投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ライジングリーズン、強敵を破ったポテンシャルは魅力…小器用な脚を要求されてどうか

2017 7/2(日)
第66回 ラジオNIKKEI賞(GIII) 福島芝1800m
予想用・出走予定馬一覧
ラジオNIKKEI賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 フェアリーステークスではアエロリットを撃破、アネモネステークスでも強い競馬で完勝、底を見せないライジングリーズンがラジオNIKKEI賞に出走予定だ。前走の桜花賞は厳しい流れの中で中団内内から伸びあぐねたがそれでも8着と悪くない。今回は距離延長がカギとなるが、強敵相手に戦ってきた実績は一番だけに、ここで結果を出して秋に繋げたい。


 個人的には距離はマイルより延びた方がいいかなと思っていたのでこの距離自体は面白いと思うが、1周コースにしっかりと対応してきてほしい。後ろからは基本的には届きにくいコースなので向う正面までに良い位置を取れないとという面はある。地力は一枚上だと思っているけど、勝ち切れるかどうかはそんなに簡単ではないだろうと。


フェアリーS(GIII) 1着 16頭8枠15番
中山芝外1600m良 1:34.7 46.1-48.6 H^2
12.5 - 11.0 - 11.2 - 11.4 - 11.9 - 12.4 - 12.0 - 12.3

 まずはアエロリットを撃破したフェアリーSから。ペースバランスが示す通り2.5でかなりのハイ、超ハイに肉薄するレベルで速い。ただ速過ぎたことで前のペースダウンも早くL3の4角地点では12.4とかなり落ちていて、そこからの再加速戦となっている。最近の中山マイルのパターンはこれが多いが、前に行って余力があった馬はここで待たされてしまって後ろから取り付かれて苦しくなった面はあると。


 15番枠から五分のスタート、大外枠なのでなかなか前のポジションは狙えず、最序盤は中団前目にいたが控える形で後方に下げる。ただ、結果的に前がかなり速いペースで引っ張るのでその流れに巻き込まれず後方でおっつけながらではあるにせよ自分のリズムで進めて行けた。3~4角中間ぐらいで前がしんどくなって減速してきたところで外から一気に捲って直線。序盤で前目から一足を使ってきたアエロリットを交わすのはなかなか難しかったが、それでも先頭列からL1できっちりと突き抜けた。


 このレースでは後のNHKマイルC覇者アエロリットを撃破した、とは言えるんだが個人的にはアエロリットの方がマイル戦としては強い競馬をしていたと思っているし、実際にアエロリットには桜花賞で逆転を喫している。このレースに限れば前半かなり厳しい流れでそれに乗りながら要所で我慢せざるを得なかったアエロリットを評価しないといけないと。ただこの馬としては本来マイルの基礎スピード戦では苦しかったところを緩んで要所でコントロールされて動いて押し上げることで良さが出たわけなのでその点ではもうちょっと距離が延びてもというのはある。


アネモネS(OP) 1着 16頭7枠14番
中山芝外1600m良 1:34.7 46.6-48.1 H^1
12.6 - 11.1 - 11.4 - 11.5 - 11.9 - 12.1 - 11.8 - 12.3

 2走前のアネモネSも内容的には近い競馬。1.5でかなりのハイに肉薄のハイペース。ラップ推移的にはこれもコーナーで減速して直線入りで再加速というような感じで消耗度合いはそこまででもないがフェアリーSに近い競馬になっている。もちろん基礎スピード面を高く要求されての後半のポテンシャル戦。


 14番枠から五分のスタート、そこから無理せず今回は控えて後方集団の外々。ペースは速いが比較的団子状態という流れの中で3~4角で大外から押し上げながら好位列で直線に入ってくる。序盤でそこからしっかりと2列目、更に先頭列に並びかけてきてL1でしぶとく伸び切ってディアドラを捻じ伏せた。


 ディアドラが適性面はともかくオークスの4着馬、桜花賞でも6着と実績的には強敵だったわけだし、何より4着のリエノテソーロがNHKマイルC2着ということを考えればかなり強敵が揃っていたと言える。その面子を相手に外から正攻法で押し上げて勝ち切ったのは立派。もちろんここも取り付くチャンスがあったともいえるし、タフな馬場でペースも流れて速いラップを問われなかったからこそできたともいえるが、強かったのは間違いないだろう。


桜花賞(GI) 8着 17頭1枠2番
阪神芝外1600m稍 1:35.2(+0.7) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 ただ、桜花賞では前述のアエロリットやディアドラに先着を許す形となった。雨で渋った馬場状態だが全体のペースは1.5とかなりのハイに肉薄するレベル。L3最速とこれまでと違ってレース全体の仕掛けも早い、という流れの中で持ち味が活きなかった。


 2番枠から出負けして後方からの競馬、前のスペースをじわっと詰めつつリカバーして中団の最内で3角を迎える。3~4角でも最内でジッと我慢、4角の最速地点でもロスはないが進路もなく中団で直線。序盤で中目に誘導しつつの競馬になったが進路自体は割と問題なく、好位列までは食らいついてくる。ただL1での伸びが物足りず、外差しに見劣っての8着完敗だった。


 まあ開催終盤で雨の影響があったので外差しの方が楽だったかもしれないが、内内で包まれてL3最速でL1での伸びが物足りなかったのは確かにある。ここ2走の好走はいずれも3~4角で外から動いていって勢いに任せて押し上げていく形だったし、コーナーでは緩んでいての直線での再加速。今回はコーナーでペースが上がっていく形になったし道中も息を入れるタイミングが無かった。アエロリットなんかは出遅れて無理のない競馬をすればこれぐらいの競馬はできたともいえるが、対ディアドラに関してはアネモネSから比べても物足りないパフォーマンスではあった。あまり内内で立ち回るのが得意ではないのかなという感覚。


2017ラジオNIKKEI賞に向けての展望

 今回のポイントはどのポジションを取ってくるかとどこで仕掛けるか。ペース自体は恐らく流れた方がいいと思うし、その中で中団ぐらいにはつけてほしい。持ち味としてはやはり基礎スピードと後半のポテンシャル面になってくるが、3~4角で外から押し上げていくという大味な競馬でしか結果が出ていない以上、現状はそれを踏襲する形が理想で内内で包まれると桜花賞のパフォーマンスを考えると少し落としてくる可能性が高い。まあそれでも桜花賞の面々のレベルは高かったと思うし、これまで戦ってきた相手を考えればここは1段下がると思うので、適性面の不安を実力でカバーし切れるかどうか。3~4角で外から捲れたのも中山マイルで3~4角地点でハイペースで飛ばした先行馬がしんどくなったことが大きいし、福島1800でも高速馬場でとなると向こう正面で息が入って3~4角では明確に加速ラップ、という可能性が高くなる。外から捲っていくと4角で速いラップを踏まされて置かれる可能性が高くなるのでその辺りを考えるとこの馬も不安は当然あるといえる。ここが試金石の一戦かな。




[前回]NHKマイルC(G1)

単複1点の厳選情報馬
【◎アエロリット】を公開


単勝:580円的中 複勝:220円的中

★今週はコレだ★

割合指定あり『単複1点馬券』
払戻合計10万円以上になるまで
1日1鞍・無料公開


そして第1弾はラジオNIKKEI賞(G3)
この一鞍だけで一撃終了する可能性もある!



ラジオNIKKEI賞の単複1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

東京7日目4R
◎インペリアルフィズ
▲ルーラーキング
△フレスコパスト(11番人気)
馬連2点目:760円的中
3連複:1万0580円的中
3連単:5万0100円的中

東京8日目12R
◎サンチェサピーク
○ポップアップスター
△ラインフェルス(12番人気)
馬連1点目:770円的中
3連複:1万3170円的中
3連単:3万7000円的中

第22回 ユニコーンS(G3)
◎サンライズノヴァ
△ハルクンノテソーロ
△サンライズソア
馬連本線:2860円的中
3連単:2万5710円的中

東京6日目2R
◎パガットケーブ
△サンシロウ(7番人気)
△オメガジェルベーラ
3連複:6470円的中
3連単:5万2570円的中

阪神4日目12R
◎シンゼンスタチュー
▲テンモース
△ローゼンタール(7番人気)
馬連2点目:1180円的中
3連複:3640円的中
3連単:1万5660円的中

東京1日目5R
◎ヴィオトポス
△ブショウ
▲ビリーバー
馬連大本線:1140円的中
3連複:4530円的中
3連単:1万8480円的中

ラジオNIKKEI賞の単複1点はコチラ

pngワールド:ラジオN賞300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、兄も通ったダービーへの路…完成度を高め、ここで一気に台頭に要警戒だ
CBC賞 2017 出走予定馬:アリンナ、前走圧巻も不良馬場…軽い馬場での時計勝負で分が悪い印象で雨が欲しい
レパードステークス 2017 出走予定馬:ノーブルサターン、常に過小評価だがギアの上げ下げが上手く新潟1800は面白そうな条件
北九州記念 2017 出走予定馬:バクシンテイオー、昨年の覇者も今年は56kgに強敵がずらり…上手く立ち回りたい
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ジョルジュサンク、前走ドスローからの上がり勝負で粘り込み…展開次第だがマイネルミラノが厄介
中山金杯2018 出走予定馬:カデナ、完全復活なるか?弥生賞は強かったが、それ以降が不甲斐なく…
シンザン記念2018 出走予定馬:アーモンドアイ、母は長い距離で適性…底知れぬ素材は魅力も完成度はまだ低い
京都金杯2018 出走予定馬:ラビットラン、ローズSの末脚は魅力もマイルの距離がカギ…前半スローでも脚を残して出し切りたい
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ネロ、時計が掛かる馬場での消耗戦は得意だが…ここ2走は本調子に無い感もあり
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ニシノアップルパイ、厳しい流れでこその一瞬の脚が光る馬だけに、全体のペースがポイント
小倉記念 2017 出走予定馬:ケイティープライド、ポジショニングセンス良く上手く、内を確保してコーナーの勝負になれば
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイムトリップ、両極端な競馬で結果を出し…適性が読みにくい一頭
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:ベストマッチョ、再度の重賞挑戦、今度は期待に応えることができるか?
札幌記念 2017 出走予定馬:タマモベストプレイ、前走道悪でしぶとく2着…条件整えば条件整えば2000でも怖い一頭で
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP