投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

重賞展望&馬場考察(初エアレーション馬場の昨年から傾向変化の夏開幕週福島芝)&Rレベル&次激アツ馬「大竹師が“良い”と言えば大敗⇔“ダメ”と言えば健闘するジェベルムーサ」

☆ラジオNIKKEI賞の危険人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速~C並~F超低速]の7段階表記) ]

東京…土はやや外有利、日はイーブン/土はA、日はB
阪神…土はやや内有利、日は外有利/土はA、日はB
函館…土日共にやや内有利/A

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
福島…1週目/Aコース/伸び所は内有利→イーブン/馬場差はA
中京…1週目/Aコース/伸び所は内有利~やや内有利/馬場差はA
函館…3週目/Aコース/伸び所はやや内有利~イーブン/馬場差はA


[ピックアップ競馬場[福島芝]の馬場考察]
2年前の夏の福島開幕週のメインレースであるラジオNIKKEI賞では、[内中を通った馬が上位8頭⇔外を通たされた馬が下位8頭]という結果。
昨年の春の福島開幕週のメインレースである福島民報杯でも、[内を通った馬が上位8頭⇔中外を通った馬が下位8頭]という全く同じ結果。
1年前のラジオNIKKEI賞については、開幕日土曜~開幕2日目前半までは内有利馬場だったのが、2日目後半から伸び所がイーブンに推移した分で、内外有利不利ある結果とはならなかった。
(※本年の福島民報杯は開催週が2週目に移行している)

例年の傾向で言えば、福島開幕週の芝メインレースは完全内有利決着が起こりがちで、何よりも内を通れる馬探しが予想の最重要ポイントになる位に。

ただし、夏開催としては初の“エアレーション馬場”であった昨年開催で、上記の傾向が覆される新傾向が示されたのも重く見る必要があるか。

まとめると…開催初日は内有利傾向、2日目は内有利からイーブンへの変動に注意、そして2週目or3週目には外有利傾向の発生に注意。
例年では有効な戦略だったラジオNIKKEI賞の内馬決め打ちについては慎重に…。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
htrj

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[土曜函館11R大沼S] 4人気9着ジェベルムーサ
競馬王2017年6月発売号のグラサン師匠の鉄板競馬より

無題the
ジェベルムーサは体質がかなり弱くて、これまでも休み休みでしか使えておらず、万全の状態で使えたというレースの方が少ないくらいの馬。

逆に万全に仕上げてしまうとレース本番では力が出せないみたいで、年齢を重ねた最近では見事に陣営の手応え(大竹調教師コメントのトーン)とレース結果が反比例している。

5走前ブリリアントSは長期休み明け初戦で陣営トーン超弱気で8着。距離長い2100で、超Hペースでのボウマン積極騎乗で、これは寧ろ健闘と言って良いパフォーマンス。

4走前エルムSは陣営トーン上昇で2人気7着凡走。

3走前武蔵野Sは陣営トーン超弱気で14人気6着健闘。

前々走ポルックスSは「これまでで一番と言っていいくらい雰囲気が良い」といつになく好感触の陣営トーンで、結果はそれの真逆を行くかの様に過去に無い様な大敗。

前走オアシスSは陣営泣きのコメントで9人気6着健闘(不向き東京マイルで斤量58を背負って外々を捲り気味の大味競馬)。

そして今回エルムSは、岩田J「以前乗った時より状態はすごくいい。行きっぷりも仕上がりもいいですね」・大竹師「追い切り良い、元気が良い、体調が凄く良い」と、コメントを素直に読み取れば期待したくなる場面で4人気に推されたが、案の定と言うべきか1.8秒差の9着に大敗。

一つ断っておきますが、大竹調教師を批判したい意図は一切無いです(こんな調教師批判や騎手批判に読める内容を、非ゴシップ系の競馬雑誌に掲載したのは中々挑戦的だったと思います…)
別に大竹調教師コメントに限らず、陣営が手応えを持った時点でピークアウトを迎えてしまう馬なのではないかという読みです。
なので、間隔が空いたローテで、陣営が仕上げ切れていないタイミングならば…それプラス狙い澄ましたかの様に舞台条件まで揃う場面が今後あるのかどうか分からないですが・・・。


--------------------
☆ラジオNIKKEI賞の危険人気馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬は中長距離路線で活躍中の〇〇〇〇〇の半弟。父がDインパクトからDブリランテに替わった分で、より大型に出てより鈍重さが強調されている印象もある。
初戦はダートでの勝利で、2戦目は新潟最終週の非高速馬場での勝利。その500万下勝ちはレースレベルDEなので、決して強い馬だとは言えない。
最も綺麗な馬柱を持つ馬としての過剰人気もあるのか上位人気に推される模様ですが…芝開幕週馬場且つ器用さ問われる開幕週小回り1800条件でというイメージは持てない馬ですし、同じく過剰人気受けながらもメッキが剥がれた鞍上にも期待薄ですし、激走はナシと見ます。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の前篇」を火曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

短期L! 中長期FXライブなので気長にちょくちょく見てね。詳細は概要欄見てね~~
noimage
【パドック直前情報】東京1R 1番人気診断
noimage
noimage

8/27(日)予想

10月30日(水)船橋1~6R(前半)全レース予想
【武蔵野ステークス2018】予想!絶好調キングマンボ系を狙います
noimage
サトノアレス、次走米GIベルモントダービー若しくは
【競馬】 3日間開催、ルメ9勝、デム5勝、戸崎5勝
【データスコア出馬表】(2/10京都記念,共同通信杯)
noimage
【競馬】馬主の西山氏、超遠回しに吉田隼人の件に触れる
noimage
【パドック直前情報】東京12R 1番人気診断
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP