロキオンSを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:プロキオンS300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ビービーガウディ、前半ペースが上がってどうかも、2走前モズカッチャンに際どく食らいついた実力は評価
日経新春杯2018 出走予定馬:ロードヴァンドール、逃げ方次第で怖さはあるが…ポテンシャル勝負でL1は少し甘くアイデアは欲しい
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:シグルーン、カデナ撃破の実力馬も…ペースが上がって脆さが出ているのが不安
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、北海道競馬からの刺客…前走が強く、距離延長は面白そうなタイプ
北九州記念 2017 出走予定馬:ダイアナヘイローと武豊、4連勝を賭けてタフな小倉1200を乗り切れるか?
目黒記念 2017 出走予定馬:カフジプリンス、ポテンシャルは非凡も…基礎スピードはやや不足、動き出し遅く展開次第の馬
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ジョルジュサンク、前走ドスローからの上がり勝負で粘り込み…展開次第だがマイネルミラノが厄介
スワンステークス 2017 出走予定馬:レッツゴードンキ、激しい気性を何とかコントロールし、末脚を爆発させる形で安定
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤングマンパワー、前半はスロー向きだが後半の仕掛けは早くしたい…
新潟大賞典 2017 出走予定馬:メートルダール、昨年クラシック本番不参加も…今年は中距離路線で結果を出したい
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、瞬間的な切れ味はトップクラスだが、ゲートが不安定で色々噛み合えば
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:メイソンジュニア、スプリント戦での真価を問う…息が入れば鋭さを増すので札幌なら警戒
函館記念 2017 出走予定馬:ヤマカツライデン、2000mへの短縮、ハナを切ってもミラノの早仕掛けが厄介で…
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、前走2着馬は中京2歳Sでも2着の実力馬…完成度高く信頼しやすいか
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:クライムメジャー、前走は苦しい競馬から坂の上りで勝ち切る競馬で侮れず
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP