投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ラジオNIKKEI賞 2017 レース回顧・結果:セダブリランテス、前走とは違う横綱競馬、好時計で先が楽しみとなる完勝!

2017 ラジオNIKKEI賞(GIII) 福島芝1800m良
レース回顧・結果

1:46.6 47.5-47.1 M
12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.9

 こちらの福島の方もちょっと馬場を読み違えていた感じ。土曜の時はかなり軽いなと思ったんだが、日曜を見るとそうでもなくて中京ほどではないけど結果的には普通の高速馬場ぐらい。ペースバランス的にも平均で刻まれてあんまり息が入らず、L2最速戦ではあるけどトップスピードを問われなかった。まあどのみち今回はセダブリランテスがこの展開で来るというのが全然読めなかったから予想的に完敗なのは確かだけど、上位勢を見誤ったのは馬場を間違えたことが大きいかな。ただビービーはともかくニシノアップルパイがこの展開で失速するとは全く思わなかった。


1着セダブリランテス


 11番枠から五分のスタートだが外から積極的に先行策を展開、思った以上に楽に行けて2列目の外目を確保する。道中の淀みも小さく割と淡々とした基礎スピード戦の中で2列目の外で正攻法。3角手前で前がペースを引き上げていくが底で楽に2列目外から取り付く、4角でそのまま2番手まで押し上げて直線。序盤で粘り込むウインガナドルの外からしぶとく並びかけて先頭列、L1でしぶとく伸び切って勝利をものにした。


 う~ん、難しい。この馬が来てしまったらある程度仕方ないと思っているので、まあ仕方ないというしかないかな予想的には。ここまでの流れに楽に入って行って基礎スピードで結果を出してくるまでとは読めなかった。ディープブリランテ産駒初の重賞制覇だけど、1周コースで基礎スピードを要求されつつも上がり切らず、後半のポテンシャル面で高いレベルのものを見せてきたと言っていいんじゃないかな。まあ今の段階では中距離が合っているとは思うけど、トップスピード戦でもそこそこはやれているので一度府中や新潟外回りで重賞クラスでどういう競馬をしてくるかにも期待したい。ただ個人的には1周コースで流れた方がパフォーマンスを上げてきた感はあるんだけどね。同日の古馬500万下雄国沼特別が1:48.0と考えるとかなり速いし、L1も11秒台でまとめてきている。現時点で1000万下レベルは楽にあると思うので、決して恵まれての勝利ではないとみておきたい。この分なら個人的には小倉記念なんかで楽しみが多いかもなあという感じ。また前に行けたのも収穫だし今後が楽しみやね。ついでに初重賞制覇となった石川君おめでとう。…ちょっと遅かったかもやけどね。今後が楽しみな勝ちっぷりだった。


2着ウインガナドル


 7番枠からまずまずのスタート、じわっと楽にハナを取り切れる形で外からニシノアップルパイも絡んでくるが主導権は獲る。道中も下手に緩めず比較的淡々と進め、3角地点でじわっと差を広げていく。4角で一足を使って一気に出し抜きを狙って直線。ただ序盤で唯一くらいついてくるセダブリランテスとのマッチレースとなり、最後は交わされて2着惜敗だった。


 ん~この馬の2着もちょっと意外な感じだった。53kgの軽ハンデというのはあったと思うんだが、それでもこんなに楽にハナを取り切れたのも意外だったし、500万下クラスだと緩めるとキレ負け、厳しい流れでは甘くなってという感じだったので、1800で淡々と進めて4F戦でしっかりと粘り込んできたのは意外というほかない。もちろん時計的に見ても高いパフォーマンスと言えるので距離短縮がプラスに働いたとみないといけないし、ポテンシャル面も高めてきた。前半無理のない範囲で進めて後半の仕掛けを早めるというパターンが良いのかな。前走の夏木立賞もスローではあったが仕掛けはL3最速で早かった。スローで仕掛けを待ったところで鋭く脚を使えないのでそれなら早めの動き出し、前半からしっかりとペースを作るというのが結果としてよかったのかもしれない。


3着ロードリベラル


 1番枠から五分のスタート、そこからは無理せず控えて後方内内で進め、最終的には最後方で前半は無理をせず後半勝負に徹する。ただ序盤から中盤にかけても大きく淀みない展開になって最後方でもある程度脚を使わされる形で3角。3~4角のスパイラルカーブで各馬が外から動いていく中で一番外から捲っていく形を選択、中団に取り付いて直線。序盤でそこから一気に2列目まで取り付き、L1まで伸びたかったが最後は前と脚色同じの3着までだった。


 やっぱこれぐらいかもうちょっと距離があった方がいいんだろうなと思う。今回は流れた中で自身では無理をせず前半はある程度楽をした。ただこれでも全体のペースがそこそこ流れていたし、3~4角でも11秒台の流れで大外を回していく形になったのでロスは小さくない。ここでいい脚を使って恐らく11秒前半、コーナーでのロスを補正すればもっと速いかもしれないが脚を使ってしまった感覚かな。まあ内を突くのも難しい展開ではあったと思うので何ともだが、コーナーで外から動いていけたのは収穫だと思う。ただきんもくせい特別でもL1で自身推定で加速ラップの強烈な末脚を見せていたし、個人的には東京1800~2000辺りで見てみたいね。もうちょっとスローに振れたか中弛みがあれば面白かったと思うけどね。


4着クリアザトラック


 12番枠から五分には出たが外に寄れつつ二の足が遅くて中団から、最終的にはセダブリランテスを見ながら好位の外まで取り付いていく。道中も外々から押し上げていくが掛かりながらである程度厳しい流れに乗っていく形。3~4角でもセダブリランテスの外から背う後方で進めて行って好位列で直線。序盤でしぶとく踏ん張るが一気にロードに交わされる。L1までジリジリと下がっての4着完敗だった。


 北村宏司に乗り替わったが外枠で結果的にいい騎乗ができなかったかなという感じ。前半流れた中でポジションを取ったけど終始外々になってしまったしロスが多い競馬になった。まあ大外枠という段階で嫌な感じではあったし難しいパターンにはなってしまったけどね。ただ出していって掛かりながらこの流れに乗ってしまうと甘くなっても仕方ない、という感じ。馬場想定よりも実際はちょっと重かったので、その点でもトップスピード戦にならなかったことでこの馬の良さも出にくい条件だ経ったと思う。まあこの競馬で4着なら悪くは無いけど…という感じ。思ったより相手が強かったのもあるかな。


5着マイネルスフェーン


 4番枠から五分のスタート、そこから無理はせずに下げて後方でマイペースで進めていく。道中もライジングリーズンの一列後ろぐらいで進めて3角に入っていく。3~4角でも3列目の内内で進めて直線。序盤でそこから最内を突いてジリジリ、L1までジリジリと伸びずばてずの5着確保。


 まあ1800で基礎スピードが足りない、無理せず進めて最短距離を通したけど前も落ちてこないしこちらも伸びが甘くなったわけなので完敗と言っていい。このペースで一定レベルやれたのは評価できるけど、1800はそれでも短いかな。この感じだとやっぱり距離はもうちょっと欲しい。忙しい感じがするし早めの仕掛けになった割に甘くなってしまっていたしね。もうちょっと序盤はゆったり入って後半のポテンシャルの度合いが大きい方がいい気がするね。


6着サトノクロニクル


 6番枠から五分に出てそこからある程度追われるが先行しきるところまでは難しく好位の馬群の中で入っていく。向こう正面で中団が凝縮する中でちょうど真ん中ぐらいで3角に入っていく。3~4角でペースがじわっと上がっていく中でセダブリランテスの後ろを狙って4角では追い出されるがここでの反応が悪く置かれて直線。序盤で置かれていいところなく、L1ではジリジリと伸びずばてずの完敗だった。


 ひとまず4角で置かれるのが直らないと難しい。今回も勝負所でセダブリランテスとの差が広がっていたし、そこで下がりながら窮屈な競馬になっていたのはある。ただそれを除いてもL1まで伸び切れなかったし、不甲斐ない競馬になってしまったかな。基礎スピードがある程度問われても良いタイプだと思っていたし、この展開で完敗なら単純に地力もちょっと見劣った気がするね。勝ったセダブリランテスは思った以上に強かったのはある。ただプラチナムバレットとのクリアザトラック比較でみてももうちょっとやれて欲しかったんだけど、まあこの辺りはスパイラルカーブでコーナーでの勝負になりやすい福島では難しかった、という感じかもしれん。直線勝負になりやすい舞台の方が合っていると思うし、阪神外回りで下り坂で勢いをつけながらとか、コーナーでの加速が逆に問われにくい急コーナーの新潟外回りとかの方がいいかもしれんね。


11着ライジングリーズン


 5番枠から好発を切って先行争いに加わりつつ、最終的には控えて好位の内目で進めていく。道中も下げるような形を狙うのだがなかなか難しく掛かりながら進めて向こう正面でも2列目のポケット。前にスペースを置いているので実質は好位列ぐらいだが3角でそのスペースを詰めながら勢いをつけて4角。4角地点で詰め切ってスペースがない状況で直線。序盤で外に出す進路を確保してこれからというところで全然伸びない。L1まで失速の11着惨敗だった。


 好スタートが余計だったかな…馬の気持が入ってしまっていて本来取りたい、ゆったりと前半を進めたかったと思うし、前半無理をしないことでこれまで後半のポテンシャルを高めてきていた。もちろん少し噛み合っていた面もあるので何とも言えないが、それでも今回の展開自体は合っていたはず。これで伸び切れなかったのは多分前半のペースの流れに入ってしまってかつポジションを意図せずコントロールできずに掛かってしまったことだろうと感じた。


12着ニシノアップルパイ


 3番枠から出負けしてそこからリカバーしながら番手につけていく。道中も少しハミを噛みながらで掛かり気味ではあるが3角でじわっとペースが上がった時にかなり手が動いていて4角ではついていけずに下がって直線。そのまま失速した。


 出負けして出していって少し掛かってというパターンになったのと、L4の段階でウインガナドルが仕掛けていたというのもあると思う。そこで脚を使わされてしまったし、そもそも前半で理想的に入っていけなかった分オーバーペースの側面もあっただろう。いずれにせよレースを支配できなかった時点で苦しい競馬になってしまった。


<PR>

★★★★★★★★★★★★★★★★

今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト
★★★★★★★★★★★★★★★★


過去3年の3連単平均配当は
【2万6010円】

今年のプロキオンS(G3)は
アノ人気薄関西馬が高配当を演出!?



最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】




2015年も23万馬券(桜花賞)をブチ当てただけでなく、

15週連続重賞的中を達成するなど圧倒的な実績!!

2016年も予告の桜花賞【2万0330円的中】
天皇賞(春)【2万0160円的中】を筆頭に、

オーシャンS【14万6540円的中】
フラワーC【8万2600円的中】
ジャパンC【3万6260円的中】
阪急杯【1万8050円的中】
アンタレスS【1万0620円的中】
中山金杯【1万1190円的中】
など特大万馬券的中を連発!!

そして2017年もイキナリ京都金杯【1万1040円的中】を筆頭に

毎週のように重賞競走で的中馬券を連発!!

今春も11週連続重賞的中!!

的中馬券に直結する関西馬情報を専門に扱う【チェックメイト】だからこそ入手できる大ヤリ関西情報さえあれば、プロキオンSでも特大万馬券が狙える!!



プロキオンSは
アノ関西馬が波乱を演出

栗東関係者の間では…

アノ人気薄関西馬が
波乱を演出する!!


ともっぱら!!



一般の競馬ファンでは入手不可能な、オフレコ級の衝撃情報を入手しているチェックメイトに、2017年のプロキオンSもお任せください!

【!】2017年も毎週のように万馬券を連発!!
(以下、一部の的中を抜粋)

・06月25日(日)函館12R 津軽海峡特別【1万9450円的中!】】
・06月24日(土)阪神11R 垂水S【2万2530円的中!】
・06月24日(土)阪神6R 3歳未勝利【1万4500円的中!】
・06月24日(土)阪神4R 3歳未勝利【1万2130円的中!】
・06月18日(日)東京11R ユニコーンS【2万5710円的中!】
・06月17日(土)阪神12R 3歳以上500万下【1万3590円的中!】
・06月17日(土)阪神10R 水無月S【1万6600円的中!】
・06月17日(土)函館1R 3歳未勝利【1万9990円的中!】
・06月11日(日)阪神12R 3歳以上500万下【1万5660円的中!】
・06月11日(日)阪神11R マーメイドS【1万4720円的中!】
・06月11日(日)阪神6R 3歳未勝利【1万0640円的中!】
・06月10日(土)阪神3R 3歳未勝利【2万9100円的中!】


的中馬券に直結する関西馬情報を専門に扱う【チェックメイト】であれば、

狙ったレースで特大万馬券を仕留める事は決して難しい事ではありません!!

今週はコレだ!
プロキオンS(G3)3連単勝負買い目!!
無料入手方法はコチラ!!

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

pngチェックメイト:プロキオンS300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

カペラステークス 2017 レース回顧・結果:ディオスコリダーが3歳馬ながら外からしぶとく伸びて重賞初制覇!
みやこステークス 2017 レース回顧・結果:テイエムジンソク、まさに迅速なるハイペースのスピード勝負を4角先頭堂々押し切り!
noimage
ローズステークス 2017 レース回顧・結果:ラビットラン、台風空振りの軽い馬場の中で和田竜二渾身の末脚炸裂!
ユニコーンステークス 2017 レース回顧・結果:サンライズノヴァ、中弛みで上手く取り付いて強烈な末脚、ラスト11秒台で完勝!
アルゼンチン共和国杯 2017 レース回顧・結果:スワーヴリチャード、内内で我慢し直線で瞬時にかつ強烈に弾けて古馬を撃破!
noimage
アルテミスステークス 2017 レース回顧・結果:ラッキーライラック、現時点での完成度の高さを見せつけての完勝!
noimage
フォワ賞 2017 敗因分析・レース回顧:サトノダイヤモンド、馬場に泣いた可能性が高い…ペースはスローからのポテンシャル戦だったが…
レパードステークス 2017 レース回顧・結果:ローズプリンスダム、ハイペースで直線外に出してからが圧巻の番狂わせ!
noimage
noimage
中日新聞杯 2017 レース回顧・結果:メートルダール、外から最速地点の直線登り坂で鋭く伸びての完勝!
函館2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:カシアス、しぶとく最後まで伸び切って重賞初制覇!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP