投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

CBC賞 2017 予想:本命03メラグラーナ

中京11R CBC賞(GIII) 芝1200m 良、かなりの高速馬場想定
展開予想
 土曜は流石に極端な超高速馬場状態ではなかったが、それでも午後の開催はかなり時計、ラップともに高い水準だったわけで、乾けば恐らく超高速も視野に入れないといけない。一応かなりの高速馬場状態で土曜よりはワンランク上の馬場になると思っている。雨でも降らない限り7秒台の決着は堅いかなと。


 展開予想だがひとまず逃げ馬が多く、今回はブリンカーをつけて逃げを意識するアクティブミノル、オウノミチ、アリンナ、セカンドテーブル、ラヴァーズポイント辺りは出してくるだろう。アリンナは逃げは意識しないと言っていたので恐らく出たなりになると思うし、もしかしたら好位ぐらいもあるかも。これを外からアルティマブラッドが2列目外あたりを狙う。内からオメガヴェンデッタやシャイニングレイが少し離れた好位列辺りとなる。全体のペースの読みが難しいけど、土曜の馬場を意識すれば33秒台には入ってくると思うし、33.5-33.5で1:07.0辺りを想定しておきたい。


予想
◎03メラグラーナ

〇13エイシンスパルタン
[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、5位前後にあります)
★09トウショウドラフタ
△04アクティブミノル
×02ティーハーフ17ラヴァーズポイント
3連複◎軸〇▲★△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲★△→◎〇▲★△×

◎メラグラーナ


 まあ、宮記念の時の本命馬なわけでおいそれと評価を下げるわけにはいかないというのが一つ。宮記念の場合は馬場を見誤ったのと、やっぱり3~4角で前の馬が外々に振れてくるのでかなりロスの多い競馬になった。またペースバランス的に見ても33.8-34.9と1.1でかなりのハイペースだし、12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2とコーナーでも速いラップを踏んでいたのでベストの馬場から更に外を回していた形になったのは響いた。それでもL1までジリッとは来ていたので悪くはない。それとこの馬の場合オーシャンSを評価しているわけではなくて中京1200のフィリピンTの勝ち方。高速馬場で34.1-33.8と平均からの12.2 - 10.7 - 11.2 - 11.3 - 11.1 - 11.4とL2再加速戦でしっかりと外々を回しながら直線で鋭く伸びてきたという点。5走前のセプテンバーSでも34.8-33.9のスローバランスから12.3 - 10.9 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.4とL1でも11.4と落とさない中を3馬身半ぐらいの差があった中でL1強襲。坂の上りで10秒台を使ってきたことはまず間違いなく、基本的にこの馬の評価としては軽い馬場で坂の上りでスパッと切れるトップスピードの質にある。なので高速馬場ならもちろん高く評価したいし今回は内枠を引いたので外々を回されるリスクも小さい。時計的な不安はあるけど、高速馬場で10秒台を楽に踏める馬なので恐らく後半ロスなく立ち回れればかなりの高速馬場なら32秒台は楽に突入できるはず。それなら前が33としても34-33で足りるしハイペースもオプションとしてこなせる程度にはある。このメンバー構成なら再度ここから狙いたい。


〇エイシンスパルタン


 個人的には追い切りがちょっと引っかかるので対抗にするか連下にするかでちょっと悩んだが、それを除けば嫌う材料があまりない馬。昨年の春雷S勝ちでは平均ペースでは手ごわいワキノヒビキを相手に33.9-33.7と平均、12.0 - 10.8 - 11.1 - 11.3 - 11.1 - 11.3と終始11秒台前半というような流れの中で番手から楽に加速で抜け出しての完勝。ある程度のペースからトップスピードを引き出せるのが魅力。そのうえで2走前の京阪杯のような重馬場の34.1-36.1の消耗戦でもしぶとく最後まで伸びてきていて大きな不安はない。休み明け自体は得意な部類なので追い切りが微妙だったのをどう考えるかというところだが…。ただ今回は恐らく逃げの手は狙わないメンバー構成だと思うし、前がやりあう中で離れた好位を狙えるし競馬もしやすいと思うので楽しみの方が大きいかな。本質は高速馬場巧者だと思っているし、33秒後半ぐらいで入って後半一足を引き出す形が理想。スワンSみたいにL3最速戦でも踏ん張れるし仕掛けどころを気にしないのも良い材料かな。極端な競馬にならなければ信頼度は高い。追い切りだけ引っ掛かるという感じでそれが無ければ本命も視野にしていた一頭。連下か対抗かでちょっと悩んだけど、地力を考えるとスワンSの内容、春雷Sの圧巻のパフォーマンスから。


[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、5位前後にあります)

 穴馬はこれ。まあこの馬を傾向的に狙っているというのはあるんだけど条件的には後傾バランスの方がいいのは間違いないと思っている。個人的には新潟1000の内容が良くて5走前になるんだがこの時が完勝、バランスが22.5-10.7-21.7と明確にスローで12.2 - 10.3 - 10.7 - 10.3 - 11.4とラップ推移的にもL2の地点で加速しているように質の高い基礎スピードを生かして前目、高速馬場で余力を持って直線で加速、鋭さを引き出すことで良さが出るパターンの馬だと思う。こういうタイプは超高速馬場の中京1200では結構噛み合いやすいと。ゲートもまずまず上手いし今回はアクティブ、オウノミチやシャイニングレイもある程度前目に行くと思うし内枠でスペースを見つけて入っていきやすいだろうと。3走前なんかは後のGI馬相手に完敗も3列目の内から直線でジリッと伸びて3着を確保した。前走は中京1200でも稍重で標準以上に時計が掛かっていた。この辺りを踏まえても超高速馬場の中京で是だけ条件が揃えば一発あっても良いかも、という感じ。


★トウショウドラフタ


 かなり悩んだんだけど、個人的にマイルは本来明確に長い、1400ももしかしたら長いかも、という感じの認識になってきた。信越Sがこの馬を象徴している気がしていて新潟1400で内回り、33.6-35.2とかなりのハイペースで10.9 - 11.6 - 12.0 - 11.5 - 11.7と直線再加速でもペースが速くて度合いが小さい、末脚勝負のウエイトが小さくなったことで外から末脚でズドンときた。ただこのパターンは前半の基礎スピードを高いレベルで問われて他が削がれた中でも脚を使えたという評価が必要で、この感じなら流れた方がいいだろうと。これはそこそこやれた京成杯AHなんかもそう。春雷Sは1200でも34.1-33.4とスローからの11.2 - 11.0 - 11.0 - 11.4と後半のトップスピード戦の度合いが強く出た。その中で外々から押し上げてという競馬では難しかったがそれでも1200ならL1までジリッと伸びてきていた。これを高く評価しているわけでなく、1200で流れてもいい脚を使えそうだな、という感覚で今回最低限には流れてくれば怖さはある。


△アクティブミノル


 追い切りと馬場とブリンカー装着で逃げるかもというところで押さえておく。まあこの馬にはかなりやられっぱなしだから流石に重い印は打てんのだけど、条件としては基本的に超高速馬場で上がり切らずに途中で息を入れたい。セントウルSを勝った時がそんな感じで上手く支配して要所で加速して出し抜く競馬で結果が出ている。ここ2走は物足りないんだけど、まあ追い切りが良いし逃げることを示唆している、ここまで条件が揃えば押さえておいても…かな。


×ティーハーフ


 毎度おなじみ後傾バランスでL1までしぶとく差し込んでくるTS持続型。今回はメラグラーナがいるのでこれを目標にしながらの競馬はしやすいし着を狙うなら絶好。勝ち負けまで考えるならメラグラーナより前というのも手だけど、宮記念4着を見てもわかるようにあまり前半を取りに行くとちょっと甘くなる馬だからね。この辺をどう考えるか。どちらかというと完全な超高速馬場の1200だと前半で苦労するイメージなので3着までで押さえておきたい。


×ラヴァーズポイント


 正直アクティブとこの馬を切ればもうちょっと点数は抑えられたんだけど、それでもやっぱりこの馬は引っ掛けておきたい。もうちょっと内枠ならなあとも思うが。ただ昨年のCBC賞がかなり強かったことはセントウルSでの善戦でも示せていると思う。この馬は超高速馬場で前半のバランスが重要なタイプだろうと。スロー~平均までで収めたいタイプ。前走の鞍馬Sの場合は半年ぶりもあったし何より18頭立ての18番枠で先行馬では如何ともしがたい京都1200。外々になったのも響いたしある程度仕方ない。今回も大外枠だけど、前がやりあってスペース自体は獲れそう。内に切り込んでいきながら上手く2列目~好位列でそこまで外過ぎないところを取れれば。昨年のCBC賞はレッドファルクスはもちろんだが、結構良い条件だったベルカントを撃破できている方を評価したいし、この面子ならチャンスはまだあるはず。3着穴目で押さえておきたい。



PR【調査!】夏競馬で勝てる!口コミ・2chで評価が高かったサイト!

===================
・今週の注目レースは2つ!
2017年7月2日(日)
第66回 ラジオNIKKEI賞(G3)
3歳オープン 1,800 (芝) ハンデ

2017年7月2日(日)
第53回 CBC賞(G3)
3歳以上オープン 1,200 (芝) ハンデ
===================

☆3つ評価で、調査したサイトは、
1、信用度「☆☆☆」
・的中実績の改変がない。
2、的中率「☆☆ 」
・他サイトに比べて的中は多いが、1日に1鞍は外れている印象
3、回収率「☆☆☆」
・例えば、土曜日に100%前後の回収率でも、
日曜日には300%近くまでもって行ってくれる。

そう評価されていたサイトは、
「競馬総本舗ミリオン」

※無料会員登録のためのアドレス送信後の返信は、迷惑メールに届くことがあるので確認をしてみてください。

1、信用度「☆☆☆」
・的中実績の改変がない。
======================
06月25日 ダイヤ / 阪神10R
3連単/30点/500円投資 286,100円 的中!

06月25日 その他情報 
0円 不的中

06月24日 ロイヤル / 東京9R
3連単/30点/500円投資 313,150 的中!

06月24日 密約 / 函館10R
3連単/30点/500円投資 300,750円 的中!
======================

2、的中率「☆☆ 」
・他サイトに比べて的中は多いが、1日に1鞍は外れている印象
※上記実績より確認済み

3、回収率「☆☆☆」
※上記実績を見ると、
4鞍中3鞍的中
不的中の投資金額は記載がありませんでしたが、おそらく30点の500円投資。
つまり、
投資金額合計:60,000円
回収金額合計:900,000円
トータル回収率:1,500%

間違いなく、☆3つの評価で問題ないと思います。

また、夏競馬においては、4月から6月までと同じ方法で予想をしていては
勝つことは難しいと言ってもいいでしょう。

宝塚記念では負けてしまいましたが、
超一流と言ったキタサンブラックの様な馬は休憩に入ります。
多くの超一流馬の次の出番は、秋競馬です。

つまり、2流以下の馬で争われる夏競馬ですのでいつも以上に情報がありません。
また降級制度にも目を光らせてオッズを見ていかなくては回収率は上がりません。

面白いですよね、夏競馬。

ただ単に予想をしていては、的中、ましてや回収は難しいでしょう!
実績と信頼の備わった情報元を使って、楽しい夏競馬!そして勝つ夏競馬にしましょう!!
「競馬総本舗ミリオン」

※無料会員登録のためのアドレス送信後の返信は、迷惑メールに届くことがあるので確認をしてみてください。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

レース回顧と予想結果(サウジアラビアRC:◎-無印-△、毎日王冠:◎-無印-△、京都大賞典:◎-無印-◎)
今週の重賞データ分析まとめ(京都記念,共同通信杯,クイーンC)
関東オークス 2017 予想:本命10クイーンマンボ
京阪杯 2017 予想:本命05ヒルノデイバロー
プロキオンSの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
目黒記念の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
noimage
【PR】新競馬指数で徹底分析!安田記念の有力馬は?・・・~うまコラボ~
京王杯スプリングカップ 2017 予想:本命10レッドファルクス
今週の重賞データ分析まとめ(AJCC,東海S)
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP